OOSHITA さん プロフィール

  •  
OOSHITAさん:
ハンドル名OOSHITA さん
ブログタイトル"ALIVIO" 地元工務店で本気の家づくり
ブログURLhttp://ooshita1976.blog.jp/
サイト紹介文3年間かけて辿り着いた地元工務店。家づくりにこんなにハマるなんて!
自由文大手HMから小さな工務店まで、悩みに悩んだ私たちがようやく依頼先を決めるまでの道のりと、楽しかった家づくり、住み始めてから思うことなどを施主目線で綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/08/24 23:04

OOSHITA さんのブログ記事

  • [WEB内覧会]和室③ 〜 吊押入れ
  • 【OOSHITA's BLOG】今回は和室の収納について。 わが家(限定ALIVIO)の原案では、和室にはほとんど収納がありませんでした。その代わり、クールな床の間というか飾り壁みたいなのが出来る予定でした。 こんなのです。しかし、「おそらく和室はお客さんに泊まってもらう部屋になる」という思いから、私たちは和室内に布団をしまえる収納を所望。難色を示されるかと思いきや、森住建側はこれを思った以上に大胆に [続きを読む]
  • [WEB内覧会]和室② 〜天井
  • 【OOSHITA's BLOG】和室のWEB内覧会、部分編です。まずは上から。 天井の中央に、ダウンライトを3つ並べてあります。部屋をスッキリ見せるのはやはりダウンライトですね。天井色に合わせて黒色の四角形フレームにしてもらえたので、特にスッキリできました。シーリングだとどうしても溜まってしまうホコリの問題も、ダウンライトなら全く考えなくていいですし。ちなみにALIVIOは標準で全館LEDライトなので、こちら [続きを読む]
  • [WEB内覧会]和室① 〜ざっくり
  • 【OOSHITA's BLOG】 たくさんの方がブログを書かれるようになってきましたね! 他の施主さんのお話が読めるのが嬉しいです。 それに、これで私がサボってもバレないぞ(笑) さて、先日玄関についてのWEB内覧会を終えたので、次はどこにしようかなと考えました。 で、決めました。 次は玄関に隣接する部屋… 和室です。 [続きを読む]
  • 補修に来てもらいました。
  • 【OOSHITA's BLOG】 内覧記事が続きました。 次は和室を紹介しようか、風呂にしようか、それとも...?と思案中ですが、とりあえずちょっと休憩。 ちょうど週末にアフターに来ていただいたので、今回はそのことについてつらつらと書いてみます。 (WEB内覧会の続きを期待して来てくださった方はすみません。) 私たちが地元工務店を選んだ理由の一つは「アフター [続きを読む]
  • [WEB内覧会]正面玄関④〜グランドライン ラフィス
  • 【OOSHITA's BLOG】玄関編、今回でようやくラストです。 暗い写真でスイマセン。これは、玄関ホールから家族用玄関方向を見た構図。奥のほうが家族用玄関スペースです。右手前にあるなんだかギラギラした黒っぽい引き戸を締めれば、お客さんに家族用玄関を見せないように隠せるというわけです。このギラギラドアは、LIXILのグランドライン・ラフィスというもの。鏡面仕上げで、色はモーヴグレーといって、紫に近い色です。鏡面 [続きを読む]
  • [WEB内覧会]正面玄関③〜壁と天井
  • 【OOSHITA's BLOG】この季節、晴れると気持ちがいいですね。うちの近所の河川敷も青々として、散歩するだけで清々しいです。もうちょっと木陰があれば、さらに言うことなしの散歩コースになるんだがなぁ。 さて、前回に引き続き、玄関のご紹介です。[地窓] 玄関の正面に、小さな地窓。FIX窓で、窓の向こうはビルトインガレージです。この地窓、当初の設計にはありませんでした。玄関周りをあれ [続きを読む]
  • [WEB内覧会]正面玄関②〜土間と式台
