な さん プロフィール

  •  
なさん: たびにでよう 旅に出よう
ハンドル名な さん
ブログタイトルたびにでよう 旅に出よう
ブログURLhttp://travelbug.seesaa.net/
サイト紹介文大学を休学し、世界一周へ。忘備録もかねて。ブログ移転しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/09/01 17:52

な さんのブログ記事

  • 少年の足を作るぞ!、?
  • リアルタイムは怒涛のプレゼンラッシュで忙しい学生生活をしています。ブログは最後まで更新したいと思っていますがどうなることやら…。−−−−−−−−−−−−−−−−−−ようやく念願の弓場農場についた初日、午後からお菓子作りに誘われました。なんでも、サンパウロで近々開催される日本祭りのために今、村の総出をあげて準備をしているとのこと。特に女性はお祭りに出す食品を作っていて毎日てんてこ舞いらしいのです。2 [続きを読む]
  • ずっと気になっていた弓場農場
  • 昼頃にアラサトゥーバからミランドポリスへバスで向かいます。日本語を話せる、レウニーダス社のスタッフが「この子ミランドポリスで降りるから!コニュニターデユバに行くらしい!」と運転手に言ってくれたようで、ミランドポリスについたあと、運転手がタクシーを呼んでくれました。ブラジルの人、とってもいい人ばかり!…と思っていたら、「50ヘアイスだ」(1500円くらい)えっ高い!!30にしてよ!「ダメだ。50」なんで!!「50 [続きを読む]
  • ブラジルの洗礼
  • ヤバイ!!!!マドリードを軽く観光したあと、ビザなし入国のためにブラジル出国のチケットを買おうと挑戦している間にホステルを出なくてはいけない時間になってしまいました。これは困った。ひとまずホステルを出てメトロでバスターミナルまで移動。ポルトガル行きのバスを探します。幸いなことに、マドリードからはリスボン空港に直行するバスがありました。あーバスにWiFiあるといいな…。ありませんでした。しょうがないので [続きを読む]
  • まさかここでコイツに出会うとは
  • 昨日の夜はあんなに過激な人たちでいっぱいだったのに、昨晩の熱気はどこへやら。昼は穏やかにすぎてゆきます。そうこうしちゃいられない、と街へと向かいます。時間は全くありません。今日の夕方にはポルトガル、その日の夜にはブラジルなんですから。メインスクエアをブラブラ。これは帰国してから思ったことなのですが、ソル広場あたりの通りの感じが、なんだか日本の都会の観光客のよく歩くような大通りに似ているような気がし [続きを読む]
  • マラケシュの事務的情報を適当に(マドリードへ飛ぶ)
  • モロッコ滞在最終日!時間が少しあるのでチェックアウトをして、郵便局ではがきを出し、オレンジジュースを買ってからバスで空港へ。郵便局はフナ広場の中にあり、そこは外国人慣れしているようでした。マラケシュ駅からフナ広場前についたときのバス停から行けます。60ディラハムだったかと思います。空港行きのバスとあってしっかりした電光掲示板付きのバスが来るのですぐわかるかと思います…が心配だったらそこらにたくさんい [続きを読む]
  • マラケシュの美味しい屋台飯
  • つきました!マラケシュ!!マラケシュは駅がキレイなことで有名です。写真を取ったと思うのですが…どうやらきちんとバックアップしていなかったようでこんな写真しかありませんでした。右に写り込んでいるモザイクを見ていただければと思います…。マラケシュ駅の前からのバスにのって中心部へ。駅前ならどこでも止まってくれるだろうと思って日陰にいたら、「あっちいけ!」と手をブンブン振られたのでしぶしぶ日向のジリジリし [続きを読む]
  • 【WA7日目】お別れのとき
  • 砂漠を堪能させてもらった日の夜中に、私はCTMのバスでこの町を去ります。することもなく、そして男性だらけだった今回のworkawayでしたが私が外国人であることを尊重してくれて、とても過ごしやすかった場所でした。できることならゲストハウスの手伝いもしたかったな。ラッサンも砂漠ツアーを安価で提案してくれて、何もしていないけれど充実した生活でした。何より家庭のラマダンを知ることができたのが良かったです。友人の家 [続きを読む]
  • 【WA6日目】普段運動しない人にラクダはきつい
