賭銭無の「週末はPhoto一息」 さん プロフィール

  •  
賭銭無の「週末はPhoto一息」さん: 賭銭無の「週末はPhoto一息」
ハンドル名賭銭無の「週末はPhoto一息」 さん
ブログタイトル賭銭無の「週末はPhoto一息」
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tojennear
サイト紹介文賭ける銭無しに陥った競馬から、カメラを趣味にして6年目で退社。“週末”が“いつでも”になりましたがタ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/09/03 21:30

賭銭無の「週末はPhoto一息」 さんのブログ記事

  • ダリア 「エンジェル」
  • 7月19日は町田ダリア園へ。初めての撮影になる品種を主に撮ってきました。まずは「エンジェル」。これぐらい咲いていれば、アップでも何枚かは撮れるというもの。花芯部はイエローがかっているものが多い中、ピンクを帯びたのも1輪だけありました。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「乱れ糸」
  • 花菖蒲の保存画像から「乱れ糸」。ほんのりと桃青色がかる淡い色彩の三英花。花径は13cm程度。伊勢系。「揚羽(あげは)」。明るい紅紫の単純な三英花。花径はおよそ14cm。江戸系。「勇獅子(いさみじし)」。澄んだ藍色地に白筋の入る八重踊り咲き、直径18cmを超える。江戸系。「連峰の雪」。品種データは不明。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「碧涛」
  • 花菖蒲の保存画像から「碧涛(へきとう)」。コバルトがかるルリ紺紫の六英花。花径はおよそ18cm程度。肥後系。「弥生鏡」。青味がかった桃色の三英花。花径はおよそ14cm程度。伊勢系。「麦秋」。紫の垂れ咲き三英花。花径はおよそ15cm程度。伊勢系。「平安」。品種データは不明。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「八橋」
  • 花菖蒲の保存画像から「八橋」。紫の六英花。花径はおよそ18cm程度。熊本花菖蒲の古花の一つ。「武蔵川」。純白の花弁に、鉾のみ青紫の細覆輪が入る三英花。花径は約18cm。江戸花菖蒲の古花の一つ次の二種は品種データが不明。「八乙女」。「風花」。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「八ケ岳」
  • 花菖蒲の保存画像から「八ケ岳」。白地に藤紫砂子と紫脈、鉾は紫の三英花。花径はおよそ14cm前後。江戸系。「爪紅」。白い花弁に鉾の先が薄紅に染まる。原種のノハナショウブに近い花形を持つ単純な三英花。長井古種。次の二種は品種データが不明。「登竜門」。「日本海」。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「長生殿」
  • 花菖蒲の保存画像から「長生殿」。白地にやや薄い紅紫の大覆輪。平咲きで花径はおよそ14cm程度。「小町娘」。白地にわずかに紅砂子が入り、紅細脈が入る。鉾は紅紫の三英花。花径約10cm程。「仙女の洞」。赤紫地に白の吹きかけ絞りの平咲き六英花。花径はおよそ16cm程度。「晴間錦」。品種データは不明。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「大紫」
  • 花菖蒲の保存画像から「大紫」。濃紅紫の三英花。花径はおよそ15cm程度。江戸花菖蒲の古花の一つ。「鷹の爪」。長井系古種の爪咲きの変化咲き。花径は約7cm。草丈は60cmほど。「千歳姫」。薄紫地に紫の縞が入る三英花。江戸系。「翠月」。品種データは不明。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「初鏡」
  • 花菖蒲の保存画像から「初鏡」。>桜色の三英花。花径はおよそ13cm程度。江戸系。1966年に作出。「初紅(はつくれない)」。白地に明るい紅色の大覆輪の入る三英花。江戸系で花径はおよそ14cm程度。1979年に作出。「初」のつく品種、3種目は「初衣」。残念ながら品種データは不明。今回日の最後は「古稀の色」。濃紺紫の六英から旗弁が出る半八重咲き。花径はおよそ16cm程。江戸系。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「群山の雪」
  • 花菖蒲の保存画像から「群山の雪」。シンプルで単純な花容を持つ純白の平咲き六英花。花径はおよそ14cm程度。江戸花菖蒲の古花の一つ。「花奴」。ごく薄い青紫地に濃い青紫の弁脈が浮き出る平咲きの六英花。「古都の夕日」。紅がかかる紫の三英花。江戸系の早生種。「紅れんげ」。品種データは不明。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「七小町」
  • 花菖蒲の保存画像から「七小町」。淡い青紫に白吹き掛け絞りの平咲き六英花。花径はおよそ16cm程度。「秋の曲」。濃紅色に白の絣絞りが入る三英花。「鎌田錦」薄藤紫に弁元白く抜け、白絞りがぼかす三英垂れ咲き。花径はおよそ14cm、草丈は50cm程度。「雅の錦」。品種データは不明。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「乙女」
