matka さん プロフィール

  •  
matkaさん: 猫と隠居とサバイバル
ハンドル名matka さん
ブログタイトル猫と隠居とサバイバル
ブログURLhttp://minimalist-matka.blogspot.jp/
サイト紹介文どこででも生きてゆけるサバイバル能力を身につけ、ミニマリストでいることを目指しています。
自由文「どこでも生きていける」を信念に、ミニマリストでいること、自給自足できる能力を身につけること、そして、猫のように生きることだけを考えて過ごすことが目標です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/08/27 21:22

matka さんのブログ記事

  • 【ミニマルな料理】ピンチョス1〜3
  • 一昨日、「全レシピ作ります!」と宣言した、レシピ本 ピンチョス360°。早速、3種類のレシピを作ってみました。3種類といってもアパレイユ(キッシュの具をつなぎ合わせる液体)とタルトレット(外の生地)は同じレシピなので、中身の具材を変えたのみです。タルトレット型がないため、サイズが近いカヌレ型で代用しました。材料がなかったものは他の近しい材料で代用することにします。応用力も身につくだろうな!ラッキー!!と [続きを読む]
  • 【使い切る】1冊のレシピ本。
  • 本を読みきることはあってもレシピ本を使い切ったことがなかった。先日ブログに書いていたレシピ本を手に入れました。レシピ本を使い切る。ミニマリストを目指している者としては是非実践したいと以前から思っていましたが、どうも気に入ったレシピばかり作ってしまったり、少し面倒だな、苦手だなと思う工程が入っていると(例えば私はフライが苦手。衣をつけて揚げるものが特に苦手。)どうしても作らないレシピが出てきてしまいま [続きを読む]
  • 人生初のパソコン。MacBook Air13インチ、開封の儀。
  • ついにやってきましたよ、この時が。じゃーん。整備済製品のMacBook Air 13インチ 2015モデル。価格は¥103,572(送料込み)でした。ベテランの皆様によれば、整備済品は簡易包装らしいのですが、ううーむ・・・それすら分かりません。とりあえず開けてみようと思います。どきどき。じゃじゃーん。!?私違うもの頼んだ?MacBook Airがいない。  と、一瞬サーっと血の気が引きました。すみません、この箱の下 [続きを読む]
  • 身の回りのものを売った。人生初のパソコンを購入することにした。
  • 人生初の個人パソコン、何を買ったらいいのだろう。「パソコンはできれば触りたくないなあ。」つい最近までそのように思っていました。昔、友人(エンジニア)がパソコンがおかしくてヤマダ電機カスタマーセンターに電話したところ、友人がまくしたてからかブチッ!とカスタマーセンターのお姉さんに電話を切られ憤慨したのを目の当たりにしたり。父の新しいwindowsが、初めて使った時からずっとフリーズして動かなくなったり非常 [続きを読む]
  • 積読本をほぼ読んでしまいました。
  • 以前、積読本を読んでしまうまで消費を止めてみようと思うという記事を書きました。人は宣言してしまうと後に引けなくなるのか、あの後かなりのハイスピードで本を読んでしまい、残すところあと2冊となりました。1冊目はウォールデン 森の生活 。こちらの本は、文庫版の上下は読んでしまったので内容は把握しています。違う訳者の方が書かれた単行本はまだ読みかけなので、スルメを噛むようにじっくり味わっていきたいと思います [続きを読む]
  • 黒猫ごまの避妊手術をしてきました。
  • 久しぶりの猫記事です。相棒、ごまちゃんに避妊手術を受けて頂きました。当たり前のように「受けさせてください、飼い主の義務ですから。」と言われる避妊手術。それが気がかりでずっと猫と暮らしたいという夢に尻込みしてきた私でしたが、とうとうごまちゃんを避妊手術へ連れて行きました。生後6ヶ月。人間でいうとまだ9歳。もしも自分が9歳の時に、いきなり親に病院へ連れられて、「病気になったり脱走して子供作ったら大変だか [続きを読む]
  • 【読書感想】KINFOLK 「なくてはならないもの」
  • 本質主義。ミニマリズム。今回読んだ雑誌、KINFOLKの内容です。KINFOLKは紙質といい内容といい、雑誌の域を超えている気もしますが。めくり心地が良く香りの良い紙に広告のない紙面。まるで絵のような、不思議なわくわくする写真たち。内容も深く、少し読んでは立ち止まって考えてしまうためになかなか読み終わりませんでしたが、ようやく一通り読んでしまいました。以下、心に残った序盤部分を少しだけ抜粋したいと思います。KINF [続きを読む]
