はたけやまさちこ さん プロフィール

  •  
はたけやまさちこさん: 世界一フザけたガン・闘病記
ハンドル名はたけやまさちこ さん
ブログタイトル世界一フザけたガン・闘病記
ブログURLhttp://ameblo.jp/borntobehatakeyama/
サイト紹介文2歳の娘を抱えての、夫の胃ガン闘病記録。ステージは4。だけど今日もシリアスになれなくてゴメンナサイ。
自由文2歳の娘がいるにもかかわらず、夫(56歳)がスキルス性胃がんになりました。ステージ4で、腹膜に転移アリ、です。持ち前の性格のせいでどうしてもシリアスになれないハタケヤマなので、同じ病で戦っている方々やそのご家族が、クスっと笑える闘病記を綴ることにしました。よろしくお願いします♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/08/29 16:32

はたけやまさちこ さんのブログ記事

  • そしてまた試練
  • 姫様、発熱。今回の入院は早く退院できそうで今週末には帰宅?とか言ってたけど、またしても夫の退院と姫様の風邪がかぶり、神様を恨み倒している所です。抗がん剤の治療中は風邪ひいてる人に近づくな、イコール私に育児のストレスで子供虐待しろって言ってるようなもんです。子供、熱があっても元気でまとわりついてくるから朝からイライラ&ブチ切れまくりです。愚痴おわり。 [続きを読む]
  • 突破口
  • 今日、病院で夫と色々話していて(育児の事とか、ファッションの事とか)、 「今まで色々あったけど何かしら乗り越えてきたんだね」 みたいな事を言われ、 うん、まあ、そうだから今回の癌騒動も、周りが心配する程自分の中では大問題にしなくて済んでるんだよな、 なんて思ったのでした。 今まで、さんざんな目にあってても乗り越えてきてるんだから今回だって大丈夫だろ、みたいな。 表面 [続きを読む]
  • 私に再びこんな日が戻ってくるのだろうか
  • 昨日から夫、入院(抗がん剤2クール目)で、また慌しい日々が始まりました。 T市、のんびりしたいい土地ですが、医療に関してはプアで、 個人病院の産婦人科もなければ総合病院は「ここに入院=死んでもいい」みたなしょぼい病院しかないので、 今回も車で往復1時間かけて、お隣の市の夫の入院する病院に日参です。 母子家庭のワンオペ育児のストレスなのか、前回の夫の入院同様、 胃がもたれて [続きを読む]
  • アメンバーの承認について
  • アメンバーの承認についてはこちらに記載してあります。 http://ameblo.jp/borntobehatakeyama/theme-10097811713.html もう一度書きますと、アメブロのアカウントをお持ちで、ある程度記事を更新されている方(こちらから見て素性がわかる方) あるいは、ブログを通して交流のある方のみとさせていただいております。 (普段メッセージをくださっている方でまだ承認されていない方はご一報ください)& [続きを読む]
  • もう貴方の為に何もしない
  • ここ数日、心も乱れず、 そして食事の支度もカンタンに済ますことができて(夫が普通に食事できているので)時間もたっぷりあり、 嵐の前の静けさというか(来週からまた母子家庭)、束の間の休息、みたいなものを満喫中。 今までずーーーっとできずにいた、写真の整理を始めてみたりなんかできるくらい、時間に余裕があります。 写真、一昨年の10月からずっと、現像に出してませんでした・・・。 恐 [続きを読む]
  • 母になりきれない女の、母の日
  • で、母の日には(遅ればせながら) 自分用に、いつものお花屋さんでアレンジメントを。 姫様から(というか、保育園から)は、素敵なネックレスをいただきました。 写真は姫様がストローのぶつ切りをヒモに通している姿だと思われます。 「こうやってママのために頑張って作ったよ〜」みたいなのを撮ってくれてるんですよね。 未だに自分が母親、という感覚が持てずにいるのですが ( [続きを読む]
  • イヤイヤピーク、キター! 〜魔の2歳児劇場〜
  • 結局、土曜日のヤマハのリトミックはオムツ一丁で参加しました。 保育園では素直にお洋服を着るってことは、同じくらいの年頃の子達の前なら着るんだろう、ヤマハに行けば、大丈夫! と、思っていたら、甘かった。 教室が始まる前に「ほら、みんなお洋服着てるよ?姫ちゃんだけすっぽんぽんでは、恥ずかしいよ?」と促しても、ダメ。 レッスンがはじまり、ちょっと気持ちがアガってきた所でチュ [続きを読む]