  • 花菖蒲の保存画像から「乙女」。伊勢花菖蒲の古花の一つ。ピンクの三英垂れ咲き。花径は約14cm程度。「葵形」。ごく薄い紅紫地に紫脈、鉾紫の三英、直径14cm前後の中輪。江戸花菖蒲の古花の一つ。「夏姿」薄藤紫に弁元白く抜け、白絞りがぼかす三英垂れ咲き。花径はおよそ14cm程度の中輪。「旭丸」。紅紫無地三英垂れ咲き。花径は16cm前後。伊勢花菖蒲の古花の一つ。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「花笠」
  • 花菖蒲の保存画像から「花笠」。紅紫に白筋の入る六英花。花径はおよそ13cmほどの中輪。「栄紫」。花形の整った明るい紫の三英花。花径はおよそ16cm、草丈は100cmを越える。。花菖蒲とキショウブとの種間交配種「花月夜」。花弁の中心にある黄色目と、それを取り囲む赤紫色の縁取りが目をひきつける。「火山鳥」は品種データ不明。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「鬼ヶ島」
  • 花菖蒲の保存画像から「鬼ヶ島」。くすんだ青色を含む紅紫色の六英花。花径はおよそ16cmほど。江戸花菖蒲の古花「雲衣裳」。薄紫に濃い紅紫の脈と砂子が入る椀咲きの六英花。花径約13cm程の中輪。雲つながりで「黒雲」。黒紺紫の六英平咲き。花径は約14cm前後の中輪。草丈は80cm程度。黒雲からの連想で「稲妻」を選びましたが、品種データは不明。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「舞子の浜」
  • 花菖蒲の保存画像から「舞子の浜」。白地に濃藍紫の覆輪が入る六英花。花径はおよそ16cm、草丈は50cm程度。「百夜車」。濃いルリ紫色で開花が進むにつれ花形が大きく変化する。花径は18cm以上、草丈は100cmを越す。「猩々殿」。品種データは不明。「神子神楽」。これも品種データは不明。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「西行桜」
  • 花菖蒲の保存画像から「西行桜」。ややくすんだ藤色を帯びるピンクで、咲き始めは濃いピンクの六英咲き。花径は16cmほどの中輪。草丈は低く50cm程度。「千年の友」。濃いルリ紺色の六英花。花径はおよそ18cm程度。「墨絵の竜」。品種データは不明。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「児化粧(ちごげしょう)」
  • 花菖蒲の保存画像から「児化粧」。白地に薄紅ぼかしの六英咲き。花径は約18cmの大輪。草丈は100cm程度。「深芳野」。白地に紅覆輪ぼかしの三英花。直径16cm程度の中輪、草丈は50cm前後。「上総乙女」。ピンクの垂れ咲き三英花。花径約15cm。草丈は70cm程度。「青岳城」。濃いオーシャンブルーに白筋の入る三英花。花径約16cmの中輪、草丈60cm程度。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「皇玉」
  • 花菖蒲の保存画像から「皇玉」。純純白の三英花で花径約18cmの大輪。「山の雫」。藤色で白筋と底白の入る六英花。花径は18cmを越える極大輪。「三夕の感」。やや紫を帯びるピンクの六英花。花径はおよそ18cm程度の大輪。「秋の錦」。紅紫に白筋の入る六英花。花径は約18cmの大輪。草丈は80cm程度。 [続きを読む]
  • ハナショウブ 「出羽の曙」
  • 花菖蒲の保存画像から「出羽の曙」。紅色に白筋と白覆輪ぼかしが入る三英花。花径はおよそ15cm、草丈は100cm前後。。「初霜」。純白の三英花。花径はおよそ14cm前後、草丈は100cmを超える。「霓裳羽衣」。濃紅地に白筋の入る六英から八重咲き。花径は14cm前後、草丈はやや低く60cm前後。江戸花菖蒲の古花で、松平菖翁が作出した「菖翁花」と呼ばれる品種の一つ。「和田津海」。薄紺青に白筋の三英花。花径はおよそ10cm草丈は80cm前 [続きを読む]
  • 花菖蒲 「相生」
  • 花菖蒲の保存画像から「相生」。白地に薄紫の砂子がわずかに入り、鉾は紫に白覆輪の入る二色花。花径は約16cm、草丈100cm前後。「水の光」。水色に白筋がぼかす三英花。花径はおよそ16cm、草丈は100cmを越す。「万里の響」。白地に青紫の筋が入る三英咲き。花径はおよそ16cm、草丈は100cm程度。「松の雪」。品種データは見つかりませんでした。 [続きを読む]
  • 花菖蒲 「荒磯」
  • 花菖蒲の保存画像から「荒磯」。白地に青紫の細い脈が入り、鉾は藤紫になる三英花。花の直径は14cm程度の中輪。「紫衣の誉」。やや平咲きで濃い紫の三英花。花径はおよそ16cm。「五月晴」。白地に弁元薄紅のぼかしが入る平咲きの六英花。花径は約16cm程度。「春の海」。品種データは見つけらませんでした。 [続きを読む]
  • 花菖蒲 「小青空」
  • 花菖蒲の保存画像から「小青空」。空色に紫の小筋の入る六英花。花径は約14cm、草丈は100cmを超える。「伊達道具」。薄紅色に白筋の入る三英花。花径は14cm前後、草丈は80cm前後。「紅公子」。紅紫に白筋の入る三英花。花径はおよそ16cm、草丈は60cmほど。「有馬川」。品種データは見つかりませんでした。 [続きを読む]