ホロコサン さん プロフィール

  •  
ホロコサンさん: 読書と足跡
ハンドル名ホロコサン さん
ブログタイトル読書と足跡
ブログURLhttp://dokushoto.blog.fc2.com/
サイト紹介文自分なりの読書感想文です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供384回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2015/09/04 22:50

ホロコサン さんのブログ記事

  • 呪い殺しの村 著者 小嶋正樹
  • 呪い殺しの村著者 小嶋正樹新たな知識を求めてこの本と出逢う。呪いと聞くと人は君悪くなってしまう。しかしその呪いには歴史があるのかもしれないと私は思う。その歴史が、歴史のある話が伝わるたびに形を変えて誤解を生じていく。そして呪いと言う言葉が生まれていくのではないでしょうか?決して気持ちが良いものではないかもしれません。しかしそこに何かしらの歴史が絡んでると思うことができないでしょうか?過去に何か白の歴 [続きを読む]
  • おトクな制度をやってみた
  • おトクな制度をやってみた著者 藤原久敏新たな知識を求めてこの本と出逢う。今回の、この読書の本は、著者が体験して分かったことを書かれています。1つ目はふるさと納税です。2つ目は金利キャンペーンを利用したです。3つめは株主優待です。4つめは個人型確定教室年金です。5つ目はNISAの口座を作ってみたです。どれもが、興味がある投資や儲かることだと思いませんか?思うかたははあまり投資をされてない方だと思います。思わな [続きを読む]
  • 忙しい主婦でもできる!スマホで月8万円を得る方法
  • 忙しい主婦でもできる!スマホで月8万円を得る方法著者 山口朋子新たな知識を求めてこの本と出逢う。著者である山口朋子氏は、女性のためのネットスキルアップ塾「彩塾」代表を務められております。女性が、より効果的に稼ぐ方法、より楽しい人生を送るために、より楽しい時間を過ごすためにいろいろな方法を教えてくれているのです。時間に追われる人生が今の現代社会の特徴です。家でパソコンを開く時間もないほど忙しいのが現 [続きを読む]
  • 黒い波紋 著者 曽根圭介
  • 黒い波紋著者 曽根圭介新たな知識を求めてこの本と出逢う。読みはじめの頃は、ダーティーな話かと思いながら読んでいましたが、終わりに近づくと意外な展開が待っており、面白かったと言える1冊でした。1人の男の死をきっかけに、生まれてしまった波紋は、どこまでも広がっていきました。その波紋を打って、物語や主人公店がどこに置いてあるのかがわからなくなりましたが、それでも最後の終わりに関しては衝撃的なのかもしれませ [続きを読む]
  • 暴落を買え!年収300万円から始める資本家入門 著者 阿部修平
  • 暴落を買え!年収300万円から始める資本家入門著者 阿部修平新たな知識を求めてこの本と出逢う。「資産家」になるのは大変だが「資本家」になるのは簡単になれる。資産家とは資産を持っている人。資本家とは企業の資本に資金を提供している人。つまり株式投資である。株に投資して資本家になり不労所得を増やして人生を楽しみましょうと言う考え方の本である。本多静六の投資の極意、「好景気には勤倹貯蓄を、不景気には思い切っ [続きを読む]
  • 人を動かす 著者 D・カーネギー
  • 人を動かす著者 D・カーネギー新たな知識を求めてこの本と出逢う。有名な名書と呼ばれる一冊です。この本を読み最大限活用するための9つの項目をまずは目にして読むと、より効率よく読書をすることができるでしょう。1)人を動かす能力を獲得したいと決心し、学び続けましょう。2)次の章に進む前に、同じ章を2度読みましょう。3)頻繁に立ち止まりましょう。4)重要な箇所に線を引きましょう。5)毎月、読み返しましょう。6)あらゆる [続きを読む]
  • あなたの隣にいる孤独 著者 樋口有介
  • あなたの隣にいる孤独著者 樋口有介新たな知識を求めてこの本と出逢う。どのような話か、一言で言うと母親が誘拐犯と言うことである。母親が誘拐犯と言うのは、他にもいろいろ話があったような気がするが…。そして舞台は埼玉県川越市と群馬県前橋である。地元の方々にしてみれば、愛着のある話になるかもしれない。やはり地元の話が出てくると言う事は非常に楽しいものである。知ってると時間知ってる場所、などが出てくると感情 [続きを読む]
