秩父・仙台まほろばの道 さん プロフィール

  •  
秩父・仙台まほろばの道さん: 秩父・仙台まほろばの道
ハンドル名秩父・仙台まほろばの道 さん
ブログタイトル秩父・仙台まほろばの道
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/inehapo
サイト紹介文秩父と東北地方の伝説・神話を探訪。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/09/03 08:33

秩父・仙台まほろばの道 さんのブログ記事

  • 秋田物部降臨地とノアの箱船
  • 人の怒りが蔓延しているのでしょうか?大洪水に落雷。1ヶ月近い毎日の雨。特に太平洋側は。しかーし、日本海側は晴れて青空がみえ、天気に恵まれました。お盆後、また行ってしまいました〜。北東北へ。主人とGO!今回は、Deeeeepすぎる旅でした。高速は使わず国道をコトコト進み、鬼首から秋田入り。雨で荒雄岳がみえず・・・。協和町の唐松神社→三倉神社→男鹿半島→老犬神社→十和田湖・奥入瀬→鹿角の大湯ストーンサークル [続きを読む]
  • 袋田の滝と狐の恩返し
  • 土蜘蛛と言われる人たちの伝承が多いのは、群馬県。ヤツカハギという名前が出てきますが、土蜘蛛とされる。 利根川流域に住んでいた話があり、「トネ」という名前から想像するに、やはり女性を象徴している名前だと思います。 羊太夫という名前も群馬県の多胡碑にあり、 羊太夫=八束脛(ヤツカハギ)という。 群馬から小鹿野の方へ入り、秩父の和銅開拓に早くに乗り出した人たちであり、そのルートをたどると同じ型の縄文土器が見 [続きを読む]
  • 土蜘蛛と八槻都々古別神社
  • ツツコパート2.(パルコpart2みたいに呼んでみる)もうツツコの呼び名がしっくりきてます・・・。私はもうツツコは終わったと思い、お腹いっぱい満たされたような気分で、田園風景をぼっけ〜と見てました。すると、運転していた主人が「あれ、立派な神社だよ」と言った。??振り返ると確かに大きな鳥居が見えました。まったくどこを走っているのかわからなかったので、マップで神社名を調べたら「八槻都々古別神社」とある!! [続きを読む]
  • 祭祀遺跡の石都々古別神社
  • 天栄村から石川町へ向かい、目指すはツツコ!一番、ここに寄りたかった。なぜなら、巨石がいっぱい〜♪後で知ったのですが、「いわつつこわけ」神社のツツコの由来が、ツトコである説があった。お盆前に、ツトコの話をしていたのですが、霊を降ろすのに巨石が必要だったのが、この神社へ来てわかりました。都々古和気神社は、他に2社(馬場と八槻)あり、奥国一ノ宮とされる。今回行った「石」がつく「いわつつこ」ですが、他の2 [続きを読む]
  • 天栄村の龍ヶ塚古墳
  • 以前、奥会津へ行った時に、龍ヶ塚古墳について妄想してました。と言っても妙見山でしたが。でもその時は実際、龍ヶ塚古墳へ行っていなかった。いつか行きたいと思っていた古墳なのですが、私が気になる東北の三大前方後円墳は、福島の龍ヶ塚古墳、宮城の雷神山古墳、岩手水沢の角塚古墳なのです。最後にずっと行けなかった天栄村の龍ヶ塚古墳にようやく行けたわけで、こんなに早く実現できると思わず、なんだか嬉しい。水沢の「角 [続きを読む]
  • 日本のカッパドキア:きのこ岩
  • お盆の帰省で高速道路も混雑していましたが、毎回、上りなので比較的すいています。今回は、時間がゆっくりとれたので郡山で高速をおり、いろんな所を巡ってきました。相変わらず、巨石萌え。まずは、浄土松公園。「園内にある奇岩「きのこ岩」は400万年前の凝灰岩が浸食されてできたものでトルコのカッパドキアと同様にフードゥーとも呼ばれ、一帯は県の名勝天然記念物に指定されている。」フードゥーとは、カナダのアルバータ州 [続きを読む]
  • みたまの飯
  • 今日は「山の日」なんだって?今年始めての祝日なのに、仙台は、毎日曇りと雨でどんより〜。オホーツク海のなんちゃら〜と言ってましたが、10年以上前かもしれないが、同じような夏があり、低温で寒くて秋のような雨だった日が続いていたのを覚えています。こればっかりは、しゃーない。お盆に入ると、今では夏休み〜♪という感じですね。ほとんどの会社が休みだし、帰省客で賑わう交通事情をみると、お盆休みだな〜と思います。 [続きを読む]
  • 毎年恒例の七夕祭り
  • 今年は、こっちは、夏らしくない天候が続いてます。とにかく、仙台の夏はいつも涼しいけれど、今年はもっと涼しい。というか、夏らしくないなあ。まだ、一度もエアコンをつけたことなし。扇風機も6月はよく使ってたけど、ここしばらく扇風機も使ってないなあ。風が強いんだよね。ここは。東の閖上と西の高舘山に挟まれているからなんだけど。でも、ジメっとした湿気が、七夕飾りと共に、まとわりついてくると、夏だな〜( ̄ − ̄) [続きを読む]
