ぐーぐー さん プロフィール

  •  
ぐーぐーさん: BLUE  MAZE
ハンドル名ぐーぐー さん
ブログタイトルBLUE MAZE
ブログURLhttp://bluelovelyroom.blog.fc2.com/
サイト紹介文CNくん…ミニョクくんをメインで、びーえる風味な妄想中〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2015/09/01 07:47

ぐーぐー さんのブログ記事

  • 彼の事情
  • 昨日の裏側のまんねず-------------------------------------------------------------ああ、まずい。今日もミニョクに連絡できなかった。撮影だ、なんだとスケジュールは目白押しで、よし!と思ったタイミングだと思った時には、もう結構な時間で。もしかしてもう寝てたら可哀想だと思うと、躊躇われて。せめてメッセージを、そう思っても、直接会話をかわせない分、何か気のきいたことを…と思っているうちに寝落ちしてしまった [続きを読む]
  • プライド
  • まんねず。ミニョクさんのひとりごと。-------------------------------------------------------------撮影スケジュールはきっちり組み込まれている。それでも他の仕事が入れられない地方での撮影では、自分の出番がない時には空き時間になるしかない。日が暮れるのも早くなって、夜も長い。何もすることがない、長い長い夜。忙しくしていれば何も考えなくていいのに、、電話を何度も手にする。あいつからは電話はおろか、メッセ [続きを読む]
  • order
  • お久しぶりの、よんみにょ-------------------------------------------------------------日付が変わって、メンバー揃ってジョンシンの誕生日を迎えて。スタッフさん達もみんなでお祝いをして。なんだか凄く楽しい気分のまま、自分の部屋に帰ろうとしたところで不意に手を引かれた。え?と思って振り返ったら、ヨンファひょんが僕の手を取っていた。「ひょん?」何も言わずに僕の手を引っ張るひょんに戸惑いながらついていくと、 [続きを読む]
  • 矛盾
  • ぽーくすーぷ…=┏(*`>ω-------------------------------------------------------------1泊2日で日本。かなり、せわしないなか、ミニョクは釜山に飛んだ方がドラマの仕事の都合もいい。ひとりで帰っていった。ソロ活動で日本に残るヨンファひょんに、「ひょん、頑張ってね。身体に気をつけてね」って、やたら気にしていたけど。俺からしたら、その言葉はミニョクにそのまんま返したかった。いつも通り、スタッフさん達やひょ [続きを読む]
  • Yellow rose 13
  • 昨日のまま、終わってもよかったけど…ジョンシン、はぴば!だしね-------------------------------------------------------------〜JH〜ミニョクより先にソウルに戻って、事務所に寄ったところで小僧にあった。俺の顔をみて、複雑そうな顔をしよったんが気にいらんが。せっかく痩せ我慢したついでやし、これもミニョクの為やし。おまえの誕生日も近いし、まあ、プレゼント代わりや。「おまえ、ちゃんとミニョクと連絡とっとる [続きを読む]
  • Yellow rose 12
  • まもなく、おわりまっする------------------------------------------------------------〜MH〜頬から、唇へ。ひょんの指が動いて、僕の唇に触れた。むにゅ。思っていたのと違う、唇をつままれた感触に驚いて目を開くと、ひょんが笑っていた。「あほ」ついさっき見上げた熱っぽい視線とは違う、柔らかくって優しい。いつもの、ヒョニひょん。そのまま僕の横にころんと横になると、僕の頭を自分の胸に押し当てるように引き寄せた [続きを読む]
  • Yellow rose 11
  • もう、ちょい。-------------------------------------------------------------〜MH〜目を閉じた僕の頬に、ひょんの手が触れた。その瞬間、僕の脳裏にジョンシナの顔が浮かんだ。僕が最後に見たのは、なんだか怒ったような横顔で。僕から顔をそむけるようにしていけれど、思い出すのは笑顔で。くしゃりと、顔全部で笑う太陽のような笑顔が僕だけに向けられていて。思い出すのは、そんなジョンシナで。ああ。もう、僕に向けられ [続きを読む]
  • Yellow rose 10
  • もう少し…-------------------------------------------------------------〜MH〜ああ、そうか。僕は誰かのあたたかさに触れたかったんだ。ひょんにキスをされた瞬間に、はっきりと自覚した。ほんの一瞬、そっと…だったけれど、優しくて、柔らかくって、あたたかくって。このあたたかさに触れたかったんだ。最後にジョンシナに抱かれた時。僕達は、触れあうだけのキスなんかよりずっと深く繋がっていたのに、なのに、すぐ側に [続きを読む]
