kazuto さん プロフィール

  •  
kazutoさん: KAZUTO BLOG
ハンドル名kazuto さん
ブログタイトルKAZUTO BLOG
ブログURLhttp://kazuto0794.blogspot.jp/
サイト紹介文重度の精神疾患で5回入院経験のある元コデイン依存症の作者が、寄り道しながら社会復帰を目指す。
自由文徹底的にオリジナリティを追及した記事を投稿しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供230回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2015/09/02 15:21

kazuto さんのブログ記事

  • 咳止め中毒は薬物依存症だと自己診断してはいけない
  • 例えブロン等のコデインが入った咳止めを乱用していたとしても、自分自身を薬物依存症だと自己診断して精神科医の治療を受けるべきではありません。その他の病気も疑うべきです。その理由は、咳止めを乱用するという症状だけで病名を薬物依存症だと決めつける事は危険だからです。薬物の乱用を伴う精神病は沢山あります。例えば双極性障害やパーソナリティー障害の患者は、不安定な精神を安定させる手段として咳止めを乱用している [続きを読む]
  • なぜ人を精神障害者にしてはいけないのか
  • なぜ人を精神障害者にしてはいけないのか。人は精神障害者になると健康状態が悪くなり、経済で計算出来ない因子になってしまう。気持ちで能力が変化し、なおかつ駒として成り立つ存在。非常に扱いが難しい。日本語では表現出来ないほどの複雑な苦痛があり、その苦痛のために休日を必要とする。そして次の日に絶好調で社会に戻る精神障害者は、絶対に白々しい目で見られる。この現象は、精神障害=ウザいを成り立たせる。ウザくなり [続きを読む]
  • DAMでどうやっても90点が出ない人もいる
  • いくら歌が上手くても、カラオケ屋DAMで90点以上が出せない人もいます。私がまさにその典型的な例です。歌が下手だとか、音痴だとか、そんな理由ではありません。音程正解率85%を越えた回数は150回位、音程正解率87%を越えたのが50回位です。それらが出る頻度も高いので、データから見ても音痴でない事がはっきりしています。通常、カラオケ店DAMの採点では音程正解率に表現力等が加算されて点数が出ます。家のDAMでやった時は、音 [続きを読む]
  • 精神障害者が職場で目の敵にされた場合の対処法
  • 以前、精神障害者は職場で目の敵にされたらカラオケに行けばいいという記事を書きましたが、さらに良い解決法が見つかりました。私がこの記事を書くきっかけになった事は、精神障害者が目の敵にされた場合、解決策は現在インターネットに上がっている情報だけでは不十分だと考えたからです。インターネットでは精神疾患程度の方なら自己解決が可能な手段が掲載されていますが、私の様に2級以下の精神障害を持っていた場合は、イン [続きを読む]
  • 体調不良でどん底の時
  • 作者、体調不良でどん底状態。一週間熱が下がらいから、今日精密検査を受けたら、白血球とCRPの値が異常に高いがレントゲンの結果肺炎では無かったので、重度の感染症だと診断され、強い抗生物質と頭痛薬を処方されました。これで熱が引いてくれるのを願いたい。これは健全者も同じ事なのですが、例え正当な理由があっても社会活動に支障をきたすのは、精神障害者にとって辛い事です。精神障害持ちなら尚更、意味も無くネガティブ [続きを読む]
  • 日本人のための外国日本語入門
  • 日本語には、日本人しか理解できない奥ゆかしさがある。曖昧な会話でお茶を濁すとか、複雑な人間関係を操作する煽動等、日本語にしか存在せず、日本人しか使いこなせない概念が沢山ある。だが、外国人向けの日本語の話し方は違う。外国人は難しい日本語を完全に理解することは不可能である。ネイティブでは無いのだから。そしてそのために外国人向けの日本語がある。外国人向けの日本語の基本は、一番相手に伝えたい言葉を最優先で [続きを読む]
  • 明石高専の音楽の授業
  • もう15年ほど前の話しになるが、明石高専の音楽の授業を思い出す。授業の質が高い事で有名な明石高専であるのだが、音楽の授業も例外では無い。クラシックでは無く、ビートルズを教わるのだ。何故なら、工学で音楽の技術を開拓したのがビートルズと、それに関わるエンジニア達だからだ。業種を問わず、エンジニアリングには創造性が必要で、音楽も例外では無い事を教えるためにビートルズが教材として扱われていた。プロモーション [続きを読む]
  • 夏風邪ひいて大変です