  • ガーデン 著者 千早茜
  • ガーデン著者 千早茜新たな知識を求めてこの本と出逢う。趣味は人それぞれです。他人にとやかく言われる筋合いはありません。そんな事、誰でも解ると思ってました。でも、残念ながら、そんな事すらわからない人がいるのです。驚きですが、それが現実です。この作品は、家のガーデンと心の庭をかけた作品と受け取りました。1人の男性を中心に、変わり行く女性を描いているのか、変わらない男性を描いているのかそれは人によって受 [続きを読む]
  • 朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術  著者 坂本慎太郎
  • 朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術著者 坂本慎太郎新たな知識を求めてこの本と出逢う。この本は株式投資につき、板を読んで投資をする方法論を語っております。投資とは、自分にとって合う合わないがあります。だからこそどのような方法論でも知る必要があるのです。知ってから、どのような選択をするかが大切です。板を見てどちらに投資をするのか、それだけで稼ぐと言うのも1つの方法なんです。どの方法があうかは分か [続きを読む]
  • 毎月10分のチェックで、1000万増やす!庶民のためのズボラ投資
  • 毎月10分のチェックで、1000万増やす!庶民のためのズボラ投資著者 吊ら男新たな知識を求めてこの本と出逢う。お金が欲しい、しかし投資は怖い、これは一般的な感情ではないでしょうか?結論は投資信託です。投資信託で、他人任せの投資を行い稼いでもらう。投資信託を推奨している本でした。プロに稼いで貰う、自分で稼ぐのではなく、他人に、プロに、稼いで貰うのです。投資信託も色々あります。日本株式もあれば、海外株式もあ [続きを読む]
  • 藤原和博の必ず食える1%の人になる方法 著者 藤原和博
  • 藤原和博の必ず食える1%の人になる方法著者 藤原和博新たな知識を求めてこの本と出逢う。アジアより低賃金の人材が日本へ入ってきている現状を皆さんも実感されているのではないでしょうか?それらの人材に勝って、生き残らなければなりません、私達日本人は。その為に、どうしますょうか?ただ、幸せの価値は人それぞれです。経済的価値観以外に幸せを感じる人もいれば、経済的価値に幸せを感じる人もいます。さらに、最近ではプ [続きを読む]
  • SEOに効く!Webサイトの文章作成術 著者 ふくだたみこ
  • SEOに効く!Webサイトの文章作成術著者 ふくだたみこ新たな知識を求めてこの本と出逢う。わかりやすい文章で書く。これが1番大切な事です。文章を制する人間が、インターネットを制すると言われております。よって1番は文章の魅力を上げることが1番大切です。その中でもGoogleがチェックしている項目は以下の項目となります。・関連性のないリンクはないか?・過剰なリンクはないか?・有料のリンクを購入してないか?・衛星斉藤大量 [続きを読む]
  • 一流マネジャーの仕事の哲学 著者 西岡郁夫
  • 一流マネジャーの仕事の哲学著者 西岡郁夫新たな知識を求めてこの本と出逢う。まずは、人を動かす力が問われるのではないでしょうか?人を動かすというのは、難しものです。ひとは、そんなに偉くないからです。ヒトという生き物なのです。よって、相手を変えることは出来ません。変えるのは自分なのです。自分はいくらでも変えれます。変わろうと思うだけなのです。人とコンタクト取るときは、1.5秒の間を取る必要があります。1.5 [続きを読む]
  • 生涯投資家 村上世彰 感想
  • 生涯投資家著者 村上世彰新たな知識を求めてこの本と出逢う。上場企業のあるべき姿とは?この本の感想である。村上世彰氏の印象が変わると思います。この本を読む前と読んだ後では、間違いなく村上世彰氏の印象が変わります。以前から、村上世彰氏の印象が良い方は変わらないかもしれません。私のように、悪い印象を持たれてた方は、変わると思います。村上世彰氏は、内部留保に目をつけてます。個人資産はなかなか、動きません。 [続きを読む]
