studio_neijia さん プロフィール

  •  
studio_neijiaさん: 太極拳・内家拳教室 STUDIO NeiJia
ハンドル名studio_neijia さん
ブログタイトル太極拳・内家拳教室 STUDIO NeiJia
ブログURLhttps://neijia.jimdo.com
サイト紹介文相模原・橋本の内家拳・太極拳教室"STUDIO NeiJia"の公式ホームページです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/09/02 01:09

studio_neijia さんのブログ記事

  • 雲手
  • 久しぶりの投稿です。 今回の横浜教室は雲手をじっくり行いました。 全ての動作は雲手の変化だと言われたりもするほど大切な技だったりします。 時間が無いときはこれだけやるといいと思います。 太極拳入門クラスの普段の基本練習では、雲手は足を固定した定歩で行なっていますが、歩法を付ける事でより全身を協調させて動く必要があります。 腰を起点に上半身と下半身に分けて力を伝 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 新年あけまして おめでとうございます。 旧年は大変お世話になりました。 会員の皆様のおかげで良い雰囲気の会になってきたと思います。 今年もより一層太極拳・内家拳の素晴らしさを皆様にお伝えすべく、私自身の修行にも磨きをかけて行きたいと思います。 本年もよろしくお願い致します! 今年最初の練習は1/8に行います。 正月ボケした頭と身体を太極拳・内家拳で引き締めましょう。 [続きを読む]
  • 股関節、動いてますか!?
  • 久しぶりに投稿します。 少し空いてしまい、いつの間にか師走になってしまいました。 寒さで色々億劫な季節ですが、負けずに練習を続けましょう。 さて皆様、 股関節を普段柔かく使っていますでしょうか? 練習の中で一番多く発する単語はもしかしたら「股関節」かも知れません。 もっとも大切だからというわけではなく、多くの方が股関節を使う事に慣れていないからです。 体幹と腕は肩(肩 [続きを読む]
  • 太極拳で身体はゆるむのか!?
  • 先日身体を緩めて調整を行う某ボディーセラピストの方の実験にお付き合いさせていただきました。 太極拳後の身体はどれくらい鬆(ゆる)んでいるか? 以前からこれは非常に興味のあるテーマだったのですが、実際に第三者の専門家の視点で測る機会を得ました。 「太極拳で肩コリ・腰痛が改善する。冷え性が改善する。」など言われますが、「本当ですか?」と言われると「そう言われていますよ。私や会員さんに効果が [続きを読む]
  • 太極拳を諦めないために
  • 太極拳、楽しんでいらっしゃいますでしょうか? いまいち面白みが分からない!? ゆっくり動くのが疲れる!? 膝が痛くなった!? 套路※練習だけで飽きてしまった!? 最近表演で伸び悩んでいて・・・!? 長年やっていて、上記のような思いが頭に浮かんだ方は、当スタジオにお越しいただくと太極拳の良さを発見・再発見できるかもしれません。 太極拳で健康 [続きを読む]
  • 伝統武術として太極拳
  • 8月の横浜教室は套路を覚えるということで、楊式太極拳の一段に注力して練習を行いました。 一通り、通してできるようになりましたが、まだまだ健康体操レベルの理解ではないかと思います。 当スタジオが目指す太極拳はただの健康体操ではありません。 (もちろん、健康にも良いです!というかめちゃ良いです。) これから少しずつ深めていき、伝統拳術としての太極拳ができるようにしていきましょう! 9/4 [続きを読む]
  • 畳で太極拳
  • 今週の相模原教室は和室で行いました。 基本功を使うというテーマでしたが、畳に合わせた練習を増やしました。 畳に合わせた練習と言うのは、崩しや投げ技ですね。 普段のフローリングでは倒し切るところまではやらないですが、地面に転がすところまで行いました。 やはり最後まで倒し切るというのは非常に大切なことだと思います。 転がすと言うのは文字通り転がします。当然ですが畳に投げつけたりしませ [続きを読む]
  • 今週も鷹捉!?
