ぐーぐー さん プロフィール

  •  
ぐーぐーさん: BLUE  MAZE
ハンドル名ぐーぐー さん
ブログタイトルBLUE MAZE
ブログURLhttp://bluelovelyroom.blog.fc2.com/
サイト紹介文CNくん…ミニョクくんをメインで、びーえる風味な妄想中〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2015/09/01 07:47

ぐーぐー さんのブログ記事

  • 期待を裏切らない男
  • よんみにょ-------------------------------------------------------------〜Y〜ハワイから帰国した。景色もいいし、空気もいいし、仕事ではあったけれど楽しい旅行だった。ミニョクを一緒に連れていけなかったのが残念だったけれど…。今日は俺の部屋で、俺が帰るのを待っていてくれるはずだ。子犬みたいに目をきらっきらさせながら出迎えてくれるだろうミニョクを期待して玄関の扉を開けた。「ひょん!!おかえりなさいっ!! [続きを読む]
  • ナカヨシ
  • まんねず-------------------------------------------------------------練習でもしておこう…そう思って事務所に寄った。5月にしては陽気すぎるくらいの陽気で。まずは一息…そう思ってカフェに腰を落ち着けた。カフェには、事務所の所属するタレントが掲載されている雑誌なんかも置いてあるのだけれど。その1冊を手にして、なにげなくページをめくって、よく知っているはずの顔を見つけて、どきりとする。綺麗に切り取られた [続きを読む]
  • 南の国からのメッセージ
  • ぽーくすーぷ。-------------------------------------------------------------ミニョクを部屋に呼んで。飯を食って。抱いて。ぐったりしたミニョクに、なんとかシャワーを浴びさせて。………。ついでに、バスルームでもちょっぴり可愛がってやって。(ちょっとだけな)ベッドに戻った時には、ミニョクはもう指の1本だって動かしたくないという風だったのだけれど。サイドテーブルに置いてあったiPhoneが、横になるのを待っていた [続きを読む]
  • 朝の散歩
  • よんみにょ-------------------------------------------------------------深夜、日付も変わって。僕もベッドに入って電気を消したところでiPhoneが鳴った。条件反射的に手をのばすと、僕が今、すごくすごく会いたい人からの着信だった。「ひょん!」『ミニョ?』ヨンファひょんは撮影でハワイに行っていて、ここしばらく会えていない。とはいっても、ほんの数日だけのことなんだけれど、僕には随分と長い時間が経ってしまった気 [続きを読む]
  • うん…
  • ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------ベッドをともにして。…。もちろん、ヤルことはヤって。コトの余韻に浸りながら、つらつらと言葉を交わす。別にたいしたことを話す訳でもない。正直、かつてはむしろ面倒だったこの時間が今では愛しいと思えるようになったんは、それがミニョクと過ごす時間だからだろう。仕事先だったり事務所の練習室だったり、もうええわってくらい話をする時間はあ [続きを読む]
  • キミと迎えた朝
  • まんねず……え?←おい-------------------------------------------------------------まだ眠たいのに…鼻の頭に触れる濡れた感じに意識が浮上する。「もうちょい寝かせておいてよ…」重たい目蓋をあけられないまま、甘えるように擦り寄ってきた身体を抱き寄せる。「ったく、ミニョは甘えたがりだな…」って…あれ?寝ぼけた頭で、抱き寄せた身体の感触に覚えた違和感の正体を考える。滑らかで、心地よくて…っていう意味では同 [続きを読む]
  • ポケット
  • まんねず-------------------------------------------------------------自分の生まれ育った国に帰ってきた。国際空港だし、色んな言葉が飛び交ってはいるけれど。それでも、ここかしこで見られる文字の大半も、耳に聞こえてくる言葉の大半も、子供の頃から自分が一番馴染んできたもので、やっぱりホッとする。家族も待っているし、チッチとタッタに会えるのも楽しみだ。小さくて、あたたかくて、柔らかなあの子達を抱き上げると [続きを読む]
  • その「オト」
  • おちゃにごしな、まんねず-------------------------------------------------------------「ミニョク」自分が呼ばれた訳でもないのに、つい、その『オト』に反応して振り返ってしまう。そして、その先に見えた光景に、小さく溜め息ををついてしまう。「ほら、またここんとこ、またぴょこんって」「ほんと?さっき、してもらったのにな〜」ジョンシンがミニョクの後頭部を優しく撫でてやっている。ミニョクはされるがまま。大人し [続きを読む]