  • 【新しく買ったもの】倉敷帆布のトートバッグ
  • 浪漫溢れる経年変化。経年変化。私が大好きな言葉です。使えば使うほど味が出てくる。使う人によってその味わいは十人十色。なんて浪漫溢れる経年変化!そのような憧れで、1年前から購入を検討していた帆布のトートバッグ。メーカーもいろいろで迷いましたが、国内シェアが7割と言われる、倉敷帆布さんで購入することにしました。甘美な響き。リバーシブル。リバーシブル。それはかつて「1粒で2度美味しい」と言われていたグリコの [続きを読む]
  • 普段着こそ良いものを着ていたい。
  • 毎日着ている穴の空いた服と、滅多に着ない穴の空いた服ごま「そこ、穴空いてますよ。」先日から断捨離をちょこちょこ始めたマキシマリストの祖母。母方祖父の遺品整理を見てのことかもしれません。そんな祖母が私のところに再び、使わない上質なスカートとジャケットを持ってきました。この間、6着も譲り受けたばかりなのにです。上質だから良ければ着てという祖母。ですが、よく見ると裾が何ヶ所か虫に喰われていたのです。その [続きを読む]
  • 消費を1度、止めてみる。
  • 理想はトランクケースに1冊の本。私のトランクケースには、常時5冊以上の読みかけの本が入っています。理想は1冊の本を持ち歩き、読み終わったら次の本を手に入れる(そして古い本を手放す)というスタイルなのですが、読みたい本がたくさんあってジャンルもバラバラで、あっちもこっちも手を出してしまうというどうしても抜けないクセがあります。これでもし、私が速読の達人であれば何の問題もありません。ですが私は小さな頃から [続きを読む]
  • 【自給自足】栗の活用法、レシピ(9月)
  • 来年のためにも9月に拾った栗の活用法、レシピを書いておこうと思います。栗拾い、加工【 栗を拾って作ったもの 】・和栗のマロンペースト オーブンを200度に予熱しておく栗の平たい方に切り込みを入れて(栗の爆発を防ぐため)、200度のオーブンで20分焼く。栗の身を取り出し、ペーストにできる最低限の水を足してミキサーにかける。鍋に2と栗の4分の1ほどのザラメを加え、弱火にかけ、たえず木べらで混ぜる。手で団子が作れ [続きを読む]
  • 断捨離は伝染するらしい。
  • 私と母の断捨離が伝染。その相手はなんと・・・。父方の家族は物が増えると物置を増設するようなマキシマリストです。もしも「断捨離」が戦士ならば、私の祖母はラストボスくらいの力があります。そんな祖母が先日、私が布団を処分しているのを見たからか、布団を処分しました。「おばあちゃん、布団を丸ごと処分したの・・・?」疑い深い私は祖母にもう一度聞きました。祖母は処分しようと思い立っても、「中の綿はまだ使える。」 [続きを読む]
  • 【手放したもの】タイパンツ(農作業用)
  • 今日は祖母とにんにくを植えました。畑にある木に登って枝を切っていたのですが、ふと見るとタイパンツに穴が・・・二ヶ所。普段しない格好をしたため、発見しました。何回か塞ぎながら酷使してきましたが、今日は手放そうと思います。たくさん草の種やらなんやらがついているのですが、捨てるので気にしない。布類を捨てる時にはいつも小さく切って掃除に使用してから処分していますが、このタイパンツで掃除すると余計に汚れそう [続きを読む]
  • 冷えとり靴下 5ヶ月目突入。
  • 冷えとり生活を始めて5ヶ月目に突入しました。使用している冷えとり靴下は、以前の記事にも書いていた、千代治のくつ下です。最近の穴の空き具合はというと・・・ああ、やっぱり・・・。相変わらず、この位置だけに穴が空きます。この場所に穴が空く人は、甲状腺が悪いのだそうです。右側の親指の付け根には絹の繊維が細かくなってついています。毎日靴下を脱ぐとこのような繊維の塊がついています。綿ぼこりのようで簡単に取れま [続きを読む]
  • 【手放したもの】夏の間一番お世話になったTシャツ
  • 不安定な天気ばかりが続く季節の変わり目が終わって、一気に秋になりました。連日の栗拾いと胡桃拾いによって秋を感じるとともに、半袖では寝ることもできない今。気にいって着続けていたTシャツをようやく手放すことにしました。私はエスニックなスタイルがずっと好きです。ずいぶん減りましたが、今でもエスニック雑貨の店に行くと時間を忘れるほどにわくわくします。家族旅行で横浜へ行った際に購入したこちらのTシャツ。家族全 [続きを読む]