  • 夏風邪をひいてしまいました。熱は、昨日が38.5℃、今日が37.5℃です。今回ひいた風邪の特徴は、強い頭痛と食欲の低下です。強い頭痛に関しては、ロキソニン飲んで熱冷ましシートしてもましに成らないので、本当に困っています。しかし、風邪をひいている時って、とんでもなくストレスが溜まりますね。風邪の苦しみは勿論ですが、その症状で仕事が出来ないもどかしさとか、罪悪感とか様々ですが。日常生活も大幅に制限をうけてしま [続きを読む]
  • 違法運転はPSVRでやる時代到来
  • 交通安全のため、車のメーカーが自動運転の技術をして、警察も自動車の取り締まりを強化している現在、急激に居場所が無くなってしまっている人達がいる。スポーツタイプの自動車に乗り、路上でスピードを追及している人達や、ドリフト走行が好きな人達や、改造車を好む人達など、道路交通法を蔑ろにする事が趣味である人達だ。しかし現在、そういった人達の間でDRIVECLUB VRというゲームが話題になっている。DRIVECLUB VRは3D空間 [続きを読む]
  • CBDオイルはコデイン乱用で破壊された免疫を回復させる
  • 私はコデイン、主にブロンを10年ほど乱用し、非常に免疫能力が低下していましたが、半年CBDオイルを服用することにより回復しました。そして、現在CBDオイルを服用していませんが治った免疫はそのままです。完治しました。私がブロンを乱用していた頃、止めた後CBDオイルを服用するまでは一年間で風邪にかかっていない日数の方が多かったです。微熱が何週間も続く毎日で、本当に生きているのが苦痛でした。しかしCBDオイルの服用で [続きを読む]
  • カラオケ上達法
  • 1.立って歌う座って歌うと腹式呼吸が難しいため良い声が出ません。2.ジェスチャーをしながら歌うジェスチャーを使うと、タイミングが取りやすくなったり、難しい音を出しやすくなります。 3.笑顔で歌う笑顔で歌うと、自然に口が良く開くので滑舌が良くなります。4.自分の出せる限界の高音に挑み続ける自分の限界の高音を出す事で、声帯の筋肉が鍛えられ、より高い高音が出せるようになります。高音が出せると、広い音域を得る事が [続きを読む]
  • カラオケが上手になると起きる現象
  • 1.カラオケを聞くだけの客が現れる別の部屋の客がカラオケに来ているにも関わらず、上手い人の歌を聞くためにカラオケ部屋の近くによってくる。2.別名をつけられる上手い人の特徴で別名がつけられ、常連の間では別名でしか呼ばれなくなる。ちなみに私の別名は「ビートルズの人orビートルズファン」である。3.客から見たカラオケの評価を聞かされる「さっきの歌は最高だった」とか「この曲は駄目だろ」とか、歌を聴いた感想を言われ [続きを読む]
  • 目の敵にされたら一人カラオケでストレスを解消しよう
  • 誰もが学校や職場で、不運にも目の敵にされてしまう場合があります。不幸にも、精神障害者は被虐体質を持つ方が多いので、目の敵にされやすいのは事実です。しかし、目の敵にされたからという理由で学校や職場を変えることは、精神障害者にとってはとても難しい事。だからこそ、理論武装と解決手段が必要だ。理論武装編1.人を目の敵にするのは、とても幼稚な行為である事を忘れず生きる。人を目の敵にすることは、人をイジメたりハ [続きを読む]
  • 精神障害者が社会に出て体調を崩した場合の対処法
  • 精神障害者が社会人として働いて、体調を崩すのは良くない事です。しかし、物事は100%自分の理想通りになりません。健康状態が悪くなる可能性は十分にあります。しかし、考え方を変えてみて下さい。健全者も様々な理由で体調を崩し、休職をするものです。ストレスで重い胃潰瘍になったり、疲労骨折をしたり、悪性の腫瘍が見つかったり、原因は様々ですが、健全者も100%健康であって100%休職をする必要が無いなんて現実は有りません [続きを読む]
  • 万田アミノアルファの効果を解説
  • 万田アミノアルファの効果は、土の中の善玉菌を増やし、植物を活性化させる働きがあります。人間で例えるならば、乳酸菌を増やすのと同じです。万田アミノアルファは、土の中の善玉菌を増やすために作られたペットフードの様な物です。従来にも油粕や肉骨粉等を土に与え微生物を活性化させる商品は存在しましたが、それらはブレンドされていない単純な餌でしかありませんでした。微生物の餌の事を科学に呼ぶと、アミノ酸と言います [続きを読む]
  • 万田アミノアルファで弱った木が復活
