菊乃 さん プロフィール

  •  
菊乃さん: Message
ハンドル名菊乃 さん
ブログタイトルMessage
ブログURLhttp://ameblo.jp/msg-kikuno/
サイト紹介文すべてはメッセージ。地球環境、日本古来の文化など、その時どきで心に浮かんだことを書いています
自由文動植物、人間、空、神社、人の心、書物、その他地球や自然や人間の行いなど、あらゆることで目にとまったものについて書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2015/08/25 11:52

菊乃 さんのブログ記事

  • ローソクの光は届く
  • ゴールデンウィークに入って、私も変則的ですがいつもより多めに休みがあり、昨日と今日が休みで明日から4連続出勤、その後3日日がお休みです。今日のうちにやっておこうと、ベランダに出て鉢植えの花の世話を始めました。冬のあいだほったらかしだった植物の植え替えなどをしていて、ふと「土が足りない、買ってこなくちゃ」と思い立ちました。園芸店に向かって歩きながら、「考えてみれば、土を買うというのもおかしな話だ」 [続きを読む]
  • 生き物がつくる球体
  • もの心ついたときから昆虫が好きで、近所の空き地で虫かごとアミを持ってモンシロチョウを追いかけまわしたりする幼年時代をすごしました。ですが女の子らしいことも好きで、大きくなるにつれてお人形さん遊びの関心が大きくなり、やがてリボンやレースやキラキラのビーズも好きになりました。そして10歳を過ぎる頃にはきれいなお洋服が大好きになって、自分を飾ることに夢中になりはじめました。両親の「女の子なんだから昆虫 [続きを読む]
  • 愛のおこない
  • 好きな昆虫は?と聞かれたら、迷わず「カマキリ」と答えます。私の昆虫歴は、これなくしては語れません。本当にたくさんのカマキリを飼ったり観察したりしてきました。 カマキリは、生餌しか食べません。要するに肉食ですが、昆虫や爬虫類のような小さな生き物の中ではそうめずらしいことではありません。観察をかさねて知ったのですが、彼らは共食いをします。動くものを餌と認識するので、自分と同じ姿であっても本 [続きを読む]
  • 新しいBODY
  • 昆虫が大好きで、小学生のときからあれこれ飼ったり観察したりしてきました。 アゲハ蝶の羽化に凝ったのは高校生のころです。たくさん残っている観察記録を、いつかまとめたいと思っていたのですが、 もしかして今がその時期のような気がして、写真や記録をどうやって記事にしようかと思っていた今朝、 ふと自分の心の眼に、羽化したばかりのとても初々しいアゲハ蝶の姿が浮かびました。 背中の [続きを読む]
  • 自然の法則と一体感
  • 関東地方は昨晩から春の嵐が吹き荒れていて、ベランダでは鉢が倒れたりして大騒ぎです。午後には天気が回復して気温がって夏日になるそうなので、片付けがてらそろそろベランダの「アリ対策」をしておこうと思いつきました。  狭いベランダですが、いつのころからかアリが住み着くようになりました。植物を植えている鉢の中の土という実に限られた範囲で、女王アリを中心に集団で生活を営んでいるアリたちの生活は規 [続きを読む]
  • 第6感以上
  • ...前回の続きです。「花と団子とどちらが好きか」と聞かれたら、私は絶対に花と答えます。花というより、植物と言ったほうがあたっています。寝食を忘れるくらいに花とみどりが好きで、狭いベランダに鉢植えの植物を一杯に並べています。 思考の現実化がいよいよ顕著になってきて、「現実は自分の思考が創っている」を認めないわけにいかなくなった昨年春、花屋さんの求人広告を見て「お花の仕事ってステキだな」とな [続きを読む]
  • 解読を待っていたメッセージ
  • ...前回の続きです。照明の都合できれいに写っていませんが、これは自宅のリビングルームの、南側の小部屋に通じるドアに貼ってあるものです。和紙に毛筆で書かれたこの貼紙の言葉は、私が書いたのではありません。平成22年の元旦に初詣に行った近所のお寺で、お坊さまが書いて配っていたのをもらってきたのです。なんとなく気に入ってドアに貼っていました。それをなぜここにわざわざ出してきたかというと、201 [続きを読む]
  • ハートが震えている
