ぐーぐー さん プロフィール

  •  
ぐーぐーさん: BLUE  MAZE
ハンドル名ぐーぐー さん
ブログタイトルBLUE MAZE
ブログURLhttp://bluelovelyroom.blog.fc2.com/
サイト紹介文CNくん…ミニョクくんをメインで、びーえる風味な妄想中〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2015/09/01 07:47

ぐーぐー さんのブログ記事

  • 邪魔
  • やっぱり、なんだこれ?な、よんみにょ-------------------------------------------------------------「ひょん…邪魔」なにっ?!いま、「邪魔」っつった?お、俺のミニョクが…素直で従順で可愛い俺のミニョクが、俺のこと、俺のこと、俺のことをっ!「邪魔」っつった?嘘だろ?俺のミニョクはそんなこと言わないよな?俺が聞き間違えただけだよな?悲しい気持ちになって、リビングのソファーに腰かけたまま、目の前に立ってい [続きを読む]
  • 待てっ!
  • なんだこれ?な、よんみにょ-------------------------------------------------------------「…ん、ひょん…」揺り動かされて重たい目蓋を押し上げると、ミニョクが俺の顔をのぞきこんでいた。「ミニョ…」俺の身体を揺り動かしていたであろう、その手を掴んで引き寄せようとしたのに、寝起きで力が入らない。あっさりと離れていった。「僕、もういくよ」「…どこに?」ぼんやりとした頭で見上げると、ミニョクがもうっと眉間に [続きを読む]
  • 記憶
  • ごめんなさい。おちゃにごし、そして、暗めなまんねず-------------------------------------------------------------目を閉じると、耳元でミニョクの声が聴こえてくるようだった。『…ジョンシナ…』しがみつくようにして俺の頭をかき抱くミニョクの熱を帯びた声が、吐息とともに耳元をくすぐる。それだけで身体が熱くなる、あの感覚が甦る。その生々しく甘美な記憶が、俺に目を開くなと告げる。目蓋をあげれば…。一人でベッド [続きを読む]
  • 家出
  • あーなんだろう、なんだろう、これ(>_なんだか、ごめんなさいな、ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------忙しかったカムバ期間を終えて、わずかながらオフをもらった。とはいえ。日本でのツアー、それとは別に自国を皮切りにアジア何ヵ所かでのライブもある。合同のライブイベントじゃなくって、僕らだけのフルサイズでのライブだ。ヒョニひょんは演技の仕事も控えている。またすぐに忙しくな [続きを読む]
  • いま、どこに…
  • よんみにょ…19日にupさせていただいたひとりぼっちの景色、の裏側的な?-------------------------------------------------------------急に約束を反故にしたのに、ミニョクはにこりと笑ってみせた。― もっと一緒にいたい。そう言いたげに、泣きそうな顔をするくせに。― 新しい曲のイメージが浮かんだから。その一言で、ミニョクは言いたいことを全部飲み込んでしまう。約束を破ったのは俺の方なのに、ミニョクはなに一つ悪 [続きを読む]
  • 扉の先
  • ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------「おい、俺のこともかまえ」 言われて我に返った。見上げると、ヒョニひょんがむっとした顔で僕を見下ろしていた。「あ…」つい。ルーが僕を歓迎してくれるもんだから、つい。本当に、つい。ひょんの存在を忘れていました…。「もう終いや」ルーの身体が僕の目に浮かんで…ヒョニひょんが抱き上げたからなんだけども。「邪魔すんなよ」ルーをリビングの [続きを読む]
  • ひとりぼっちの景色
  • じょんしな→-------------------------------------------------------------眼下に広がる夜景に、たまらず溜め息をついた。きらきらと広がる街の灯りは本当に綺麗だ。ひとつひとつの灯りには、きっと、それぞれに普通の人達の、普通の日常があるだけなんだろうけれど、こうやって俯瞰して見るとデコレーションされた飾りのように輝いて見える。そんな夜景をこんな風に贅沢に見下ろせるこのレストランは、当然のように人気スポッ [続きを読む]
  • あいつのペース
  • まんねず-------------------------------------------------------------仕事して、練習して、それから。ジョンシナの…正確にいうと、ジョンシンとお兄さんのスタジオに立ち寄る。ジョンシナん家から近いっちゃ、近いけれど。それでもいざとなったら泊まりこめるように、奥にこじんまりとだけれど居住スペースも設けてある。僕も家族と暮らすようになって、前ほど気楽にジョンシナと会えなくはなったけれど、時々、こうしてここ [続きを読む]