  • Yellow rose 9
  • つづいてま〜す…-------------------------------------------------------------〜JH〜具体的に何が…という訳でもないが、気になった。たまに電話で話す時の妙にはしゃいだ感じも、送られてくるメッセージの言葉のひとつひとつにも、なんとはなしに放っておけん感じがした。もしかしたら、いろんなことを言い訳にして俺がミニョクに会いたかっただけかもしれんが。1日。俺のスケジュールがあいた。ミニョクの仮住まいのこと [続きを読む]
  • Yellow rose 8
  • 行き先を見失っているらしい…(^^;-------------------------------------------------------------〜JS〜あれから、ミニョクの方からは連絡が来ない。それなら俺の方から連絡を入れればいい。たった1本、指を動かせばいい。たったそれだけのことなのに、それができない。だってさ。あんなに乱暴な抱き方をしておいて、それからろくに話もしないままだった。やっぱ、怒ってるよな。だから連絡してこないんだよな。なのに、俺が [続きを読む]
  • Yellow rose 7
  • そんなこんなで、続いてます…-------------------------------------------------------------〜MH〜甘えてはいけない…わかっていても。最後に抱かれた時のジョンシナの怒ったような顔とか。離れ際、僕から目をそらした横顔とか。思い出したらジョンシナに連絡を取るのは躊躇われた。他に好きな人ができた、とか。もうふたりでは会わない、とか。そういう決定的な事を言われたら…僕は、ここでの暮らしを乗りきれる自信がない [続きを読む]
  • Yellow rose 6
  • 続いてます…(^^;-------------------------------------------------------------〜JS〜「ミニョクも一緒に?」空港に向かう車の中で、ぼんやりと窓の外を眺めていたところに不意に飛び込んできたミニョクという音にはっと我にかえった。マネひょんが電話を受けているようだった。「まあ、それならいいだろう。移動もみて、無理のない程度の時間でな」それぞれの現場に移動する前にもう一度連絡をいれろよと締めて電話を切った [続きを読む]
  • Yellow rose 5
  • さてさて…続いてます(^^;-------------------------------------------------------------〜MH〜ヒョニひょんに連れてきてもらったお店には覚えがあった。デビューしたての頃、ヒョニひょんと一緒に映画の撮影に参加させてもらった。映画が完成してプロモーション活動で動いている時に、ひょんとふたりで釜山に来たことがあって、その時に連れてきてもらったお店だ。普通に練習生だった頃はともかく、一緒にチームを組むことに [続きを読む]
  • Yellow rose 4
  • むむむ?-------------------------------------------------------------〜JH〜ミニョクを少しでもリラックスさせてやりたかった。だからマネージャーに、すぐに戻ってくるからふたりだけで飯を食ってきてもいいかと尋ねた。ヨンファと小僧についてソウルへの帰途についているチーフマネージャーに1本確認の電話をいれたあと、OKが出た。「まあ、ミニョクさんが一緒だし」で、あっさり許可がおりたんは、ちょっともの申したい [続きを読む]
  • Yellow rose 3
  • どうしたもんかと思いつつ…-------------------------------------------------------------〜MH〜なんでだろう?ジョンシナの様子がおかしかった。久々に会えるのを楽しみにしていたのに、先に到着して待っていた僕をみて微妙な顔をした。ほんの一瞬だったけれど…。とはいえ、ヨンファひょんもヒョニひょんも一緒だったし、イベントもあって、ジョンシナはいつものジョンシナのように思えたし、あれは気のせいだったのかなと [続きを読む]
  • Yellow rose 2
  • 続けちゃう?-------------------------------------------------------------〜JH〜ヨンファと小僧だけ、ソウルに帰る。昨夜はふたりで過ごしたんだろうに、小僧はなにやら不貞腐れたような顔をしたまま車の乗り込んでゆき。ミニョクは泣きそうな顔で、それを見送った。一昨日。近くで撮影があった。ミニョクも先に釜山に入るとゆうとったし、俺もそのままこっちに来て合流した。こっから1、2時間のところの島での撮影の為に [続きを読む]
  • Yellow rose