  • おはようございます!写真をとるのに夢中になっていたら、寝坊して朝日が登るのを見損ねました!ギリギリでこの一枚をカメラに収めました。朝の砂漠は涼しくて快適です。風景も絵になるし、早速写真を取りに出歩きます。ウズベキスタンやトルクメニスタンでみた砂漠とは全く違って、少し赤い、典型的イメージのような風景。トルクメニスタンにはガスが埋まっていたり水が湧いていたりしましたが、ここではそんなことなさそう…。不 [続きを読む]
  • 【WA5日目】砂漠の星空は…
  • にほんブログ村昨日の夜、ホストのラッサンが砂漠を見に行きたいか、と聞いてきました。もちろん!と鼻息を荒くしながら答えると、「俺の知り合いが砂漠でホテルをやっていて、そこに一泊する?頼めば一泊させてくれると思うよ」ほんと!楽しそうだね「星がキレイだし、もしやってみたかったらラクダも乗れるよ」じゃあ、ぜひ!いつ行くの?「明日の夜にしようか。」ということで翌日、日没後に散歩してからラッサンのスクーターに [続きを読む]
  • 【WA4日目】暇をつぶしまくっている日中
  • 先日、ラマダンのほとんど何もない日中の話をしましたが、それが数日続くととっても暇なんです。wifiも使えないため余計に。私が何をしていたかというと、日記を描いたり昼寝をしたり音楽を聞いていたりしたのですが、暇すぎて、ついにラインを読み返し始めました。友人との会話を見返して、たまに「ふふっ」と笑っていました。これとか。しょうもないけど面白い。(個人的に)電気はあるんだけどネットがなくて暇つぶしがなくて困 [続きを読む]
  • 【WA3日目】タジン鍋の作り方を教わる
  • アッサロームアレイクム!真夜中にご飯を食べるので一日が長いです。昨日、少しだけ…と夜に昼寝をとりましたが、2時間ほどでハミッドが「タジンを作るよ」と起こしてくれました。ホストの兄、ハミッドはこの家のシェフらしい。ハミッドは英語を少ししか話せないけど、フランス語を教えてくれたり、手振り身振りやノルディンの助けでタジン鍋の作り方(というか使い方)を教えてくれました。さあ、3分クッキングの始まりです!〜タ [続きを読む]
  • 【WA2日目】ラマダンの楽しい夜長
  • 今年のラマダンは6月6日頃から7月5日頃までという期間でした。月の満ち欠けと関連しているので国によって期間は変わります。ラマダンといえば有名なのは断食ですよね、断食といっても、1ヶ月間という期間を完全に絶食するわけではなく、日没から日の出までの間(=夕方以降から翌未明まで)に、一日分の食事を摂る。この食事は普段よりも水分を多くした大麦粥であったり、ヤギのミルクを飲んだりする。旅行者や重労働者、妊婦・産 [続きを読む]
  • 【WA1日目】猫と遊びながら皿洗い
  • なぜ昨日12時間もかけて遠い砂漠の町まで来たかというと、例によってworkawayをするから!砂漠の町でのworkaway、とても素敵じゃあありませんか!…と、思っていたら、ラマダンでしたね…。workawayのお願いをしたのはヨーロッパに滞在しているときで、時間ギリギリというところもあってラマダンのことを失念していたのです。朝起きると、ノルディンというホストの友人が「ラマダンですることがそんなにないけど、とりあえずお皿洗 [続きを読む]
  • 砂漠近くの街へ、12時間移動…。
  • フェズの旧市街を楽しんだあと、晩御飯はレストランでタジン鍋を食べることにしました。どこのお店も同じような値段で決めかねていましたが、ブラブラ見て回ると「おい、ココ!ここの店うまいぞマイフレンド!おすすめだ!」と通りがかりのお兄さんが言ってくれたのでそのレストランにすることに。あとで調べたのですが、Chez Hakimというお店でした。魚のタジンを注文し、待っているとサービスと言ってトマトの煮込みをくれました [続きを読む]
  • なぜかノスタルジー感じるフェズ
  • -------------------------リアルタイムでは復学し、実家を出ました。アパートにまだインターネットがなく、更新にも一苦労です…。-------------------------ようやくついたホステルは細道の中に一軒家みたいにあるダル ラビハ(Dar Rabha)。ここはレビューも良かったし、朝ごはん付きだったので選びました。普通のtheモロッコの家という感じで初め慣れるのに時間がかかりましたが、レセプショニストはじめスタッフがいい人ばか [続きを読む]