  • 妻の隠し事 〜夫の入院中にする、悪戯〜
  • 姫様が、 ぼうし とったら (PETIT POOKA) Amazon この絵本をチョイスするたびにですね、 ここのページをめくった、(帽子の部分を上にめくる) この絵に対して 「パパ」 と教え込んでいたのですが、 ついに先日、姫様が夫に「はい、どーじょ」とこの絵本をリクエストするという、待ちに待った瞬間が訪れ、 姫様、このハゲを指さして満面の笑みで 「パパ」 と [続きを読む]
  • 宗教考 〜心のよりどころ〜 
  • 姫様、ついに、しまじろう教から アンパンマン教 に。 ちょっと前までは、しまじろう一筋でレンタルDVD屋さんでアンパンマンを借りてきてもストーリーが理解できないのか、あまり興味を示しませんでしたが ついに、ついに、アンパンマン教へ入信。 レンタル屋さんの「おかあさんといっしょ」シリーズはもう、DVDが擦り切れるほど見て、いい加減、見飽きたってかんじだったのでとても助かっていますが&nb [続きを読む]
  • 家に夫がいるという事。
  • 夫が病気になり、仕事を辞め、 しばらくは閉めた診療所のお片づけに追われていましたがそれもだいたい終わり、 昨日などはなんだか退屈そうにしていて。 お昼ごはんの時に、ふいに、近くの釜揚げしらす屋さんの話になり、(ここは海辺の観光地) 食後にぷらっと行ってみたりなんかして。 戦利品は、本日あげたてのしらすと、私の大好物、あじの干物、そして、夫イチオシの、タコの塩辛(写 [続きを読む]
  • がんと、経済的な問題
  • いやー、色々と家計を見直さないといけないなーなんて思いつつも、 結局、普段と何一つ変わらない生活をしていますすいません。 生活レベルを落とす、イコール、「もう我が家にはお金が入ってこない」を信じていることになり、 本当にお金が入ってこなくなるから、っていうのもあるけど。 夫はがん発覚と同時に診療所を閉めてしまい、 そしてうちは無収入になったのですが、 (夫にはお金を [続きを読む]
  • ようやく、手放す。
  • がん関係の本を片付けました。 愛読雑誌『VERY』やら、子宮委員長はるちゃんの本やらを 午後、コーヒー飲みながら読みふける有閑マダム生活に戻しました。 自分の中でやっと一山、越えたなぁってとこです。 身近な大切な人が、死に直面した時に通る道の一つですよね。自分にできる事を探しまくって、やり倒して、 「それ、いらないから。やめてよ」 って言われて、怒って泣いて、 「もーしら [続きを読む]
  • 地獄の連休、最終章
  • やっと、明日で終わりなのです・・・。 ありがたい事に、この連休までにどうにか夫が上の階に戻ってきてくれて、 (姫様が風邪をひき、骨髄抑制で免疫力が下がっている夫は、下のおばあちゃん家で生活していた) 家事をしている間、夫が子守りをしてくれていたので いつものように、姫様に足にしがみつかれ、泣かれ、それを振りほどきながら着替えをし、(もちろん化粧ってナンですか?というスッピン生活)& [続きを読む]
  • 何が正解かなんか、わからない
  • そして相変わらず、揚げ物もお肉もアイスクリームもお菓子も食べ放題の夫。 腹八分目、医者いらず、と私も思うのですが、 夫の食欲はとどまる事を知らず、朝ごはんを割としっかり食べ、10時に補食といっておやつを食べ、 昼ごはんも割りとしっかり食べ、またおやつも食べ、 夕飯もしっかり食べ、夜中におやつを食べているのかどうかは知りませんが (私は姫を寝かしつけてそのまま一緒に寝オチするの [続きを読む]
  • 余裕のない私
  • 昨日(かな?)の、自分の書いた記事を読み返してみて、 私ってなんて余裕ないんだろうと反省してしまいました。 各方面からいただくアドバイスに対して、末期がん患者を看病する立場の気持ちはやっぱり、わかってもらえない、 旦那さん大変だから、わかってあげようって話にどうしてもなってしまう って愚痴ってしまったけど、 そりゃ、ふつー、パートナーとの死に向き合うなんて事、やったことないん [続きを読む]
  • 夫と緩和ケアに行く。