  • くらめ、まんねず-------------------------------------------------------------〜JS〜仕事の都合だし。仕方がない。頭ではわかっているけど。前日から釜山いりしていたミニョクとヒョニひょんに迎えられた昨日も。ふたりを残してソウルに帰ることも。気に入らない。遅れてバンドに加入して。訳がわかんないうちに日本に連れてかれて。怒濤の日々をなんとか乗り越えられたのは、ミニョクが相棒だったから。最初はそんなくらい [続きを読む]
  • ふるさと
  • ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------僕の方が先にホテルに着いた。そわそわする。――ちょうど、そっちで撮影がある。――前の日の晩には釜山に入るから、待っとけ。何度も何度も、ひょんからのメッセージを確かめる。僕はずっとこっちに来たっきり。ひょんもドラマの仕事が入って、忙しくなったし。ツアーで海外にいくときぐらいにしか会えなかったりして、おかしなことに自国にいる間は [続きを読む]
  • kokoro
  • おちゃにごしm(__)m-------------------------------------------------------------本当に欲しいのは僕じゃなくて、彼。わかっている。だけど、それに気付かない振りをしていればいい。そうすれば側にいられる。こんな風に抱いてもらえる。柔らかなキスも。あたたかな抱擁も。優しい愛撫も。熱い昂りも。僕の欲しいのを手に入れられる。ただ…一番ほしいもの。それだけが手に入らない。(fin)にほんブログ村のぞきにきていただい [続きを読む]
  • 久しぶりの温度 〜MH
  • 昨日の続きのまんねず-------------------------------------------------------------ふっと目が覚めた時には、僕はジョンシナの腕の中だった。すこーし顔をあげると、平和そうなジョンシナの寝顔があった。…。あれ?えっと。む?いつの間にか眠っていたらしい。ぼんやりとした頭で、眠りに落ちる前のことを思い起こした。ソウルにかえってきてて。んで、ジョンシナと会おうって。で、そか、僕達の部屋にきて。僕の方が先に着い [続きを読む]
  • 久しぶりの温度 〜JS
  • まったり、まんねず-------------------------------------------------------------撮影の為、地方に行ったら行きっぱなしのミニョクがソウルに帰ってきている。ミニョクが家族と暮らすようになってから、ふたりだけで過ごす為に用意した隠れ家に向かう。――もう着いた少し前にミニョクから連絡は入っていた。焦る気持ちを押さえて、めいっぱいの安全運転で車を走らせて。たどり着いた扉の中はエアコンが効いているのか、少しひ [続きを読む]
  • i'm yours
  • 昨日の裏側-------------------------------------------------------------ずっと地方に行きっぱなしだったミニョクと、束の間の逢瀬だ。疲れているだろうし、優しくしてやりたいという気持ちはあるのに。やっとふたりきになれた深夜に、かかってきた電話を受けるミニョクの様子に無償にいらいらしてしまった。誰だか知らないが、ドラマの共演者だかスタッフのようだった。あっちでは皆でお同じ所で寝泊まりしていると聞いている [続きを読む]
  • You're mine
  • どっちかのひょんとみにょくさんで、おちゃにごし-------------------------------------------------------------「も…無…理」「うるっ…さ…いっ」「んあっ!」いつもなら優しく抱いてくれるのに。今日は僕のSOSを乱暴な言葉で跳ね返して、さらに僕を攻め立てる。何に怒っているんだろう。僕、何をしたんだろう。どうして、どうして…。自分の身体が自分の身体じゃないようで、指先ひとつ思い通りに動かない。うまく息ができな [続きを読む]
  • answer
  • おちゃにごし、おとなな、まんねず-------------------------------------------------------------「可愛いよ」なにが可愛いもんか!って思うけど、休むことなく攻めたてられて、否定する言葉を口にする余裕なんてひと欠片もなくって。ただただ、しがみつくしかできない。「すっご…ミニョクん中、す…っごい、キモチい」ストレートでまっすぐなおまえの物言いが、ひたすら僕の羞恥心を煽る。「ば……んあっ!!」ばかって言おう [続きを読む]
  • cooldown 6
  • ( ̄∇ ̄*)ゞ-------------------------------------------------------------〜JS〜どうしたと尋ねるミニョクには、なんとか誤魔化したけど。あれこれ話しかけても、ミニョクのノリがいまいち、よくない。まあ、もともと変にはしゃぐタイプじゃないけど、それをさっ引いてもミニョクのテンションは微妙だ。「な、今日のライブ終わったらさ」「帰り…別便だから」雰囲気を改善しようと、なんとか話題を作ろうとしたのは、あえなく [続きを読む]