バイラオーラ福原恵理 さん プロフィール

  •  
バイラオーラ福原恵理さん: バイラオーラ福原恵理ぶろぐ フラメンコな人生
ハンドル名バイラオーラ福原恵理 さん
ブログタイトルバイラオーラ福原恵理ぶろぐ フラメンコな人生
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/flamenco19722002
サイト紹介文スペイン在住フラメンコバイラオーラ福原恵理のぶろぐ。フラメンコやスペインの最新情報満載!
自由文1998年よりスペインはアンダルシアのセビリア(セビージャ)に住みだす。幼少の頃よりクラシックバレエを学び、のちモダンダンスやジャズダンスなど各ダンスを経てフラメンコを学びだす。
現在はスペインと日本にて活動中。
スペインでは自身の教室を持ち日本では短期クラスなどを開催。2015年からは日本への帰国回数を増やし活発に活動する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/08/29 20:01

バイラオーラ福原恵理 さんのブログ記事

  • コンパスはフラットじゃない!
  • はい。踊ってます。これは急遽決まってあたふたと行った屋外でのショー。バックとの打ち合わせも出来ず口であーだこーだよと言って。でもね、言った時の返事でどれくらいフラメンコの約束分かってる人かはっきりするんだよね。常に思うのは、コンパスの大事さ。ただフラットにやっててもダメだし、ちゃんと強弱ついてアイレがないとだめ。もちろん外すのはもってのほか。ギターもそうだけど歌でも抑揚つけないのはコンパスあっても [続きを読む]
  • マントン事情
  • マントンって最近は値上がったらしいです。私はもう15年くらい前に12000ペセタで買いましたが、現在は踊りに使えるものだとなかなかお値段張るようです。しかも中国で生産されてるらしい。。??え?そうなの!?ってびっくりしたんですがスペイン産は4000ユーロとかするみたい。昔は違ったのにね。まあそんなもの。携帯だってアップルっていっても工場は中国だし。マントンそのうち中国メーカーで格安で出てくるんじゃないのかな [続きを読む]
  • バックのアーティスト
  • 厳しい!ここのところ仕事が入ってきて踊りに行っているのですが。うーん。やはりギター、カンテ。いまひとつなんだよね。??バルセロナだとどうしても無難なアレグリアにソレアポルブレリアってのばかりで。じゃあってんで 先週から若い駆け出しのギターの子とタラントみてるんだけど。なんかなぁ。パンチが足りない。しかも、若いからかどうしても色んなコードを入れてしまってタラント独特の重さがない。??てか、まずは基礎 [続きを読む]
  • お仕事開始
  • ここのところお仕事が入って。嬉しい悲鳴です。今回のギターさんはカタルーニャの子でした。一回通しやった時にちゃんと覚えてくれて、しかもちゃんとファルセータ探してくれたし 良い出来になる努力をする子だったので、楽しかったです。やはり気の合う仲間とフラメンコするのは良いですね‼?唄の女性はカディス出身でバルセロナはもう長いんだけど、彼女の存在自身がフラメンコ。やっぱりそういう人と一緒に居るとフラメンコの [続きを読む]
  • 7/2のライブを終えて
  • うーん。やはり2週間足痛めて踊れなかった影響大きかったです。??ダンスの世界は厳しくて、今までどんなにあんなにも練習重ねてきてたのに、2週間ストップしただけで全てが逆戻り!?しかもその前には実は首痛めてて3ヶ月くらい治るまで自由に首が使えず--->からのブエルタが満足に出来ない。 という状況にありました。いやはや。汗だくだく。しかも衣装もなんか落ち着かなくて。どういう事だか…多分、一つスッキリいかないと [続きを読む]
  • 衣装
  • バルセロナで使われる衣装ってセビージャと違うと思う今日この頃。やっぱりセビージャはいかにもフラメンコとかいわゆる昔からある純な衣装が使われるのかな。ここでは、観光客多いせいか いかにもスペインってイメージのものとか(赤黒ね)簡単に上下組み合わせたものとかが多いような気がする。なんで、私もそういう系統の衣装を持ちました。(笑)でもやっぱり踊る時はちゃんとした衣装が好きかなぁ。腕あげたりして肩も使って踊っ [続きを読む]
  • 一息
