ぎっしゃ さん プロフィール

  •  
ぎっしゃさん: 手歯止め使用中
ハンドル名ぎっしゃ さん
ブログタイトル手歯止め使用中
ブログURLhttp://gissha.blog.fc2.com/
サイト紹介文Nゲージレイアウトを作成しようとする人への我流のアドバイスや技術資料などを掲載しています。
自由文子どもが生まれたのを機に、鉄道模型の世界に出戻りしたアラフォー男が、レイアウト作成を初めようとする人への余計なお節介ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/08/30 14:23

ぎっしゃ さんのブログ記事

  • その6 夜景をやるかやらないか決める
  • その6です。線形配置が決まり、ボードの素材も吟味して、高さも決まっていよいよ作成開始です。線路の固定方法は別記事を見てもらうとして、この先のレイアウトの作業で、重要になってくるのは地形の作成とストラクチャです。建物全てに明かりのともった夜景のレイアウトってきれいですよね。今回は夜景について、各社ストラクチャの特性も交えながら考えてみましょう。◆なぜレイアウトを作る前に夜景をやるか決めるのか? 結論 [続きを読む]
  • 夜景 前面展望 撮影法
  • 夜景の前面展望撮影について、ぎっしゃの方法をご紹介します。夜景撮影には前照灯を装備します。いつもの昼間撮影用のコキは集電機能がないので、中古で安かった24系客車を床板と台車のみ使用して、車両後部にブリッジダイオードと定電流ダイオードを実装しました。前照灯として2mm×2.5mmのチップLEDを2こ取り付けています。色は白色なので、車両の雰囲気に合わせてセロファンで調色します。視点高さは、コキ100系より少し高くな [続きを読む]
  • 前面展望撮影手法【昼間】
  • ぎっしゃが行っている前面展望撮影についてご紹介します。今回は特に昼間の撮影についてです。◆カメラの進化についてかつては、Nゲージに搭載できる無線カメラは「TC-9 トレインスコープ」のみでした。このカメラは非常に小型で、無線伝送回路も内蔵されているため車両の小さなNゲージにはもってこいの製品でした。しかし発売当時としても30万画素と解像度が低く、そのうえ感度も低めだったため、室内の蛍光灯照明下では充分なコ [続きを読む]
  • 線路はどっちがいいか
  • どこの会社の線路を使うか? これについてはもう答えが出てしまっている人が大半だと思います。そう、初めて使ったレールがどちらかで、その後もほとんどその会社の線路を使うからです。では、あなたが使っているその線路、もう1社と比べてメリットとデメリットがあるのを知っていますか?それを見ていきましょう。比べるのは、KATOユニトラック、KATOフレキシブル、tomixファイントラック、PECOフレキシブルです。KATOのメリット [続きを読む]
  • バラストの選び方
  • バラストについて考えてみます。まずはメモ書きをご覧下さい。実際の写真を見てみましょう。下の写真はKATOの細粒バラストです。後のものと比較すると最も大きさは合っているように見えます。少し角が少なくて丸っこい形です。下は写真はTOMIXのバラストです。粒が大きいことが分かると思います。また画面中央部に「キラッと光る粒子」がちょうど見えています。色は各種出ていますが、どれも大きさはこれです。下の写真は小動物用 [続きを読む]
  • その5 レイアウトボードの素材について
  • 視点と大きさが決まったら、その5はレイアウトボードの素材を考えてみましょう。それぞれのパターンとコスト、メリット、デメリットを考えてみましょう。①既製品のレイアウトボードレイアウトを作る天板は厚さ5mmのシナベニヤです。裏打ちは30mm角の木材がボンドで貼られています。ゴム足が付属しています。コストはかなり高くなりますが、既製品なので何枚合わせてもぴったり合います。意外にも、反りが発生します。最大で600×9 [続きを読む]
