a vacant mind さん プロフィール

  •  
a vacant mindさん: a vacant mind
ハンドル名a vacant mind さん
ブログタイトルa vacant mind
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/lemulia
サイト紹介文虚無と音楽
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供990回 / 365日(平均19.0回/週) - 参加 2015/09/02 20:20

a vacant mind さんのブログ記事

  • 感覚がどうしてもおかしくなっている宇宙とかそれすらもそう大したことではないようなかたちそのものがまるで暗号のようだかたちは容れ物でしかなくて宇宙そのものもまた永遠ではない人の意識だと無限にも感じられるだろうがここでわたしは壮大さとは無縁のミニマリズムに陥り何をする訳でもなく生きることを謳歌するでもなく 封印されたパンドラの匣を封印したまま逝ってしまってもいい生きようとしないそれはずっと死ぬまで付い [続きを読む]
  • ichiko aoba - tōi akogare
  • 疲れすぎてなにもできなかった一日寝ているような状態健康体じゃなのだと改めて実感する青葉市子を聴き始めてのは僕が病院で狭心症の告知を受けたとき先生に健康管理しないと5年は持たないよと釘を刺された終わりじゃないが終わってもいいかなと内心思いながらそんなときに青葉市子をYoutubeかなにかで聴いたのだろう気づけば全アルバム購入してましたヌアームはちょっと別物だけどそう変わりはない [続きを読む]
  • Ministry - Jesus Built My Hotrod
  • そういえばこういう音楽ばかり聴いていた時期があったこういう曲を聴きながらニューエイジみたいなのを聴いていたいやジャンルは無視で聴いていたフォルクローレや童謡にハードロックなど混ぜて聴く再生する装置を何台か同時に鳴らして聴いていたラジオだと演歌も混ざるが・・・まああのころ演歌もヒット曲だったし演歌だけはCDの棚にはありません [続きを読む]
  • 心臓
  • 鼓動がおかしいかも病院へ行くべきか?締め付けられる痛みはない日常生活に不便はない仕事をセーブすべきかもやはり体あっての仕事でしかないからもともと仕事人間でもないし長生きは考えていないがまだ私の年齢で死ぬのは早いか?どちらかというと高齢になった時の方が心配だそこまで生きらないだろうな訪れる日はただ訪れるのでしょうから [続きを読む]
  • sandy Denny - I'm a Dreamer
  • 夢は見ているけどあまり楽しくはないそんな夢ばかりだサンディー・デニーのこの曲はどんな歌詞なんだろう?訳してみたこともないし訳さなくてもいいかサンディー・デニー後期の曲 [続きを読む]
  • Kirsty MacColl - I Am Afraid
  • 女性ボーカルを聴くようになったのはサンディー・デニーからカティス・マッコールはThe Smiths関連で聴き始めたどちらの女性も強い意志を感じる人音楽ではそういう女性アーティストを無意識に選んでいるそういえば「がんばれ」という音楽はあまり聴かないな [続きを読む]
  • 狭苦しい
  • わたしであることあまり意識しなくなったしても変わりないから変えようのない存在ならば変えようとしても仕方のないこと人間である・・・それだけのことわたしがわたしに制限をかけている暴走はしないけれど視野がとても狭いのでしょうね変化をあまり好まないのでしょうそれで生きていることが息苦しくなる閉じ込めてしまったことが多すぎてなにを閉じ込めたのかも忘れてしまったわたしの思考は恐ろしく狭苦しいそれでも生きられた [続きを読む]
  • Busca bien y no molestes - Juana Molina
  • 55歳になっても精力的に活動しているファナ・モリーナというか年を重ねるほどにやりたいことをやっているような新作も発表されるようですアルゼンチンの音楽シーンは知らないがこういう女性が活動できるということそのものが軍国主義だったころとは違うところアルゼンチンだろうがどこの国だろうがあまり関係なくなりました [続きを読む]
  • 霊感ない
  • 幽霊は見えないけれどそれでも気味の悪いところは察知できる 何となく近づかない方がいいところがある木が歪んでたり空気が淀んでいるようなところなのでスナックなど閉ざされて窓がない空間は苦手だ霊感ある人も身近にいるが見えない方が怖いとか言っていた [続きを読む]
