くいにーあまん さん プロフィール

  •  
くいにーあまんさん: 研究者の卵の徒然日記
ハンドル名くいにーあまん さん
ブログタイトル研究者の卵の徒然日記
ブログURLhttp://tsuredurepd.blog.fc2.com/
サイト紹介文アラサー日本語ワンリンガールの独り暮らし日記。手続きやスイス生活もろもろ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/09/04 10:44

くいにーあまん さんのブログ記事

  • 予想していた書類が届かない
  • いつのまにやらスイス生活も半年が経過。相変わらず仕事も満足にこなせず、立て込んで溜めてしまっている現実。ちょっとヤバいと思って昨日(イースターの金曜で祝日)は出勤したら、同じオフィスの同僚もやって来た(苦笑)彼女も私も今月末に出張が控えているので、まあ、仕方ない、ってな感じ。しかしクリスマス休暇のときは、本当にみんなホリデーで不在だったけど、イースターは意外と居るし出勤してくるからびっくり。・・で [続きを読む]
  • スイスの運転免許取得(ベルン編)
  • スイスで運転免許に有効期限は無い。すなわち、一生涯有効な国際免許としての効力を有する(?)ということで、このたび日本の免許からスイスの免許に書き換えを行いました。もちろん皆様方のブログの情報を頼りに(←ここ重要)。入国後3ヶ月以内にやるのが望ましいらしいのですが、まあ、書き換え期限の1年以内にちゃんとできたので良しとしよう。以下、ざっくりしたメモ。大使館でやってもらう免許の翻訳、というものが、日本で [続きを読む]
  • スイスで花粉症デビュー(泣)
  • 先週からいきなり始まった鼻炎と涙。仕事も忙しくて寝不足気味だったので、風邪気味かな〜と思っていたのですが、いわゆる「花粉症」なんじゃないかと。日本では花粉症ではなかったので、自分の症状が花粉症だということを認識するのに日数を要しました。というか認めたくなかった。ただ、スイスでここ最近飛んでいるシラカバ系の花粉は日本では珍しいらしいので、今まで症状が出ていなかったのも納得かなぁ、と。植物の属・科・目 [続きを読む]
  • ローザンヌ国際バレエコンクール決勝!
  • 実は大学に入るまでずっとバレエを習っていた私。スイスに引っ越すことが決まったときに、真っ先に浮かんだのは「ローザンヌコンクールを観に行けるんじゃ・・!?」ということ。それはもう楽しみで楽しみで、チケットが発売になってすぐに購入し、この日を待っていました。ファイナルの内容は割愛しますが(書き出すと止まらないので 笑)、たまたま駅に帰るバスで話した方(バレエ未経験者)が、「記録のように数値で表せないも [続きを読む]
  • スイスで初スキー:Schwandenのスキー場
  • 前回の記事の通り、あれよあれよという間にスキー行きが決定し、連れて行ってもらったのはSchwanden。ベルンからThunまで電車で行って、そこからPost Busに乗り換えて、トータル1時間で到着!http://snow.myswitzerland.com/snow_reports/BerneseOberland/SchwandenSigriswil-92前に日本で行ったスキー場が、トータル滑走距離が3キロに満たないスキー場だったので、「小さいスキー場だから〜」と言いつつ滑走距離20キロという規模 [続きを読む]
  • スイスで初スキー:板の購入
  • 日本で2回しかスキーをしたことのない私がスイスでの初スキーに行って来ました。仕事柄、雪山装備は持ってきていたものの、板とかは無し。そもそも初心者レベルだし、ボーゲンしかできないし。そんな私がスイスでスキーができるのか・・?○スキー板購入までの経緯○スキーへ行こうと職場で盛り上がって私も行くことに。小さな(この表現が日本と全然違うということを後に知る)スキー場では、レンタル店が無いからベルンで借りて [続きを読む]
  • 子連れ出張の可否
  • 私の上司(女性)が、初めて日本に行ったのは15年以上前のこと。そのとき、0歳の子供を連れて1人で日本に行き、新幹線に乗って目的地まで行って、会議に参加して帰国したらしい。当時は東京駅もエスカレーターが少なくて、ベビーカーで困っていたら、日本人男性が助けてくれたってすごく嬉しそうに話してた。でも、出張目的の会議になると、授乳室も無いし結局廊下であげることになった時もあったそうな。で、日本人から(←ここ重 [続きを読む]
  • ショップ袋のデザイン
  • sherpaというアウトドアショップの袋に描かれている男性の顔が、ダウン○ウンのお一人の顔にしか見えないのだけど、周りに日本人がいないので、誰にもこの情報を伝えられないもどかしさを感じる新年の幕開け。今年はちょっとでもバリキャリに近づけるように頑張ろう。毎日 笑顔を抱きしめられますように。 [続きを読む]