  • 横浜教室は3ヶ月目に突入。 今月中に楊式の一段目の套路を一通り終わらせるべく少し駆け足で進みました。 そこに立ちはだかったのが撇身捶。 撇身捶は套路では一方向しか有りませんが、技を理解するには左右交互に行うことでイメージできますので、これを左右続けて行いました。 これは先週相模原教室でも苦労した鷹捉系の動きです。前足で寸腿しながら進むので、見た目も太極拳っぽくないですよね。 横浜 [続きを読む]
  • 太極拳から心意六合拳を覗く
  • ここしばらく楊式太極拳の練習に偏っていたので、今回の相模原教室はちょっと趣向を変え、太極拳と心意六合拳で、身体の使い方が同じ技を比較練習しました。 これまでの楊式太極拳の技がきちんと出来ていれば、心意六合拳の技がすぐに理解できるという一粒で二度美味しい内容でしたが、いかがだったでしょうか? 心意六合拳の鷹捉という技を高探馬の比較で行いました。 序盤、切り返しの手の動きに皆さん手こ [続きを読む]
  • 套路と推手
  • 套路と推手は太極拳を身につけるための車輪の両輪のようなものであり、どちらが欠けてもならないと言われます。太極拳に限らず、内家拳の習得には套路練習と推手(および対錬)練習が必要と考えています。 套路と推手はお互いに補完されるもので、套路練習による変化が推手に生かされ、推手練習での問題が套路練習にフィードバックするように働きます。 先週今週と2つの大会に参加してきました。 套路表 [続きを読む]
  • 血流の改善と子育て!?
  • 健康にとって、血流がスムーズに流れるということは非常に重要です。 横浜教室では簡単に血流状態をチェックする方法をご紹介しました。 ウォーキング・ジョギング前後・スポーツ前後等々、色々な運動の前後で血流がどう変わるかチェックしてみるといいと思います。 あまり実際に比較したことが無いので、是非結果をお知らせください。 おそらく太極拳の血流改善が優秀である事が確認できると思います。 [続きを読む]
  • 立円の攻防
  • 6月の相模原のテーマは立円です。 立円は自分の正中線上の円の動きです。 立円は教えないところがあると聞いたことがありますが、当スタジオでは基本練習として練習しています。 下半身と骨盤の動きで縦の円を描き、その動きを柔らかく背骨を使って手先に伝えます。 これ、全身を使ってますよね。これが大切です。 メンバーページ※に動画がありますので、全身が動いていることをチェックください。 [続きを読む]
  • 基本姿勢と放鬆
  • 昨日は横浜の初回練習でした。 基本姿勢と呼吸をテーマと掲げましたが、振り返ってみると、基本姿勢と放鬆がテーマになっていました。 太極拳には色々な字訣・歌訣※がありますが、我々は放鬆を一番に掲げます。 放鬆は日本語で鬆(ゆる)むと訳されますが、単純に力を抜いて鬆むだけではありません。ただ鬆むだけでは健身効果も半減で、武術・護身としても使えないと考えます。 ただし、まずは単純に力を抜 [続きを読む]
  • 白鶴亮翅と左右バランス
  • 本日は白鶴亮翅を単式練習しました。 攬雀尾から白鶴亮翅の準備勢に移行する動作、そこからの白鶴亮翅。 前の靠(体当り)と後ろの靠が含まれます。肩から尻にかけてどこでも使える様にしましょう。 触れた場所から相手を聴くことを忘れない様に。 背中を柔らかく使って決して相手の力とぶつかりません。 ぶつかったら技が効かないかと言われると効くこともありますが、やはり相手より弱い力で相手を制 [続きを読む]
  • 横浜スタジオ体験会
  • ららぽーと横浜スタジオの体験会が昨日(5/22)開催されました。 「太極拳を知る」をテーマに世間一般で行われている制定太極拳との違いや、当会のコンセプトを中心に実施させていただきました。  ・実は武術であるということ。  ・力を抜く事の大切さと難しさ。  ・部分ではなく全身で動くということ。  ・腰を使うとはどういうことか。  ・全身で呼吸する。  ・体液 [続きを読む]
  • ららぽーと横浜スタジオ開講
  • 6月から、ららぽーと横浜スタジオが開講いたします。 名前の通り場所は、ららぽーと横浜内のヨークカルチャーセンター都筑内スタジオとなります。 レッスン日程は第一・第三日曜日の午前(10:15〜11:30)です。 『太極拳入門』講座ということで、こちらは基本的に太極拳だけを練習していきたいと考えています。 基本からじっくりやりますよ。レベルアップに応じて、応用クラスも開講を検討中です。 詳細 [続きを読む]
  • 技のつながり
