ikenii さん プロフィール

  •  
ikeniiさん: ミニベロクライマー
ハンドル名ikenii さん
ブログタイトルミニベロクライマー
ブログURLhttp://ameblo.jp/ikenii/
サイト紹介文ロード系ミニベロに乗る50代が、榛名山・赤城山をホームグラウンドにロードに負けじと走り回ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/08/28 21:47

ikenii さんのブログ記事

  • ハルヒルコースに新たな看板設置
  • 久しぶりのブログ更新、3月5日(日)のレポートです 3月に入りだいぶ暖かくなってきたので、今シーズン初のヒルクライム練習をすることにしました。友人の3月4日のレポートによれば、榛名湖はまだ凍結していますが、ヒルクライムコースは問題ない様です。 それでも、下りが寒いと思われるので、ダウンジャケット、ハンドウォーマ(モンベル)、レッグウォーマーなどをサドルバックに詰めこんで家を出ます。  [続きを読む]
  • 今年も「ニューイヤー駅伝」勝手に前走
  • 新年あけましておめでとうございます。 今年ものんびり更新していきますのでよろしくお願いします。 さて、元旦に群馬県の主要都市を結んで合計100kmを走る実業団ニューイヤー駅伝。このコースを選手の前に自転車で走る「勝手に前走」も今年で4回目になります。ランナーに近いほうが応援が多く走っていて楽しいのですが、選手が走っているときは交通規制がかかり自転車が走ることはできません。このため、コース上の各所に [続きを読む]
  • デュアスロン練
  • 12月23日の天皇誕生日。気温が17℃を超えると言う天気予報の為、久しぶりにハルヒルコースを上ってみる事にしました。 今年、ミニベロからロードに乗り換えて初めて挑戦したのがこのハルヒル。ロードの威力で1時間を切りたかったのですが、1時間2分2秒ともう少しでした。次回こそ1時間切りを果たしたく、力が入ります。 自宅からスタート地点までは約15km。もちろん自走です。 途中、目指す榛名山が一望できました [続きを読む]
  • 55歳にして初マラソンにエントリーしました
  •  55歳にして初マラソンにエントリーしました。 第4回前橋・渋川シティーマラソンです。自転車のトレーニングにと10km程度のジョギングを週一で走っていたのですが、そろそろ大会もいいかな?と思い申し込んでしまいました。しかも10kmやハーフではなくフルです。 大会は2017年4月23日。その時には56歳になっています。  ・・最近、休日には20kmほど走っていますが、自転車で200km位走ったような感じで [続きを読む]
  • 三回目のジロ・デ・武尊(10/30)
  •  10月の最後の日曜日、今シーズンの締めとして、武尊山を一周するロングライドイベント「ジロ・デ・武尊」に参加しました。参加者300人程度の小さな大会ですが、コースは距離120km、獲得標高2731mと本格的でタイムも計測されます。今回で3回目の参加で、過去2回は仲間と参加したのですが、去年あまりに寒かったため、今年は一人の参加になってしまいました。 紅葉のシーズンを狙って開催されるので仕方がありませんが、寒さ対策 [続きを読む]
  • もう一つの五稜郭へ(秋のロングライド178km)
  • 日本には五稜郭が2つあるのをご存じでしょうか?一つは有名な函館の五稜郭、もう一つは長野県佐久市にある龍岡城五稜郭です。龍岡城五稜郭は自宅のある高崎から70km程と手頃な距離。行ってみることにしました。10月22日朝7時、下仁田から国道254を離れ、田口峠へと向います。 どんどん谷が狭くなると、「蝉の峡谷」です。両岸が迫り、水で深くえぐられた川は見事です。その先の小さい集落があります。以前ここまでは着たこと [続きを読む]
  • 更なる高みを目指すライド 湯の丸高原1732m
  • 体育の日は、標高1600m弱の野反湖へ行ったのですが、紅葉は今ひとつでした。そこでこんどは標高1732mの湯の丸高原にある地蔵峠を目指します。 八ッ場ダムを抜けていくルートが標高差が少ないのですが、先週走ったばかりなので、二度上げ峠(標高1390m)を越え北軽井沢経由のコースとします。二度上げ峠から見る浅間山が楽しみです。 10月15日朝7時スタート。 いつものように、榛名山の西側を走ります。途中秋の気 [続きを読む]
  • 天空の湖へライド
