香西深雪 さん プロフィール

  •  
香西深雪さん: ハーフに見えない系ハーフ!隠れハーフの日常
ハンドル名香西深雪 さん
ブログタイトルハーフに見えない系ハーフ!隠れハーフの日常
ブログURLhttp://kakurehalf.seesaa.net/
サイト紹介文日本人の父とコスタリカ人の母の間に生まれたハーフの4コマ漫画ブログ。
自由文ハーフあるあるや日常生活を描いていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/09/03 21:59

香西深雪 さんのブログ記事

  • コスタリカが産んだ幸せになれる粉末(合法)
  • 私にとっては幼少期の思い出の味!本来は子供の栄養バランスを考え、牛乳の代わりに飲ませるものらしいです。らしい、というのは私はそんな飲み方はしたことがないもので笑Pinito 1:砂糖1:水0.5の割合でデロデロの練乳みたいにするともう、最高なのです。とても身体に悪そうではありますが、抗えない魅力がそれにはあるのです。夫にも一舐めさせたところ、「喉が渇く」との感想をもらいました。基本的には粉末牛乳なので、牛乳の [続きを読む]
  • 日本人の父とコスタリカ人の母はどのように出会ったのか?
  • 楽単=楽に単位が取れる授業。今更ですが私の両親の出会い編です。父親はもともとエルサルバドルに行く予定だったらしですが、内戦の激化により急遽コスタリカに行くことになったそうです。コスタリカは中南米のなかで最も早く民主化し、比較的治安のいい地域なのです。とは言っても残念ながら近年は周辺国からの不法入国者が多く治安は悪化しつつあるようです。「うん」と「ううん」の違いは外国人には分かりづらいらしいです。短 [続きを読む]
  • ハーフは損してる?お年玉に関するハーフの悲しい事情(泣)
  • 新年明けて2週間経ちましたがお正月ネタです。まだセーフ…ですかね!?母が生まれた時代のコスタリカでは子沢山が当たり前だったようです。なんと9人兄弟!おばあちゃん、毎日ご飯作るの大変だっただろうなぁ^^;朝ごはんを作って一瞬で食べられ、お昼ごはんの準備をしてまた一瞬で食べられて…の繰り返しだったそうです。ひえぇ><コスタリカにはお年玉文化もないし、あったとしても会えないことにはお年玉はもらえなかった [続きを読む]
  • 新年のご挨拶
  • クリスマスの4コマ以降すっかり更新が滞ってしまいました。特に体調を崩したとかいうことはなく、元気にバタバタと過ごしておりました。差し当たりイラストだけですが新年のご挨拶だけでもさせていただきます。もう三が日も過ぎてしまいましたが…><あまりお正月ムードが薄れないうちにお正月ネタの4コマ漫画を描きたいなあと思っています。今日は4コマもない上に短くなってしまいました。改めまして、今年もよろしくお願いし [続きを読む]
  • いつからクリスマスは恋人達のものになってしまったのか?
  • もうすぐクリスマスですね!クリスチャン的クリスマスは日本人のお正月のような過ごし方をします。初詣→教会のミサ子供達へのお年玉→プレゼントおせち→クリスマス的ごちそう(例:ターキー。国によって違います)家族で集まってまったりする感じですね。キリスト教圏のハーフはキリスト教徒になる洗礼を受けている人が多いと思います。親がカトリックだと生まれてからすぐにクリスチャンになる場合が多いですね。なので教会に行 [続きを読む]
  • ハーフだから色白なのねって言われるけれど、本当は・・・
  • 私はまあまあ色白なほうです。ですが母の肌の色は白いわけではないので「ハーフ=色白」の世間様的な方程式の結果ではないかと思われます。単に日々自宅にいるか会社にいるか(基本的に室内)で、外出するときは日焼け止め、サングラス、帽子か日傘で完全防御しているからですね!冬も日差しが眩しいからサングラスは安定です(`・ω・´)そういえば白人であるかどうかの定義がアメリカ・ヨーロッパと中南米では違うという話をアメ [続きを読む]
  • アジア人とのハーフであるいとこから考えるハーフの定義
  • 4コマ中の「深雪ちゃん達」というのは私と私の姉のことです。私の父親は3人兄弟で、その内2人が国際結婚をしています。今では珍しくもないでしょうけれど、昔にしてはかなり珍しかったのではないでしょうか?外国人と結婚した叔父さんは、仕事の関係で海外に滞在していたときに奥さんと出会ったそうです。叔母さんは外国にいたころからで日本語の勉強をしていたらしく、とても上手に日本語を話します。見た目も日本人だし日本語も [続きを読む]
  • 白人のおばあちゃんと母と私が並ぶと全員人種が違う件
  • 中国人だった曾おじいちゃん編、黒人だった曾おばあちゃん編に続き、白人のおばあちゃん編です。おばあちゃんの家族はスペイン系入植者の家系だそうです。スペイン系ってどちらかというと茶髪に茶色〜はちみつ色の目のイメージを持つ方が多いかと思います。実際私もスペイン人にあんまり金髪碧眼のイメージではないのですが、そういう面ではおばあちゃんは少数派かもしれませんね。ちなみに母と私も肌の色からして違うのであまり親 [続きを読む]