  • その4 レイアウトの大きさと設置高さについて
  • その4です。今回はレイアウトの大きさと設置する高さ(視点)について考えてみましょう。その3までの段階で家族の理解も得られ、いよいよ具体的な計画と作成に入る段階です。線形配置などを考えて一番楽しい時間かもしれませんが、「ちょっと待った」です。つぎの3枚の写真を見てください。視点1:床に置いた場合 床上高3cm(を想定した写真)視点2:いわゆる机の高さ 床上高75cm視点3:目の高さ 床上高120cm(を想定した写真) [続きを読む]
  • バラストの撒き方
  • ぎっしゃ流のバラストの撒き方を紹介します。まずは動画をご覧下さい。【Nゲージ】バラストの撒き方 この動画は2010年に作成しアップした物です。いろいろな方の方法を参考にして、自分なりに工夫して納得のいく手順にしました。バラストを撒く際には、紙コップや動画のような調味料ボトルに入れておくと便利です。よく雑誌などにはスプーンで撒くと書いてありますが、それだと長い距離作業するのはとても骨が折れます。また、動画 [続きを読む]
  • フレキシブルレールの敷き方
  • ぎっしゃがレイアウト作成時に行ったフレキシブルレールの敷き方を紹介します。使った製品はKATOのフレキシブルレールと同じくKATOのコルク道床です。材料・道具など・KATO フレキシブルレール・KATO コルク道床・木工ボンド(通常はこのボンド)・Gクリア(すぐにバラストを撒きたいなど、急ぎの時)・虫ピン・たこ糸・ニッパー・リューター(100均で売っている安物でok、先端ビットも100均製)・フレキシブルレール用ジョイナ [続きを読む]
  • その3 レイアウトのコンセプトを設定しよう
  • 今回のキーワードは線路密度です。あなたは、走らせる派ですか?車両収集派ですか?景色造る派ですか?「電車が好き」な人は、おそらく走らせる派や車両収集派だと思います。「線路が好き」な人のかなりの割合は、鉄道のある「情景」が好きな人だと思います。どちらも優劣はありません。そしてどちらも正解です。ただ、レイアウト作成には、最初にある程度コンセプトを決めた方が良いでしょう。なぜなら、どのくらいの工期が必要か [続きを読む]
  • その2 展示台を作ってみて技術の獲得をしよう
  • 次に、「展示台」を作ってみましょう。1.100円均一に行って陳列ケースを買ってくる(段付きでも平面でも可)【例:下写真コレクションケース アーチ深型400】2.適当なレールをボンドGクリアで接着3.バラストを撒く4.コースターフなどで線路沿いの緑化を行う ※多少景色を作りたいなら単線、線路で埋め尽くすなら最大4線まで敷ける ※Gクリアなら乾燥を待たずにバラスト撒きが可能多くの人は、この段階である程度「レイアウト [続きを読む]
  • その1 レアウトが本当に必要か
  • 鉄道模型を始めて少しすると、レイアウトが欲しくなることがあります。レイアウトが欲しくなったとき、これを読んでよく考えてください。雑誌や模型会社のwebページは、スポンサーとのしがらみがあるので、ホンネは書かずに、ぜひレイアウトを作りましょうという論調です。いくつかのレイアウトを作ってきて感じた素直な意見を率直に書きます。あなたは、①車両収集派ですか?②おもしろそうな車両が発売されると、買いたくなりま [続きを読む]
  • ブログの方向性を修正中です
  • 鉄道以外の工作や、細かい作業の報告などが増えてきたので、ブログの方向性を修正するためにカテゴリーと記事の精選を行っています。今後の方向性の予定は、①レイアウト作成を始めようとする人向けの情報②模型撮影をしようとするする人向けの情報③ウェザリングその他技術の情報以上を自己流(←これ重要!)で紹介したいと考えています。また、①から③の結果を④撮影した結果の報告として、写真はブログで、動画はyoutubeで公 [続きを読む]
