MINA さん プロフィール

  •  
MINAさん: KIZUNA T
ハンドル名MINA さん
ブログタイトルKIZUNA T
ブログURLhttp://kizunatvxq2.blog.fc2.com/
サイト紹介文ミンホ ホミン 妄想 R18 含みます!リアルからパロまで♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供310回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2015/08/30 20:00

MINA さんのブログ記事

  • 家族ごっこ 1
  • 「チャンミナァー!」「ちょ、来るときは電話ぐらいして下さいよ」いきなりやってきたユノヒョン玄関の前で声を張り上げるとかやめてほしい酔ってるのか?慌てて玄関を開けると。。。「.............な、なにそれ」思わずそう言ってしまった「はい」はい!?はいって言いながら僕に渡された.....「赤ちゃん!?」なんで!?「隠し子ですか!!」モテるユノヒョンはなんら不思議じゃないが隠し子はまずいだろう!!「ばか!そんなわ [続きを読む]
  • I Love ユノヒョン 11
  • あれからユノヒョンとはキスもしてない付き合うって言ってもお互い部活もあるしそれぞれの友達もいるしでなかなか2人になれなくて全然恋人っぽくない!付き合えただけ奇跡だけどでも...あのとろけるようなキスはまた..したいのになぁ朝は人が多いからキスなんてできるわけないし友達多いユノヒョンは誰かしら周りにいるしちょっと元カノさんの不安がわかってしまうこの付き合ってるのかわからない感じでは女の人はきっとたい得られ [続きを読む]
  • 新作 家族ごっこについて
  • リアル設定でホミンです^^赤ちゃんを抱いているユノとチャンミンこの写真ユノは爽やかなんだけどなんかチャンミンなんとも言えなくて何をって聞かれてもうまく言えないので...多分それをお話にしたくなったんじゃないかとと言っても読んで..で?なにを言いたかった?って聞かれても困るけどw短いですが楽しんでいただけたら嬉しいです^^1話、4/27 20時に更新してあります^^東方神起記念日ですね^^12周年おめでとうございます? [続きを読む]
  • それでも好きだから 17 (完)
  • Csideまだ近くにいるはず!!走り回って探していたらいた!!公園のベンチにぼーっと腰掛けるユノヒョン「ユノヒョン!!」はぁはぁとユノヒョンの前で息をきらす「......俺にはできなくても、彼女にはできるんだな」無表情が怖い何を考えてる?「帰りましょう」腕を引っ張ってもビクともしない「勝手に帰れよ」この人、俺の前では可愛くて優しくて甘いだけど..実際は、男らしくて決めたことはやり遂げる人「連れて帰ります」「帰 [続きを読む]
  • I Love ユノヒョン 10
  • 「あれ?ユノ!」え....2人で、見つめってたら...そう声がして声のする方を見ると数人がユノヒョンの元へあ....元彼女さんもいるユノヒョン...彼女さんのことまだ好きなのかな..,ズキッて.,,おかしいな...だって...今までは彼女さんと手をつないでいても大事にしているところ見ても胸が痛いどころかそんなユノヒョンが好きって思ってたのに...女性が5人「こんなとこでどうしたの?1人?」「いや」「友達!?やーん!イケメン!!紹 [続きを読む]
  • それでも好きだから 16
  • Cside抱けなかった...............好きなのに愛してるのに他の男に感じてるユノヒョンを思い出すと...それから..すれ違う一緒に帰っていたのに毎日...先に帰るようにいわれて俺も..なんとなく一緒にいずらくてユノヒョンを置いて退社するこのままじゃ...ダメなのに好きなのに...っフラフラ歩いてると..「チャンミンさん...?」あの時抱いた彼女...「ちょっと..お話ししませんか?」俺は..この時も何も考えず彼女に着いて行ったホテ [続きを読む]
  • I Love ユノヒョン9
  • いま........キス......したよね?図書館に戻って、ユノヒョンはもう勉強を始めたんだけど僕はさっきのキスが頭の中いっぱいで、勉強どころじゃない考えながらペンを唇に押し当てているユノヒョン...その唇が......,,,キス...したよねなんで...かな?唇と唇が重なったら...キスだよね?間違ってないよね...?でも..ユノヒョン、普通だし..うぅ...「...あんま見られると、照れるんだけど?」目の前に座るユノヒョンユノヒョンの視線 [続きを読む]
  • それでも好きだから 15