  • 年賀状を出すか否か
  • 毎年、早めに出そう出そうと思いつつ、結局30日くらいに年賀状を投函していた私ですが、さて、今年はどうするか悩みました。日本国内で年賀状として扱ってもらって元旦に着くためには、2週間(もっと?)以上みておいたほうがいいかと考えたのですが、そこでふと料金はいくらなのかという問題に。日本からスイスへのハガキは70円。70円だったらスイスから日本のみんなに出してもいいかな〜なんて思っていたのですが、なんとスイ [続きを読む]
  • クリスマスモードの週末
  • クリスマス前ということで土日もお店が開いていて買物客で賑わっているベルン。グリューワインの良い香りのする中、うろうろ歩くのも楽しいです。そんな街中で出会ったものを2つ。1.スタバで「グリューワインある?」ってレジの列に割り込んで聞いてる観光客。 店員さんも無表情で「無いね」って答えてて、割り込む行動も質問内容も微妙だし、普通に並んでいるお客さんの中に残念な空気が流れました。寒いマーケットの中で飲 [続きを読む]
  • 365日で曜日はどう変わるか
  • 日本でもクリスマスは存在するけど平日だから仕事に行くよって言ったら、それはクリスマスじゃないと否定された。たぶん今までで一番みんなのリアクションがでかかった。「いい?日本人がハードワーカーなのは知ってるけど、ここはスイスなの。クリスマスは仕事しちゃだめよ」とな。そうは言っても今年のクリスマスは日曜日。それが皆さんかなりご不満らしい。来年のクリスマスは月曜だからマシだけど、1番いいのは25日が金曜にな [続きを読む]
  • おつりの計算が不思議
  • お会計の金額は6.6フラン。ここは珍しくクレカが使えないお店。ちょっと小銭を整理しようと10.6フランを出す私。すると0.6フランの受け取りを断られ、おつりで3.4フランを受け取るはめになり、財布がどんどん重くなる。。。こういう状況に私はちょいちょい遭遇するのですが、この感覚の違いはどこから生まれるのか?スイス以外の国でも、こういうことがあると聞いたことがあるような、ないような・・。引き算をしないで、足し算で [続きを読む]
  • 初の不快な出来事
  • 国内観光で、とある都市の大聖堂へ行きました。入場料も要らないし、他の観光客の方に混じり、何も深く考えることなく入口の扉を入った瞬間、「NO!!」・・・え?30代くらいの女性に止められてしまいました。一緒にドアを開けて入ったおじさま方には声をかけることなく、私に向かって一直線。何かと思いきや、見学したいのなら100フラン払え、と。1万円以上請求するなんてボッタクリにも程があるやろと思って、無視して入ろうとし [続きを読む]
  • geologyとgeography
  • 銀行とか健康保険の契約時など、職業を聞かれる場面ではほぼ確実に、具体的に何をしているのか聞かれます。(私が外国人だからなのか、スイス人にも聞いているのかは不明)そこで私はgeologyと答えていたのですが、「それってgeography?」と返答されるので、違うよと説明していました。ただもしかしてこれは私のgeologyの発音が悪いのかと思い、ある時から「geologieだよ」とドイツ語で言うのですが、それでもやはり反応が鈍い。 [続きを読む]
  • スイスで初のカラオケ♪
  • 日本で二次会といえば、二件目でさらに飲むか、カラオケか、ボーリングか、ラーメンを食べて帰るか・・・くらいの選択肢しかなかった私ですが、カラオケ・ボーリング・ラーメンは日本だけかと思っていました。それがまさかの二次会@カラオケパブ@ジュネーブ。懇親会でそこそこ飲んで食べて踊ったあとに、カラオケ行こう!とどこかから声が上がりカラオケバーへ移動。基本的にはパブで、歌いたい人だけが勝手に歌っているシステム [続きを読む]
  • 組織としての心地良さ
  • スイスに来てから「心地良い」と思うことがある。まだうまく言葉にできないけれど、たぶんジェンダーの問題と大きく関わっていると思う。全然英語もダメで、後ろめたいことばかりの毎日だけれど、なぜか心地良く感じる空間。言葉が分からないのを理由に仕事せずのんびりしているというわけではなく、オフィスの置物にならないように精一杯頭は動かして考えているつもりだし、語学留学だと言っても低レベルすぎて信じてもらえるか怪 [続きを読む]
  • 化粧はしなければならないのか