  • ラジコン戦艦武蔵 試験航行
  • 近所のため池でラジコン戦艦武蔵の試験航行を行いました。水深が浅くて藻や水草が多くて、推進軸に絡まって一時は航行不能に陥りましたが、10分ほどの試験航行でクセをある程度つかめました。やはり実物に忠実な4軸をあきらめ、舵の直前に推進軸を設置、1軸推進としたのが正解で、舵の効きは問題ありませんでした。ラジコンの船は簡単な2chなので、3歳児でも操作できます。息子は普段はRCカーを操作しているので、この程度のラジコ [続きを読む]
  • GMストラクチャーキット2136商店セット 作成
  • GMのストラクチャーキット2136商店セットです。一昨年の再生産時に買って死蔵していた物を、重い腰を上げて作成しました。中身は当時の模型仲間に3軒分あげてしまったので、残り3軒分だけです。まずはラーメン店を造ってみました。でもシャッターが降りている休業日の設定です。このキット、家の裏側はどれもほとんど同じになります。昭和の時代に流行ったいわゆる「看板建築」をさらに簡略化した感じの建物です。ひさしや窓枠など [続きを読む]
  • 29文化祭レイアウト作成開始
  • 29年度の文化祭に向けてレイアウトを新規作成することにしました。未成年6人とおっさん2人の計8人で担当箇所を決めてそれぞれ作業します。サイズはなんと900×3600で、畳を縦に2枚分です。軽さと持ち運びを考えて3cm厚のスタイロフォームをそのままベースとして使用します。費用はすべて私持ち(泣)。こんな趣味性の強すぎるものに補助金はでません!最終的には持ち帰るつもりで各方面からいろいろ文句を言われたくないので、線路 [続きを読む]
  • GM 保線区車両を作りました【垂れた錆の表現に挑戦】
  • ほぼ素組です。塗装済みで400円のキット製品です。各所に色入れを行って、さらにウェザリングを施しました。なんにも芸がないですが、説明書通りに組んで、作業用のトロッコやクレーン車両もキットの色のままです。今回、ウェザリングに一工夫して、錆びた箇所からの赤さびの流れた跡を表現してみました。蓋の裏にくっついている濃いめの塗料の塊を筆で置き、薄め液を付けた別の筆で流れの方向に数回なでて垂れた跡を表現しました [続きを読む]
  • 【ネタ】庭園鉄道にATSを取り付けました
  • 事故調査委員の報告によって監督省庁からATSの取り付けを課されたため、急遽、新型のATS-TBを開発してコントローラーに実装しました。ATS-TBのTBは、Tsukkae-Bou(つっかえ棒)の略称です。マスコンはノッチ半分以上回せません。これでオーバースピードでの運転ができなくなり、安全性が飛躍的に向上しました。車体にもATSの表記を付けて、工事終了です。 [続きを読む]
  • 庭園鉄道初の脱線転覆事故発生
  •  庭園鉄道で初めての脱線転覆事故が発生。 すぐさま航空鉄道事故調査委員の調査が入り、曲線区間での速度超過と、乗客の片側荷重が原因との結果でした。幸い乗客と乗務員は軽い怪我で済みました。脱線箇所の枕木がずれていました。 機関車パーシーの惨状です。台車や走向機構は無傷でしたが、ボディーは段ボール製のため崩れてきたバッテリーの重さに耐えかねてかなりの損壊だったため、同日付けで廃車となりました。 客車の台 [続きを読む]
  • 【ウソ電作り】 機関車編 その2
  • オリエントエクスプレス専用牽引機E851です。こちらは通常塗装の車両。後続のオリエントエクスプレスに合わせた位置に金ラインが入っています。西武E851独特の丸窓が、まるでオリエントエクスプレスに合わせたかのようなしつらえになりました。一方こちらはプルマン車を模した塗装としました。丸窓の金縁取りは目立ちませんが、サイドビューは特徴ある塗り分けとなりました。後術的なことを書くと、塗色はタミヤアクリルのロイヤル [続きを読む]