茅ヶ崎方式北九州黒崎校 さん プロフィール

  •  
茅ヶ崎方式北九州黒崎校さん: 北九州市にある英会話講師のための実用・時事英語教室
ハンドル名茅ヶ崎方式北九州黒崎校 さん
ブログタイトル北九州市にある英会話講師のための実用・時事英語教室
ブログURLhttps://ameblo.jp/ahoberon611617/
サイト紹介文語彙力、文法力、読解力、リスニング力をフル稼働して、リスニング教材に取り組んでいきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/08/25 23:02

茅ヶ崎方式北九州黒崎校 さんのブログ記事

  • 音声の学習は、読解から!・・・論理的に読解を分析して
  • 音声の学習は、読解から!・・・論理的に読解を分析してふつう、音声の学習というと、読解とは無縁だと思われがちです。しかし、ほんとうは、大いに関係があるのです。読解をするために、第一に必要なものが、語彙、構文、文法の力です。その次に必要なのが、背景知識です。この2つを駆使して、読解にあたりましょう。まず、英文を準備します。リスニング用のスクリプトを利用すると、音声教材もあるので、後の練習に役立ちます。一 [続きを読む]
  • 9月も後半になりました。本格的に深い学習を!
  • 9月も後半になりました。本格的に深い学習を!再び、台風が、日本列島を縦断して、通り過ぎようとしています。みなさま、お変わりございませんか。自然の脅威に一喜一憂で、なかなか、安定しがたいこの頃です。しかし、これからが、深い学習の本番です。学習を進めるために必要な、準備の期間が今です。しっかり準備をして、学習を深めましょう。今回は、本番の学習に入る前のトレーニング方法を、以下のように、お伝えします。 [続きを読む]
  • 教材の音読をフル活用!・・・授業の教材や、他学年の教材は音読に最適。
  • 教材の音読をフル活用!・・・授業の教材や、他学年の教材は音読に最適。授業の構成で、あまり音声を利用しない場合もあるかと思います。しかし、教材の下調べ、また、細部の研究では、必ず先生ご自身が、音読されることをおすすめします。その理由は、生徒の前で、きちんと模範音読ができるというのが、建前、いえ、必須の条件であり、ここで、先生方の実力が試されるからなのです。これを、ないがしろにして、基本中の基本を忘れて [続きを読む]
  • 9月は、多忙との競争、日々、頑張る自分を大切に!
  • 9月は、多忙との競争、日々、頑張る自分を大切に!暑さ寒さも、彼岸までと言いますが、このところ、9月の暑さは、8月にも勝るものがあります。その中で、学校によっては、体育会の練習などで、日々、体力を消耗されている先生方も多いことと思います。その疲れた状態で、授業もし、課外授業、教材研究、自己メンテをするのは、ほんとうに過酷の一語につきます。そのような先生方を応援隊として、声をあげたいのが、黒崎校です [続きを読む]
  • 音声教材の読み込みで、語彙、文法、内容把握の総仕上げ!
  • 音声教材の読み込みで、語彙、文法、内容把握の総仕上げ!音声教材を読む前に、語彙、構文、文法、内容把握をしっかり学習した上で、読み込むことをおすすめします。この事前学習を省いた、声だけの練習では、空虚な英語になってしまうのです。それでは、英語学習の意味がありません。英語学習の総仕上げとでもいうべき、「相手に伝えるための英語」という意識を明確に持って、練習に励みましょう。各語彙の発音に気をつけながら [続きを読む]
  • ミニ口頭英作文で、ライティングのメンテ!
  • ミニ口頭英作文で、ライティングのメンテ!先生方は、大変、お忙しいので、長時間、机に向かって、ご自身のメンテをする時間はないと思います。そこで、おすすめなのが、読解からスピーキングを練習したように、今度は、和訳を利用して、1文ずつのミニ口頭英作文です。では、そのやり方をお伝えします。   和訳と英文を見開き1枚のメンテナンスシートを準備し、和訳を見ながら、英文を言う作業です。ごく、簡単な方法ですが、 [続きを読む]
  • 読解プラス音読で、スピーキングのメンテ!
  • 読解プラス音読で、スピーキングのメンテ!英語の指導者になると、教材の下調べでも、ご自身が、読解のマンネリ化に悩んでいることがよくあるものです。教材だから、さっさとすませようとしてしまいがちです。そこに、待ったをかけてみましょう。授業、レッスン等で使用する教材、レベルは様々ですが、単に読解をするだけでは、もったいないと思います。この際です。その教材を、ちゃっかり、自分用のメンテ教材に利用しちゃいま [続きを読む]
  • さあ、2学期。長丁場を乗り切っていきましょう!
  • さあ、2学期。長丁場を乗り切っていきましょう!1年間で、一番長い学期がやってきました。行事も多く、学習内容も、多岐にわたるものが待ちかまえています。どんどん、進んでいく時代と学習内容を、遅れずに、しっかり掴んでいきましょう。今回は、英語指導者自身の学習のメンテナンスについて、お伝えしようと思います。大変長く、超忙しい2学期を、どう乗り越えるかについてです。① 読解プラス音読で、スピーキングのメン [続きを読む]
