ランプ さん プロフィール

  •  
ランプさん: 呼吸療法認定士の体験記
ハンドル名ランプ さん
ブログタイトル呼吸療法認定士の体験記
ブログURLhttp://kokyu-ryohou.org
サイト紹介文呼吸療法認定士の試験の勉強方法や、資格取得後の日々の悩みや、体験したことを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/08/28 22:23

ランプ さんのブログ記事

  • 無気肺のリハビリについて
  • 臨床の場面ではよく見られる無気肺ですが、自分を含めて、意外と対処方法を知らなかったり、原因を知らない人が多いので、ここで知識を再確認します。無気肺とは簡単に言えば、肺に空気が行き届いていない状態です。原因としては、気管支が狭窄していたり、閉塞しているために出現します。炎症により、組織が腫れることにより、閉塞したり、痰が空気の通り道を邪魔することにより起こります。治療基本的には薬により治療します。ま [続きを読む]
  • 気管支喘息のリハビリについて
  • 喘息の症状喘息の治療は薬物療法が主であり、特に吸入薬を使用した治療が多くみられます。主な症状としては、呼吸困難、喘鳴、咳があります。注意:リハビリを行うときは、必ずかかりつけの医師に確認してから行ってください。リハビリを行ってよい時期、症状がありますので、くれぐれも自己判断で行うことがないようにしてください。リハビリについて基本的には、発作的な咳などがある程度落ち着き、呼吸困難感が和らいでから始め [続きを読む]
  • 2015年試験問題情報まとめ(part2)
  • ここからは後半部分です。試験問題は当日に回収されてしまうため、さまざまなところから情報を集めました。あくまでも参考程度にしていただければと思います。41.酸素運搬について問う問題二酸化炭素と区別をする42.クリティカルパスの目的について問う問題43.オペ後の肺血栓塞栓症の事例について問う問題原因、病態、診断、治療を理解する44.ウィーニング開始の条件について問う問題45.心拍出量の前負荷、後負荷に [続きを読む]
  • 2015年試験問題情報まとめ(part1)
  • 2015年の試験問題情報をまとめます。試験問題は当日に回収されてしまうため、さまざまなところから情報を集めました。あくまでも参考程度にしていただければと思います。1.年代による出来事を問う問題講習会テキストの呼吸法に関わる歴史の表を覚えてください。2.医療費の1位を問う問題疾患別の1位と、呼吸器疾患の1位を覚えてください。3.感染症の類型を問う問題○類感染症、新型インフル感染症、指定感染症、新感染症と [続きを読む]
  • 呼吸療法認定士の認定更新手続きについて
  • 呼吸療法認定士の資格を取得して5年経過しました。今思うと、あっという間の5年間でした。取得した1年目は、資格を取得したことに満足し、呼吸療法認定士として、何もしていなかったと思います。あれから5年が経過しましたが、5年前と比べて、自分がどれだけ成長できているのか、、、これからも、悔いの残らない生活を送りたいと思います。50ポイントを取得するさて、資格を取得して5年経過すると、資格を更新する必要があ [続きを読む]
  • 試験当日に慌てないための対策
  • 呼吸療法士認定士認定試験日まで残りわずかになってきました。5年前のことなので、試験日のことはうすら覚えですが、試験当日に慌てないための対策をまとめたいと思います。試験会場は早稲田大学から帝京平成大学になったようなので、試験会場の様子はわかりませんので、ご了承ください。呼吸療法認定士試験の集合時間集合時間は10時となっているようです。最低でも集合時間の30分から1時間前までには試験会場に到着していてく [続きを読む]
  • 認定試験に出題されそうなところ(Part8)
  • 認定試験に出題されそうなところPart8です。Part1では、総論、呼吸解剖・生理についてPart2では、血液ガス、肺機能と検査法についてPart3では、呼吸不全についてPart4では、薬物療法、呼吸リハビリテーションについてPart5では、吸入療法、酸素療法、人工呼吸器の基本構造と保守および医療ガスについてPart6では、気道確保ち気道管理、人工呼吸とその適応・離脱、NPPVとその管理法についてPart7では、開胸・開腹手術後の肺合併症、 [続きを読む]
  • 腹式呼吸のトレーニング方法
  • 腹式呼吸をしたい理由は人それぞれです。息苦しさを軽減するために行う人もいれば、ボイストレーニングの一つとして行う人もいます。中には、なんとなく気になったから、やってみたいという人もいます。腹式呼吸はさまざまな効果があるため、求める人の環境が違うことが多々あります。そのため、腹式呼吸の指導方法も人により変わります。呼吸機能が低下し、息苦しさを訴えている人に、ボイストレーニングを行うような元気な方と同 [続きを読む]
  • 呼吸の基本は鼻。いびき、風邪予防に効果あり!?
