curocomama さん プロフィール

  •  
curocomamaさん: 自閉症の子育てと療育の覚書
ハンドル名curocomama さん
ブログタイトル自閉症の子育てと療育の覚書
ブログURLhttp://ameblo.jp/curocomama/
サイト紹介文中度知的障害と自閉症スペクトラムの子の育児や療養・療育ライフを書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/08/26 11:55

curocomama さんのブログ記事

  • 新世界
  • 先日、新しい課題を仕事でもらいました。「これを作ってください」って言われたので、心に響かないからかな?と思い文章ををのままにして、デザインを変えたのよね。 そしたら、作ってくださいの理由を伺ったの。 そんな話、一つも聞かされてなかったので意図を聞いて驚いたのと、新しさ&斬新さという事。 どこの世界でも、新世界に行きたい人はいる。または、新世界を作り上げなければならない人や新世界を作り [続きを読む]
  • いい分かった?
  • いつも、児童デイに会社届けを頼んでる息子。前は自宅送りだったんだけど、時間内までに仕事を終わらすというのが難しかったので児童デイ迎えにしてもらうようになりはや1年・・・。 凄いよね、子供は。しっかりと自分の居場所を作ってるのです。それが例え障害ゆえに相手の非言語・言語が読みづらかったとしても。心の心底にある物は健常の人と変わらないからね。 “そんなの障害あるなし関係ない”っていう唯一ある [続きを読む]
  • 気休めの言葉は、実は気休めではないという話
  • 一人で頑張りすぎないでとか、休みながらでも・・という優しさの言葉が時には、棘のように感じる事もありますよね。 私も実はそうです。余裕の無い時にとくに思う。ただ、余裕がないだけならば大丈夫なんだけど余裕がないんだけど余裕の顔をしていたいとそう思っちゃうんだよな〜。 でもね、実は投げかけられる言葉にはそれぞれに魂があるのです。たとえばね、お米の中には7人の神様がいる。だからお米を残してしまう [続きを読む]
  • 昨日はチャレンジド東京・池田先生のセミナーがありました♪
  • 昨日は、チャレンジド東京にて久しぶりの講座がありました♪ ここ最近、フルタイムで仕事していて缶詰状態が続いているので・・・発達の勉強をしていなかったのです。やんわりと遠回しに学べたとしてもニュースや息子の習っている環境を見てかいつまむ程度でした。 チャレンジド東京主に活動しているアクアちゃんが頑張ってくれて、今回こんなに素晴らしい会となりました。池田先生に講師をしていただくなんて、 [続きを読む]
  • 早起き一番♪♪
  • いや〜・・・頭痛くて早く起きてしまいましたw今日は私もこれから仕事です。春休みって何日に終わるんだろう・・。この人って、口では分かってくれようとしているようでやっぱり自分の事だけなんだよね〜。と思ってしまう事が数々あるような環境の中で過ごしています。 息子は自閉症。そして私も自閉症。今の私がなんとかやってけるのはこの特性のお陰に思います。 何かに集中しないとやっていけない。心が病んでいる [続きを読む]
  • 連休だけど連休ではない日
  • ここ最近、仕事でプロジェクトがあったのです。この作業では、普通は一人では無理。でも、一人でこなしちゃった。2日間半くらいしたかな。途中で、トラブルもあったから2日以上かかっちゃった・・・。 自分としては、60点。30は、よく頑張りました。10は、他人に迷惑かけずに頑張りました。20は、資料には残せるようにできました。 マイナスは、・ほかの仕事がいまいち出来なかった。(減点-10)・忙しいオー [続きを読む]
  • おしゃべりと食事
  • ここ最近、びっくりするような事をいう様になりました。それだけ、離れてる時間が多いからかな〜(笑)個人面談に行くと、先生の話で驚かせたり。 うちの子はほんと、しゃべれる子じゃなかった。難語は何年も。 単語がしゃべれるようになり、二語へ移るまで時間かかったけど二語から先も何年もかかった。 その時何も知らない人達から言われたのは、よく言われたいのは、言葉のシャワー。もちろん、それでOK [続きを読む]