  • ...前回の続きです。宇宙のことを記事を過去にどう書いたんだっけ、と旧ブログの記事を読み返してみましした。2013年夏から2015年春まで書いていたこのブログの中には、自分でもすっかり忘れていたことがあったりして興味深いです。例えばコレなのですが、 旧ブログより:ハートが震えている そういえばこんなことあったんだ、とふりかえるとともに、そのときに感じていた体感がよみがえってきました。&n [続きを読む]
  • 移り変わる記憶
  • . ..前回の続きです。難聴のことを記事にしましたが、不思議現象をネタに、自分の「記憶や感覚」に着目しています。今回は視覚について。 2011年秋に、自室に現れたインディアンの姿は、疑いをはさむ余地のないくらいはっきりと肉眼で見えたものだったのですが、もっと不思議なのはそれを目撃した後、月日が過ぎていくにつれて自分の認識が変わっていったことです。 目撃直後、「これは異常体験だ」と思った私 [続きを読む]
  • 正常範囲とは
  • スピリチュアル・不思議な存在系の記事はまだまだ書きたいことがあって、やっと半分まできたところなのですが、 4月になったことだしちょっと小休止して、現実的なことを一記事だけ書こうと思います。 以前、記事に書いたことがありますが、私は軽い難聴をもって生まれて来ました。 健康診断だと正常範囲ぎりぎりで「日常生活に支障なし」と言われる程度なので、子供の頃は自分はもちろん、親も先生 [続きを読む]
  • 自分を見つめるスピリチュアル
  • ...前回の続きで、不思議な世界のことを書いています。人間はもともとスピリチュアルな存在だということで、スピリチュアルという言葉は幅広く捕らえることができるのですが、ここでは「不思議なものを見たり聞いたり感じたりする能力」をスピリチュアル能力と言うことにします。人間が心のありようを整えて本当の自分に気付き、進化を果たすことにスピリチュアル能力は関係ない、と言い切っているのをときどき見かけてもっ [続きを読む]
  • 描けないシンボルマーク
  • ...前回の続きです。2012年11月に、肉眼ではっきり見える形で現れたインディアンは、その後姿を変えて、私の心の眼に映る形で現れるようになりました。どんな姿かというのが非常に説明しづらいのですが、丸いシンボルマークのような形で、人かある種の生物のように見えないこともありませんが、どんな形?どんな姿?と思い出そうとしても記憶に上ってこなくて、手描きにしてみようとボールペンを握ってコピー用紙に向かって [続きを読む]
  • インディアン・メッセージ
  • 動物や植物など、ずっと【生きとし生けるもの】についてあれこれ書いてきましたが、春分の日を越して、やっぱりコレも書いておこう、というのがあります。動物たちのメッセージの最後に、あと1記事だけ追加することにします。 自室でくつろいでいたある日、突如目の前にインディアンが現れて、こんなメッセージをもらいました。 空間は、いくつもの側面を持っている。人間たちは、いつもひとつの面しか見 [続きを読む]
  • 2017年春分 歓喜とあと押し
  • 夢の話を記事にしていて、孔雀のダンスまで書いたところで春分の日になっていました。夢と現実の感じ方の違いを観察することで、「現実は自分が作り出している」がより実感しやすくなってくるのではないか、ということを書くつもりだったのですが、鹿の角が受信機のように見え始めたあたりから脱線して、動物たちがメインの記事を4記事も書いていました。これはこれでいいと思っていますが、本来書きたかった「夢と現実」に [続きを読む]
  • イメージしよう
  • 以前、占いができるという人と話をしていて、「菊乃さんは、動物にたとえると孔雀」と言われて大喜びしてしまったことがあります。 そのせいで、孔雀は私にとってとても縁起のいい鳥です。これが夢に出てきたときは、才能・センス・魅力が全開で、さまざまなチャンスがやって来る 。。。そう思っているせいも手伝って実際にそうなることが多く、「これ本当のことだろうか」という奇跡のような体験も、孔雀の夢は [続きを読む]
  • 王者からの伝言
  • …前回の続きで、夢の話です。 ライオンの夢は、子供の頃に一度だけ見たのを覚えています。 その頃、手塚治虫のアニメ「ジャングル大帝」に、私は夢中になりました。主人公の「白いライオン・レオ」が、夢の中に出てきたのです。 アニメの中のライオンは、弱い動物たちを守るジャングルの王者でしたが、 ジャングル大帝 劇場版 現実目線で見るとライオンは肉食獣なので、動物の中ではあまりいい [続きを読む]
  • 上昇する