  • 6月です。月日はたつのが早い感じです。バルセロナの物価はセビージャよりもうわまり過ぎ感有りなので、こないだ行ったレストランのコスパにビックリ。てか、あの人注ぎ過ぎたような…。嬉しいのはセビージャみたいに何処でもオリーブ無料で付いてはこないので、オリーブが付いただけでもう「また来るね!」感が強まります。最近少し足痛めて。お医者さんにみてもらったら疲労だそう。そう言えば足の親指感覚なくなってからもう7、 [続きを読む]
  • 新しい風
  • 何であってもいつであっても新しい風を入れるのはとても良い事です。今回、セビージャで3年ほど前に同じクラスにいたマドリーの子がバルセロナに住みだしたそうで。あら?という具合に話てから。の。じゃあ一緒に何かやろう?からの。で、今週から二人で振り付けはいってます。身長が同じなのでなかなかいいかも。でも、彼女の方が痩せ痩せで私は頭が大きいかも。なんですが。踊りのやり方は同じなのでやり易いし、やっぱ心がスッ [続きを読む]
  • 最近の事情
  • さて。セビージャではなかった事ですがここバルセロナは観光地だし、モダンな都市なのでフラメンコも純なものではなくライトにお客様も一緒に楽しめる傾向にするとお仕事も見つかりやすいです。でも私にとっては結構ハードルが高かったです。とはいうものの、プロはお金を頂いてプロですので 最近は自分が本当にやりたい「芸術」とお客様受けの良い「エンジョイ」するというフラメンコと二つに切り分けています。もちろん自主練は [続きを読む]
  • 難しい
  • 今日何年か前に知り合ったマドリーの子と会いました。で、やっぱねーと思ったのが。サパテアードバリバリの踊り手で上体まで柔らかく踊れてる人って少ないね。と。もともとサパテアードは男性の得意分野ですが今は女性でもバリバリに出来る方がいいです。って事で皆さん脚に力入れるんですが、上体を忘れてしまうんですね。脚の強化はあくまでも練習のみなので、練習すれば身に付きます。難しいのは脚ガンガンにやりながらーの上体 [続きを読む]
  • 春祭り開始!
  • セビージャの春祭りにあやかって、何処でも春祭りもどきを企画するとは 知りませんでした!(セビージャの春祭りしか行った事なかったので。。)もちろんバルセロナでも企画されています。セビージャのは今週土曜日の深夜日曜日に入ったときに始まりますが、バルセロナで行われる春祭りは金曜日から始まります。これにあやかって今週末三日間仕事が入りました。ところがなかなかはっきりとした内容が分からずに、少し不安でもありま [続きを読む]
  • サパテアード強化
  • フラメンコはサパテアード(足打ち)が大切です。これは昔は男性が得意とするものでしたが、最近は女性もかなり技術があがっています。早い打ちと正確な音出し。これは訓練から成り立っていますが、やはりコツというのがあって それを知って行うのと知らないのとでは上達の速さが違うと言えるでしょう。ひたすらすると脚が張ってしまうのですが、気長にこの強化を続けると違いがはっきりと見えてきます。また、サパテアードを自由に [続きを読む]
  • 昔のフラメンコ
  • Manolo Marinが!そう。若かりし頃にタラントスという映画に特別出演していたんですね。20年位前は誰でも通ったマノロのアカデミア。懐かしいです。セビージャではマノロかホセ・ガルバンかって感じでした。それにしても普通のTVにヒョイってこういうフラメンコ映画が流されるのはやはりスペイン!Cristina Hoyos, Juan paredes, Antonio Canalesと素晴らしいアーティスト達が演じてます。振りつけも素晴らしいと思いますし、何 [続きを読む]
  • 何か足りない
  • 何か足りない感じが。そう。セビージャを出てからは、ひたすら自分での練習のみで さすがに退屈してきてるのかも。です。一応グループに参加しててライブはやっているのですが。フラメンコに飢えているし、かといって見に行っても 何かつまらない。カンテ好きだけど、こちらではあまりグンってくる歌い手に会ってないし。でも、そこそこ上手い踊り手さんはいっぱいいて。でもそう。心にグンってくる踊りは見れてない。私は何を求め [続きを読む]
  • クラス代教終了!
  • 先週と今週とクラスの代教をしました。忙しくてなかなかブログを更新できませんでした。できるだけ生徒のみなさんが上達するように精一杯教えてきました。??いつも思うのはパソは取れても それをいかに踊りこなすかというのが難しいことで、足の動きや体の動きや腕の動き、すべてを一緒にやると言うのは本当に難しいんだと思います。あまりスパルタ式にやってもダメなので、皆さんのできないのわかるんだよーと言いながら 細かく [続きを読む]
  • タコニポン?!