  • 他のブロガーさんも記事にしている20 Minutenのニュース。私も以前ちらっと書きましたが(スイスで知る日本の話題)このたび再び職場で話題になりました。個人的には、スイスの電車内は、老若男女問わず、パンや果物を食べている人が日本より多い気がしています。551テロみたいなものも無ければ、日本の新幹線みたいな座席ばかりだし、必ずゴミ箱が付いているから気になりにくいけど。で、電車内で化粧をすることがマナー違反とい [続きを読む]
  • おでかけ:日帰りマッターホルン
  • 今、Migrosのポイントカード保持者に対して、Gornergratまでの電車の半額チケットが販売されています。これは行かねばと思い、天気予報を伺っていたのですが、快晴の週末に行ってくることができました。さすがディスカウントチケットが販売されているオフシーズン、ZermattからGornergratまでのゴルナーグラート鉄道(GGB)の本数が少ないです。私が行った日は、Zermatt発―Gornergrat着が、8:24-8:57, 10:24-10:57, 11:36-12:09、 [続きを読む]
  • 電車のドアが開かない
  • ベルン駅からSバーンに乗ったときのこと。発車してすぐ車内の照明がチカチカ点滅しました(10秒くらいで復旧)。スイスに来て、こういう状況に初めて出くわしたので珍しいなと思いつつも、日本で住んでいた地域の電車では、レールをまたぐときによく起きていた現象だったので気にしていませんでした。レールが交差するところで電線の接触が切り替わるせいかなと素人ながら想像しています。私の目的地は1駅だったので、ぼーっとする [続きを読む]
  • おでかけ:Stockhornハイキング
  • 10月末にstockhornに連れて行っていただきました。ベルンからErlenbachまで電車で1本。1時間もかかりません。Interlakenの南西に位置した標高2190mの山で、ケーブルカーで頂上まで登れます。ケーブルカーと言っても、ただ動力が2つの車輌をつないだケーブルに依るというだけで、見た目としてはロープウェイでした。それはそうと私がstockhornと言うと、stockholmに聞こえるらしい。発音だけでなく総合的な英語力の向上が緊迫した課 [続きを読む]
  • 白玉粉が欲しい
  • 今度持ち寄りでお菓子を作ってくることになったのですが、職場の方々から餅が食べたいとのリクエスト。餅と言っても、安倍川餅とかそういうのではなく、あの独特の食感のものを「MOCHI」と認識しているもよう。まんじゅうや八ツ橋も餅と言っておられたので、どうやら白玉粉が入っていて求肥になっていれば満足していただけそう。しかし製菓用の抹茶は待って来たけど、白玉粉は持ってこなかったよー。そして問題は白玉粉が手に入ら [続きを読む]
  • 連邦院のショー
  • 先日、ふらっと見て来ました。開始10分前に到着しましたが、たくさん人は集まっているとは言え十分見えました。ルミナリエのような混雑を想像していたのですが、その心配は杞憂に終わりました。音楽と映像のコラボが幻想的な部分もあればポップなところもあって楽しかったです。おおざっぱに言えば壮大なストーリー構成なので(←何も説明できていない笑)地球科学や生物の知識があると、きっと大多数の人とは違う視点でも楽しめる [続きを読む]
  • お弁当事情
  • お昼ご飯は基本的にお弁当持参で過ごしています。たぶんもう5年くらいはお弁当生活なのですが、基本的にごはんと残り物のおかずをつめただけ。おかずも1品とか。(※自分で言うものでもないですが、料理は上手な方だと思います。ただ、私の中で料理というのは、誰かに食べてもらうという目的があって初めて作る意義が生まれるものなので、自分のお弁当とか関心がない)自分が食べるだけだし、とはいえ、日本にいるときは若干周りの [続きを読む]
  • 携帯電話の契約
  • スイスに来て2日目くらいにswisscomでSIMカードを買いました。19フランで20フラン分使えるというプリペイドのSIMカード。プリペイドSIMを買うには、パスポート+スイスの住所が必要との情報もありますが、私はなぜかパスポートを見せるだけで買えました。端末を見せて、これに合うプリペイドSIMが欲しい、と言えばOK。SIMカードは(たぶん)3種類の大きさがあると思いますが、3種類の大きさに調整できるミシン目のついたSIMカード [続きを読む]
  • スイスで知る日本の話題
  • もともと日本でも流行には疎いタイプだったけれど、スイスに来て初めてPPAPというものを知りました。それは2週間くらい前の出来事だったのだけれど、それが日本人だったと今日知って衝撃。日本でも流行っていたのかしら?あと、電車の中で化粧することの是非の広告についてのニュース(これはYahooニュースで見て知っていた)も、こっちの英語ニュースになっていたと聞いてびっくり。私が知らないだけで日本で有名なことが多々ある [続きを読む]