  • Yside「え!?おい!?」「早く脱いで」いきなり家に着いた途端服を脱がされてるなんで!?「綺麗に洗うんです」あ..俺が舐められちゃったから..「ごめん」「ほんっとですよ。慌てて追いかけたら、まさかの恋人が感じてる姿に遭遇とか、昼ドラですか」「.....でもっ!すぐ突き飛ばしたんだ!!」心が不安定でチャンミンが女に行くかもって思ったら..すがりたくなって胸を舐められて感じてしまい流されそうだっただけど..チャンミン [続きを読む]
  • I Love ユノヒョン 8
  • 「おはようチャンミン」うわ...私服..ラフなデニムに白Tとか.,王道がかっこよすぎる///「チャンミン?」「あ!おはようございます!」見ほれちゃった///今日は図書館で待ち合わせをしていたからそのまま図書館へ机に2人で教科書や参考書にノートを広げて勉強を開始するちょっとだけ...真剣な顔を覗き見唇...尖っちゃってかわいいな....考えると咎ちゃうのかな?僕もやらなきゃ集中して勉強していたらいつの間にかお昼にチャイムで [続きを読む]
  • それでも好きだから 14
  • Cside「チャンミンさん...また会えて嬉しいです」ああ、そういえばこの人いたんだったそりゃ..ユノヒョン誤解するよな俺が、女が良いんじゃないかとそんなの..「ありえねー!!」大きな声で叫ぶとみんなが俺に注目する「おい、大丈夫?」キュヒョンの唖然とした顔俺にはユノヒョンが必要なんだクソ!!なんで俺かえってきてんだよ!!取り返してやるあの人からユノヒョンをだけど..俺の目の前にあの時の彼女「あの...チャンミンさ [続きを読む]
  • I Love ユノヒョン 7
  • あれから毎日僕はユノヒョンと一緒に帰るようになった同じ方角っていうのもあると思うけど.,,今日も待ってたら...今日はたくさんの人に囲まれていたユノヒョン「チャンミン!今日は俺たちも一緒でいい?」この間僕にデートしようって言ったドンへさんがそう聞いてきた他にも何人もユノヒョンを囲ってる「あ、はい...」「ごめんなチャンミン」ユノヒョンが謝るけど僕は大丈夫ですって言ったけど....これは....いずらい..仲良くない [続きを読む]
  • それでも好きだから 13
  • Csideドンへヒョンに聞き出した住所へタクシーを飛ばしたどり着いたマンション入り口はオートロック立ち往生してたら運良くマンションを出てくる人慌てて中へ必死に走って駆け上がり、探し出すユノヒョンの部屋をやっと辿りついた思わず玄関えお手にしたら開いてしまうユノヒョン!!そう声を出そうとしたときうっすら開いてた隙間からユノヒョンと男が見える男が...ユノヒョンの胸に顔を埋めている舌が見えて胸の飾りを舐めてる吸 [続きを読む]
  • I Love ユノヒョン6
  • 部活が終わって帰ろうと思ったけど..ユノヒョン一緒に帰るって言ってたから..待ってたほうがいいかな一応サッカー部の方へ「テニスの一年?」あ...ユノヒョンと仲良しな人だ...ドンへさん「はい」「昨日大丈夫だった?」「え?」「当てたの俺」え!?そうなんだ!?当たった時にはもう倒れちゃって見てなかった「ごめんね?」「いえ!!僕がよそ見してたので!」「俺が当てたから、俺がついてるって言ったんだけど、ユノヒョン聞か [続きを読む]
  • それでも好きだから 12
  • Yside合コン行かないかって誘われて恋人いるからって断った会社の合コンドンへには恋人いたの!?って驚かれたでも、突き止められはしなかったモテるもんなーで終わり紹介してって言われても困るからホッとしたんだけど今日もチャンミンと帰ろうと思ったらドンへ達と合コンへ行ったと聞かされたまあ...付き合い..だよな?そう思って、冷静になろうとしたんだけど「チャンミンお持ち帰りした子も来るんだって」ドンへとヒョクチェの [続きを読む]
  • I Love ユノヒョン 5
  • 僕が泣き止んでユノヒョンと並んで学校へ「ちょっと目が赤くなっちゃったな?」「あ、そうですか?目立ちます?」「少し?」泣いちゃったらしょうがないか今までなら前を歩くユノヒョンを見ていたのに...隣を歩いているなんて//信じられない幸せに浸ってたら「チャンミン!!」え?後ろからの声に振り向くとキュヒョンがいたそういえば.,毎朝一緒に登校してたんだった「誰?」「あ、同じクラスのキュヒョンです!」「ユノさん..で [続きを読む]
  • それでも好きだから 11
  • Cside数ヶ月後俺たちはほとんど同棲状態俺の家に連れ帰ってしまうから着替えなんか荷物はみんなうちにおいてある帰りも行くときも食事も一緒たまにお互いの友達と遊んだりいやそういうのは割と多いユノヒョンは大勢と俺は決まった仲間とよく会うから会わない日なんかも出てきたそれでも信頼しあって良い関係が続いていた2人ともそれに慣れて俺は気を抜いたんだ合コンに誘われてキュヒョンが恋人欲しいって言ってキュヒョンにはカミ [続きを読む]
  • おかえり!ユノ
