前村よしあき さん プロフィール

  •  
前村よしあきさん: MaemuLab.log|人と仕事を見直し、自然を感じ生きよう
ハンドル名前村よしあき さん
ブログタイトルMaemuLab.log|人と仕事を見直し、自然を感じ生きよう
ブログURLhttp://blog.mysyaroushi.com
サイト紹介文鹿児島の社会保険労務士、前村よしあきのブログ。独自の情報提供が中心。 山歩き等のWLBも実践中。
自由文「人と仕事を見直し、自然を感じ生きよう」をテーマに、情報提供+草の根ブロガー?として更新しています。タイトルは、「前村の研究ブログ、 そして社労士・前村ひと・しごと研究所のブログ」という両方の意味・・・。
各種のトピックを独自にまとめて発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/08/30 19:29

前村よしあき さんのブログ記事

  • 「大きな話し」と「小さな自分」、そのバランスを保つこと。
  • 世間の耳目を集める時事ネタ等は、ある意味で話題にしやすいもの・・・自らの小ささ(笑)はさておいて、そうした大きな話しをすることについての考えをまとめます。大きな偉業に由来する薩摩藩英国留学生記念館にてブログで時事ネタをメインに取り上げない理由個人ブログの書き方・内容は基本的には自由で、常識の範囲(?)であれば制限は無いはずです。とは言え、以前ブログ講座で学んだのですが、いわゆる時事ネタ・ニュースネ [続きを読む]
  • 【初心者向】労災保険手続、最初の一歩はどうする?
  • ベーシックな労務関係手続から、労災保険の実務対応について取り上げます。社労士の中でも専門性が強い業務ですが、企業担当者等を含む初心者に向けて簡単にまとめます。※イメージです。(球泉洞内の見学コースにて)「労災」の事実確認と初めの一歩労働災害発生時にどうしたら良いかですが、知識等が無い場合は多少慌てるかもしれません・・。経験的には、次のような最初の対応が考えられます(※重大災害を除く)。〔最初の対応 [続きを読む]
  • 「世の中」と「自分」が重なるところを目指すこと
  • 最近、世の中的には堰を切ったように人事労務関連の話題が増えています。先日のプレミアム・・・はじめ、過労自殺問題、労働時間規制など、「働き方改革」とも言われるこの流れを、自らの方向性との関係で考えてみました。人事労務がクローズアップされる時代に…先日、熊本で「働き方改革」に関する研修を受けてきました。審議会のメンバーに入っている東大の水町勇一郎先生が講師だったこともあり、臨場感あるタイムリーな研修だ [続きを読む]
  • 労働社会保険の電子申請をスムーズに始めるポイント
  • 労働社会保険手続の電子申請率は他に比べ伸び悩んでいましたが、ここ最近は徐々に上昇し始めています。そんな電子申請の取り組みから、e-Govサイトで始める際のポイントについてまとめます。忍耐と根気?…「習うより慣れろ」労働社会保険関係の電子申請は、ようやく(…例えば税分野などに比べて)本格定な普及を始めています。私自身、一昨年から業界の推進担当となったのが始めた理由ですが、一言で言って忍耐と根気は必要と言 [続きを読む]
  • 現実に足を着け世界を見る?スズキを支持する理由
  • 今回は地方では欠かせない交通インフラでもある、クルマに関係した話題を・・。もっとも、そうした地方の事情にも気づかされる、ビジネス上のスタンスとしてまとめたいと思います。自動車メーカーの戦略から考えるポジションづくり世界的に一大産業である車メーカーですが、その戦略は傍目にも難しそうです。最近はメーカーの合従連衡も進みましたが、「自動車産業はリスキーなビジネス」とも言われます。(投資額の割に商品の当た [続きを読む]
  • 熊本県奥球磨の中心、湯前町(ゆのまえまち)小探訪
  • 昨年秋に仕事のついでに訪れた、熊本県球磨郡湯前町を小探訪した記録です。以前、宮崎県西米良村を記事にしましたが、今回はそのドライブの後半部分になります。奥球磨の中心に位置する湯前町(ゆのまえまち)とは?以前に西米良村の記事で触れた通り、熊本県球磨郡湯前町はいわゆる奥球磨(おくくま)と呼ばれる地域のちょうど中心に位置します。実質的に球磨地域全体の中心となる人吉市からは、車で45分程の距離ですね・・。字の [続きを読む]
  • 社会保険の電子媒体届出の概要(賞与支払届の例)
  • 社会保険の手続きでは、従来からデータをCD等に書き込んで届出することができます。電子申請に主役が移りつつありますが、その準備の意味でもCD媒体届出の概要をまとめます。被保険者データの格納方法(作成ソフト)「電子媒体」とは、ようするにCD−R(CD−RW)のことを指すと思えばいいでしょう。そこに対応ソフトで所定形式のデータを書き込むことで、届出の電子化を図る方法と言えます。対応ソフトには、日本年金機構の [続きを読む]
  • ブログで「個人」をどこまで出すか?その理由と努力についてあえて…