  • 一人の食事は蜜の味
  • 今日は、仕事をサボって美容室に行きました♪母と一緒に行って、母の分も少々お金出したんだけど私の方が長時間になったので母は先に帰っちゃったのよね。 なので、美容室終わった後にかつ丼食べちゃった(笑)ちょっと贅沢に、芋の天ぷらを2個追加しちゃったり何かしちゃったりしてね。 いや〜お美味しかった?普通は一人で食べる食事は味気ないんだろうけど私からしたら(他の人もそうなんじゃないかな?と思う)、息 [続きを読む]
  • 食事
  • うちの子は食物アレルギーなので元々は食べれない物が多い子でした。 つい最近、友達から言われて思い出したのはアナフィラキシー時に困るから滅多に薬を飲ませられなかった過去。 そうそう・・・そうだった(笑)止めの無い事が出来なかったんだよね。言われるまで忘れてたわ。 前に何かのテレビドラマで、主人公役はたかみなだったと思う。ふと自分が養子だった事を知って思い詰めるんですよね。意を決めて [続きを読む]
  • 休日出勤
  • 今日は忙しい時期なのもあり、休日出勤します。息子はお預け☆彡本来ならば、映画とか観たり家の事をしたりしながらするんだろうけど。中々事務作業が終えてないのよね。 中途半端な状況で終えてもいいんですよ?優先順位つけてくれればいいんですよ?とは言われてるんだけどねぇ〜。年末は世間一般の会社が休みだからいつもの締めを早めてたでしょ?なので、いつもの作業よりも3〜5日早めに終わらせてて半ばノイローゼ気 [続きを読む]
  • 自分が試される時〜。
  • 昨日、旦那にウワ〜って言われてしまいました。ここ最近私は、お風呂を1日さぼる事が多かったのよね。ひどい時なんて、1日置きが続いてしまう事も。 んで、最近突発性なる湿疹がひどかったの。疲労だとはわかってるんだ。ここ最近帰りが遅くなってしまってるから。それで、家族の食事も手抜きどころか既製品の時もあったのよね。 皮膚がひどいから、頭だってフケも出るようになってしまったのよね。今までだったら、 [続きを読む]
  • 今年も変わらなかった話
  • 今朝も、息子と同じく障害児の子にアッカンベーをされました(笑)ほんと、可愛いと思えない。同じく障害児を育てていて、今まで色んな悪さや悪戯を見たり息子にちょっかいを出す子はいたけど可愛いと思えない子なんて滅多にいなかった。 きっと彼が必死に私に気持ちを訴えたいからだろう(笑)どうなんだろあれは。私が支援者だったら、そんな事はしないだろうが万が一支援者で同じような態度してきたら可愛いと思わなければと [続きを読む]
  • 共感についての失敗と成功(方法が見つからない話)
  • 私たちがよく聞かされるのは 最も大切な物は、共感です。という話。 うちの子は特にそれが必要でした。ってか、テーマにされていました。達成感と自信がない子だったからね。 満足や欲求は強い子なんだけどね。この2点だけはダメでした。言語の先生から、しゃべるきっかけで最も大切な物の一つだったそうで。 療育施設で○○支援マニアな先生が多い場では特に共感してあげてくださーいって言われたかな(笑)& [続きを読む]
  • 言葉のマネっ子が良かった理由
  • 今は習う事の出来ない言語の先生。その先生が、私達親子の生活に変化をくれました。前にも書いた、S先生(もしかしたらこのブログ内容と前のブログ被るかも) 勉強するきっかけは他の所からもらっててよくその先生に報告してたのですがその度によく質問を返してきたんですよね。 今思うと、私の行動は学んできた事をエコラリアする。言語の先生はそれに【気付き】をさせてくれるというパターン。 学びっての [続きを読む]
  • 今年もよろしくお願いします。
  • 先日ちょっとモヤモヤとする事がありました。その子は、息子と同年代の男の子。 お母さんとは、顔を合わす事が少ないから距離があんまり近くならないのよね。良い関係である事はあるんだけど。なので、息子さんに関してはどこまでどう接してるかちょっとわからないんです。だから、求めている物がわからないのでうかつに言えないの。良かれと思っても、それは良かれじゃない時があるから。 その子はあまり、しゃ [続きを読む]
  • 最近、職場ではやっている事
