黒頭巾 さん プロフィール

  •  
黒頭巾さん: 目指せ、怪傑黒頭巾
ハンドル名黒頭巾 さん
ブログタイトル目指せ、怪傑黒頭巾
ブログURLhttp://ttkzkn1610.muragon.com/
サイト紹介文混迷を深める世界基督教統一神霊協会に対して、後継問題など種々の課題を自由闊達に議論して解決を目指す。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/08/24 16:14

黒頭巾 さんのブログ記事

  • 日本にとっての歴史的思想的流れが一気に変わる!シリーズその一。
  • これから何回かのシリーズで主に日韓関係について、私の考えを述べていきたいと思います。 それは、直接目にしにくいかもしれませんが、歴史や出来事の底流にあるものをうかひあがらせながら、今ある危機の本質と現実に向き合っていきたいと願っています。 それがうまくいっているかかどうかはまたわかりませんが、一つの提言としてみなさまの心に留めていただけたら幸いと思います。 さて、安倍内閣の支持率低下が止まりません [続きを読む]
  • 黒頭巾からの誌上説教です。よければお読みください。
  • 誌上説教。6月の礼拝からですが、少し、修正し、編集してお伝えします。 聖書拝読。 コリント人への第一の手紙3章16節と17節を朗読。「あなたがたは神の宮であって、神の御霊が自分のうちに宿っていることを知らないのか。」 「もし人が、神の宮を破壊するなら、神はその人を滅ぼすであろう。なぜなら、神の宮は聖なるものであり、そして、あなたがたはその宮だからである。」 説教「あなたがたは神の宮である。」 さて [続きを読む]
  • 日本、韓国の間のことの雑感。〜提岩里を訪ねたこと〜
  • 先日の礼拝の後の懇親会で、日本と韓国の話になりました。 その時思ったのは、長い日本の歴史の中で、韓半島からさまざまな思想、宗教、文化、技術などを受け入れて今の日本があるということに改めて気がつくのでした。 そこで、韓国、韓半島が果たした役割はどうだったのでしょう? 北朝鮮や共産主義の脅威は現実のもので、過去からのさまざまな交流の「遺産」は確かに過去のものです。 しかし、過去があって現在があります。 [続きを読む]
  • 昨日は礼拝を行いました。ご紹介します。
  • 昨日は朝十時から大阪市南部の施設にて礼拝を行いました。 参加者は五名でした。とても恩恵を受けた雰囲気でした。 *聖句はマタイ二十七章四十五節からで、イエス様の十字架上の場面です。 「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。(我が神、我が神、どうして私をお見捨てになったのですか?)」 *説教の内容です。 「十字架を慕い、十字架を喜び、十字架を越えよう。」 私達は人生のどこかであるいは何度か、神様から見捨てられ [続きを読む]
  • グローバリストとディープステートを日本人はほとんど知らない!
  • サンクチュアリの皆様は二代目王様の言われるグローバリストの意味が少しづつお分かりになつて来られたのではないでしょうか? さてこのグローバリスト達が背後にいて実際に政策から政治を動かしたり、あるいは工作を行っているのがディープステートと呼ばれる存在です。これには政策遂行上官僚組織が多く絡んでいます。 日本の識者達、あるいはマスコミ連中はこういった話を“いわゆる陰謀説”という言葉で片付けてわかったよう [続きを読む]
  • 日本の官僚達とグローバリスト達との繋がり。
  • それでは官僚達はなぜ力があるのか、そしてなぜ官僚組織との戦いがトランプ革命とつながっているのかを今日のテーマとしたいと思います。 私も家計学園の問題がこんな急展開していくとは思っていなかったのでいろいろな準備ができていませんでした。 しかし天の摂理が急がれているのか、サタンの攻勢が激しくなり、とても急がれる展開となりました。論理の展開や実証性にやや難もあるかと思いますが、趣旨をご理解いただければ幸 [続きを読む]
  • 難しい話が続きます。官僚組織の特性と安倍首相の行く道。
  • さて、先々回の安倍首相のアベノミクスの話が経済中心でわかりにくく、また、あたかも安倍内閣賞味期限説に加担していると思われたのか、全く不人気だったようです。 私流に言うと敵を知り、己を知らば、百戦危うからずと言う事で、共産主義に勝つには勝共理論を知る必要があります。 勝共理論は共産主義の理論と実態を理解して批判し克服するものです。 前回紹介した牧師の卵さんは勝共のことも知っていて、キリスト教の世界に [続きを読む]
  • 家計問題の本質は官僚組織にあります。安倍首相宿命の対決。
  • 家庭連合も問題は世の中の問題と合い通じていると思います。家庭連合の最大の問題はもちろん韓氏オモニの不信仰につきますが、それをそのようにさせた幹部達の責任も大きいと言わざるを得ないでしょう? そして彼らはピラミッドのような組織を作り上げました。 トップは少数の特権的な最高委員などという方々です。 日本人は入っていなかったと思います。 そして次が大陸会長、そして各国会長、、、といった具合に階級が決まっ [続きを読む]
  • アベノミクスと家計問題、そしてトランプ革命。
