もも さん プロフィール

  •  
ももさん: 着物が好きになりました。
ハンドル名もも さん
ブログタイトル着物が好きになりました。
ブログURLhttp://i5dobat5a.exblog.jp/
サイト紹介文アラフィフになり、突然着物が好きになりました。着物好きな母から色々勉強中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/09/05 17:33

もも さんのブログ記事

  • 紫の色無地
  • これも昔作った色無地。加賀紋(刺繍の洒落紋のこと)を入れています。袖丈が長めですが、華やかな席があったら(もうあまり無い(^_^;))着ようと思っています。出してみたら、2,3年前に着たときの汚れがあったので、自分でベンジンで洗ってみたいと思っています。その時合わせた帯締めが見つからなかったのでちょっと他のをのせてみましたが、自分的にはちょっと違う感。長襦袢は鹿... [続きを読む]
  • 水色の色無地
  • 30年前に白生地から染めて作った色無地です。白抜きの紋が入れてあります。この地紋もとても素敵なのです。当時は全然着物に興味が無かったので、どうでもいいよ、と言っていましたが、母が染め上がった色がちょっと違うと言って染め直してもらった記憶があります。まあ素直にお母さんありがとう、です。水色+黒+白+赤この組み合わせ、大好きです。10月、私にとっては滅多にないパーティーの... [続きを読む]
  • 半幅帯の笹結び
  • 半幅帯で笹結び?をしてみました。男性の着物の侍結びとか浪人結びと呼ぶやつですね。これコツを掴めば、崩れず安定していいです!二巻目のタレ先を通す部分を少し折り込む‼?これに関しては、YouTubeより半幅帯の結び方の本が役立ちました。タレ先は出しても出さなくてもいいようですが、出した方が尻が隠れて安心です、私は。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 9月なので、うさこ
  • 長襦袢を着て、お太鼓しょってっていう動作を久しぶりにしました(^_^;)塩沢紬と博多献上の帯。自分で縫った単衣の長襦袢を着ました。ぴったりです!うれしい!柘榴バージョンも。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 型絵染めの半襟作り
  • ユキヤ先生の型絵染めワークショップに参加してきました。場所はおべべとにゃんこさんのお教室で。型は先生が作ってくださっているので、私たちは染めるだけなのですが(^_^;)色を重ねていくと複雑な色になっていき面白かったです。背中心の鳥居がけっこうポイントになるんじゃないかと思いますがどうでしょうか?ためし布すら可愛い!秋になったら無地っぽい紬か何かに合わせたいなあと思っ... [続きを読む]
  • 草津温泉
  • 先週は草津温泉に行っていました。草津のお湯はとてもお肌に良いのですよ。街全体が観光地として、とても整備されていて楽しく過ごせました。家族連れはもちろん、意外にも若い人のグループが多かった!血行が良くなったのか、少し前にアップした覚えのないアザがすっかり消えましたw夜はライトアップされてとても綺麗でした。桐生の生まれなので、群馬県に来るととても嬉しいです??鶴舞... [続きを読む]
  • ここにシール貼るか!?
  • このミンサー織の半幅帯は、たぶん30年以上前に沖縄旅行のお土産に母がいただいたものです。何十年もほっておいたうちも悪いのですが、爪でガシガシやってもシール剥がれませんその上、驚愕の位置にスタンプ隠れるようにしめていますが。素材が綿なので洗えばいいのだろうか、とか洗ったら色が落ちないか、縮まないかとかいろいろ考えてしまいます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ここにシール貼るか!?
