ブラックフェイス手帳 さん プロフィール

  •  
ブラックフェイス手帳さん: ブラックフェイス手帳
ハンドル名ブラックフェイス手帳 さん
ブログタイトルブラックフェイス手帳
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/allstationsbeyond
サイト紹介文中央線201系 最後の軌跡
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/08/24 22:11

ブラックフェイス手帳 さんのブログ記事

  • 鉄道新線等の早期実現、建設促進に関する看板・ポスター
  •  先日、「琵琶湖若狭湾快速鉄道の看板」に関する記事を載せた。 鉄道新線の早期実現、建設促進や複線化・電化などを求める看板、横断幕、ポスター、のぼりなどは時代とともに変わってゆく。 昨年度撮った写真の中に、新規路線の早期実現、建設促進といったことを求める看板やポスターの写真が何点かあり、いくらか記録になると思うので、簡単にまとめてみた。 なお、写真は平成28年4月から平成29年3月までに撮ったものである。 [続きを読む]
  • H29.4.29(土) 浜田散策
  •  島根県西部、石見というところは、気軽に行けるところではない。 山陽新幹線と高速バスを組み合わせれば、あるいは飛行機を使えば、昼前後には主な都市には到着できるが、なかなか乗る機会がないJRの陰陽連絡線を使わず高速バスや飛行機を使っていくのは反則(?)のようにも思ってしまう。こんなことを考えてグズグズしてしまい、先延ばしになってしまうエリアである。 そんなことで、あまり縁がなく、江津と浜田はどちらが [続きを読む]
  • H29.4.29(土) 三江線
  •  これまで三江線に乗ったのは、平成13年12月の一回のみである。 その時は、朝は津和野を出発し、江津から三次行に乗っている。 車両はキハ120だったが、天気は曇だったこと、車内が暑かったこと以外覚えていない。どこかの駅で、おそらく石見川本だったと思うが、10分ほどの停車時間があり、ワイシャツの袖をめくって車外に出たところ、駅員か運転士に「寒くないですか、どちらから」と聞かれたことだけ覚えている。― ・ ― [続きを読む]
  • 琵琶湖若狭湾快速鉄道の看板
  •  湖西線近江今津と小浜線上中を結ぶ「琵琶湖若狭湾快速鉄道」の看板を最初に見たのは平成15年7月27日。 小浜線を乗りつぶしに出かけた際に、小浜線小浜駅と、街中を散歩した際に小浜市役所で見かけた。 こちらは、小浜駅にあったもの。車両イメージは、80年代から、90年代にかけて好まれたタイプのような。 そして小浜市役所で見かけた横断幕。― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―  [続きを読む]
  • 西豊田駅って、どうなるのかな。
  •  最近、中央線に乗ると、そそくさと寝てしまうが、2週間ほど前、豊田〜八王子間で南側の景色を眺めていたら面白い看板を見つけた。 この手の看板を立てるのはたいていナントカ期成同盟会といったところだが、重い腰を上げて動き出したか!!!と思ったが、なぜ浅川を越え、八王子市内に立てるのか。 いったい、だれが立てたのか・・・と思って近寄ってみてみると・・・。 アパマンショップ??? 寝た子を起こす(?)カンバ [続きを読む]
  • H29.4.8(土) 西武1241FとEast−iE
  •  神保町で本を買ったのち、久しぶりに西武多摩川線の甲種輸送を撮ることにした。 右手からファーホー、ファーホー、ファー・・・と特急車両の警告音が聞こえてきて、どういうこっちゃと思ったら、あれっ!!! 高尾方から〔1242〕〔242〕〔241〕〔1241〕。 ユーロードで用事を済ませた後、16時20分過ぎに八王子駅に戻ると収納完了していた。 [続きを読む]