  • 安倍首相月賞味期限切れなどというのは売国奴だという指摘を玉木さんがしておられます。 まことに正鵠を得ているご指摘ですし、異論のありようもないのですが、それでも売国奴?達を舐めてかかると足元を掬われます。 確かに雇用状態は改善されていて、経済指標と戦後最大の神武景気を抜きそうか、抜いてしまったのかというレベルです。(成長率高いはなんと1%前後と低いのですが。) しかし、株価が上がって企業の収益は過去 [続きを読む]
  • トランプとそれに反対するマスメディアの戦いについて。
  • 数日前にBSジャパンで日経プラスという番組(小谷真生子がキャスター)を見ているとトランプ例によってトランプ大統領のやり方を批判する意見を紹介していました。 米国の有力紙のフィナンシャル タイムズのニュースエヂイター(編集者)のピーターフリューゲル氏の語る映像を数分間流しました。 それをひとまず取り上げて考えてみましょう。 まず彼はトランプが主流メディアと呼ばれるマスメディアすなわちマスコミと激しく [続きを読む]
  • 今日のプライムニュースのタイトルは?安倍政権の賞味期限切れ?
  • さて、安倍政権の賞味期限が来ているという話がの続きです。 もちろん安倍首相の代わりの天の人材がいれば良いということになりますが、その資格のある人が今いるようには見えません。 賞味期限切れになれば、商品ならば、廃棄処分すれば良いのですがもう一度作り直すつまり再生をしなければなりません。 昔は一内閣一仕事などと言われていた時代もありましたが、安倍首相が取り組まなければ課題は安倍晋三自体がどれほど自覚し [続きを読む]
  • トランプ革命の象徴。世界の悪と戦う。
  • 日本のリーダーは安倍首相ですが、どのように変わらねばならないのでしょう?世界のリーダーの中はどうでしょう?今日は普通と違った観点から考えて見たいと思います。まずは引用記事からです。 ライブドアニュース「日本と世界と宇宙」より七月十日配信の記事より 〜引用開始〜 ドイツ警察が小児性愛犯罪ネットワークを突き止め87000人の逮捕者が出る見込み * 2017/07/10 20:17 小児性愛犯罪ネットワ [続きを読む]
  • 安倍首相も日本も大転換期に来ています。正念場です。
  • 昨日は安倍首相の賞味期間が切れているという不吉なタイトルの記事を出しました。 今日の安倍政権の内閣支持率は続落し安倍内閣としては支持率最低、不支持率最高の水準となりました。今、選挙をすれば大敗します。 民主党もダメですが、共産党も大きく伸びますし、小池新党も、“国民ファースト”を率いて大躍進するでしょう。かろうじて政権は維持するかもしれませんが大ダメージを受け、今後の政策展開が厳しくなります。 ま [続きを読む]
  • 我が家の猫、その後の話。続々編
  • 深刻な話が続いてきたので、今日は死んだ猫の話の続きです。 なんと先日家内があのチビを殺した野良の「ドラ」を飼いたいなと口走ったので、耳を疑いました。 もちろん本気?ではないようですがふとそんな思いがくるようです。私が女心とは不思議だなと言うと、そうなのよねー、自分でもよくわからんわ。と返して来ました。 “怨讐を愛する”という次元ではなさそうです。 チビをなくした寂しさからはあるだろうが、一方ではド [続きを読む]
  • 安倍首相はその賞味期間を乗り越えてさらに強く逞しく生きろ!
  • 先日も書きましたが、東京都議選の結果は次の国政選挙に直結していると言われます。 それはなぜかというと東京都民は10年間で半分が入れ替わると言われて特別「東京」という特定の住所に愛着や執着感慨が薄いと言われています。 どうせ短期間で出ていくので関心が薄く、国政での現象に大きく世論が動く特徴があります。 それはともかく安倍政権にとって大きな曲がり角を迎えています。 本来の対抗馬であるべき民進党がさらに [続きを読む]
  • 北朝鮮のICBM発射の分析とその補足。part2。
  • 今回の毎日新聞の企画、「論点」て三人の識者、論客がインタビューを受けての談話を文章にしたものだが、最もよく整理されまともな論陣がはれたのが、私の視点では田中均氏でした。小泉訪朝時の外務省担当者として名を馳せたが、正直あまり好きな方ではありませんでした。 さすがというべきかここまで事態が詰まってくれば、旧外務官僚ならばやはりそう見るのかと思ってしまいます。 筆者注として私の意見を先回とおなじようにい [続きを読む]
  • 北朝鮮ICBM発射と識者の分析及びその補足。
  • 毎日新聞が、北朝鮮“初めての”「ICBM」発射実験成功を受けて三人の論客から話を聞いています。この三人の日頃の主張にはたまに首を傾げたくなりますが、今回も結局は中途半端な提案で終わって参考にならないのですが、それぞれの分野での現実の分析は確かなものがあります。 今日はそのうちの二人の意見から今後を占って見たいと思います。また引用の途中で私の見解を入れますのでよろしくお願いします。 〜引用開始と意見 [続きを読む]
  • 韓国が、戦争もなく奇跡的に北に飲み込まれるのが避けられる道
  • もし、韓国が戦争も避けることができて北朝鮮主導の南北統一の道を避けられる方法があるとすれば、次の日経の記事が参考となるでょう。 それはアメリカが北を完全に制圧する直前、すなわちもはやアメリカは必ず軍事侵攻するという判断が中国にできた時点で、中国はアメリカと真剣な交渉を行うということです。 つまり中国軍が鴨緑江を越えて北朝鮮に進撃し、金王朝を倒して中国の傀儡政権を作る作戦です。 これを真剣にアメリカ [続きを読む]