  • よんみにょ…悪い子、ミニョクさん-------------------------------------------------------------ライブをやり遂げて、皆で飯を食って。ホテルに戻った頃には日付も変わっていた。とりあえずシャワーをあびてからベッドに戻ると、なかなかに深い時間になっていた。さすがに今夜は来ないか…そう思った時、iPhoneが鳴った。――あけてそれだけのメッセージに部屋の扉をあけると、やはりシャワーは済ませたのだろう、さっきホテル [続きを読む]
  • 孤高の戦士
  • レポがわりの、まんねずでおちゃにごし-------------------------------------------------------------ヨンファの話が長くなると、小僧とミニョクは遠慮なくふたりで話し出す。おお、おお。相変わらず、仲のよろしいことで。っつか、昨夜もずっと一緒だったと聞いている。俺は部屋に戻ってすぐ寝ちまったっつ〜のに、あいつら、飯食ったあと、ふたりで運動してたとか。ステージを降りた時には、ミニョクとかへろへろだったじゃね [続きを読む]
  • くらら
  • レポがわりの、まんねず-------------------------------------------------------------テンションの高くなったヨンファひょんはお客さんへのサービス精神をいかんなく発揮して、ステージの回りをくるくるくるくる回っている。これ…長くなりそうだよね。よし!僕だって座ってばっかりじゃないんだぞ〜!歩けるんだぞ〜!よいしょ…っと。ほ、ほら!ステージの真ん中の方へだっていけるんだから!どう?すごいでしょ?って、なん [続きを読む]
  • ふたりの距離
  • なんだ、これ?な、まんねす-------------------------------------------------------------〜MH〜明日からのライブの為に日本に飛ぶ。空港に降りたって、こっから旅立つんだっていう空港独特の空気感に僕はちょっとウキウキしていた。旅行は好きだし。もちろん今回は仕事ではあるのだけれど。ライブって、やっぱり楽しみでしかない。だってあんなにクタクタになるまで力を出しきれるところなんて、そうそうないでしょ?ジムで [続きを読む]
  • 誕生日のプレゼント
  • ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------ライブ直前。どうしたって練習室に居る時間は長くなる。今日も練習が深夜までかかりそうな気はしていた。むしろそうなるように、もうちょっと、もう少しって、いつもより引っ張った。そして針が綺麗に重なって、日付が変わった時。ヒョニひょんのお誕生日になった、その瞬間。その瞬間を皆で一緒に迎えられた。前もって用意しておいたケーキで、皆でバ [続きを読む]
  • ふたりのけんか
  • おこちゃまな、まんねずに、翻弄される、おにさん-------------------------------------------------------------練習室に顔を出すと、まあ予想通りというか、いつも通りというか、ミニョクとジョンシナがふたりでリズムを合わせていた。俺に気付いたミニョクが手を止めてにこりと笑うのにつられたように、ジョンシナも俺の方を振り返って「おつかれ〜」とふたりで笑いながら迎えてくれるのも、それもいつものこと。身体はでかく [続きを読む]
  • 僕の悩み事なんて
  • ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------「おい」グラスを持っていた手を不意につかまれて我に返った。「飲みすぎやぞ」ヒョニひょんが僕の手からグラスを取り上げてテーブルに置いた。演技の仕事のこととか。バラエティ番組でのトークのこととか。演奏のこととか。どうしても上手くいかなくて、いまだ形にならない作詞とか作曲のこととか。色んなことをあれこれと考えているうちに、お酒が進 [続きを読む]
  • ごめん…
  • くらめ、まんねず-------------------------------------------------------------不器用で、その分…ううん、その何倍分も。ジョンシナのキスは優しい。初めて。遊びじゃなくって、初めてちゃんとしたキスをした時。ジョンシナの唇のあたたかさに僕は泣きそうになった。キスなんて初めてじゃなかったけど。僕の人生で、あれほど不器用で優しくてあたたかいキスはしたことがなかった。あの日から、僕らの時間はそれまでとは形を変 [続きを読む]
  • 夜はまだまだ…