  • 皆さんは呼吸は鼻でするのを知っていますか?運動などをしたときは別ですが、日常生活をおくる程度であれば、鼻呼吸で十分です。最近では、口呼吸をしている方が増えているそうです。街中で、口をよく開いている方を見かけませんか?その方は、口呼吸の確立が高いです。そもそも人間は、基本的には、口は食事をするためのものであり、鼻は呼吸するためのものです。それぞれの器官には役割があります。鼻の毛にも、呼吸するための作 [続きを読む]
  • イビキと睡眠時無呼吸症候群の関係。枕、CPAP療法で治療
  • あなたは、友人、家族にいびきがうるさいと言われたことはありませんか?疲れているときや、深酒をした時にいびきをかくことはありますが、毎日いびきが出る方は注意が必要です。いびきをかくと、良質な睡眠がとれないため、疲労が回復しません。次の日の生活にも影響を及ぼします。いびきにも種類があるので説明していきます。いびきには、単純いびきと睡眠時無呼吸によるいびきがあります。単純いびきは、鼻閉している、疲れてい [続きを読む]
  • 認定試験に出題されそうなところ(Part7)
  • 認定試験に出題されそうなところPart7です。Part1では、総論、呼吸解剖・生理についてPart2では、血液ガス、肺機能と検査法についてPart3では、呼吸不全についてPart4では、薬物療法、呼吸リハビリテーションについてPart5では、吸入療法、酸素療法、人工呼吸器の基本構造と保守および医療ガスについてPart6では、気道確保ち気道管理、人工呼吸とその適応・離脱、NPPVとその管理法について今回のPart7では、開胸・開腹手術後の肺合 [続きを読む]
  • 認定試験に出題されそうなところ(Part6)
  • 認定試験に出題されそうなところPart6です。このシリーズもついにPart6まできました。残すところ、あと2つか3つで終わりそうです。Part1では、総論、呼吸解剖・生理について。Part2では、血ガス、肺機能と検査法についてPart3では、呼吸不全についてPart4では、薬物療法、呼吸リハビリテーションについてPart5では、吸入療法、酸素療法、人工呼吸器の基本構造と保守および医療ガス今回のPart6では、気道確保ち気道管理、人工呼吸 [続きを読む]
  • 認定試験に出題されそうなところ(Part5)
  • 認定試験に出題されそうなところPart5です。Part1では、総論、呼吸解剖・生理について。Part2では、血液ガス、肺機能と検査法について。Part3では、呼吸不全について。Part4では、薬物療法、呼吸リハビリテーションについて。今回のPart5では、吸入療法、酸素療法、人工呼吸器の基本構造と保守および医療ガスについてです。はじめにですが、ここから書いてあることはあくまで予想です。参考程度にお願いします。9.吸入療法・吸入 [続きを読む]
  • 間質性肺炎って何?リハビリは何するの?