  • 黒人だった曾おばあちゃんがコスタリカに渡った理由とは?
  • どうやってキューバからコスタリカまで逃げたかは分からないのですが、多分泳いだわけではないと思います。念のため笑キューバには奴隷貿易によってアフリカから多くの黒人が連れて行かれ、サトウキビプランテーションで強制労働に従事させられていました。最終的にキューバで奴隷が開放されたのは1886年のことだったそうです。奴隷としてキューバに連行された黒人の多くは西アフリカの部族が多かったようなので、もしかしたら曾お [続きを読む]
  • ハーフの結婚相手とはどんな人物なのか?日本人or外国人?
  • あんまり今までの話に関係なかったので夫は出していませんでしたが、彼は宇宙人です。私の両親は国際結婚をしましたが、娘の私は宇宙間結婚をしてしまったようです。ハーフに見えない系ハーフの私ですが、美容院に行くと大体ハーフですか?って聞かれます。なんで分かったんですか?と聞くと、何となくそんな感じがすると言われます。でもやっぱり半信半疑なんですね笑あ、後頭部が結構張っているからですかね?コスタリカは欧米と [続きを読む]
  • あの子はどこのハーフなの?ハーフ仲間だと思ったら…
  • 幼稚園時代からの友人・麻美(あさみ)ちゃんは日本人から見ても外国人から見ても純日本人には思われないくらいのレベルでハーフに見える系日本人です。ハーフだけど日本人にしか見えない私とはまさに対極の存在と言っていいでしょう。彼女がハーフっぽく見える理由は多分、大きな目にあるんだと思います。芸能人でいうとローラさんっぽい目をしています。一切の誇張なく超ぱっちりおめめなのです。また、彼女をハーフだと思ったの [続きを読む]
  • 「やっぱりハーフたったんだ!そうだと思ってたんだ〜」についての考察
  • 別に気を遣って頂かなくてもよいのですよ?(´・ω・`)それとも本当にそう思っていたんでしょうか?8割方こんな反応をされますが・・・「ハーフかなって思ったけど違うかもしれないから言わなかったんだよ〜」なんて言われると、ちょっと疑ってしまいます。笑血液型性格診断を信じてやまない人が他人の血液型は何か聞いて、「A型?やっぱりねー。君って几帳面だもん!」って言っているような、そんな感じもします。心理学で言う [続きを読む]
  • ハーフの家での会話ってどんな感じ?日本語それとも外国語?
  • こんな感じで我が家の会話は割りとフリーダムですが、基本的には母がスペイン語を話し、それに対して他の家族は日本語で返します。これが一番スムーズにストレスなく会話ができる方法です。私・姉・父はスペイン語も聞いて理解できるのですが話すのはやはり日本語の方が楽なのでそうなってしまいますね。ちなみに国際結婚カップルでもお互いにとって一番ストレスがないのが、お互い相手の母国語を聞いて理解し、自分の母国語を話す [続きを読む]
  • ピアスをするのは悪いこと?ハーフのピアス考察
  • 今考えると、確かにピアスをしている小学生は不良っぽく見えたかもしれません。ただ、かなり不良っぽいお姉さんにこう言われたことがなかなかショックでした笑コスタリカや中南米では女の子が生まれると、臍の緒を切ったら次にピアスをあける風習があります。なので生後1時間くらいで既にピアスをしています。ピアスをしていないと、赤ちゃんが男の子だと思われてしまうこともあるそうです。この文化はスペインから伝わったものだ [続きを読む]
  • ちょっと待って!それ、ハーフが困る無茶振りです!
  • この「何でもいいから外国語しゃべって!」が小学校のときに一番困った無茶振りです。私はハーフに見えないハーフなのでそこまで言われる機会はなかったですが、いかにもハーフ(隠れハーフの対義語。今作りました笑)はきっと大変でしょう。しかもたいていの場合、「何でもいい」は何でもよくない。こちらが外国語で話す内容は分からないはずなんですがね・・・晩ご飯とかデートの場所とかと同じですね。せめて日本語での例文かテ [続きを読む]
  • ハーフの定義とは何か?
  • コスタリカの人口のうち、メスティーソと白人でほぼ95%を占めており、中南米の国の中では白人率が高い方の国です。白人との混血が進んだメスティーソは自身を白人と認識するようになっているそうです。そんなコスタリカで母はどちらかというとマイノリティだったのかもしれません。母も複数の人種の混血であると言うと、「じゃあ完全にハーフという訳じゃないんだね」と言われたことがあり、とても驚いた経験があります。私の認識 [続きを読む]
  • コスタリカってどこにある国?
  • 今まで何度この会話をしたことか笑最近では佐野氏がデザインした動植物園マークがコスタリカの国立博物館のマークと似ているとちょっとした話題にもなったようですが、まだまだコスタリカという国名自体聞いた事がないという人も多いのではないでしょうか。コスタリカ知ってるよ!という人の中には、かなり前に水曜どうでしょうで紹介されていたのを見たという人が結構います。あとはサッカー好きな人やサーフィンをする人なんかも [続きを読む]