  • ほぼ死にかけていたオニグルミの木に、辛抱強く万田アミノアルファを与え続けた結果、見事に沢山新芽が万田アミノアルファは遅効性の植物活性化剤です。植物のサイクルを長い目で見て、びっくりするほどの効果を得たい人にお勧めします。公式では野菜に葉面散布する事を奨励していますが、今回のケースではオニグルミに液肥に混ぜて水やりするだけで、見事にオニグルミが復活。ちなみに、一度万田アミノアルファを使い活性化に成功 [続きを読む]
  • 爆弾オニグルミ
  • 自宅で育てているオニグルミが、物凄く個性的に成長している。まるで先端部で爆発したかの様な風合いだ。タンポポみたいだとも言える。このオニグルミ、これだけ変な成長をしているのだから、木が弱っているのではないかと思われる人もいると思うが、木の健康状態は極めて良好だ。実が成っているし、木の表面は樹脂で覆われている。オニグルミの実は、とても健康に成長している。クルミの実は、知っての通り最終的には硬くなるのだ [続きを読む]
  • 建築士試験は俺の逆を張っていたら合格確定
  • kazuto0794「建築規則の最後3問は捨てろ」実際の試験むしろ最初の3問を捨てるべきだった。kazuto0794「過去問を極めろ」実際の試験過去問からの出題は少なかった。kazuto0794「語尾の微妙な言い回しに気を付けろ」実際の試験語尾等の引っかけは少なかった。kazuto0794「スタンダード二級建築士を極める」実際の試験見事にスタンダード二級建築士が使えなかった。成功したければ、kazuto0794の逆を張れ。 [続きを読む]
  • 失敗から学ぶ精神障害者のための二級建築士試験
  • 自身の二級建築士試験不合格から学んだ、精神障害者のための二級建築士合格マニュアルです。1.精神的に追い詰められたら負け常に精神的に余裕を持ちつつ勉強する事が大切です。作者は健全者の時、試験直前に必死の追い込みをかけることでテストの成績を上げていましたが、精神障害者になってから精神的に自分を追い込んで集中して勉強した結果、幻聴を聞くほど健康状態が悪化し、試験当日も大変でした。精神障害者は精神的に弱いの [続きを読む]
  • 試験と合うエナジードリンク
  • ずばり、高級ユンケル。カフェインが沢山入っているレッドブルやモンスターエナジーは試験向けではない。何故なら、過剰なカフェインの摂取による副作用のため、試験中に焦りや混乱が生じる可能性が高いからだ。そういった無駄な感情はイージーミスを誘発してしまう。それに対し、高級ユンケルは薬草を中心とした配合であり、飲むと頭が冴えて心が落ち着く。高級ユンケル服用前と後では、文字を冷静に読み解く能力が変わる。服用に [続きを読む]
  • 建築法規では語尾と主語に注意
  • 建築法規では、語尾と固有名詞に注意しましょう。具体的には、1.語尾の場合10mという長さに対しxという数値が与えられた場合、語尾が・10m未満(10>x)・10mを越える(10・10m以下(10≧x)・10m以上(10≦x)の4パターンあることです。通常、仮に10mという距離を採用すると、建築物の環境の変化などで容易に距離が変化するものですから、建築士の試験でわざわざ執拗に語尾に拘るのは首を傾げたくなりますが、これが日本の現代の建築士の [続きを読む]
  • 建築法令で高得点を出す方法
  • 建築法令のテストは、全て法令集を引いて解くというイメージがありますが、それをすると非常に損をします。建築法令の問題も、ある程度過去の問題の正解や、選択肢で記述されていた内容のものも出てきます。そういった内容の問題が試験に出た場合、過去問の内容を覚えていれば、正解を出すまでに法令集を引く回数が減ります。そして、二級建築士と言えども資格なので、出題者も資格を取る上で必ず正解してもらいたい問題を作ります [続きを読む]
  • 建築法規の最後の3問は捨てるべき
  • 建築法規の最後の約3問は捨てましょう。何故かと言いますと、1.建築関係法令集に掲載されていない可能性が高い2.建築基準法、建築基準法例、建築士法に掲載されていない複雑な問題が出題される3.上記2点の理由があるので、確実に正解する事が不可能に近く、可能であったとしても時間がかかりすぎるため解くべきではないからです。過去、民法の複雑な問題が何故か二級建築士の試験の問題として出題された例もあるほどなので。まさに [続きを読む]
  • 幻聴を聞いても勉強を止めない
  • 俺みたいに、重度の精神障害患うと、努力する事が難しくなる。例えば俺、長時間勉強し続けると、精神が悲鳴を上げて幻聴を必ず聞く。幻聴は魂の悲鳴みたいな物で、勉強を辞めさせようと、俺の精神の弱みばかり突いてくる。そして、たまに精神への攻撃がクリティカルヒットして、頭が回らなくなる時がある。頭が回らなくなったら、俺は俺を精神障害者にした連中への怨みを気力に変えて、なんとか勉強を止めない様に必死に勉強に食ら [続きを読む]