  • たくさんの人に助けられながら旅をしている
  • タンジェ港についたところで、問題がありました。というのも、タンジェのバスターミナルの位置がわからないのです。とりあえず、近くにいた旅人っぽい風貌のお兄さんに話しかけてみると、何回もモロッコに来たことのある人らしく「僕もこれからタンジェの駅に行くから教えてあげるよ!」と言ってくれました。ありがとうございます!そのまま話しながら港を出て、歩いて街中へ。ラマダンのため、まっっったくお店が開いていません。 [続きを読む]
  • 船で越境!ジブラルタル海峡横断
  • 朝早くの便に乗って、なるべく早く目的地であるフェズに到着したかったので前日にフェリーのチケットを購入しておきました。フェリーの会社は色々あるようですが、FRSという会社のフェリーネットからでも調べられます。(予約もできそうでした)Direct Ferriesアラームで6時に起床。眠さと戦いながら出発する支度をします。ちょうどこの時はラマダンど真ん中だったので、お水とお菓子を買っておきました。小腹がすいたときに困らな [続きを読む]
  • モロッコのジャブを受ける
  • グラナダはスペインのなかでも南にあるので、異国情緒あふれる街です。アルハンブラ宮殿もアラブ人の国家が建てたお城ですしね。そういうわけでヌエバ通りというアラブ街があります。ブラブラ歩いていたらヌエバ通りにたどり着いて、驚きました。お土産屋さんがとってもキレイ!でも坂なんですそれからアーチも見つけました。中央アジアや東欧でも思いましたが、地域の成り立ちはグラデーションだなぁ、と感じます。午後にアルヘシ [続きを読む]
  • お前はコロラドの出、俺はグラナダの出なのだぞ
  • 今日のタイトルは高校生のときに頑張った早口言葉です。グラナダって案外言いにくい地名なんだなぁと思っていました。3回続けて言ってみてください。こんな早口言葉もあります。「シャア少佐、機銃掃射はよせ。ここはグラナダなのだぞ」ガンダム見たことないのですが、実際にあるセリフなのでしょうか。実在する地名なんて使いませんかね…。ということで!ぐっすり休んだので街歩きに出かけます。地図をインフォメーションセンタ [続きを読む]
  • サグラダファミリアって10回言って
  • じゃあ、サグラダファミリアを作った人は?ガウディです。…特に意味はありません。世界一周する前に書いたやることリストの中に「サグラダファミリアを見る」と書いていて、それが今日叶うと思うとワクワクです!泊まっているインアウト(Inout)メトロでサグラダファミリアの近くへ。メトロの出口からどこだろうとあたりを見渡すとすぐにありました、サグラダファミリア!近すぎて全部入りきりません。建物の角でチケット購入の [続きを読む]
  • 驚きのカヌレと迷いつつバルセロナ!
  • マンダリンオリエンタルのカヌレを持ってバスに乗り、目指すはバルセロナ!早くカヌレを開けたくて開けたくて、出発して15分でオープン。買ったカヌレのなかでも小ぶりなカヌレでした。でも今回食べた中で一番の驚きのカヌレでした!私の理想のカヌレは「外はカリカリ、中はもっちり」だったのですが、マンダリンオリエンタルのカヌレは「外はカリカリ、中はぷりぷり」!ウソッ!て思いました。外はカリッとしているのに中はプリン [続きを読む]
  • 今日も今日とてカヌレ
  • おはようございます!さあ今日も元気にカヌレを食べ歩きます!朝見かけたパン屋さんで最初のカヌレ。うーん…作ってから日にちが経っていて固い…。次はバスターミナルに移動して荷物をロッカーへ。ロッカーを探していたら見つけたのはPAUL。ポールにならありそう!と思って列の隙間からケースを覗くと…ありました!買いました!今まで食べたものの中で理想的な食感。チェーン店のカヌレが美味しいとは安上がりな舌をもったもので [続きを読む]
  • カヌレを知りませんか?
  • レオンのところには1週間強滞在し、その後待ちに待ったフランスはパリへ。パリでの目標はカヌレというお菓子を食べまくること!私はカヌレが大好きなのですが、どうも日本だと「昔流行ったお菓子」程度で駅によくあるケーキ屋さんのFLOに売っているのしか見たことがありません。私のカヌレに対する記憶も、「おばあちゃんがくれた昔っぽいお菓子」という印象が強いです。カヌレはフランスのボルドー地方のお菓子で、ワインを作ると [続きを読む]