  • 十の世界と唐桑半島の御崎神社
  • ニュースをみて気になっているのが、アメリカが中国に圧力をかけている出来事。北朝鮮はあまり関係ないと思いますが。「秋田県の物部氏1」から、(2014年)〜長瀞まほろばお茶会の話から〜縄文人たちは、1,2,3,4という一つ一つの数字ではなく、一人ではない「対」になる存在があることを知っていたので、目に見えなくてもその「対面」している存在を「カムイ」とよび、それも含めて世の中をみていたそうだ。だから2乗 [続きを読む]
  • 名取ノ老女
  • 「ある時、山伏の霊夢に神があらわれた。梛の葉をもった高貴な人で、これを老女に渡してほしいと頼まれる。目が覚めると枕元に梛の葉があった。山伏は遠く陸奥までやってくる。山伏の手には梛の葉がにぎられていた。梛の葉は虫食いの跡があり、文字のように見えた。老眼の女主人にかわり山伏が読みあげたその文字は、「道遠し 年もやうゝ 老いにけり 思ひおこせよ 我も忘れじ」というものであった。この神歌を聞かされた老女は [続きを読む]
  • 巫女が伝承した女神山
  • 福島県の女神山の伝承は、出羽三山を開山した蜂子皇子の母のお墓が山頂に祀られていると伝わります。伝承では、蜂子皇子を慕って母親がはるばる都からやってきたのですが、ここで蚕の機織りを村人に伝え、機織姫として後世残してきた土地であるといわれる。しかし、息子の蜂子皇子と会うことができず、とうとう池に身を投げ亡くなったといわれます。それが小手姫伝承なのですが、実は、というか、やはりこの伝承には、巫女のシャー [続きを読む]
  • 慈覚大師(円仁)と大蛇伝説
  • 岩沼の岩蔵寺縁起より大蛇のこと--------------------------------------------------慈覚大師薬師如来勧請し給わんとて、この地に入り給うに深山宮を祈り奉り、願わくば薬師如来勧請の地の御山の中に貸しさしめ給えと祈念し給えども神堂拒み給いしや。御宮より官女現れ給い、慈覚大師に向かって曰く「この山成り難し」という。慈覚大師の曰く、「願わくば十年の間、貸し給え」とて証文を書き、官女に渡せり。官女この証文請取り忽 [続きを読む]
  • 古墳群の上にたつ加計学園
  • 渦中にある加計学園。せっかくなので、古墳の話をしよう。政治の話でなくて。ネットで今、ザワついた話がありまして、加計学園は、文化財級の長の古墳(前方後円墳と群衆墳)を壊して建てられるそうです。「加計学園」は愛媛・今治市に校舎を建設中の獣医学部。来春の開学に向けて急ピッチで工事が進んでいるが、実は建設地は、市内でも貴重な歴史的文化財が発掘された場所。6世紀後半(古墳時代後期)の前方後円墳「高地栗谷1号 [続きを読む]
  • 秋田物部氏のアヒル草文字
  • 先週、また「秋田物部文書」の本を図書館でかりてきまして、そろそろ8月に入る夏の時期になると、なぜか、秋田物部妄想にスイッチが入ってしまいます…。2014年の夏に秋田唐松神社へより、妄想ブログ書いてましたが、それ以来、梅雨明けのお盆近くになると秋田物部妄想をしてしまう。2015年の8月もアテルイと物部氏の妄想し、暑い中、出羽神社(胆沢)に行ったのを覚えています。今回も、8月に秋田の方へ行く予定なので [続きを読む]
  • やまゆりの森に癒されて
  • 大衡村の「昭和万葉の森」へ行ってきました。やまゆりが群生している森です。「昭和天皇行幸啓の地」昭和30年4月6日、当地(黒川郡大衡村字平林)で昭和天皇が御臨席のもとに全国から6千余名が参加して、第六回全国植樹祭りが開催されました。当時、本県の森林は、戦中戦後の乱伐、過伐により荒廃し、しばし洪水に見舞われて甚大な被害を受けていました。この苦い経験をなめた県民は、全国に先かけ緑化運動を展開し、荒廃した [続きを読む]
  • 義経の恋人:皆鶴姫伝説
  • 義経が京都・鞍馬山(鞍馬寺)で修業をしていた頃のこと。義経に想いを寄せる皆鶴姫が、義経のために父・鬼一法眼のもとから中国伝来の兵法書を盗み出した。義経が奥州へ出奔した後、そのことを知った鬼一法眼は皆鶴姫を罰するため舟に乗せて海に流したという。その舟が流れついたのが、気仙沼市松崎前浜の母体田海岸。夢のお告げでそれを知った義経は、姫の遺骨と観音像を見つけだし、平泉と気仙沼の中間に観音寺を建てて祀ったと [続きを読む]
  • 倭姫命の遠流志別石神社 その2
