黒糖くるみ。 さん プロフィール

  •  
黒糖くるみ。さん: 良質節約生活。100万円/1年
ハンドル名黒糖くるみ。 さん
ブログタイトル良質節約生活。100万円/1年
ブログURLhttp://happylalastyle3104.blog101.fc2.com/
サイト紹介文夫の手取り給料18,5万円でも専業主婦です。ネット副業や株で副収入を得ています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 298日(平均2.3回/週) - 参加 2015/09/08 09:48

黒糖くるみ。 さんのブログ記事

  • あなたは本当に貧乏ですか?
  • 最近は体力がないので、外国の方とお話できる場に行くことはほどんどないのですが昔は、英語の勉強がしたくて国際交流センターとか留学生センターみたいな外国人の集まる場所に毎日のように通っていた時期がありました。別に英語教室が開かれていたというわけではなく図書館代わりにセンターを利用している外国人に無差別に話しかけるという作戦を決行していただけ(笑)ちょうど私がそんなことをしていた時期はそういう無料で外国 [続きを読む]
  • 【節約】何から始めたらいい?*まずは支出を3種類に分けてみよう!
  • 貯金ができるようになるには支出をコントロールする必要があるのは周知のことですが、上手に支出をコントロールできる私流の考え方を書いてみたいと思います。 我が家では支出をこのように分けて考えます。 ■消費(日常生活で最低限必要な出費) ■浪費(自分の収入に合わない贅沢な出費) ■投資(のちの利益のために先に払っておく出費)2人家族で収入20万円前後(賃貸在住)を想定して例えを書いてみます。■■■消費■■ [続きを読む]
  • どうして私は貯金ができないの?■貯金ができる考え方
  • かつての私自身も含めて、「貯金ができない人」の考え方にはある、初歩的な間違いがある場合が多いようにかんじます。どこがどう、どう、間違っているのかをシリーズで書いてゆこうと思います。 【1回目】は収支の基本です。貯金できない人の多くが、お給料をある程度使ってから、残ったお金を貯金しようとします。これが、そもそも「貯金のできない人の行動」なのです。???何を言っているの?と、思われる方も多いと思います [続きを読む]
  • IKEA(イケア)*ソーラーデスクライトの口コミです
  • ずいぶん前、IKEAにぶらっと遊びに行ったとき、前々から気になっていたソーラー充電の卓上ライトを買いました。このタイプです(・∀・)890円だったか、980円だったか、忘れてしまったのですが間違いなく1000円は切っていました。だから、衝動買いしてしまったのですが。色の品揃えも多く、センスのいい方はカラフルにお部屋を彩るんだろうな〜と思いつつも、センスのない私は無難にホワイトを買いました。買ってみた感想 [続きを読む]
  • 天井の電気ははずしています
  • ■我が家の照明に対する考え方全ての照明を外しているわけではありませんが、特に天井に照明をつけておく必要がないと感じた場所の照明ははずしています。必要なときに、必要なぶんだけ照らす。これが、我が家の照明に対する考え方です。よくよく考えてみれば、各部屋に照明がつくようになったのって世界の照明の歴史から言えばわりと最近。それまで人間の照明の歴史は、ろうそく・たいまつ・ランタン・行燈(あんどん)などで明か [続きを読む]
  • 新築マンションに引越す前に買っておきたい傷予防用品
  • 私たち夫婦が新築マンションを買うに当たって、真っ先に準備したのは以下の3点。リセールすることも考えて、できるだけ、部屋にダメージを与えずに使いたい。でも、入居説明会のフローリングコート(床のワックスコーティング)の業者さんに全室お願いすると、なんと80万円くらいするとのこと。ですので、私たちは業者さんにウチの床に適したワックスの種類を聞き、自分たちでワックスがけすることにしました。さらに、引越時で [続きを読む]
  • 楽天ポイントを4倍にする方法*実際のポイント明細画像公開
  • ■楽天カードを使うと、常時楽天ポイントが4倍取りできます。■楽天ポイント4倍取りのやり方1・楽天カードを作る。2・楽天銀行に口座を作り、楽天銀行のハッピープログラムの要件を満たす。3・1か月に1回、楽天市場アプリを利用する。たった、これだけで、常時楽天ポイント4倍取りができます。■銀行の金利を100倍にできる方法楽天ポイント攻略法の記事で、銀行の金利が100倍になる方法も書いておきましたので、よろ [続きを読む]
  • 子供をアレルギーにしないために*衛生仮説
  •  世の中に子供をアレルギー体質にしたいお母さんなんて一人もいないでしょう。ですが、お母さんの子供を守りたいという気持ちが強すぎるあまりに、子供をアレルギーにしてしまっているケースが近年増えているようです。 実は、最近衛生仮説という仮説が、研究者たちによって証明されようとしています。衛生仮説とは 成長期に過度に無菌状態だと【抗体(体内で病気と闘う物質)】を作る機会が少なくなり、【抵抗力の弱い子供にな [続きを読む]
  • 除菌剤を使わない理由
  • 【雑菌】と聞くと皆さんどんなものを想像しますか?風邪、食中毒などの原因で【悪者】というイメージを思い浮かべる方が多いと思います。実は【雑菌】は生物(=人間)の生活に切っても切れない深い縁があるのをご存知でしょうか?雑菌と聞くと何となく悪いイメージがありますが【常在菌】と言われたら少しイメージが変わりませんか?雑菌は【微生物】でもありますし、【たんぱく質】でもあります。【たんぱく質】と言われると少し [続きを読む]
  • 除菌ブームの危険性と衛生仮説
  •  近年、日本ではやや神経質な程に、雑菌を恐れる傾向が見られる。特に1990年以降では【強迫神経症】(または恐怖症)によって、従来から見られた潔癖症とは全く異なる、不潔である事に恐怖心すら抱く人が増える傾向にあります。これらの人々では、電車のつり革に触れなかったり、公共の装置(自動販売機など)のボタンが操作できなかったりといった傾向も見られ、重度の人に在っては、外出もままならなくなる程に恐怖心を抱く人も [続きを読む]
  • 体を拭いたバスタオルは何回に1回洗いますか?