  • 支配
  • ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------冷蔵庫から缶ビールを1本取ってプルタブを引く。思っていた以上に喉が渇いていたらしい。その場で半分ほど一気にあけてから寝室に戻ろうとして、もう一度冷蔵庫をあけて缶ビールに手をのばし、思い直してミネラルウォーターのペットボトルを手に寝室に戻った。ミニョクはまだ眠っていて、いつ目を覚ますかわからんが、でも俺以上に喉が渇いているだろ [続きを読む]
  • domination
  • よんみにょ-------------------------------------------------------------組み敷いたミニョクの唇に指で触れる。もう何度も肌を合わせてきた。初めての頃は戸惑うような顔をしていたミニョクだったが、さすがにこの先のことは想像がつくようで、恥ずかしそうに赤らめた顔で俺を見上げている。潤んだ目で見つめられて、ぐっと体温があがるのを感じる。本当はすぐにでも唇を奪って、さっさと服を脱がせて、その肌に触れて、ミニョ [続きを読む]
  • 痛む心
  • おちゃにごし…(>_-------------------------------------------------------------4人で活動する…当然のことながら、一緒に過ごす時間も長い。そして…1日の仕事が終わって。当たり前のように、ふたりで連れだって帰ってゆくジョンシナとミニョクを目にすることも、、多々…遠ざけたのは俺なのに…ふたりの姿を見ないように、そっと目を伏せた。「アホやな」お疲れさん、と席をたったヒョニの言葉が胸に刺さる。楽しげに笑いあ [続きを読む]
  • ひらひら
  • まんねず-------------------------------------------------------------桜の花がこれほどまでに人の目を惹き付けるのは満開の時の圧倒的な華やかさはもちろんだけれど、それが一時の間だけ、わっと咲いて、そして咲いた途端に散り始める儚さもあるんだと思う。今もそう。やっと満開になったと思ったのに、もう散りはじめていて、まるで空から降ってくるように花びらが舞っている。黙って見上げていたミニョクが、舞っている花び [続きを読む]
  • いねむり
  • ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------カムバでの活動の合間に、海外でのイベント参加。男っぽくって、大雑把で、細かいことは気にしないヒョニひょんだけれども、どこでも眠れて好き嫌いもない僕と違って、そういう所は意外と細やかだ。ここのところのスケジュールにさすがに疲れているらしく、リハーサルを終えて戻った控え室のソファーで、ついさっきまでは起きていた。スマホで音楽を聴 [続きを読む]
  • ふたりで
  • まんねず-------------------------------------------------------------メンバーやスタッフさん達と一緒に食事をしてから、皆でホテルに戻ってきた。ちょっとした団体になっていたけれど、帰り着いたホテルのロビーで、韓国の事務所から電話がかかってきたみたいで立ち止まって対応する人、早々に自室に帰ってゆく人、バーに飲みにいこうと同行者を募る人と、ちりぢりになってゆく。「ミニョ〜飲みにいくか?」とご機嫌なヨンフ [続きを読む]
  • 異国の夜に…
  • よんみにょ♪-------------------------------------------------------------皆で食事をしてからホテルに戻った。ここのところ忙しかった。そこへもってきて長時間の飛行機での移動で疲れもでたのか、ホテルに戻ってくる車の中でもうとうとしていたヒョニひょんもジョンシナも、さっさと各々の部屋へと姿を消した。マネひょんにお使いを頼んでいた為に少し遅れて歩いてきたヨンファひょんも、同じように自分の部屋の扉に手をかけ [続きを読む]
  • 僕の窮地
  • ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------今日の仕事は早く終わる。僕の気持ちがそわそわして落ち着かないのは、そのせいでもあるし、その為だけじゃない。「ね、ひょん。何時くらいに来る?」着替えを済ませてお茶を飲んでいるひょんに、今夜の予定を確認した。明日から4人揃って渡航にする。家を空けるから我が家でルーを預かることになっている。今日からルーがお泊まりだって、母さんも姉 [続きを読む]
  • 秘め事