  • 太極拳はゆっくり行うだけのものでしょうか? 今回は套路を少し早く行う練習を紹介しました。 クラスでは形を直すために動作を止めながら形を直しながらやらざるを得ないと考えていますが、一人で行う場合は、止めずに行いましょう。 ゆっくりでも流れを止めずに、右が極まる時には左が動き出し、左が極まる時には右が動き出している様に常に出力している様に行います。 各動作は円・螺旋で繋がります [続きを読む]
  • 子供の発育と太極拳
  • 当スタジオでは20代から70代まで幅広い世代の方が参加されています。 今週は親子の体験参加者&ご入会がありました。 10代前半の初めてのご会員です。 ありがとうございます! 今回は太極拳・内家拳が子供の発育に良いのか考えてみました。 まず太極拳を子供が行うことは子供の発育にとっては非常にプラスに働くと考えています。 例えば、  ・常に基本姿勢で動きますが、それにより自然 [続きを読む]
  • 勁をやわらかく伝える
  • 最近スタジオではミットを使った練習をしています。 といっても激しく殴ったりはしません。 ミットを使って自分の力を柔かく相手に伝える練習を行っています。 波のように柔かく、力を受ける人の緊張をほぐすように行います。 相手に触れた状態から力を流していきます。 これにより正しい力の流れと関節の連動を理解しましょう。 また掌から相手の軸や重心を感じ、方向によって反応がどのように変わ [続きを読む]
  • 推手の基本とストレス
  • 技を使うにはどこに力を作用させるかが非常に重要です。 相手の力の質、方向・スピード・どこを使って力を出しているか、等を理解した上で、それにあった方向に力を出す必要があります。 そのための練習が推手です。 打つため、受けるため、崩すため、投げるための練習でもあります。 推手はゆっくり・じっくり・柔らかく。相手の力の質をよく聴きながら行います。 ヨーガに内観と言う言葉がありますが [続きを読む]
  • 太極拳の練習で最も意識すべきこと
  • 太極拳には、太極拳を身につけるための色々な言葉があります。  立身中正、虚領頂勁、三尖相照、沈肩墜肘、含胸抜背、収臀・・・等々 当スタジオでもこれらの用語は使っていましたが、いまいち分かりづらく、表面的で核心を捉えていない気がしていました。なんとなくそれっぽく、中国武術っぽい言葉。見た目にこだわった言葉。 これらの言葉攻めにより、こういう形にしないといけないという意識を [続きを読む]
  • CoolなExercise
  • 恥ずかしながら、 最近英会話をはじめました。 最初に講師に自己紹介をする際、「My hobby is Taichi.」(私の趣味は太極拳です。)というのですが、その反応が、日本とは明らかに違いますね。 ほぼ「It's so cool! It's interesting!」で、太極拳を知っているかと聞くと、 「It's a Martial arts and breath exercise」と返ってきます。 これ、正にその通り(That's right!)。 [続きを読む]
  • 身体の記憶
  • 太極拳・内家拳では体幹をよく使います。 四肢では無く、体幹の筋肉を使う意識を大切にしましょう。 肩が動いているように見えて、腰が動いています。 肘が動いているようで、背骨が動いています。 「自然な動き」と言いますが、「自然な動き」とは何でしょうか? 私は「動物の動き」が自然な動きと考えます。 動物の動きをよく観察すると恐らく体幹がよく動いて後に手足が [続きを読む]
  • 相手に合わせて変化する
  • 今年年初から4週連続でレッスンを開催しております。 昨年末、円圏・四正と練習して来たのでそれらを使った「受けと攻撃」が今月のテーマです。 実際の技の用法練習となりますが、注意すべきことは、練習した用法はごく一部のものでこれが全てではないということ。内家拳が素晴らしく、練習していて面白いところは相手に合わせて用法が変化するところだと思います。 相手と自分の体格差、距離によって、同じ技で [続きを読む]
  • 放鬆とリラックスと緩む
  • 太極拳で非常に重要な要訣に「鬆む」「放鬆」というものがあります。身体の気血・体液の流れに影響を与え、且つ武術として太極拳を使う場合にもとても重要です。またメンタルヘルス面においても重要と考えています。 「鬆む」は「ゆるむ」と読み、日本語で普段使われる「緩む」と同様に考えられたりしますが、これは半分合っていますが半分欠けていると考えています。 「緩む」にはただ脱力して力を使わないイメ [続きを読む]