  • お風呂あがりに体を拭いたバスタオル。1回、1回洗っていますか?私はもともと3回くらい使ったら洗う派だったのですが、夫と暮らし始めた当初夫は「1回体を拭いたバスタオルを干してまた使う。」ということに、とても抵抗がある人でした。たしかに、体を拭いたバスタオルには雑菌が繁殖しやすくなります。体を拭く、拭かないにかぎらず、タオルであるないにかぎらず、布類は水分を含ませると、雑菌が繁殖します。雑菌にとっては [続きを読む]
  • ハピタスの友達紹介ポイントでおこづかいかせぎ
  • かしこく使えば、色んなサイトやクレジットカードのポイントを二重取り、三重取りできるポイントサイト。私が一番便利に使っているのはハピタスです。ハピタスのすごいところは、自分自身が貧乏でそんなにお買い物ができなくても、SNS、ブログでパピタスを紹介、または、直接メールでお友達にハピタスを紹介するだけで、入会してくれてお友達が毎月ゲットしたポイントの最大40%があなたの元に入るのです。この画像の通り、私は [続きを読む]
  • お金をとるか?命をとるか?
  • 前回の記事は夫婦関係が落ち着けば浪費もしなくなるで■お金をとるか?命をとるか? 浪費ぐらいで済めばいいですが、明らかに過労で癌や内臓の病気になる人、うつ病の末期症状の「自殺思念」が出てしまい自殺する人(これは表ざたにならないことが多い。交通事故や発作で死んだことになる。)、高いお給料をもらって、重い責任を背負った人は長生きしてない気がします。 はた目から見て、明らかに過労死であっても、家族は裁判を [続きを読む]
  • 夫婦関係が落ち着けば浪費もしなくなる
  • 前回の記事私たち夫婦が節約家になれた理由でどうぞ。そして冷静に考えてみると、本当に欲しくて買っているものではなくて「みんなが持ってるから」とか「見栄を張りたいから」という理由で買っていただけの物だから、余計に心が満たされない。逆に、さして欲しくもないものを収入に不釣合いなぐらい買ってしまうから満たされないどころが、そこから苦しみが生まれてしまう。私は借金してまで買い物をしたことはありませんが夫にい [続きを読む]
  • 私たち夫婦が節約家になれた理由*節約家になるにはどうしたらいいの?