  • スノーデン日本への警告   エドワード・スノーデン
  • スノーデン日本への警告著者 エドワード・スノーデン新たな知識を求めてこの本と出逢う。今は誰もが知っている通り、監視する社会になっている。防犯カメラを含めて、監視されてない場所を探す方が大変なのかもしれない。だからこそプライベートが騒がれたり、秘密保持と言う言葉が頻繁に出てくるのではないでしょうか?そこでものすごく有名暴露した人と言えば、やはりこの人エドワードスノーデンである。そして今の時代は特に監 [続きを読む]
  • 財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済 感想 上念司
  • 財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済著者 上念司新たな知識を求めてこの本と出逢う。日本政府には資産があると思われているがそれは固定資産で換金ができないと思われている。しかし本当は違うのである。7割がたは金融資産なのである。日本国のバランスシートを見れば明らかである。それは財務省が発表しているのである。日本は莫大な借金を抱えていると言われていますが、これは返さなければならないのか、いや返す必要 [続きを読む]
  • 自分を成長させる最強の学び方 感想 伊能美和子
  • 自分を成長させる最強の学び方著者 伊能美和子新たな知識を求めてこの本と出逢う。世界的主流となっている画期的な仕組みを活用して、日々成長することを願う。時代が進むことにより、なくなってしまう職業はいつの時代もあるものです。その中でいかにも価値を、得ることができるのか、それを考えなければなりません。何かを知ろうとする行動、つまり学びこそこれからの時代においてますます重要になってくると言うことを伝えら [続きを読む]
  • 中卒、借金300万でも年収1億円  感想 原田陽平 
  • 中卒、借金300万でも年収1億円 著者 原田陽平 高校中退、借金300万円……。社会のゴミと呼ばれた男が1億稼げるようになった! 非常識でオキテ破りの成功法則が今、明かされる!全てはメンタルである。稼ぐメンタル。勝つメンタル。負けないメンタル。稼ぐ心を作ることである。とにかく動く。動かない事には始まらない。中卒、借金300万でも年収1億円新品価格¥1,080から(2015/8/17 20:50時点)中卒、借金300万でも年収1億円 [ 原 [続きを読む]
  • ベストフレンズ 感想 永嶋恵美 
  • ベストフレンズ 著者 永嶋恵美 朝倉風香は追いつめられていた。病気退職からの不運続きで、今やホームレス同然の身だ。そんな時、深夜のファストフード店で、中学時代のいちばんの親友・河野桜と再会する。だが、それがさらなる悲劇の幕開けだった。桜が、はずみで人を死なせてしまったのだ!女たちのあてなき逃避行が始まる。未来のない旅路の果てに二人を待ち受ける、衝撃の運命とは?永嶋/恵美福岡県出身。広島大学文学部哲学 [続きを読む]
  • GPIF 世界最大の機関投資家  感想  小幡績
  • GPIF 世界最大の機関投資家 著者 小幡績 危うし、年金財政。130兆円の運用資産改革はアベノミクスの救世主にはならない。2014年4月までGPIFの運用委員を務めていた著者が、知られざる世界最大の機関投資家の全容と、あるべきGPIF改革について説く、緊急提言の書。安倍政権が株価引き上げのネタとしてGPIF改革を利用したかどうかは議論しません。そんなことはどうでもいいのです。大事なことは、GPIFというものの存在を、国民が [続きを読む]
  • 2025年の世界予測  感想 中原圭介 
  • 2025年の世界予測 著者 中原圭介 予測的中エコノミストが解き明かす10年後の世界人口減少、社会保障の圧迫、産業競争力低下など、日本の未来は暗いように見えるが、本当はどうだろうか。人気エコノミストの中原圭介氏が、経済予測脳を駆使して、2025年・未来の世界を予測します。エネルギー価格や物価動向から大きく変わる世界経済で、日本経済や日本人の生活がどのようになるのかを具体的にわかりやすく予測する画期的1冊。■ [続きを読む]