  • UFO。そしてこの前で写真撮影を行いました。私は現在 TacoN&pon というグループに参加しているのですが、コンセプトが前衛フラメンコなのでこういう場所になりました。近いうちネットにアップしますが、セビージャなどのアンダルシアでの純粋なフラメンコとの大きな違いはピアノが入ってることでしょうか。ギター、カンテ、カホン そしてピアノ。ただ本物のピアノは持ち運びできないので、いわゆるキーボードです。やはり場所が変 [続きを読む]
  • タブラオコルドベス
  • ここはアンダルシアのアーティストを頻繁に招いてて見応えがあるショーをやってるタブラオです。なかなかセビージャでも見れない組み合わせのアーティストが出演したりして、なかなか面白いショーが見れます。もちろんレベルもかなり高く私はここでファルキートなどを見ました。現在パストーラ・ガルバンとファルーが共演しているようですが、この組み合わせもセビージャではなかなか見れないものだと思います。ただ料金的には高い [続きを読む]
  • ライブを終えて
  • 昨日ライブ終えました。私は今バルセロナでフラメンコグループに所属しています。でもフラメンコと言うよりかジャズとかブルースとかの色が強いグループで 本当はフラメンコだけの方が好きなんですが。ピアノが入ってるからどうしてもアコースティックなサウンドが薄くて、しかも私はフラメンコなんだけど バックがちょっと違う感じなので 面白いと言えば面白いんだろうけど も。まあこうやって自流の芸術を生み出していくのも面白 [続きを読む]
  • 恵理のフラメンコ
  • カタラン語のフライヤーなんですが。なんとなく、今いるグループが形になってきています。私としてはもっとフラメンコなのが好きなんですがこれはこれで なかなかグッとくるもにがあると思ってきてます。??https://youtu.be/JNUywdJCWdsフラメンコプーロ(純粋なフラメンコ)と言うよりか、フュージョンぽい感じの出来ですが 思うに ギタリストの弾き方やピア二ストがジャズ系ってのがあって このような出来になっているのだと思い [続きを読む]
  • 2017年開始!
  • 今週にスペインへ戻り、2017年開始のベルが鳴った感じです。が。まずは時差ボケ。今週日曜日には踊るのだけど どうも眠いし頭がスッキリしません。。。参ったな…また日本ではセビージャのカンタオール頼んだせいもあってかバルセロナのフラメンコへ入って行けず。。やっと慣れた頃だったのにね。いずれにしてもやはり好き嫌いあるしどこまでをフラメンコと名称するかで、まあ芸術って思えばフラメンコの固執しなくていいのだろう [続きを読む]
  • ライブ満員御礼 大成功!
  • 昨日のライブ終了。カンテはセビージャのプラテアード。ギターは長谷川ダンくん。合わせは他の日にざっとやってはいたけど、当日のエンサージョは全くなし。からの本番。やはりフラメンコは言語って表現がぴったりだと思いました。??私達、ほとんど即興でバッチリあっていたのはそれぞれがこのフラメンコ語をスラスラ話せるから。実はタラントはセビージャを出てから踊ったことがなくて、ちょっと心配だったのだけどまるっきり問 [続きを読む]
  • 新年!
  • 皆様あけましておめでとうございます!2017年始まりました。今年はスペインへ渡ってから初めての日本での年越し。日本では静かに年越しなので違った雰囲気を楽しみました。さて。そして明日からは早速練習開始で、1/7はリハーサル。1/9は満員御礼!有り難うございます!まだ空きは作れるそう。何よりも美味しいワインとお食事を楽しんで頂けるので是非多くの方にご来場頂いて楽しんでもらいたいです。そのあとは1/11!エスペランサ [続きを読む]
  • もう直ぐ年末
  • 今年も終わりに近づいています。今年はなんか懸命に走りつづけてたような感じです。所属するグループで色々なイベントに参加もしました。夏の海の家でのイベントでは暑かったのを覚えています。踊った後、ビール呑んで水着になって海に飛び込みました…??なんか皆んなの衣装が白なので清潔そうでいいな。なんて思っています。サングラスはやめて欲しかったけど…19年振りに年越しを日本でします!もう絶対あり得ないと思っていま [続きを読む]
  • 基礎の重要さ
  • 先週、友人の祖父の具合が悪化し私が3日間クラスの代教を務めました。代教で大変なのはフラメンコよりもセビジャーナス。と言うのは先生によってパソが少し違ったりするのでそのフォローが大変だからです。フラメンコのクラスでは新しいパソ以外に基礎に重要性を置くのが私のやり方です。意外とクラスでは基礎には重心を置かないのが普通で、すぐ踊れたほうが楽しいですし、でもそうなると、おろそかになるのが基礎。退屈しないよ [続きを読む]
  • フェスティバル
  • 先週の土曜日にルビーという都市でのフェスティバルに参加しました。踊ったのはアレグリア。あとは楽器系で。床に全くマイクがなかった為、私が踊るときはバックの音量を下げるように設定してもらったのですが、やっぱりね。の通り、音量下げてくれなくて。足ガンガンに打ち付けましたが、踊り終える頃は流石に厳しいモノがありました。お客様は盛り上がってくれてアンダルシアにいるような雰囲気で楽しかったです。新しいカホンの [続きを読む]