  • H29.4.2(日) 片上鉄道
  •  以前から柵原の片上鉄道行ってみようと思っていたものの、列車が運行されるのは第一日曜日、これに天気と、岡山からバスを乗り継いで行く気分になれるか、といった条件が重なり、なかなか行く機会に恵まれなかった。 津山に泊まると言う方法もあるが、津山からのバスの便が遅い。 また、レンタカーと言う方法もあるが、平成18年に金名線の廃線跡めぐりをした時から運転歴が止まっており、レンタカーに乗る気はしなかった。 昨 [続きを読む]
  • 平成28年度旅行記録まとめ
  •  あそこに行ったのはいつだっけ・・・と自分のブログを見ることがあるが、アップしておくと手帳代わりになり、自分にとって便利(笑)。 と言うことで、どうでもいい話であるが、昨年度の旅行記録を書いておく。1.鉄道①JR再完乗 平成28年12月23日、東京駅から新函館北斗行きに乗車し、北海道新幹線完乗。これにより、JRを再完乗。 翌24日は、札幌市交通局の市電ループ化区間に乗車し、日本の鉄軌道完乗となる予定であっ [続きを読む]
  • H29.3.20(月・祝) 北勢線
  •  15年ほど前に愛知県に住んでいたが、そのころ北勢線をどうしようか議論されていた。 記憶はあいまいになっているが、改軌とか、バス転換といった案もあった。 当時、どんなところか何度か見に行ったが、長らくご無沙汰しているので、行ってみることにした。 車両は昔と変わらないが、冷房化された車両もあり、駅もそれなりに手を入れられており、以前よりは明るい雰囲気になっていた。 当時は、存廃、バス転換といった話もあ [続きを読む]
  • H29.3.12(日) 小浜線
  •  最近、駅間で列車の写真を撮ることがめっきり減っているが、上中〜新平野間で雪をかぶった三十三間山をバックに小浜線を撮影。△934M△935M コンデジじゃなくて、一眼レフ持っていけばよかった・・・。 このあたりは、若江線(ジェイアール西日本バス)が走っているので、便利である。 [続きを読む]
  • H29.3.5(日) 江田島のテクノスーパーライナー
  •  午前中は大和ミュージアムを見て、午後はテクノスーパーライナー探しへ。 むかし、戦艦武蔵のプラモデルを作った時、パイロットは主砲を目の前にして気持ち悪かっただろうなぁと思ったが、この模型を見て、改めて思った。 呉から12時30分発の江田島(小用)行きのフェリーに乗船。 テクノスーパーライナーは、秋月という地名のところにあるのはわかっていたので、江田島バスに乗り、途中で下車して歩くことにした。 44号線か [続きを読む]
  • H29.3.4(土) あき亀山
  •  車止め3種類。 このあたりの人は「電化延伸」というとらえ方なのか。確かにそうであるが、ちょっと新鮮。 この踏切ってどういう扱いなんだっけ、というのはともかく、113系が撮れたので嬉しい。 駅の背後の高台の人は便利になるのかな。 [続きを読む]
  • H29.1.22(日) 小樽市総合博物館(鉄道・科学・歴史館)
  •  1月21日の夜は小樽運河沿いのホテルに泊まり、翌22日は小樽市総合博物館に行ってみた。屋外展示の車両はどうしているんだろうと思ったら・・・雪をかぶっていた・・・。 だから冬季は入場料が割引になっているのか。 と言っても、館内展示の資料や模型は見ごたえがあり、特に北海道開拓期の路線選定過程や炭鉱開発と鉄道との関連に興味がある人にはお勧め。 資料の写真は添付を省略するが(現地で見てください(笑))、写真 [続きを読む]
  • H29.1.21(土) 宗谷岬へ