  • まんねずぶらっくミニョクさん-------------------------------------------------------------少し、脅かしてやるつもりだった。「まったく、ジョンシナは純情だな」笑うミニョクにむっとした。俺の方が体も大きいし、力もあって、余裕がある。それを誇示して、慌てるミニョクを見て笑ってやるつもりだったのに。「おまえに…」組み敷いたミニョクは慌てるどころか、落ち着きはらった目でまっすぐに俺を見上げていた。「できんの [続きを読む]
  • Dinnerの前に
  • やっぱり、まんねずでも手首な件…-------------------------------------------------------------音楽番組の控え室。人の出入りも激しくざわざわとしている中で、俺らもいつも通りに過ごしているのだけれど、だけど、そんな中でミニョクのご機嫌が悪い。それも、すこぶる悪い。まあ、誰かに話しかけられれば愛想の良い笑みを浮かべてきちんと受け応えをしているし、表面上はいたって穏やかな普段通りのミニョクだけれど。言葉の [続きを読む]
  • あさごはん
  • ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------顔をくすぐられるような感覚に、まだ重たい目蓋を開くと、視界いっぱいにふわふわとした長めの毛が広がっていた。まったく…。「こら…チッチ…って、あれ?」手をのばして柔らかな固まりに触れると、その固まりの中からひょこっっと現れて僕をみた顔に、一瞬、戸惑った。「ルー」チッチと同じように毛足の長い種類だけれど、うちの子とはお顔の色が違 [続きを読む]
  • breakfast
  • ぐだぐだな、よんみにょ-------------------------------------------------------------キッチンで朝飯の仕度をしてからベッドルームに戻ると、ミニョクは寝ていた。さっき俺がベッドを出る時には、一旦は目を覚ましたんだけどな。っつても、受け応えもあやふやだったし、目は開ききってなかったし、すこぶる怪しかったけども。まあ、昨夜。少し無理をさせたのは俺だから。…。まあ、うん。すこーしだ。ミニョクが軽く意識を飛ば [続きを読む]
  • 誰のもの?
  • ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------なんか、やだ…。こんなのなんてことない。ただ、ふざけているだけ。そんなことは百も承知だけれど。収録のときのジョンシナの衣装のベルト。ジョンシナじゃないと上手く着こなせないような変わったやつで、おもしろかったから僕だって、さんざん掴んで遊んでた。ヒョニひょんだって同じことをしただけだ。そして、それが面白くなっちゃってSNSにあげた [続きを読む]
  • きみの涙
  • じょんしな→よんみにょ?-------------------------------------------------------------ミニョクとふたりで呼ばれたラジオの番組で、泣いたことがあるかという話題になって、ミニョクは「ない」と答えた。だけど、俺がミニョクが泣いてたエピソードを暴露して、実は…なんて話になって盛り上がって、その場はまるく収まった。デビュー前、デビューした頃、それからしばらくの間。ミニョクが泣いているところを何度も見た。ライ [続きを読む]
  • 雨と、桜と。
  • まんねず-------------------------------------------------------------深夜までの撮影が終わった帰り道。いつもの通り、ヨンファひょんは助手席で、その1列後ろにヒョニひょん、ミニョクと俺は一番後部座席に座っていた。「あ…雨」iPhoneをいじっていたのだけれど、ミニョクの声につられるように顔をあげるとウィンドウに雨の雫が当たっては流れていた。「散っちゃう…」ちょうど局の近くの桜並木を走っているところだった。 [続きを読む]
  • 眠れぬ夜
  • ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------バスルームから出てきたら、ミニョクは既に夢の中だった。「ミニョク?」「ん…」柔らかな髪を撫ぜてやっても起きる気配はなく、小さく声を洩らしながら寝返りをうっただけだった。ったく。こうなると思うたんや。うちに来るなりミニョクはルーにかかりっきりだった。「ルー?」目をきらきらさせながら駆け寄って。ルーもルーで、すっかり心を許した相 [続きを読む]
  • くすり
  • まんねず久々に…ブラックみにょくさん-------------------------------------------------------------カムバで4人揃っての仕事も多いけれど、なるべく多くのプロモーションを展開する為に個々の現場にも連れてゆかれる。今日の1日の最後の仕事はひょん達とは別で、ミニョクとふたりだった。順調にスケジュールをこなした帰りの車で、iPhoneをいじっていたミニョクの手が止まった。「ジョンシナ…なんか食べて帰ろうよ」その一 [続きを読む]