a vacant mind さん プロフィール

  •  
a vacant mindさん: a vacant mind
ハンドル名a vacant mind さん
ブログタイトルa vacant mind
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/lemulia
サイト紹介文虚無と音楽
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1094回 / 365日(平均21.0回/週) - 参加 2015/09/02 20:20

a vacant mind さんのブログ記事

  • Screaming Trees - All I Know
  • このアルバムだけじゃ買いたいと思わないな音楽を聴いてなかったら買わなかった・・・聴いたことないから買ったけどネットがあるので購入しやすくなった不便なころは電話やハガキですからでもレコードホップにはたくさんの音楽が並んでいた現在は売れているものしかない感じがする中途半端な在庫揃えで私の足は遠のくばかり [続きを読む]
  • Hawk wind : Space Is Deep
  • 何枚かあるホークウィンド何故に買うのかあまりラジオとかテレビでは聴かないし見れなかったから現在ならYoutubeで見れたりするのですけどモータヘッドのレミーが在籍したバンドそういう風に聴いていた訳ではない変な音楽ぽいなと思って聴き始めたもちろん変でしたけど [続きを読む]
  • 溢れる雑念
  • 考えなくてはならないことが雑念に掻き消されるそれはこれまでずっとそうだったかもしれないなので集中力が切れてしまう雑念に覆われてしまうのは思考の問題?だからカウンセリングを必要としたのでしょうまあしないよりした方がよかったとは思うしかし堂々巡りを断ち切るためには私を認識しないといけない認識できなかったな・・・認識したくなかったそう簡単なこと簡単だからこそ受け入れがたいもの苦痛しかないのでズシリと錘を [続きを読む]
  • Camel - Landscapes
  • 考えなくてはならないことが雑念に掻き消されるそれはこれまでずっとそうだったかもしれないなので集中力が切れてしまう雑念に覆われてしまうのは思考の問題?だからカウンセリングを必要としたのでしょうまあしないよりした方がよかったとは思うしかし堂々巡りを断ち切るためには私を認識しないといけない認識できなかったな・・・認識したくなかったそう簡単なこと簡単だからこそ受け入れがたいもの苦痛しかないのでズシリと錘を [続きを読む]
  • Communards - La Dolarosa
  • このアルバムはLPでレンタルしたもの後にCDで買いましたがわたしがいろんな音楽を聴き始めたころジャズやクラシック、童謡やハードロック、ポップス民族音楽やら再生する機械を同時に再生するのが好きだったもちろん微妙な空間になりますラジオでオフコースが流れている横でコミュナーーズですああでも合わなくはないなと思ったり途中でノイズが混ざり合うとカオスになる [続きを読む]
  • 日常
  • 変わりばえのない日々そうしてしまったのは自分自身日常に潤いも何もあったものではない狂ってないよズレているだけ狂いそうな時は呼吸すら困難になる孤絶したときをつくりだしたくもないわたしがつくりだしていたものは全てを破壊したかったがあまりに非力それでも破片は突き刺さったまま大いなる孤独だと叫んでみても虚しさは心底凍えた [続きを読む]
  • Tyrannosaurus Rex - The Seal Of Seasons
  • 手放してしまったティラノザウルスレックスT-REXとは違うけどフォークどちらかというとTyrannosaurus Rex の方が好みでしたドノヴァンもこれ位の時期じゃないでしょうか個性ある人がたくさんいた時代なのに何故に無個性な時代へ突入したんでしょうトランプとか冗談にしか思えませんでしたから [続きを読む]
  • Donovan-The River Song
  • ドノヴァンはベスト盤を購入してから聴き始めたイギリスのボブ・デイランとか?そんな風なイメージで聴いたのですでも歪んだ感じがよかったのですフォークロックが畝っている変な感じでしたでもいろんなアーティストが影響を受けているみたいだし有名なんだなと音楽雑誌とかで知りましたが [続きを読む]
  • 33
  • 週末にはこの世の終わりそんな記事が飛び交ってます考えるとそれを待ち望んでいる人たちも大勢いるわけです死にたくても死ねない状況もつくられています貧困に喘ぐ人たちに罵声すら浴びせる人たちもいるのですから安全地帯があるからこその暴言なのでしょうけど33という数字に意味があるそうなのですがこの星ですら滅亡に何度となく遭遇しているはずです人間世界の基準など呆気ないほどに消滅してもおかしくもない未来永劫続くもの [続きを読む]