  •  朝、テレビをつけると札幌市電の運賃値上げのニュースが流れていた。 旅行先で鉄道関係のローカルニュースを見ると得した気分になる。 ホテルから稚内港北防波堤ドームが見えたので、朝食を食べた後、見に行った。風は冷たかったが、稚内と言うところは北海道の内陸に比べると気温は高く、むしろ津軽の方が寒さは厳しいのでは・・・という気がした。 ホテルから稚内駅に行く途中、駅前広場に掲げられた案内図を見て、稚内駅が [続きを読む]
  • H29.1.20(金) 「サロベツ」で稚内へ
  •  今春のダイヤ改正は、全国的にあまり目立った変更がなく、ダイヤ改正の案内は見ごたえがない(笑)。 幹線系では、北海道のサロベツ、オホーツクの見直しが目立ったところであるが、せっかく札幌まで来たので、札幌12時30分発の「サロベツ」に乗ってみることにした。 編成は前から「キハ183−1501」「キハ182−3」「キハ183−212」であった。 指定席はあらかじめ新千歳空港で取っておいたが、通路側しか取れず、自由席は発車 [続きを読む]
  • H29.1.20(金) 札幌市電ループ化区間へ、日本の鉄軌道完乗
  •  昨年12月24日に札幌圏大雪のため札幌に到達を断念し、札幌の市電のループ化区間に乗り損ね、日本の鉄軌道完乗(ケーブルカー含む、ロープウェイ除く)を逃したので、改めてチャレンジ。 羽田7時発のANA51便で千歳に向かった。羽田を離陸すると雲に突入し、景色は眺めらえないので、ひと眠り。 青森県上空にさしかかると雲が切れ、恐山の宇曽利山湖が見えた。 新千歳空港から9時発の快速エアポートに乗り札幌へ。南北線に乗換 [続きを読む]
  • H29.1.2(月) 武蔵国一宮、二宮
  •  昨年、武蔵国の二宮、三宮・・・はどこにあるのだろうと思い調べてみたら、東秋留の近くにあることがわかった。 あわせて六社を調べてみると、武蔵国の一宮は大宮の氷川神社と思っていたが、多摩市の小野神社という説や、府中にあった小野神社だという説があるらしい。 国府、国分寺、一宮、総社といったものは、たいてい(今の時代で言えば)同じ市内かせいぜい隣接する地域にあるが、国府が府中市、国分寺が国分寺市あるにも [続きを読む]
  • H28.12.29(木) 東京湾フェリー
  •  毎年年末に、都内で同じ学科だった同期メンバーと忘年会をやっているが、館山で行うこととなり、東京湾フェリーで房総半島に渡った。 船内でかっぱえびせんを購入し、かもめと戯れる。 しかし、東京湾はかもめに交じってとんびが多い。 意外に大島が大きく見える。 伊豆七島には一度行ってみたいが、なかなか行く機会がない。 船からは丹沢、富士山、伊豆半島、大島などが見えていたが、房総半島に近づいてくると晴れてきて [続きを読む]
  • H28.12.25(日) 夕張から厚岸へ
  •  クリスマスイブの夜は夕張駅から1?ほど離れたホテルシューパロに泊まった。 朝、目が覚めて街の方を見ると晴れていた。 朝食を食べに行くと、半分以上が外国人で、次から次へとやって来る。インバウンドの威力は夕張にも間違いなく及んでいる。 中国でも台湾でも韓国でもなく、モンゴルかチベット、あるいはシルクロードかな?と思うような人が多くいた。どこから来ている人たちなのか気になったので、ホテルの人に聞いてみ [続きを読む]
  • 日本の鉄軌道完乗・・・ならず
  • 1.クリスマスイブの予定 JRを完乗した翌日(平成28年12月24日)、大沼公園から札幌まで北斗で移動し、札幌のループ化区間を乗って日本の鉄軌道を完乗する予定であった(なお、ケーブルカーは完乗済、ロープウェイは除く)。 24日の朝、ホテルの部屋からはきれいな雪景色が見られたが、ホテルのフロントに大沼公園までのタクシーをお願いしたが、しばらくするとフロントから電話があり、北斗7号まで運休が決まっていることを [続きを読む]