  • お手本の音声を聞き、音声の流れを把握!
  • お手本の音声を聞き、音声の流れを把握!音読を繰り返していると、自己流の音声に陥ることが多々あります。不必要な音を入れてしまう、まちがった母音、子音の発音をする等を防ぐためにも、お手本の音声をしっかり聞くことは、とても大切なことです。・入門・初級の学習者は、ゆっくりスピードの音声教材から始めると、無理がない。・中級・上級の学習者は、通常スピードの音声教材を利用。これらの音声教材を利用して、聞きまし [続きを読む]
  • 声を出す前に、しっかりした読解を!
  • 声を出す前に、しっかりした読解を!英語の学習をしていて、どのレベルの方でも、読解をせずして、いきなり音読をすると、どこで区切っていいのか、わからないことがよくあります。それは、内容を理解できていないからです。自分が話す事なら、内容を理解しているので、区切ることは自然にできるのですが、他者の書いた文章では、理解できていないと、声を出すときに、区切りが変になるのは、しかたありません。テレビ、ラジオの [続きを読む]
  • いよいよ、2学期も間近、残暑に負けないで!
  • いよいよ、2学期も間近、残暑に負けないで!今年の夏休みも、あと少しで終わります。なんだか、本当に夏休みがあったのだろうかと思うくらいの、夏休みでした。しかし、時は待ってくれません。次の準備をしなくてはなりません。さあ、準備の支度はいいですか。今回は、北九州黒崎校のこだわりとして、やっぱり、音声の学習について、お伝えしようと思います。次の3点にしぼって述べていきます。①声を出す前に、しっかりした読解 [続きを読む]
  • 2学期の目標を立てて、夏休み中の軌道修正!
  • 2学期の目標を立てて、夏休み中の軌道修正!夏休みの前は、いろいろなことをやりたいと思い、計画は立てたけれど、実際にはできなかったことが多いのがほんとうのところでしょう。しかし、その計画のうち、少しでも実行できた場合は、よしとするべきです。思わぬ自然災害に見舞われたり、家庭の事情があったりと、ままならぬことが多いものです。けれども、時間は迫ってきます。2学期も間近、英検等の資格試験への挑戦、1学期よ [続きを読む]
  • 語彙、構文、文法の復習は一週間で突破!
  • 語彙、構文、文法の復習は一週間で突破!英語で忘れて困るのが、語彙、構文、文法です。英語を教えている教師でも、少し離れると、忘れるものです。英語って、怖いですよね。毎日、接していると微笑んでくれるのに、少しそっぽをむくと相手もしてくれない。そんな英語ですが、少しずつ近づいていくと、必ず、その魅力を現してくるのです。だから、やめられないのですね。今まで学習した内容の、最近のものを手に取り、逆時系列で [続きを読む]
  • リスニングは早めのリカバーを!
  • リスニングは早めのリカバーを!英語の学習をしていて、一番後回しになるのが、リスニングです。語彙、文法、長文読解等で、テキストやプリントを利用する学習が、どうしても主流になる中、音声は、なんだか頼りない感じがするものだと思われがちです。しかし、リスニングは、文字を使わずに、聞き取って、理解をするという、きわめて高度な学習なのです。それを、面倒だ、頼りないといって、後回しにしていると、一層、リスニン [続きを読む]
  • 夏休みもあと少し、2学期に向かって、体も心も準備万端!
  • 夏休みもあと少し、2学期に向かって、体も心も準備万端!8月の上旬は、日本列島は、台風に振り回されてしまいました。学校、塾、英語教室等でも、日程の変更で大変だったのではないでしょうか。少々の悪天候には対応できても、台風ではどうしょうもありません。今日現在も、どこかで雨風に悩まされているところがあるというのが、つらいものがあります。さあ、今回は、夏休みも残り少なくなってきたところで、2学期に向けて、 [続きを読む]
  • 可能なら、英作文、音声チェックの依頼を!
  • 可能なら、英作文、音声チェックの依頼を!英語教室なら、英作文、音声チェックは可能かと思いますが、通常の進学塾では、音声までは扱えないところが多いのではないでしょうか。指導する講師の中にも、音声を専門にやってきた方ばかりではないからです。ネイティヴがいれば、音声チェックは容易ではありますが、常時いるとは限らないことも多々あります。英作文は、提出専用の用紙があれば、それを利用し、なければ、講師に提出 [続きを読む]
  • 構文、文法の下調べで、疑問は質問タイムの利用!
  • 構文、文法の下調べで、疑問は質問タイムの利用!長文読解はもちろんのこと、会話表現、英作文でも、学習に臨むにあたり、構文、文法の下調べは、必須の準備事項です。時間があれば、文法書で調べることも可能ですが、時間がない時は、少なくとも、次回に学習する範囲の英文には、大まかに目をとおす必要があります。ここで、意図しているのは、英文に含まれる構文、文法で、わからない個所を洗い出しておくということなのです。 [続きを読む]