  • 【OOSHITA's BLOG】今回からは、正面玄関の中をパーツごとに語ります。[土間] まずは土間。「洗い出し」という、細かい石の粒が見える仕上げ方にしてもらいました。当初私たちはタイルを想像してしたんですが、桐山さんのプッシュにより、こちらの洗い出しに変更。そう、いわゆる「桐山臭」を醸し出す仕上げをまんまと採用してしまったわけです(笑)わが家は、強いて分類するなら、いわゆる和モダンなのかなぁと [続きを読む]
  • [WEB内覧会]正面玄関①
  • 【OOSHITA's BLOG】 今回からは、正面玄関の内覧会みたいな記事です。 早速どうぞ! ドアは、LIXILの断熱ドア、"GRANDEL"。 分厚い断熱材をギッチリと詰め込み、「K1.5」なる高水準の断熱性能を実現したものだそうです。 ALIVIOではこのドアが標準仕様になっています。 色やデザインはたくさんありますが、わが家のは色が「ホワ [続きを読む]
  • 和室へのアクセス
  • 【OOSHITA's BLOG】正面玄関の間取りを変更した話。以前にも書いた通り、わが家は南側に正面玄関、西側に家族用玄関を設け、中でつながる造りです。 当初のプランだと、こーんな感じでした。独立型の和室を縁取るようにして、二つの玄関が逆L字型につながっている形です。 私などはこれを見て「ほえ〜なるほどね〜」と感心するばかりだったのですが、イマジネーション力が私よりも数段優れる嫁は、アパートで図面とにらめっこ [続きを読む]
  • ニオイの元として果たすべき責任
  • 【OOSHITA's BLOG】話を家族用玄関の下足箱に戻します。私たちがこの家で暮らし始めてからの話。昨年の夏。出来上がった家に私も嫁も大満足でしたが、嫁は時々、「強いて言えば、下足箱は剥き出しじゃないほうがよかったかも...」と口にすることがありました。やはり、人に見られる棚じゃないとはいえ、なるべくスッキリさせておきたいのだと。剥き出しだと埃がたまりやすいと友だちに聞いたし、さらに、下足箱だから、やはり臭い [続きを読む]
  • ぎふ 家づくりをはじめる時に手に取る本
  • 【OOSHITA's BLOG】 脱線です。 週末、おうちLABO3周年記念「MEGA祭り」へ行ってきました。 今年も相当な賑わい。 昨年も書いた通り、うちの嫁は餅まきに命を賭けていますので、餅まきの時間に合わせてお邪魔しました。 今年は子供も餅やお菓子を拾えるかなぁと思い参加させてみましたが、まだちょっと早かった模様。 始まるやいなや、周りの熱に圧倒 [続きを読む]
  • 天までとどけ
  • 【OOSHITA's BLOG】図面の練り直しにより、少し位置を変えた下足箱。その棚板の数は、当初の提案では4段でした。下足箱というより、ある程度大きなものを入れることも想定した収納棚がイメージされていたんだと思います。しかし!うちの嫁が、4段で満足すると思うなよ。嫁「いっぱい入れたいので、なるべく無駄な空間ができないように、棚板を増やしてください」桐山「わかりました」〜〜〜 翌週 〜〜〜桐山「1枚増やして5段に [続きを読む]
  • 家族用玄関の下足箱
  • 【OOSHITA's BLOG】わが家に提示された「2つの玄関」というプラン。「玄関内を分ける」ことと、「玄関を2つ作る」こと。似て非なるものだと気付きました。コストやスペースを考えると、一概にどちらが良いとは言えません。しかし、幸いわが家は限られた予算と坪数の中で後者を提案していただけたので、あっさりとこちらに傾いていき、すぐにこのプランを快諾。こうして、ツイン玄関の採用が決まりました。 さて、ここからは写 [続きを読む]
  • ダブル玄関ズ
  • 【OOSHITA's BLOG】2つの玄関。これは限定ALIVIO(つまりはわが家)の間取りの特徴のひとつです。図面で説明しましょう。 これが、限定ALIVIOの玄関周りの大まかな作りです。(いろいろと変更をお願いする前の原案です)図の中央が正面玄関。手前にある玄関扉から入ります。お客様を迎えるにはこの正面玄関を使います。まさにわが家の顔です。しかしそれとは別に、普段の私たち用に、もう一つのルートが確保されて [続きを読む]
  • 靴を脱ぐ場所。...それだけか?