  • もやもやを抱えたまま、予約してあった緩和ケア外来に夫を連れて行き、 私の気持ちが緩和されてしまいました。 まだまだやれる治療もあるし、大して痛みも出てないし、 緩和ケアなんて現時点では必要ないのに気持ちは死に向かってまっしぐらの夫に対して やりきれない気持ちでいっぱいで、最初の面談みたいなのでもう、涙があふれて止まらず、 面談員さんとカウンセラーさんから「何が質問はあり [続きを読む]
  • すべてが虚しく空回り
  • 相変わらず、カツ丼やスナック(ポテトチップス系)、菓子パンなど、 身体を大切にするという事からかけ離れた食生活をしようとする夫に対して 「うるさいと思うかもしれないけど、パパにちょっとでも長生きしてもらいたいから言うんだけど、 そういうのあんまり食べ過ぎるのやめてくれない?」 と言ったら、 食事制限みたいなのはやめてくれ、今はカロリーを取る事が先決でしょ? と反論され、&nb [続きを読む]
  • 癌と食べ物の関係、そして断食について。
  • 24時間マスクマンでも風邪うつされちゃったわよっ!! 昨日は鼻水たらしながら、既に風邪が治って元気ハツラツな姫様と午前中、公園に1時間半も滞在し、 顔のシミが今後どうなるか考えるだけでも夜眠れなくなりそうなハタケヤマですこんにちは。 姫様、今日からまた保育園に行ってくれて、さっきまであっちもこっちも掃除して自分も風呂はいって、スッキリしてやったわよ。 (姫様と一緒だと、頭洗えません [続きを読む]
  • 看病・育児・介護。
  • 完っ全に、 キャパオーバー です。 金曜日に夫が退院すると同時にまたしても姫様がこっぴどい風邪をひき、 一晩中、咳、咳、咳。姫も眠れないけど、私も眠れません。。。 骨髄抑制で免疫力が低下している夫は、1Fのママリンの家(うちは二世帯住宅)に避難させていますが、 (風邪がうつると治らなくてまた入院、だから) そのママリンが、夫の退院直前に腰の骨を圧迫骨折して、身動き [続きを読む]
  • ものすごい勢いで妬まれています、お払いが必要です
  • なんて、実家の漢方薬屋のお抱え祈祷師(遠隔治療のエキスパート)に言われました。 妬まれているのは、私ではなく、夫だそうで、 胃がんの原因(の1つ)が、怨念、みたいなモンらしいです。 まーそりゃーねー、53歳にして、若くて美しい嫁、もらって、(ツッコミ厳禁) 可愛い(ビジュアル的には微妙)娘までできちゃって、 あっち、こっちに自慢して歩いて、子供の作り方までレクチャーして、  [続きを読む]
  • メリー・ウィドウ
  • ここ一週間、朝起きてから眠りに落ちる瞬間まで小走りで生活しているような気がします・・・。 夫の容態ですが、火曜日に点滴で入れたシスプラチン(抗がん剤)がやっぱりけっこうキツかったようで、 翌日からぐったりーの、食べれないーので、 テレビを見る気力もないような状態だったので毎日、ちょこちょこご飯を作っては病院に運び、あわてて帰り、姫のお迎え、 そして姫様ももう、お家でママと二人で遊 [続きを読む]
  • ドクターストップ!
  • さて、病院食がマズくて食べられない夫、甘エビが食べたいなどと言うので スーパーに行っては甘エビを買って病室に運んでいたのですが、 こないだ、看護婦さんに 「生ものはやめといた方がいいですよ、骨髄抑制で白血球おちてますからね、あたると、大変ですよ」 と止められてしまい、「もう刺身も食べられない・・・」と嘆き悲しんでおりました。 そんな中、昨日の記事にもあったように、病気によって [続きを読む]
  • パパも私も正念場
  • ついに、この季節がやってきちゃったのだわよ。 ぎょうちゅう検査。 長く私のブログにお付き合いしてくださっている方なら、もしかしたら覚えていてくださるかもしれませんが、 去年の今頃、保育園から、あの、懐かしのケツペッタン用紙を姫様が貰ってきたものの、 ダメ母、うっかり忘れていて、しかも実家に帰る予定を入れてしまったモンだから早急にペッタン用紙を提出しないといけない、という状況に追い [続きを読む]
  • 患者も家族も、自分を責めなくていい
  • 要するに、自分で自分のことを 「私ってひどい嫁だったのかな」 なんて責めてるから、ああいうコメントが来るんですよね。 外側の世界って、自分の内面を映しているだけだから。 あのコメントいただいて、あまりの失礼さに、開いた口が塞がらなかったというか、 こんな不愉快な思いをさせられるくらい、私は彼女に何か悪いことでもしたのだろうかと不思議に思ったのですが、 スピやら心理や [続きを読む]