藤田川藤助 さん プロフィール

  •  
藤田川藤助さん: ファイナンシャルプランナーの節約術
ハンドル名藤田川藤助 さん
ブログタイトルファイナンシャルプランナーの節約術
ブログURLhttp://conserve-investment.livedoor.biz/
サイト紹介文製造業勤務と個人でFP事務所を経営中です 効果的な節約方法や税金の仕組みや利殖等を紹介していきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/09/08 09:37

藤田川藤助 さんのブログ記事

  • お金の問題のいろいろなカタチ
  • 事業主・資産家・サラリーマン。職業によって抱えている問題は違います。お金をいっぱいもっている資産家なら悩みなんてなさそう。と思われるかもしれませんが、例えば資産家はもっている資産から得られる利益の最大化とその維持が問題になります。アパートなどの事業用不動産を持っている場合は、修繕計画や入居率に対する対策のほか、修繕費や固定資産税も対する資金繰りと確定申告に備えての帳簿付けを行い、その上で収益性に対 [続きを読む]
  • ファイナンシャルプランナーって?
  • 人はいつ病気になったり、ケガをしたりするか解りません。子供の教育資金にも大きなお金がかかりますし、老後の生活の為のお金をどうするかという事も大きな問題です。こうした不安に備えて保険に入ったり貯金をしたりしますが、こうした人生を通じたお金の計画を立てるための相談に乗るのがファイナンシャルプランナーです。相談者の家族構成や収入・将来の希望などを聞いたうえで預金や株・保険・年金・税金住宅ローンなどに関す [続きを読む]
  • 副業を始めてみよう −デイトレード編-
  • 早期リタイア生活を維持するためにはお金が必要です。仕事が終わった後や休日にアルバイトをするのもいいですが、やっぱり休日は休みたいし仕事が終わった後はヘトヘトです。自分のペースで働けて、できるだけ少ない労力でお金を稼ぎたいですよね。今回は株式やFXなどのデイトレードによる副収入を得る方法を考えてみたいと思います。 続きを読む [続きを読む]
  • 支出について考える -買う前によく悩もう-
  • 早期リタイアを実現し、その生活を維持する為には支出はなるべく少なくするに越したことはありません。しかし支出を減らしてしまうとせっかく早期リタイアしたのに家でゴロゴロしているだけでは飽きてしまいますし健康にもよくありませんね。 では、支出にはどの様な種類のものがあり、どういった支出は削減すべきなのかを考えてみましょう。続きを読む [続きを読む]
  • 早期リタイアの為の資産運用
  • 資産運用といえば、株式・債券・投資信託・不動産投資。色々な種類がありますが、早期リタイアの為の収入源とするには、少額から始められ、高い利益を安定的に得られ、リスクはできるだけ小さいことが重要になってきます。しかし、株式や投資信託は安定して利益を生み出す事はできませんし、債券は利率が小さすぎます。 不動産投資は多額のお金が必要になってきますし、空き家や災害のリスクがあります。 続きを読む [続きを読む]
  • 早期リタイアへの心得!
  • たまたま買った宝くじが1億円の大当たり!やったー!これで会社も辞められるし、欲しかったアレもコレも買っちゃおう。せっかく会社も辞めたんだから、海外旅行にも行ってみよう。念願のカリブ海へ行ってオールインクルーシブのカンクンのホテルに泊まってプライベートビーチでピニャ・コラーダを飲むんだ!借金になんか悩まされなくていいんだ、住宅ローンなんかも一気に返済しちゃおう。家も古くなったし、新しくて大きなところ [続きを読む]
  • 早期リタイアとは何だろうか?
  • 会社員をやっていると、毎日眠い目と疲れた体を引きずって朝早くから夜遅くまで一生懸命働き。それが40年以上続きます。また人間関係や営業ノルマなども重くのしかかってきます。頭や体を壊してしまう人も少なくありません。そんな時にフッと『会社を辞めたい。生活はつつましくても良いので、毎日たっぷり寝てみたい』みたいな欲求に駆られたりもします。残念ながらこういった生活は、何もしなければは亡くなる前の数年間でおくれ [続きを読む]
  • ふるさと納税による寄付金控除の仕組みとやり方について
  •  街中にある募金箱や募金の呼びかけに応えて寄付するのも良いが、任意の自治体や公益法人に然るべき手順を踏んで寄付する事により、税金(所得税と住民税)を安くする事ができる。 寄付する自治体によっては特産品を返礼品として頂戴できたり、自分が応援したいと考えている公益法人に直接お金を渡すことができるので税金を有効活用していると実感できる。といった利点がある。続きを読む [続きを読む]