  • 【OOSHITA's BLOG】ここ数ヶ月、更新が滞りがちでスミマセン。我ながら、記事の質も落ちてるなぁと反省しています。 言い訳するならば、公私ともに忙しいことのほかに、やはりモチベーションの源を見つける難しさもあります。竣工から1年ですからね。 どんだけ書いたって、森田さん、何もおごってくれないし(笑) それでもなるべく継続はしていくべく、今後は記事を短めに切って上げようかな〜と考えています [続きを読む]
  • におい。
  • 【OOSHITA's BLOG】「浮き屋根の家」の外観は、思っていた通りのカッコよさでした。街に建ち並ぶ無数の家の中でも、他の家に似ておらず、なにやら品もある。私が最初に憧れた「あの家」や、 僭越ながら我が家にも似たこの雰囲気は、もしや...と思い、他部門から新築営業部門にコンバートされたばかりだというメガネ男子に聞いてみました。私「この家の設計は...?」森「桐山さんです。」やっぱりね。 近づいて見てみ [続きを読む]
  • 浮き屋根の家
  • 【OOSHITA's BLOG】久々に、オープンハウスの体験リポートです!先日、完全予約制の完成見学会がありました。嫁は「もういい加減、行くのは遠慮したほうがいいんじゃない?」という常識的なご意見。しかし私は今回の家にかなり興味があったので、嫁を押し切って自分だけお邪魔することにしました。もちろん、もう営業マンに付いていただく必要はないので、いつものとおり「勝手に見せていただきますから、私のことは空気のように扱 [続きを読む]
  • シルエットブラインドについて、今思うこと。
  • 【OOSHITA's BLOG】今日は散歩がてら、近所で開かれたイベント会場に行ってきました。イベントの目玉は、岐阜県瑞穂市出身の人気俳優、平山浩行さんのトークショー。数少ない地元出身の有名人が来るとあって、大勢の人が集まっていました。芸能に無関心な私も、コソコソと群衆の中へ...間近で見た平山浩行さんは、あのイケメン営業マン森田さんでも土下座するくらいのカッコよさ。トークショーでは「この辺りも、自分が住んでいた [続きを読む]
  • シルエットブラインド「クオラ」
  • 【OOSHITA's BLOG】続きまして、LDKのもう一つの窓に付けたブラインドについて。こちらはまず先に写真から見せちゃいます。どうぞ! ご覧の通り、バーティカルではなくホリゾンタル(水平)な、昔からよくある形のブラインド。板(スラットと言うらしい)の色は白です。朝になると、その白いブラインドに庭木の影が美しく映って...と言いたいところですがそうではなく、この木陰は最初からブラインドに描かれて [続きを読む]
  • バーティカルブラインド
  • 【OOSHITA's BLOG】 窓の話に関連し、今回は我が家のカーテン・ブラインドの話を。 ある日の打ち合わせ。 桐山 「まだまだ先の話ですが、窓のブラインド、こんな物を使ってみたらどうでしょう?」 よく言われることですが、カーテン・ブラインド類は予算面で盲点となりがちなポイント。 [続きを読む]
  • サーモスXという窓
  • 【OOSHITA's BLOG】 約5年前になりますが、よく覚えています。「家は性能」のI社に出会い、住宅の断熱性能に関する話を初めて聞いたあの日。「今の新築では、複層ガラスが常識です」「冬の寒さ、夏の暑さは、どこから家の中に入ってくると思います?いちばんは窓からなんですよ」「I社の窓はトリプルガラスの樹脂サッシで、ガラスの間にアルゴンガスが入っています」難しい話はよく分かりませんでしたが、「家の [続きを読む]
  • 泥棒の侵入口は
  • 【OOSHITA's BLOG】ドロボーの話に戻ります。前回防カメの話をしたので、その続きを。 2. 防犯ガラスピッキング。サムターン回し。一時期報道が過熱し、誰もがその名を知った解錠方法です。もちろん、こういった手口に備えて玄関ドアの鍵を防犯性の高いものにするのは良いことです。でも、私としては、それよりも「窓」が先だと思います。なぜなら、ピッキングなどという面倒な手段を使う泥棒は、全体から見れば少数。ピッキン [続きを読む]
  • 担当者様感謝会
  • 【OOSHITA's BLOG】防犯記事の途中ですが、ちと脱線を。この週末、我が家の担当者さんたちを無理やりお招きして、「お客様感謝祭」ならぬ「担当者様感謝会」を開きました。 よほど親しい人でない限り、私たちが家に人を招くことはまずありません。でも、この人たちは別。私たちのわがままに付き合いながらこの家を作り上げてくださったことへの感謝。私たちはこの家に本当に満足していますという意思表示。今後ともヨロシクお願 [続きを読む]
  • 防犯カメラ作動中!
  • 【OOSHITA's BLOG】前回の記事でチラリと防犯の話が出ましたので、その続きを少し。防犯は、防災と同様に大切なことだと思います。統計上、ここ十数年間にわたり、刑法犯罪の件数は減り続けています。だからといって各家庭で犯罪対策をしなくていいわけじゃないのは当然の話。全国規模でどれだけ減っていても、自分の家が被害にあえば、何の慰めにもなりませんもんね。とりあえず泥棒に関して話を進めると、一般住宅に侵入する泥棒 [続きを読む]
  • ビルトインのデメリット
  • 【OOSHITA's BLOG】ビルトインガレージ最高!という記事ばかり書いていますが、じゃあビルトインにデメリットは無いのか?と聞かれれば、もちろん無いとは言えないと思います。なので、今回は私が思うビルトインガレージのデメリットについて記事にしてみます。1.金額まずなんと言ってもコレでしょう。ビルトインガレージは建物の一部。つまり居室と同じような計算でお金がかかってきます。 増加するコストは単純にガレージ部 [続きを読む]