  • ブログをするようになると最初に気になるのは、個人をどこまで出すかということでしょう・・。匿名にしてしまう例外はともかく、今回はあえてこのことについてまとめます。「ビジネスブログ」の始め方は?私自身がブログを始めたのは一応前身のアメブロからとしていますが、実はそれ以前に匿名の個人ブログを持っていました。その助走期間があったため、ブログのツール自体には抵抗感は無かったはずです。しかし、個人をどこまで出 [続きを読む]
  • ブログをさらに充実させるための3つの取り組み
  • ここ半年ほど、(記事内で宣言したこともあって)当ブログもなんとか週1回程度の更新を続けてきました。同時にアクセス数や内容面など、今後も充実を図っていく方針を年初らしくまとめます。ブログの更新状況と今後について最近の当ブログ(半年ほど)を振り返ると、1ヵ月に4〜5回の投稿をしています。おおよそ、1週間に1回程度の更新ペースになります…。昨年8月の記事で週1、2回以上の更新を宣言していたので、ギリギリ達成か [続きを読む]
  • 行って良かった九州南部のスポット10【2016版】
  • 年が明けて2017年になりましたが、昨年に続いて1年間に訪れたスポットのランキングです。今年もがんばって、九州南部から10ヵ所をランキングにしてまとめました。今年のスポットの前提は?今年の紹介スポットも、もちろん自ら足を運んだ場所ばかりです。観光やドライブに出かけた回数は少なかったのですが、なんとか10ヵ所をピックアップできました。紹介はランキング形式をとっていますが、あまり工夫はなくて1位からそのまま始 [続きを読む]
  • 同世代の星?独立のあり方を「麺匠樹凜」で考える
  • 旧知の同世代の経営者にはいろいろと刺激を受けることが多いです。2年ほど前にオープンした「麺匠樹凜」もその一つで、そこから同世代の独立について考えたことをまとめます。あえて同世代にこだわってみる…以前はそれほどでもなかったのですが、最近は年齢・年代を感じるときが増えました。(ブログでも、つい愚痴を書いている時があります…)そんなときは、同世代の星?とでもいうべき経営者たちの頑張りに刺激を受けることも [続きを読む]
  • 「自己愛」に基づく仕事や働き方は問題なのか?
  • 「自己愛」はなかなか深い言葉ですが、捉え方で仕事や働き方に影響しますね・・。ある新聞コラムにこの「自己愛」について印象深い話しがあり、そこから考えたことを初心者向けにまとめてみます。人が生きる上で基本となる「自己愛」経済の利益追求主義の問題点を語る時に、「強欲資本主義」という言葉が使われます。詳しくは触れませんが、どうしても人間の「欲」に対しての印象は悪くなりがちですね・・。「自己愛」も似たような [続きを読む]
  • 奥球磨〜西米良の県境ルートはなかなかのドライブロード。
  • 今年の10月初め、仕事のついでに久しぶり県境越えのドライブをしてみました。年末の振り返りにもなるかと思い、初めて奥球磨から西米良までのルートを体験したレポートとしてまとめます。奥球磨とは…?起点は中心の湯前町(ゆのまえまち)から「奥球磨」とは、熊本県の人吉球磨地域の一番奥にある三町村(地図のマーカー部分下から、多良木町・湯前町・水上村)を表すことになります。地図上では同地域の東側の一帯ですね。今回い [続きを読む]
  • 人手不足時代の労務管理の取り組み5つのポイント
  • 先日は所属会の働きやすい職場に関する公開イベントに参加し、少々手伝ってもきました。内容は人手不足時代の労務管理についてと言え、当日の項目等を参考に自分なりにまとめます。人手不足時代の課題と「働きやすい職場」とは?最近、「働きやすい職場」というキーワードが社労士業界でもさかんに使われます。本来は「働きやすい」かどうかは人それぞれのはずですが、少なくとも働きにくい?職場は望まれていないという裏返しでし [続きを読む]
  • これからの働き方3つの視点、時間・独立・地方。
  • 「働き方」について取り上げられることが増えていますが、時代の変わり目ということと無関係ではないのかもしれません。国の進める施策と言う側面も大きいですが、個人の視点として独自に考えてみました。個人に引き寄せた「働き方」改革社労士業界でも、国の進める「働き方改革」の取り組みが話題になっています。賃金、労働時間、休日・休暇、そしてワークライフ・バランスなど、人事労務の中心的部分で大幅な見直し等が進むでし [続きを読む]
  • 紅葉を楽しみにえびの高原〜大浪池ルートを試す
  • 今月始めに、同業者の同好会として紅葉を見に行ってきた霧島の大浪池(おおなみのいけ)。今回はえびの高原からの直行ルートで大浪池を一周しましたので、その様子のレポートです。えびの高原〜大浪池ルートを歩く以前に団体登山で歩いたことのあるこのルートですが、今回は逆方向から登ることになりました。理由は、集合場所をえびの高原に一本化していた(二手に分かれる算段だった)から・・・一つのグループはそのまま通常のル [続きを読む]
  • 「Black or White」、これから企業の向かう方向は?