  • 医療に携わっている方であれば、間質性肺炎は聞いたことのある疾患です。少し勉強している方であれば、肺の間質が線維化した状態、拘束性換気障害あたりが思い浮かぶと思います。ただ、医療に携わっていない方は???ですよね。簡単に言ってしまえば、肺が硬くなり、空気が吸い込めず、苦しくなる状態です。原因もはっきりとはわかっていない病気です。間質性肺炎の症状は?間質性肺炎の症状ですが、咳、息切れが多くみられます。 [続きを読む]
  • 認定試験に出題されそうなところ(Part4)
  • 認定試験に出題されそうなところ(Part 4)です。Part1では総論、呼吸解剖・生理のまとめ。Part2では、血液ガス、肺機能と検査法のまとめ。Part3では、呼吸不全についてのまとめ。今回のPart4では、薬物療法、呼吸リハビリテーションについてまとめます。はじめにですが、ここから書くことはあくまで予想です。参考程度にお願いします。7.薬物療法2気管支拡張薬・気管支拡張薬とは?・気管支拡張薬には何がある?・β刺激薬の吸 [続きを読む]
  • 認定試験に出題されそうなところ(Part3)
  • 認定試験に出題されそうなところ(Part 3)です。Part1では総論、呼吸解剖・生理をまとめ、Part2では、血液ガス、肺機能と検査法をまとめました。今回はPart3ですが、呼吸不全についてまとめます。はじめにですが、ここから書くことはあくまで予想です。参考程度にお願いします。6.呼吸不全の病態と管理1呼吸不全の概念と病態・呼吸不全の診断診断基準と分類は丸暗記する慢性呼吸不全の定義を覚える・呼吸不全の基礎病態の鑑別 [続きを読む]
  • 鳥を飼ってる方に起こる風邪のような症状。鳥飼病、オウム病について
  • 鳥を飼った後に、風邪に似た症状が長く続いている方はいませんか?中には、鳥と接することにより、起きる病気があります。鳥と接した方の全員がなる病気ではないので、そこは誤解をしないようにお願いします。心当たりのある方は、読んでみてください。呼吸器科を受診したときに、鳥を飼っているかを問診されることがあると思います。これは、鳥を飼うことにより発症する病気があるため、鳥由来の病気かを特定するために聞かれます [続きを読む]
  • 咳が止まらない。芸能人もマイコプラズマ肺炎で休養。
  • 最近では芸能人の中にもマイコプラズマ肺炎と診断された方が数名います。モデルの益若つばささん、元AKB48の川栄李奈さんなどがマイコプラズマ肺炎と診断され、休養していました。最近では、シンガーソングライターの川本真琴さんがマイコプラズマ肺炎と診断されたようです。川本さんはセカンドオピニオンで判明しました。そんな何年かおきに流行するマイコプラズマ肺炎ですが、どんな病気???ですよねマイコプラズマ肺炎と [続きを読む]
  • 認定試験に出題されそうなところ(Part2)
  • 認定試験に出題されそうなところ(Part 2)です。前回のPart1では呼吸生理のところまでまとめました。今回は血液ガス、肺機能と検査法をまとめたいと思います。はじめにですが、ここから書くことはあくまで予想です。参考程度にお願いします。4.血液ガスの解釈・O2およびCO2の血液での存在形式酸素の存在形式と酸素解離曲線、二酸化炭素解離曲線の図(何によって変化するか?、ホールデン効果とは?)・O2とCO2との連携解離曲線 [続きを読む]
  • 何日も咳が止まらない、長引く咳は百日咳?
  • 咳に悩まされたことはありませんか?という私も咳が一カ月ほど止まらないことがありました。病院を受診しても、風邪ですかねー?薬を処方しときますね。で終わってしまうこともあります。咳が長引くときは、呼吸の専門家の呼吸器内科を受診することをお勧めします。さて、咳が長引く病気は、いくつぐらいあるのでしょうか?よく見られる疾患をいくつかあげてみます。?百日咳?風邪?気管支喘息?気管支拡張症?気管支肺炎?咳喘息 [続きを読む]
  • 人工呼吸器SIMV管理中のリハビリについて
  • 皆さんは人工呼吸器で管理されている方のリハビリはどうされていますか?患者の状態や、モードによって対応も変わるとは思いますが、意識のある患者であれば、ROMex、筋力ex、端座位保持、体位ドレナージ、スクウィージング、呼吸介助などを行うでしょうか?意識がなければ、基本的には拘縮予防にROMexを行ったり、体位ドレナージ、呼吸介助、リラクゼーションを行ったりでしょうか?今回は、リハビリにてSIMV管理中のリ [続きを読む]
  • 使用している人工呼吸器の基本なモードの説明
  • 普段は人工呼吸器と接する機会がほとんどありませんが、最近になり人工呼吸器を使用する方を受け持ちました。皆さんも、毎日使用する機会があれば、どんなモードがあるかの説明もできますが、久しぶりに接すると、忘れてしまっていることがありませんか?人間なので、忘れることは仕方がないことだと思いますが、人の命を預かるので、定期的に勉強をして、頭の中を整理しておく必要があると思います。そこで、今回は人工呼吸器のモ [続きを読む]