  • ■なぜ夫婦二人とも節約家になったのか?今は、ちゃんと節約をして質素な生活水準でそれなりの金額を貯金できていますが私がちゃんと節約できるようになった大きな理由があります。私よりもはるかに浪費家だった夫も同じ理由で節約できるようになりました。その理由はなにか?過去に庶民には不釣合いな、とんでもない浪費を何回も繰り返してものすご〜く後悔したということが、その理由。は?と思うかも知れませんが、私達夫婦は頭 [続きを読む]
  • 人生の苦しみに終わりはない
  •  40歳も過ぎてくると頭も体も衰えてきて、老化に逆らうためにいろいろとあがいています。 具体的に何をやっているかは→40歳からの自分を高める努力 最近、老化と闘っていて思うことは、「楽して何かを得る。」ということはないんだな〜ということ。これは老化と闘っているから思ったことでもありますが、自分の人生を振り返った時も、同じことを思うのです。若いころは、ほうっておいても何とか体はいうことをきくし、多少 [続きを読む]
  • 40歳からの自分を高める努力
  •  自分の体力や能力を高められるかどうかは自信がありませんが、これ以上、衰えさせないために必死に本を読んだり、脳トレをしたりしています。やはり加齢とともに切迫感も増してきました… 体の健康面では、栄養学・生理学・中医学など体ケアの本を買うことが多いです。書店で物色して、「これは定期的に読み直したい。」とか「これは手元に置いておいて、分からないことがあった時はすぐに調べられるようにしたい。」と思った本 [続きを読む]
  • 54歳から25歳になりました。
  •  加齢にともなって、生活や仕事の中で、「えっ?!これ私がやったの?!」というような、ひどいうっかりミスを連発することが増えてきました。 そのため、脳トレを始めようと一部、楽天ポイントを使って、3DSを買ってはみたものの、どの脳トレソフトを買っていいのか分からず、しばらく箱に入ったままになっていました。>>> 貯金ランキング   ゲームソフトは安くても2500円〜4000円はするし、パッケージを開けてし [続きを読む]
  • 処方箋のお薬を常時1,5%引きに。薬代の節約
  • 医療費や薬代は少しもマケてくれないと思っている方も少なくないでしょう。ですが、ちょっと裏ワザを使えば少しは安くなります。今日は、そこら辺のことを書いてみようと思います。■ウェルシアで楽天ポイントとTポイントの二重取り私は今、関東圏に住んでいるので、「ウェルシア」さんで処方薬を買っています。その時に、楽天カードで支払うことで1%引きになり、さらに、ウェルシアTポイントカードを提示することで0.5%引き [続きを読む]
  • 夫/旦那は妻が育てるもの■夫の出世は妻しだい【2】
  • 前回の記事-夫/旦那は妻が育てるもの■夫の出世は妻しだい【2】■私が夫のビジネス家庭教師になった 社内・社外メールの書き方、敬語(丁寧語、謙譲語、尊敬語の使い分け)、ちょっとした英語(コンプラ・プライオリティーなどなど、最近は日常会話に英単語が多様されるのでね…)オフィス内での暗黙の了解的なこと、夫が家に帰ってきたら、毎日毎日教えました。毎日、夫の帰宅後2〜5時間は夫の話を聞き、この人に対しては、こ [続きを読む]
  • 夫/旦那は妻が育てるもの■夫の出世は妻しだい【1】
  • 前回の記事はあなたの夫/旦那の給料は本当に少ないのか?です。■そもそもアンケートってどうなの? さらに、中央値を見たところで、民間調査ごときで、どこまで本当のことを聞き出せてるのか?ということも気になります。どういう方法で年収のアンケートをとっているのか知りませんが何かのアンケートで自分の家の年収を正直に「本当の金額」で答える人の割合はどれくらいなのでしょう。 もし私が何かのアンケートに答えるとし [続きを読む]
  • あなたの夫/旦那の給料は本当に少ないのか?
  • ■結婚は相互扶助です 私は夫の収入額に不平不満を言う人が苦手です。私個人の考えでは夫の収入が多くないのであれば、妻がそのぶんを補えばよいと考えるからです。結婚式を挙げたこのとのある方なら、ご存じかもしれませんが、結婚式では以下のような言葉を誓います。 「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命あ [続きを読む]
  • 送料を払ってもネット買いがお得!
  • しばらく前、お部屋の照明用の蛍光灯が切れてしまい新しい蛍光灯を買わなければいけなくなりました。どこにでも売っている、定形の蛍光灯ならどこで買ってもお値段にそんなに差はないのかもしれませんが、我が家の照明に使っている蛍光灯は、ちょっと変わった形をしています。ですので、近所の大手家電量販店に行っても売っていないかもしれないので、楽天市場で一応どういった型番か、お値段が平均でおいくらくらいか調べてみまし [続きを読む]
  • ピザハットのピザ1枚を宅配で一番安く買う方法
  • ■たまにどうしても食べたくなるジャンクフードワタクシもう40をとうに過ぎた中年のおばさんなので食事には気を使わなければいけないお年頃。だけど、どう考えても不健康な体には良くないアメリカンなジャンクフードをどうしても食べたくなる時ってありませんか?(私だけ?)私が好きなアメリカンピザ屋さんは「ピザハット」好きと言っても、年に数回程度しか頼みませんが。 (お金と健康の問題で…)私が好きなメニューは「ナ [続きを読む]
  • 私の愛用ネットショップ*ネットで価格を比較して買おう
  • ■大手通販の特徴を利用しよう 私が愛用してる総合通販(ようは何でも売ってるってこと)サイトは、楽天さんと、アマゾンさん。特に大量生産の商品の場合は、どこで買っても同じ品質なわけですから、型番をメモしておき、一番安いショップで買っています。 私自身の体感からいくと、こだわりのある高価格の商品を探すのに向いているのがアマゾン、同じ商品なら安いほうがいいという人に向いているのが楽天だと感じます。 さらに [続きを読む]