  • Mike Oldfield - Tubular Bells (Exorcist Theme)
  • エクソシストのテーマ曲わたしはマイク・オールドフィールドのファースト・アルバムという認識で購入エクソシストが普通にテレビ放映されたいたんですよねこういうタイプの映画はあまり扱われなくなっているけどTVアニメ「青の祓魔師 京都不浄王篇」という番組もやはり深夜帯に放映現在のテレビの放映基準はよくわからないスポンサーべったり過ぎて気持ちが悪いくらいだリアルな怪物が闊歩しているのが現在なのでしょう人の姿をし [続きを読む]
  • Robert Wyatt & Kramer / Free Will & Testament
  • ときどき聴きたくなる曲なのですこのアルバムは入手ができるのだろうか?難しいかもしれないA Remark Hugh Made / Hugh Hopper & Kramerというアルバムロバート・ワイアットのアルバムにも収録されていますヒット曲に飽きていたころこういう曲は不思議と惹かれた [続きを読む]
  • 黒子
  • 中学か小学高学年のころ知らないうちに首の後ろに血が滲んでいたこのころが思い出せないでいる見えないので絆創膏を貼っていればいいやと思ったそれがいつしか黒子になっていた偏頭痛で集会などで倒れていたころ訳のわからないことを言うとよく怒られていたもうなにもかもわかっているから知ることはないそんなことを言えば頭おかしな人だなおかしなことが現実逃避だとしでも未知との遭遇みたいなものは勘弁してもらいたい見えなく [続きを読む]
  • すぴりちゅある
  • 本当は関わりたかったが地元でそういう人たちは王様になりがち周囲のことなんて関係がない宗教ももはや拠り所というには頼りないどこかに商売という雰囲気がある本質的に本人がどう向き合うかがすべて誤った方向へ導かれれば妄信ということもありうるわたしはそこにいるのかいないのかわかった上での関りなら問題はないでしょう心の問題において現実の世界で信ずるべきものはなかったなので師と呼べるような人はいない共鳴できるも [続きを読む]
  • Dream Theater - Vacant
  • 虚ろな気分どこか遠くを目指していたような悪夢とともに目覚めたおかしいままに設定された事柄ピラミッド構造そのものは欠陥以外のなにものでもなくてそれを意識して作り出すことの限界点を意識できない [続きを読む]
  • Blackmill - One
  • Blackmill - Oneどなたでしょう?イギリスの人というのはわかるというかこのジャンルはもはやよくわからないしジャンルは関係ないかCDという媒体は然程重要ではないようです聴こえてくる音はこれまたそう新しいということもない新しいはもはや難しいことなのでしょう [続きを読む]
  • 闇の向こうに
  • 小学生のころ此の世はすでに終わったものとしていたはじめることもなく終わっていた何も認識できなかったし言語そのものが理解できなかった 何かを言っているようだが何だかよくわからない人間が化物にしか見えなったよく怒ってらっしゃったのは聞いていないように感じたからでしょう聞いてるけれどわからないだけのこと孤独すらわかっていなかったしその意味すらたどり着けませんひとりぽっんと佇む喪失感なのかなんなのかいつま [続きを読む]
  • Chara - 70%―夕暮れのうた
  • ラジオから流れてきたなんだか懐かしい懐かしいけどそのころ何をしてたのだろう?記憶を遡ることもなくなっていくどうしてだろう?すべてが横につながっていくそして円を描くようにして空間の感覚もなくなっていく [続きを読む]
  • Sia - California Dreamin'
  • Sia - California Dreamin' (Music Video)ママス&パパスのカリフォルニア・ドリーム反戦歌なども歌っていましたねそのカバー曲でSiaが歌っていますというかそういえばこのブログでも前に紹介したようなといってアルバムをもっていた訳でもない今日期間限定版の1000フォームズ・オブ・フィアーが千円で売っていたので購入アデルとも共演したことがあるとか?というかアデルも知っているけどよく知らない [続きを読む]
  • Your ghost- Kristin Hersh
  • あなたは幽霊?いてもいなくてもいいからかそうありたいとも思っていた認識されない存在意図している割には苦痛が伴うな生きていることを突きつけられるようでそう勝手に認識しているだけなのだろう生きにくくすることをしているのでしょう [続きを読む]