  • ・・・前回の続きです。 「夢」がテーマの記事が続いています。ずっと普通の夢のことばかりでしたが、ひとつだけ明晰夢の話にします。 だいぶ前の話ですが、明晰夢の中で私は、空を飛ぶ練習をしていたことがありました。 最初はうまくいきませんでした。飛ぶどころか空中に浮かぶこともできず、すぐ足が地についてしまいます。 いろいろやっているうちに、浮かぶことができるようになりました。ですが、前に [続きを読む]
  • 神聖なる受信機
  • ...前回の続きです。大きな牡ジカの夢を、昨晩見ました。森の中に立って、じっとこちらを見ています。太くて頑丈そうで惚れ惚れするほど立派な角が、天に向かって伸びています。まるで宇宙や天界からの叡智・メッセージ・エネルギー・波動・その他諸々を感知する、神聖なる受信機のように見えます。 私にとって動物が出てくる夢はカンが冴えているときに見ることが多くて、直後に何かしらインスピレーションがや [続きを読む]
  • シフトの感覚
  • ...前回の続きです。桜の花びらがはらはらと落ちてくる夢、というのを昨晩見ました。たぶんいつも買い物帰りに通る駅前の桜並木の、4月の開花を楽しみにしているからだと思います。 一昨日の晩は、実家で隠居暮らしをしている実父が突然夢に出てきました。そういえば最近ずっと連絡をしていなかったと思い出し、翌朝急いで電話したら元気でほっとしました。自分では忘れているようでも、深層心理ではちゃんと父のことを覚え [続きを読む]
  • シフト感覚
  • ...前回の続きです。桜の花びらがはらはらと落ちてくる夢、というのを昨晩見ました。たぶんいつも買い物帰りに通る駅前の桜並木の、4月の開花を楽しみにしているからだと思います。 一昨日の晩は、実家で隠居暮らしをしている実父が突然夢に出てきました。そういえば最近ずっと連絡をしていなかったと思い出し、翌朝急いで電話したら元気でほっとしました。自分では忘れているようでも、深層心理ではちゃんと父のことを覚え [続きを読む]
  • 現実と夢
  • ...前回の続きです。就寝中に見る夢は、100%自分の世界です。まるで映画を見ているようだったり、登場人物になって感情を味わっていたりします。自分が作り出しているはずなのに、自分でコントロールできないのは、しろうと考えですが、深層心理が影響しているからではないかと思います。 好きな人が毎晩夢に出てきてくれないかな、とか、夢の中でいいからライバルに勝ちたいとか、空気や水のきれいな、自然の中に [続きを読む]
  • 自分が作り出している「夢」
  • ...前回の続きです。ブログにはあまり書いてきませんでしたが、就寝中に見る「夢」は、私にとって自分のことを知るためのヒントで、今の心身・魂の状態を知るための、大切なバロメータのひとつです。明晰夢の方はちょっと特殊なのでここでは、普通の夢に着目したいと思います。 毎晩見る夢の中で、いつも自分は展開される出来事や周りの景色、登場人物などの様子を見ているだけ、という場合が多いのですが、その視点は [続きを読む]
  • 近未来都市
  • 先日見た夢の話です。 --- ふわっと着地した、という感覚とともに、建物や公園のある都市の風景が目に入ってくる。ああ、新しい世界に来たんだな、いやもしかしてここ、新しい地球なのかな? と思う。 見た目は普通の都市だけど、空気が澄んでいて全体的に軽い感じ。整備された緑地があって、騒音もない。 花曇りの空が白くて眩しい。景色が少しぼやけて見える。 何かが少しだけ新しい。ここは近未来、 [続きを読む]
  • 心の奥から
  • 最近気になる言葉の一つに「寄り添う」があります。いくつか意味があると思いますが、私の中では、誰かが何かで悲しんでいたりして何か言ってあげたいようなときに、その人の気持ちになって、同じ目線でいてあげるようなことを指していうのだと思います。 このあいだ見たある映画で、売れなくて悩んでいる若手芸人さんに、少し先輩の芸人さんが 「わかるよ、その気持ち」 と言って寄り添ってあげたのを、「 [続きを読む]
  • 素朴なふたり
  • 都から離れた桃の月(3月の節句)、 旅先の田舎にもお雛様が祭られている ----------------- もうすぐひな祭りですね。 私が思い浮かべるお雛様は5段飾りで、ひし餅やお酒を手に持った3人官女や、笛や太鼓を持った5人囃子(ごにんばやし)を従えた豪華なものなのですが、 このお写真のお雛様は、ずいぶんとシンプルです。持ち物は「ぼんぼり」だけ。 お内裏様・お雛様ともにちょっとふ [続きを読む]