  • このミンサー織の半幅帯は、たぶん30年以上前に沖縄旅行のお土産に母がいただいたものです。何十年もほっておいたうちも悪いのですが、爪でガシガシやってもシール剥がれませんその上、驚愕の位置にスタンプ隠れるようにしめていますが。素材が綿なので洗えばいいのだろうか、とか洗ったら色が落ちないか、縮まないかとかいろいろ考えてしまいます。 [続きを読む]
  • 終戦記念日
  • 少し前にもアップした写真ですが、昭和15年ごろ母の幼稚園の発表会の写真です。後ろの黒板に書いてある演目にもすごく時代を感じます。こういう時代だったのよ、とのことです。父からもB29が爆弾を落としながら追いかけてくる中、畑の中を必死で逃げまわり、子どもが逃げ惑うさまが面白いのか、わざとはずして、でもずーっと追いかけてくる話を聞きました。知り合いのお母さまは、3月の東京大空... [続きを読む]
  • 浴衣を洗う
  • 天野ミサ作のあけびの根付け。あけびモチーフって珍しいなあ、と思って。身がはじけている様が可愛いです??日中は37度、夕方は大雨、という最悪の日に着たので、早めに洗濯。普通の洗剤を溶かして押し洗いの手洗い。ネットに入れて洗濯機へ、という人もいると思いますが、私はなんとなく手縫いのものは、手洗いしてます。軽く脱水をして、水を替えて二回すすぎ。のり付け(キーピン... [続きを読む]
  • 献灯まつり
  • 昨日は和裁の仲間と地元の献灯まつりでとうろうを流してお祈りしてきました。半幅帯ってめったにしないので、難しいです。今は変わった結び方がいろいろあって研究しがいがありますね。一緒に行った方の中に、日本舞踊の先生着付けの先生がいらして、やはり着物の着姿、半幅帯の帯結びがとても板についていて流石!でした。余談ですが・・・髪を結おうとして鏡を見たら、全く身に覚えの... [続きを読む]
  • 矢羽模様の浴衣
  • 10代の終わり頃に、母が縫ってくれた浴衣です。明日、精霊流し的なお祭りがあるので、出して着てみました。帯も大昔の沖縄土産。ミンサー織です。今沖縄の織物が流行っているのでラッキーです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 会津木綿で小物作り
  • 最近、minneとかtetoteとか、ハンドメイド作品を売っているサイトを知って時々見ていたら、ハンドメイド熱が湧いてきて。デパートの東北物産展で買った会津木綿でコサージュとストールを作ってみました。大好きな 鰹縞??並幅1メートルくらい。最初は手提げでも、と思っていたのですが、ミシンを10年以上使っておらず、ミシンを出すのも面倒だし、糸のかけ方とか覚束ないし…、とい... [続きを読む]
  • 誘惑の甘い罠
  • 糸をこんなに魅力的にみせるものを、私は他に知らない。封筒の宛名書きもペンだか万年筆だかで手書き‼?宛名シールではない??恐るべし、道明。着物好きの心をこれでもかとくすぐる??これすごくコストがかかってるDMだけど、確実に回収できてそうw今月は私負けそうにほんブログ村 [続きを読む]
  • 涼しげ
  • 実家から送ってきた昔の反物。涼しげ〜!コーマ地の白紺、オーソドックスなのをキッパリ着るって、夏らしくて大好き!もう今いろんな浴衣があるから、かえってこういうのを若い人が着てたらカッコよくてガン見しちゃう!ちなみに、右のなみなみの縞は立涌(たてわく)と言います。よく見ますね。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 手ぬぐい
  • 手ぬぐい好きです??暑い日に家事をする時、水で濡らして首に巻いているととても涼しいです。温くなったら、場所を変える。全部温くなったらまた水で濡らす。見た目は悪いけど、ホームセンター等で売っている、首に巻いて使うひんやりグッズより効果があります。タオルではダメなのですよ。右の二枚は伊勢木綿の白生地を伊勢型紙を使って染めた(注染)もので、クオリティ高いです。柴犬柄は愛... [続きを読む]
  • 向島めうがやの足袋