  • これからの企業が「ブラックからホワイトへ」というトレンドになるかまだ何とも言えませんが、分かりやすい対比としてこの2つは象徴的です。これからの企業と言うと大きくなり過ぎますが、個人的余興として考えたことをまとめます。そもそも「ブラック」な企業とは?ブラック企業という言葉が大きくクローズアップされ出したのは、おそらく数年ぐらい前からだと思います。言葉自体は以前からあったようですが、新卒就職などで「若 [続きを読む]
  • 年次有給休暇の取得を促進する3つのステップ
  • 年次有給休暇は古くて新しい基本的な労務関係の知識です。今回は初めて、または改めて年次有給休暇の取得促進を考える担当者向けにまとめます。年次有給休暇制度の理解と周知これまで積極的に年休制度に取り組んでいない場合は、正確な制度の理解と周知が必要でしょう。「理解」は、主に事業所側(経営者・担当者等)、「周知」の方は全従業員が対象となります。ここで最初のハードルが立ち塞がる?かもしれませんが、なんとか乗り [続きを読む]
  • 2017年もトラベラーズノート月間ダイアリーを継続
  • ブログを書いていると分かりますが、手帳ネタは比較的安定して読まれているネタです。当ブログも例外ではないですが、今年も(来年の)新しい手帳を買った話題をまとめます。今年も買ったトラベラーズのリフィルダイアリー毎年の恒例とは言え、来年度の手帳選択の時期となりました。私自身はここ数年比較的落ち着いていて、同じダイアリーを購入しつつ必要最小限の変更(カバー等)に留めています。ということで、10月末に、引き [続きを読む]
  • 鹿児島の人材育成、その歴史3聖地を巡礼しよう。
  • 地元自慢的にはなりますが、少なくとも明治維新前後の人材輩出度は伝説的とも言える鹿児島…。今回はそうした歴史上の聖地を訪れ、人材育成の話題としてまとめます。市内城山町にある有名な西郷隆盛像幕末から明治維新のレジェンド、薩摩藩と西郷隆盛鹿児島を本拠とした旧薩摩藩は、幕末の雄藩として長州藩などと共に明治維新を成し遂げた立役者です。明治の新政府でも薩長閥と言われ、力を持ち続けたのもある意味当然でしょう・・ [続きを読む]
  • 初心者でもわかる、退職・解雇・懲戒解雇の違い。
  • 労働分野で一番トラブルになることの多いトピックですが、労働者の退職に関してあいまいになりがちな言葉の区分についてまとめてみます。分かったようで分からない雇用終了の形態一般に雇用を終了する際に「退職」や「解雇」という言葉はよく耳にしますし、専門家に限らず広く使われている言葉です。しかし、いったん労使紛争等のトラブルになった場合には、この2つによる区分だけで単純に割り切れないことや、当事者の誤解も多い [続きを読む]
  • 「そこはかとない嫌悪感」、その原因は内なる自分?
  • 以前から興味を持ってきた心理関係の学びですが、一番に役立つのは怒りのコントロールではないかと思います。「怒りの連鎖」という問題意識もあり、この話題について簡単にまとめてみます。相手や対象への怒り・批判・攻撃等の衝動を感じるとき世の中にはいろんな人が居ますし、いろんなできごとやモノに出くわして怒りを感じるときがあります・・。そのいちいちに反応していては身が持ちませんが、中には反応せざるを得ないことも [続きを読む]
  • 「たった一人から始めること」をあきらめないこと。
  • 現実に引きずられ過ぎていると、理想はいつの間にか見えなくなります。社労士の仕事もそうした面が強いですが、人それぞれ自分のビジョンやミッションを忘れないようしたいものです・・・今回はそうした「初心」などの話題です。久しぶりに「初心」を意識した話題専門雑誌系(WEB労政時報)のとあるコラムのエピソードを読みました。Insight Report | HUMAN VALUE「変革は一人から始められる〜10歳の少女から学ぶこと〜」http: [続きを読む]
  • 間違いだらけの(仕事の)カレンダー選び2017
  • タイトルの「間違いだらけ…」はリスペクトする徳大寺さんがオリジナルですが、今回は「カレンダー選び」と組み合わせて使ってみました。カレンダーも組み合わせが大事かもしれません・・・いろんなパターンのカレンダー毎年この時期になると翌年のカレンダーを選びが始まります。ちょっと前に取りあげた手帳に次ぐ年中行事という感じでしょうか・・・まぁ普通に家に飾るカレンダーでしたらある物で十分ですが、仕事で使うカレンダ [続きを読む]
  • 「人生は長いか、短いか?」を考えるヒント
  • 時代の変化や災害など価値観が揺らぐような出来事も多いですが、自分と他人の価値観を理解することは大事です。そして、どのような価値観で生きて行けば、人生を楽しく過ごせるのでしょうか・・?そのヒントについてまとめます。人生についての価値観をどう持つかいろんな考え方があることを前提に、人生についてどのような価値観を持つかは難しい問題です。ここでは、大きく安定志向型と波乱万丈型に分けたいと思います。個人的に [続きを読む]