  • 最近、ドブロックみたいな会話が流行ってます(笑)たとえばさ、イケメンの宅急便のお兄ちゃんがいたとする。※宅急便屋さんは他社なので例に使います。 私「ね〜さっきのさぁ〜サインか判子って言われたけど・・・  あれは、私に対するプロポーズの練習なのかしら〜  婚姻届けの練習とか言ってさ〜。」 会社の人A「あ〜・・だと思いますよ。       でも、結婚してるのを知らないんですね。       [続きを読む]
  • ”発達凸凹ひらめきマインド講座”
  • あ働きたくなーい!夢中になるのを分かってるから・・・と思ってたのですが(独身時代ブラックに働いた形跡が何度もあり)、働く機会に出会い、1年間兼業主婦として生きています。 思い起こせば、仕事の話が迷い込んだ時におーこさんとアクアちゃんと食事したんですよ。ハンバーグ屋さんだったわ。その時の第一声を覚えてます。 「おーこさん、たったさっきね仕事する事に決まったの」え〜!?!?って二人がびっくり [続きを読む]
  • 奇声~母の苦しみは決して悲しみではないんだよねという話
  • このお題になると自閉症の素晴らしき世界ってよりもこれは知的障害の子の素晴らしき世界って方が合うかもしれないな(笑) 子供の奇声・・・私は、とても恥ずかしくてたまりませんでした。 特に息子は電車が大好きで、自転車の後ろに乗せてると風を感じて地下鉄の音のマネをしたりしてさ・・恥ずかしいったらなかった。 集団の中でも奇声を出したりしてた時もあり。そういう時は、言語の先生がお母さんがイライラし [続きを読む]
  • 言葉が難しい子が教えてくれた事
  • うちの子は、1語まではそんなに時間かかりませんでした。1語〜2語は結構時間かかったかな?2語〜3語までも結構時間かかったかなぁ〜。 よく、子育てセンターが主催の検診で引っかかった子たちを誘う、ゆっくりした子達のサークルでも「うちの子は言葉が遅くて〜」って言ってる人の話を聞いてたけど私はその悩む意味がよく分かってませんでした。 なんせ・・・一人っ子なのと、私自身が子育て本読むのが面倒だった [続きを読む]
  • あいさつが出来ない子が教えてくれた事
  • 自閉度が濃厚な息子と、自閉度の高い親の私との違い。それは挨拶の身に着き方です。 息子は、親の私が言うのもおかしいけど可愛がられやすいルックスなので挨拶をよくされてしまうんです。それでこまるのが、挨拶が出来ないという事。 私も、子供の頃から挨拶は出来ない子だったんだと思います。母親のその時々年齢が違うのですが挨拶という母とのエピソードを辿っていくと(私の記憶エンジンから「挨拶」というワード [続きを読む]
  • SOSの使い方
  • 子供の拒否する声、耳が痛くなるというよりも親の私達にとっては胃が痛くなりそうなサイレンのような声。 でも、あれにも私は助けられました。うちの息子はグループ療育から離れたがる子供だったんです。 うちの息子、ある時から急にグループ療育を嫌がるようになりました。 幼少時はとても優秀だったんです。 その時は、やっぱりうちの子発達障害だったとしても子供の時の英才教育で通ってたグループ教育が [続きを読む]
  • ダークサイドに落ちそうな時も頑張る。
  • 私も、育児でよくダークサイドに転がり落ちそうになってしまったのですが今回は、見事にジェダイに居残れるようになりました。 なんのこっちゃーってなブログの始まりでごめんなさい。 最近ね、育児や家庭以外でモヤモヤした事があったんです。でもね、分かったんですよ。自分はその人を変えられない。だから、自分が変わるしかないと。 そして、自分の中で目標を持ったり気合を入れなおして、どうにかして問題や [続きを読む]
  • うちの愛され看板犬
  • 看板犬!?!?しっ失礼なっ!って思われるかもしれないんだけど、今、うちの息子は看板男児ってより看板犬っぽいの(笑) まだ小さいし。身長の割にはとても童顔。そしてしぐさや動作が幼くてとても子犬っぽいのよね。職場に息子を待機させる事が多いんだけど一か所に座って大人しい時もあれば変なストーリーの絵を書きながら一人で台詞言って楽しそうだったりね。まるで、この姿は鏡の前で座ってたり自分のしっぽを追っかけ [続きを読む]