  • 同じ世界でも見えている景色はみんな違う。
  • ここのところほぼ毎日、一人でまたは祖母と栗拾いに行っています。うちの畑にある栗は私たち家族以外にも猪や猿、リス、熊、栗の虫などの動物も食べるので競争が激しく、この季節は毎日栗を取りに行きます。  同じ場所を歩いても、見えるものは違う。私が栗を拾った道を祖母が歩いて、「まだこんなに木陰や藪の中に栗があったよ。」と言いました。逆に私が祖母の後を歩くと、栗のイガをひっくり返して見ないからかイガの中に [続きを読む]
  • 心の中の断捨離。
  • スパイスあってこその人生だと思い込んでいた私をケーキ屋さんにて発見する。甘いもの好きな友人がケーキを食べたいというので、美味しいと評判のケーキ屋さんへ行ってきました。私は菓子を作ること好きですが、食べることはそこまで好きではありません。どちらかというとや香りの強いスパイスなどが使われたパンチのある味を好みます。それでもそのケーキ屋さんは美味しいと感じるので楽しみにして行きました。ふと友人に「今手に [続きを読む]
  • 世界最短の小説に泣いた朝。
  • クリエイティブな仲間の集いから生まれた世界最短の短編物語。先日購入したKINFOLK。 テーブルをテーマに書かれたページにはテーブルを囲んで生まれた物語が書かれていました。その物語を読んで、朝っぱらから珈琲を飲みながら泣いてしまいました。雑誌を読んで泣くなんて予期せぬことでした。今回のKINFOLKの大きなテーマは「家族」「思い出」そして「クリエイティブな遺伝子」です。テーブルの話の前には、ざっくり言うと「昔か [続きを読む]
  • 専用の道具を持つ。偏愛ワイングラス。
  • 上質なグラスはワインの味をランクアップさせるなくても死にはしない、でもこれだけは手放せない。そんな道具があります。 私にとってのそれはRIEDELのワイングラスです。 リーデルは様々なグラスを出しており、その計算され尽くしたフォルムはワインの品種ごとに違います。舌のどこにワインが流れるかを計算しつくし、いかに鼻腔をくすぐるかの形を計算しつくして作られているそうです。 私が所有しているグラスはカベルネソーヴ [続きを読む]
  • 梅干しが赤くなる人、ならない人の違い。
  • 梅干しは、干すから梅"干し"である。季節は秋になり、山では専ら栗拾いとその調理に明け暮れる季節になりました。ですが一つだけ夏の間にやり残したことがありました。それは梅の天日干しです。本来ならば土用丑の日前後に三日間ほど干すらしいのですが、タイミングを逃してしまい、出来ませんでした。今年は雨が多くてトマトが割れたり農作物にも影響が出たり、晴れの日が続かなかった気がします。(とお天気のせいにしてみました [続きを読む]
  • ミニマリストの財布。
  • 財布 兼 手帳。            こちらが私の財布兼手帳です。パスポートサイズ トラベラーズノートを使用して5年目に突入しました。以前は使い勝手が良すぎて、仕事用、料理用、ノート用、財布用と分けていましたが、 断捨離したり人に譲ったりして、今では「財布兼手帳のいつでも用」と「留守番用」の2冊を使い分けています。「いつでも用」は、常にこれさえ持っていれば事足りるようになっています。 [続きを読む]
  • 眼鏡を買い替える。
  • 4月に修理に出してみたものの直らず、騙し騙し使っていた眼鏡が限界を迎えました。いつもは電車で約3時間のところまで行って眼鏡を購入します。田舎者には眼鏡を買うのも一大イベントです。ですが今回は、以前に Zoffで購入してから度数が変わっていないので、オンラインで購入してみることにしました。CLASSIC(クラシック) ラウンドメタル価格:7,560円(税込、送料込)今回購入したのがこちらの眼鏡です。お出かけ用を今春に購入 [続きを読む]
  • 【ワードローブ】部屋着は2セットで足りる。
  • 着ていて楽、でもそのまま外に出られる部屋着私の家は来客が比較的多いです。田舎なので外を歩けば声をかけられることも多く、あまり変な格好ではいられない状況です。ちょっとしたお出かけ(散歩がてら栗拾いや山菜採り、晩御飯の野菜を採ってくるなど)は汚れなさそうなら部屋着のままUVカットパーカーを羽織って行きます。ラッシュガード レディース【送料無料】【30日間返品保証】体型カバー 日焼け対策 無地 ボーダ...価格:2,8 [続きを読む]