  • ところで、不思議な写真がとれました。これは遠流志別石神社の入口に祀られている「黄金山神社」ですが、「黄金」が薄くなって「山神社」とよめる。なんか変ですよね。あれ?おかしいな?と思ったのは、遠くから「黄金山」の文字がみえたはず。でもこの写真だと、画像処理したみたいに、「黄金」が薄くなっている。右上には、「金華山」の文字があります。実は、この登米に行く前に、金鉱脈について書いてました。だから、金くさい [続きを読む]
  • 倭姫命の遠流志別石神社 その1
  • これはちょっと複雑で長い妄想になりそうですが、具体的にどんな神なのかわかりません。遠流志別石神社は、「石」ではなく、「君」の誤りで、本来は、「邑良志別君 宇蘇弥奈(おらしべのきみ うそみな、生没年不詳)」を祀るという神社なのです。邑良志別君は、奈良時代の東北蝦夷(陸奥国の蝦夷)。第三等(朝廷が蝦夷に与えた爵位第三位)。後世では東北地方の各神社で祀られており、蝦夷の人物神とされ、「オラシ」の名称に関し [続きを読む]
  • 大武丸の大嶽山と石神
  • 三十三年に一度のご開帳という情報を聞いてしまった。「ご開帳」という言葉に弱い・・・。しかも、33年ってどうよ。これ逃したら、次はいつよ・・・。(70歳は越えてるな…。)ということで、やっぱ、ご高齢の方がた〜くさん参拝してました。しかも、十一面観音様だ!キター━(゚∀゚).━その33年に一度というお寺は、登米市南方にある興福寺です。由来によると、「奥州三十三観音大嶽山興福寺 南方町の大嶽山には「大嶽の観音 [続きを読む]
  • 名取熊野老女物語
  • 新しく、名取老女の歴史をまとめたブログを開設しました。同じgooブログですが、今までまとめて書いたものも、こちらに引っ越ししましたので、よろしくお願いします。名取老女の考察が始まったのは、かつて熊野の荘園地だった所へ住み始めてからです。これからいろいろと、名取老女の姿がみえてくると思います。名取とご縁のある方が集まり、名取老女の子孫(守家の外孫)を中心に、「みちのくひかり歴史クラブ」が誕生しました。 [続きを読む]
  • 女川の復興と江島の話
  • 人魚の森のついでに、2年ぶりに女川へ行ってきました。女川は先に復興が進んで、早くに復興市場ができてましたが、どんどんまちづくりが進んでます。女川駅復興まちづくり 情報交流Webhttp://www.onagawa-info.com/revive/index.htmlかさあげ工事をしていて、このあたりが住宅になるそうです。病院はいつものようにありましたが、その上山に確か熊野神社があったと思うのですが、今は崩されて何もありません。どこかに移され [続きを読む]
  • 人魚の森
  • 宮城県桃生郡前谷地村の廣淵村の街道は、沼に産する魚類等を採取して生計を立てていた所。灌漑用水地として伊達家が廣淵沼を作ったのは300年前、大昔は入船出船に賑わう時代でした。いつの時代か定かではないが、入海の主として恐れられていた人魚があった。緑色の黒髪、1丈5尺(1丈=約3m)、半身金鱗に光輝く大きな人魚が浜間に出没し、入船をおそっていた。なんとかしてこの人魚を狩りたいが、散々な目にあわされる。戦 [続きを読む]
  • 国宝:那須国造の碑
  • 先月の話ですが、気仙沼へ行った次の日に宇都宮へ行き、法事を無事すませてきたところで、7月に入ったら、もうお休みモードになってます。暑いですねぇ。。。梅雨なのに、雨が少ないとこれまた心配。逆に、九州の豪雨がすごいですね。。。ご冥福をお祈りいたします。さて、宇都宮からの帰省途中で、善いものを拝観しました。笠石神社というのがありまして、群馬県多胡碑、宮城県多賀城碑と並んで、栃木県の那須国造碑が、三大古碑 [続きを読む]
  • 気仙沼の陰と陽
  • 先週、気仙沼と唐桑半島に(初!)上陸しました。なんて、陸で移動しましたけど。気仙沼へ行き、印象的だったのは、「相反する2つのもの」でした。前から女性性がどーのこーの言っておりましたが、陰と陽の融合というものが働いていた場所が、ケセンだったのかな、と思ったのです。海だから、渦巻きを想像するんです。唐桑半島の御崎神社境内にあった陽沼陰沼神社。半島にも、陽沼、陰沼というのがある(時間がなかったので行けな [続きを読む]
  • べんべこ太郎
  • 結構前の話ですが、以前から気になっていた伝説の場所へ行ってみました。天童にある妙見神社です。ここに不思議なお話が。。。----------------------------------------------------むがしむがしのごどだっけど。ある村さ一人の坊さま来てお経読みながら回ってだっけんだど。村さは宿なてねがったもんだがら、村人の家さ泊めでもらうごどにしたんだど。晩飯のあど、たまに家の人が悲しそうな顔してるもんだがら、坊さまが理由を聞 [続きを読む]