  •  10月体育の日の三連休。秋も深まりつつある中、ライドの計画を練ります。ネットを見ていたら、標高の高い所では紅葉の見頃らしい。 天空の湖と言われる野反湖。まだ自転車で行ったことがない場所で、紅葉の見どころではないのですが、秋の雰囲気が楽しめそう。これが今回のターゲットです。 自宅(高崎)から野反湖までは建設中の八ッ場ダムの近くを通り90km程(往復で180km)、獲得標高は3000m近くあります。帰路、暗くなる [続きを読む]
  • 赤城山ヒルクライムの次は
  •  赤城山ヒルクライムは1時間30分を達成出来ました。次のレースはハルヒル2017。この春達成できなかった1時間切りが次なる目標になります。 ということで、10/2はハルヒルコースへ向います ハルヒルコースは赤城みたいに自動車の多い所を走らないので、暑くないこの時期なら早朝でなくても快適にはしれます。ですので、のんびりと8時頃に家を出ます。  榛名支所へ着いてみると、ハルヒル看板が今年の日程の看板のままです [続きを読む]
  • 練習の成果 第6回赤城山ヒルクライム
  •  10月25日は赤城山ヒルクライム本番の日です。会社の自転車部で5時55分に集合写真を取るので、家を5時に出発しますが、まだ暗いのでライトを点けて走ります。途中、OTCCメンバーと合流。引っ張ってもらいます。予定より早く着きそう。 利根川を渡る頃から、自転車が渋滞気味です。 会場に到着、既に何名か着いています。ドレスコードを指定しなかったので、赤ジャージ黒ジャージ半々(自転車部のユニフォームは4種類あ [続きを読む]
  • 前橋クリテリウムを見に行ってみた
  • 今年は赤ヒルの前日に前橋クリテリウムが開催され、楽しみ倍増です。ヒルクライムの受付の後、クリテリウムを見る予定ですが、最近、サイクリングイベントでの自転車盗難が多いので、ミニベロ+U字ロック持参で家をでます。県庁前に寄ってみると、まだ交通規制前でしたが、クリテリウムの準備が進められていました。そのまま、赤ヒルの受付である合同庁舎へ急ぎます。いつもの前橋高校へ行こうとすると、その手前に受付の看板が。 [続きを読む]
  • 体重とヒルクライムタイムとの関係を調べてみた
  •  ヒルクライムをするようになって、体重を気にし始めた人は多いと思います。ヒルクライムは物理の法則との戦い、頂上まで運ぶ負荷の重量はそのままタイムに影響するはずです。 私も毎朝体重と体脂肪を量ってダイエットを頑張ります。 ただ、最近ヒルクライムの練習に入る前に、「今朝体重が軽かったからタイムがいいはず」とか、逆に「今朝はいつもより重かったからタイムが悪いかな」と考えるのですが、その通りになっていない [続きを読む]
  • ゴーストレース 赤ヒル練9/17
  •  9/17土曜日のレポートです 来週が赤城山ヒルクライムの本番なので、これが最後の練習です。 OTCCのメンバーは8時頃スタートするとの連絡が有ったのですが、車が増えてくる前に走りたいので薄暗いうちに家を出て、上細井に6時過ぎに着きました。日曜、月曜の天気が期待出来ないので、スタート地点には20名以上のローディ達。よく見ると先週居たすごく速いオレンジジャージのグループです。先に行ってもらいましょう。 今日は、 [続きを読む]
  • 徹底したペースコントロールをしてみた(赤ヒル練9/10)
  •  9月10日のレポートです赤城山ヒルクライム大会本番まであと2週間。と言うことで今日も赤城に登ります。◆準備編 課題は序盤の畜産試験場まで区間でのオーバーペースを防ぎ、終盤に脚を残す事です。 畜産試験場までの区間は斜度が5%以下と緩くつい速度を上げすぎてしまいます。いままでは、大鳥居、畜産試験場と約10分間隔でラップを刻み、ペースを把握して来ました。でもこれでは、ペースの乱れはわかりますが、気付いた時手 [続きを読む]
  • NEWホイール&軽量サドルにしたのに。。。9/3赤城ヒルクラ練
  •  9/3のレポートです もうすぐ赤城山ヒルクライム本番、いままで購入車両に付属でついてきたホイール(WH-RS11)をレース用のものに買い替えました。 今までのホイールは前後で1930gというものですが、今回購入したホイールはWH-RS81-C24-CL、柔らかくそして地味と、私にぴったり(?)。ホイール重量は前後で1505g。タイヤ、チューブと合わせて、交換前 2536g → 交換後 2221g と315gの軽量化になりました。さらに、サドル [続きを読む]
  • 赤城錬90分切りはフロックではない?