  • 王の帰還ユノが帰ってきましたね。二年間、いない間彼の考えが変わることや彼の東方神起への想いとかファンへの想いとか一切疑うことなく彼の兵役生活も声を揃えてユノのことを褒めるこんな人、ほんといないよねユノは、信じられるそしてユノが信じているチャンミンも信じられるチャンミンのファンではあるけどユノってチャンミンのファンごと全部包み込んでくれる感覚帰ってきたんだなぁ体型も整えて素敵なモンスターになったユノ [続きを読む]
  • ユノおかえり記念
  • 「じゃあ俺ら帰るわー。ユノとチャンミンはどうする?俺車だし送るけど」「あ、ユノヒョンまだ話したいことあるんで僕の家でもいいです?」「ああ、いいよ」ボーリングの後特に予定はなかった俺はチャンミンに言われて2人でチャンミンの家へ今後の話を最近は会えば必ずするから今回もその件だと思ってたんだけど...「ヒョンっ!」玄関入るなり、ぼすっと俺に体重預けて抱きついて着た「どうした?」抱きついて着たチャンミンを軽く [続きを読む]
  • I Love ユノヒョン 4
  • あ...ユノヒョン乗ってきた..いつもと同じ時間同じ車両でドキドキいつも遠くから見てるから今日も同じように遠くからながめてたキョロキョロしてるユノヒョン彼女さん探してるのかな?今日もいないのかな?僕もキョロキョロ周り見るけど見当たらないなぁ混んでるし..見えないかな?あ..こっち向いた軽く手をあげてる僕の後ろの方にいるのかないいなぁ彼女さんさりげなく挨拶とか..自分だけに挨拶してくれるとか...羨ましいなぁはぁ [続きを読む]
  • それでも好きだから 10
  • R18苦手な方は読まないでね★Cside「........っ........ぅ」普通は受け入れる場所ではない場所で僕を受け止めてくれるユノヒョン声を押し殺して感じる姿俺を受け止めながら顔を腕で隠してこれはこれでクるんだけど「ユノヒョン...声、聞かせて...顔みたい」「.........いやだっ」無理やり剥がしてもいいんだけどそうはしたくなかった「なんで?」恥ずかしいだけじゃないですよね?「.............」無言なユノに愛してると想いが伝 [続きを読む]
  • I Love ユノヒョン 3
  • 「思わず舐めちゃった、ごめんな?」「いえいえいえ!」全然っ!!むしろ嬉しいです!!その指を持ってきてくれた手拭きで拭いてくれる「あー、食った食った。ってチャンミンゆっくり食べていいよ?」「ふぁい」口いっぱいに頬張って早く食べなきゃユノヒョン待たせられないし「口大きいなぁ...」ま...マジマジ見ないで///「すぐ赤くなるよなぁ」み...耳触らないで///お..落ち着かない//一生分の幸せ使い果たしてるかも「ごちそう [続きを読む]
  • それでも好きだから 9
  • R18苦手な方は読まないでください★Ysideやっぱ、性格的に無理だって思ったこれだけ好きだって表現してくれて俺だって好きなのに言わないなんてフェアじゃないまた..捨てられるかもしれない痛い目にあうかもしれないでも...信じてみたいと思った。もし、女がいいって別れることになったとしても今、お互いをすきなんだから今の気持ちを大事にしたい恐れるのはやめようチャンミンのキスは暖かい...唇を薄くひらけば舌が挿しこまれる [続きを読む]
  • I Love ユノヒョン 2
  • 「う......」頭.....痛い...目が覚めたら頭にズキズキと痛みが目を開けると....?「おい...大丈夫か?」「え!?」「ばか!起きあがんな!!」先輩の顔が覗き込んでいてびっくりして起き上がろうとしたら先輩が僕の肩を抑えた「頭打ったんだから、イキナリ起き上がっちゃダメだろ」あ.....さ、触られた///「...はい」うわ...遠くからいつも見ている..先輩だぁ.........僕、天国かな?ここ...「...大丈夫か?」あ、思わず見惚れてた [続きを読む]
  • それでも好きだから 8
  • Cside食事を終えて片付けも終えてユノヒョンとまったりとした時間「今お風呂にお湯はってますから」その間俺はユノヒョンをバックハグ状態離したくなくて「うん.......な...ぁ」「はい?」「やっぱ...女がいいってならなかったの?」「え?」「だって、チャンミンノンケだし。女の子の身体がいいんじゃないの?」聞いてなかったのか?告白したよな?しかも一度じゃないぞ「ユノヒョンが好きだって言いましたよね?」そりゃ女の子の [続きを読む]
  • I Love ユノヒョン 1
  • いらっしゃいませを読んでから読んでください。ホミン パロ★はぁ///今日もかっこいいなぁユノヒョン僕よりだいぶ前を歩くユノヒョン僕の憧れで大好きな先輩入学式の次の日、僕のそばにいた女の子が痴漢に遭っていた助けてあげようとしたけど大声出すわけにいかない恥ずかしいかな?女の子が..なんて考えてその男の足を踏もうとしたら...「あんた何してんの?」そう、先輩が助けていた女の子は泣きそうな顔だったんだけどおいでっ [続きを読む]