  • よんみにょ-------------------------------------------------------------「疲れた〜」ライブが近い。メンバー揃って練習室にこもって音を合わせた。昔みたいに、個々のスキルで特別にあれこれ言うようなことはない。セットリストとか、アレンジとか、意見を出し合いながらよりよい音を作り上げてゆく、濃くて密な時間だ。それで少しばかり遅くなったけれど、セッションで盛り上がったテンションそのままにもう少し一緒にいたく [続きを読む]
  • つい…
  • まんねず-------------------------------------------------------------のばした指先にジョンシナの髪の毛が触れた。「なに?」「あ…」無意識だった。すっかり見慣れたはずの金色のそれが黒くなってて、思わず、手をのばしてしまっただけなんだ。本当に、つい…。「なんでもない」慌てて引っ込めようとした手を捕まえられた。「なんでもなくないだろ?」もう一方の手で、自分の髪の毛を摘まんでみせる。「黒くしたんだ。どう? [続きを読む]
  • お願い
  • おちゃにごしとしか思われない、まんねず-------------------------------------------------------------俺の方が背が高い。ミニョクがほんのちょっと顎をひけば、自然と上目遣いになる。些細なことだけど、意外とそれがぐっときたりする。「シテよ…」それに「お願い」なんて言葉を添えられると、狡いって思わずにはいられない。「俺だって疲れてんだけどな〜」「少しでいいから…ね」甘えるように服の端をつままれれば、断るこ [続きを読む]
  • 秘訣
  • まんねずベースの、ばか話。(>人<) ごめんなさい!!↑先にあやまってみる…-------------------------------------------------------------〜MH〜練習室に集まったのは3人だった。ヨンファひょんは雑誌の取材で遅れてくるらしい。は、いいのだけれど…。なんだろう?さっきから、ヒョニひょんが僕の顔をやたら見てくるんだけども。「なに?」「…あ?」「僕の顔に何かついてる?」「別に…」言いつつ、視線はそらさない [続きを読む]
  • それなら、俺が…
  • 昨日、一昨日の、さらに裏側。じょんしな→-------------------------------------------------------------ライブも近い。自然と練習室にいる時間も長くなる。扉の開いた気配に顔をあげると、ヒョニひょんが入ってきたところだった。「ひとりか」お使いを頼まれたお父さんが近所のスーパーにでも、というような格好で欠伸をしながら入ってくるなり…練習をしに来たんだろうに、ごろりとソファーに転がった。「あいつは?」「さっ [続きを読む]
  • だから僕は…
  • 昨日の、おちゃにごしの裏側でおちゃにごし-------------------------------------------------------------「ミニョク!」名前を呼ばれたような気がして、思わず見上げた。そんな訳がないのに…結局、僕は今日もヨンファひょんのマンションまで来てしまった。ひょんの部屋は高層階だ。見上げたところでひょんの様子はうかがえるものでもないのに、こうして足が向いてしまう僕は…。こんなぐずぐずした面倒くさいヤツだから。だか [続きを読む]
  • 俺…だったのに。
  • おちゃにごし暗め、よんみにょ-------------------------------------------------------------作業に没頭していた。手探りで伸ばした手が掴んだペットボトルの軽さにも気が付かないくらいに集中していたらしい。口元に運んだペットボトルは空っぽで、俺の喉を潤してはくれなかった。「ミニョク!」ほとんど無意識のように名前を呼んで、そこで我に返った。返事なんて…あるはずがない。そもそも…ミニョクがいれば…ここに空のペ [続きを読む]
  • 我慢の限界
  • もはや、おちゃにごしとしか思われないっていう…-------------------------------------------------------------「も…だめっ…」いくらか涙目になったミニョクが身体を震わせた。その様子がたまらなくて、余計に苛めたくなる。「ね、もうっ…」そろそろ…か?いや、もう少し…「ひょんのばかっ!!」どんっ!でんっ!ばんっ!「…痛っ…」便所…の、前の廊下…の、隅。ぶざま格好で転がった。どんっ!↑ミニョクに突き飛ばされ [続きを読む]
  • 夢をみていた…
  • よんみにょ-------------------------------------------------------------「ミニョク?」身体を揺らされて、それではっとして、目が覚めた。よく覚えてはいないけれど、なんだか良くない夢をみていた気がする。ひどく喉が渇いていて、嫌な汗をかいているのがわかる。「大丈夫か?うなされてるみたいだったけど」少し掠れた声が心配そうに僕を気遣う。「…ょん…」それに応えたいのに喉の奥がひりひりして、ひしゃげたような声し [続きを読む]