  • 10000 maniacs - everyday is like sunday
  • モリッシーのカバーモリッシーもガンで活動も徐々に減ってきているようだもう58歳になっているんだ死ぬときは死ぬんだよといたって冷静のようだがあえて10000 maniacsのカバーにしたけど活動時期とか同期くらいかな?インディーズロックなんてアメリカでは言われていたREMもその象徴的なバンドだった?そういう風に意識して聴いたことはなかったので変なアルバムジャケットだから購入したわたしおかしいんですと叫びたかったころ [続きを読む]
  • Daisy Jane - America
  • 普通がなんなのか考えてもいいがもはや普通なんてものはないのでしょうその時々で変わってしまうものだから昔聴いていた音楽と現在聴いている音楽にそう差はない?わかりにくいものが好きになってましたわかりにくくないと思うけど理解はされないまあそんなものだアメリカならまだ親しみやすいかもしれないTHE NIHILIST SPASM BANDは楽器からして手作り変わった楽器を使ってノイズなので何かおかしい [続きを読む]
  • 彼岸花
  • 計ったようにお彼岸に咲く花まだ咲いてないなと思ったらいつの間にか咲いているそのうち自宅でも見れるでしょう昨日撮った白い彼岸花黒い蝶が止まっていましたわかりにくいけど [続きを読む]
  • キセル −くちなしの丘
  • ふとキセルのこの曲が頭に浮かんだ台風一過で青空時の流れが零れ落ちるように感じますどこかへ行ってしまったわたしはわたしであることを意識して遮断できるようになったそれはいいことか悪いことかわかりません子供のころの記憶がやけに頭に浮かんできますそれはとても重苦しい扉の前なのだけど [続きを読む]
  • 心療内科
  • 20代の頃は誰にも話さないでいた頭がおかしいことを認めたくなかったからおかしいから働いて病院代を稼ごうとしたのでしょうわたしである違和感がどうすることもできなかったまあいろいろ調べるほどに色んな病名をつけることができた病名も時代とともに変わっていきます明らかに現在の方が全体的に危機な状況だろうおかしくなっていることにすら気付けなくなっている負担が一箇所に集まり分散させる機能が機能しない人のことを考え [続きを読む]
  • 3月のライオン
  • きのうの台風小康状態のときにレンタルしてきました気にはなっていたけど借りてはいなかったNHKで放映されていたようですすでに第2シーズンが放映されるとか実際見てみるとやはりそうだろうなと思えるものでしたといっても4巻までしかありませんでした実写版もそろそろレンタルにでるのでしょう? [続きを読む]
  • Tenniscoats & Secai - メルトホルン (Melt Horn)
  • Tenniscoats & Secai - メルトホルン (Melt Horn)また今日も午前中寝ていました台風の影響かもしれませんいやただ疲れているだけ?思っていたよりも台風が私の住んでいるところから遠ざかっているようですこのごろ多いんです台風が近づいても遠ざかっているような台風のエネルギーを吸収するなんて思いながら妄想していましたアメミールというアプリを見ると随分と上の方に行ったんだと確認できました [続きを読む]
  • Fennesz - Laguna
  • 台風が接近していますなのに家の外では鈴虫が鳴いている?警報は飛び交っていますが嵐の前の静けさでしょうか?子供のころなら台風は喜んだものですが(休みの日以外)あまりの静けさに恐ろしいものもあります [続きを読む]
  • 台風避難準備
  • 広報車の拡声器で起きた今朝は病院へ行って昼前には寝てましたから激しい雨の中に車で病院へ普段は自転車で行くのですが車の乗り降りだけでも濡れてしまうほどまだ風はないのですが風が来たら大変でしょう [続きを読む]
  • クサカゲロウ
  • 今日仕事中ずっと車にクサカゲロウがいたどこから入ってきたのでしょう?薄緑色のカゲロウかな?クサは草ではなく臭いだそうです運転中ずっと周りをうろうろしていましたカゲロウだから儚い命だからまあ気にせずに運転していました夕方そういえば見なかったなどこかへ行ったのでしょう [続きを読む]
  • Soft Machine - A Certain Kind
  • やわらかい機械そのまま解釈して買ったのかがソフト・マシーンというか全然知らなかったけどCDショップ?レコードショップで購入全然知らないからライナーノーツに書いてあったカンタベリーロックとは何ぞや?ジャズロック?まあ聴きなれない音楽でした巷にあふれたハードロックとはあまりに趣が違い過ぎて面白がってました [続きを読む]