  • 8月13日の練習レポートになります。前回始めて1時間半を切ることが出来たので、今回はその時のタイムが目標です。また、前回のタイムが腹筋トレーニングの効果かもしれないので、引き足を使うとき腹筋を意識する事にしますが、 前回より 体重が 1キロ弱 増えているのが気がかりです。上細井交差点に朝6時に到着しました。タイムアタックに備え、羊羹でエネルギー補給していると、数名のロディー達がスタートしていきます。今日は土 [続きを読む]
  • 初の赤城1時間30分切りを分析してみた
  • 8月3日の練習レポートになります。 今週は夏季休暇なので平日でも練習ができます。どうにか天気も回復したので、赤城に上ることにしました。7月30日の練習では、足に余裕を残した上で1時間31分4秒と良いタイムだったので、序盤、中盤のペースを一分少々上げ、1時間30分を狙うことにします。 そうは言っても、前々回の二の舞にならないよう、抑えつつペースを上げていきます。ただパワーメーターがあるわけではないので、感覚的な [続きを読む]
  • 赤城山ヒルクライム練習 今シーズン2回目(7月30日)
  • 前回7月2日の練習では、欲を出して序盤飛ばし過ぎで、終盤までもたないという結果でした。この反省を踏まえて、今回は姫百合駐車場までは基準とするタイムで走り、終盤ので勝負する事としす。基準とするタイムは前回同様昨年の練習でのベストタイム1時間34分とします。暑くなりそうなので、早起きしました。これから行く赤城です(朝日が眩しい)。  朝5時に家を出て、6時に上細井をスタートしす。最初の大鳥居までの区間は、 [続きを読む]
  • 赤城山ヒルクライム練習 今シーズン1回目(7月2日)
  • *少し古いレポートになりますが、今後のつながり上アップします  今シーズンはすでに赤城の南面を8回登っていますが、ほとどが来週(7/9)に行われる「ピークスラウンド2」の練習でした。この練習では、トータル4回分登らなければならないヒルクライムの一回目として、体力を温存して2時間程度の時間をかけてゆっくり上ります。よって、通常のヒルクライム練習とは異なり、むしろロングライドに近くなります。 このため、赤 [続きを読む]
  • ピークス本番 後編
  • ピークス ラウンド2(7/9)の様子です(ピークス本番 前編からの続きです)南郷まで帰ってきました。予定11:53に対して、6分早いタイムです。ここまででちょうど半分になります。南郷を左折すると北面の上り(五回目の上り)です。ここからが後半になりますが、この上りは精神的にも肉体的にも一番辛い。この上り始め、下りで冷えた足に急に力を入れたので攣ってしまいました。三分程休み回復。途中、Nさんの友人のTさんと並 [続きを読む]
  • ピークス本番 前編
  • 「ピークス本番前日」からのつづきです。  (今回のピークスはかなり厳しいライドでありまた雨でもあるため、写真を撮っていません   掲載の写真は、説明のために後から撮ったものや、もらったものになります) 相変わらずの小雨の中、集合場所の青木旅館まで自転車で移動します。スタート地点で受付をしていると、同じOTCC(OKI Takasaki Cycling Club)のMさん、Nさんと合流できました。雨の下りにトラウマのあるMさんはスタ [続きを読む]
  • ピークス本番前日
  • 7月8日金曜日:いよいよ明日はピークス本番である。気掛かりなのは天気。朝の予報では、「曇→15時頃から雨」だったが、夕方には、「朝から雨」という予報に変わっていた。こうなったら覚悟を決めるしか無い。ただでさえぎりぎりなのに、雨が降ったら完走は難しいだろう。でも、最初の南面くらいは走ろうと決め準備に取り掛かる。私の場合、雨でいやなことは 1 靴の中まで水が入って足がふやけること。 2 レーパンのパッドが [続きを読む]
  • ピークス練を振り返る
  •     予告通り、いままでのピークスラウンド2に向けた練習走行について書きます。私の場合、急にロングを走ることはできず、徐々に距離を延ばすことになります。まして、今回のピークスは赤城山を4回登る事に相当します。赤城山は赤城山ヒルクライムの練習で、毎年10回くらい登っていますが、一日に登ったのは、赤城山ヒルクライムコース+α程度と、2回登る事でさえ考えてもいませんでした。ということで、2月1 [続きを読む]
  • ピークスな人々
  • 最近赤城山を上っていると、ペースが遅く、かと言ってふらふらしたり疲れた様子でも無く一定ペースで上っている人を見かけませんか?ヒルクライムにしては大きめなサドルバッグかバックパック。彼らはゴール地点に着いても休まずに、大沼へ下っていきます。彼らは、7/9に 赤城山で 開催される ピークスラウンド2 に参加する人達に間違いありません。かく言う私も、地元開催に誘われてエントリーしてしまいました。    コ [続きを読む]
  • ハルヒル本番 ちょっと残念
  • 少し遅いレポートになりますが。。。。第4回ハルヒルに参加してきました。今回は初めてのロードでの参加です。一週間前のロードによる初めての試走では1:02:17と自己ベストを3分以上上回るタイム。「こりゃ本番だと一時間切りか?」と思ってました。本番当日は、朝四時半に出発、高崎駅近くの自宅から自走で会場に向かいます。途中、既に車の渋滞が始まっていますが、自走なので大丈夫。一時間程で到着すると、荷物を預け仲間と合 [続きを読む]