  • 少し前、デパートの催事で出会いましたので、足のサイズを測ってもらって買いました。足袋もお誂えしてもらっていら方もいると思いますが、私だいたい既成のもので合うんですね(^^;;めうがやさんの足袋、向島のほうですよ。今は母が買いためてある銀座の老舗のをはいていましたが、向島めうがやさんも母の大オススメなので。母曰く、足がシュッとして見える、とのこと。足袋はものすご〜く目立ちま... [続きを読む]
  • 流行りの羽織丈
  • 昭和12、13年頃の母と祖母です。羽織の丈が今の流行りと同じですね。流行は巡り巡って・・・。(母の顔がとても面影があって笑えます。)母の自慢はこのぽっくりだそうです。当時わざわざ取り寄せたもので、だれも履いていなかったとのこと。後ろからの写真では帯はふくら雀でした。着物などもぜひカラーで見たいものです。七五三は5,6回やったと言っておりました。こういう晴れ着は戦後、全部お米に変えたそ... [続きを読む]
  • 梅ごよみ
  • 先日録画しておいた歌舞伎「梅ごよみ」を観ました。まあ菊之助さんが美しいわ、勘九郎さんが面白いわ、ですごく良かったです。二人が江戸の辰巳(深川)芸者という設定なので、着物も江戸前。柄がスッキリではないでしょうか。粋でイナセでカッコいい「ちょいと、まのじ」なんて言いたくなりました。にほんブログ村x [続きを読む]
  • 夏の襦袢はトスコ
  • トスコの襦袢は涼しくて軽くて、洗濯もできるし、オススメです??柄も色々あります。私は、肌が弱いので麻100%だと痒くなってしまいますし。上に着る着物が麻系でも、絹系でもそうような気がします。繰り返すけど、ホント涼しくてラクにほんブログ村x [続きを読む]
  • 和裁
  • 今年の2月くらいから近くの和裁士さんに和裁を教えてもらっています。もうすぐ80歳ですが、現役でバリバリ縫ってます。母も和裁の先生だったのですが、私は母とはいろいろうまくいかない時期もあったので、和裁なんて自分でやることはないだろう、と思っていました。でも、私も年を取って着物を着だしたら、やはりどうしても自分で縫いたくなってしまいました。写真は、私の初めての作品、家に... [続きを読む]
  • 白金台gasaにて
  • 週末、白金台gasaへ天野ミサ作品展を観にいってきました。欲しいものがいっぱいあって、グルングルン悩んだ結果、蓮のバングルと柘榴の根付けをゲット。細工がとっても細かいの??鷹シリーズも超カッコよかったし、日傘のオシャレっぷりに鼻血ふきそうだったわ??まだ展示やってます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 清流に鮎の帯
  • 白金台gasaから目白花想容へ幼馴染の天野ミサさんの展示を観に白金台のgasaへ。とても素敵なオシャレ空間でした。柘榴の帯飾りと蓮のバングルを買いました。写真はまたあとで。それから友達が買いたい草履があるとのことで、目白の花想容へ。初めて伺いましたが、古い木造住宅が素敵に演出されている、ここもまたオシャレ空間お庭もとてもよかったので写真を撮りました。に... [続きを読む]
  • 獅子柄の鳴海絞浴衣
  • 浴衣を半襟つきで着物風に着るというのも流行っているみたいなので、去年あたりにやってみましたが、どうも浴衣は浴衣らしく着た方が夏らしさがあっていいんじゃないか、と思っている今日この頃です。見た目が涼しそうというか。この浴衣は母が昔に作ったもので、母の身長155センチ(当時、今はもっと小さいけど)、私161センチが着ているのでおはしょりがほんの少ししか出ない!おは... [続きを読む]
  • 池田重子さんの帯飾りの件
  • 大阪での展示会で翡翠の帯飾りが紛失した、とのことツイッターで拝見いたしました。数年前の東京での「日本のおしゃれ展」で買った本を眺めていたら、件の帯飾りを使ったコーディネートを見つけました。紋紗の着物に、前帯は波、お太鼓は苔むした岩にとまる鵜。鵜が狙うは鮎、というわけで、帯留めは翡翠の鮎。そして翡翠の帯飾り。池田重子さんの着物コーディネートは、すべて完璧な物語で作られてい... [続きを読む]