幾ちゃん さん プロフィール

  •  
幾ちゃんさん: 古墳を動画で見るサイト
ハンドル名幾ちゃん さん
ブログタイトル古墳を動画で見るサイト
ブログURLhttp://kofunwodougademiru78.publog.jp/
サイト紹介文自分が歩いた全国の古墳を臨場感のある動画で基本情報とともに紹介しています。墳丘に登れるもの中心です。
自由文3世紀半ばからの350年ほどの間に、これほどの古墳が造られたとはただただ驚くばかりです。とりわけ日本独特(少数韓国にあり)の前方後円墳の姿には惹かれます。当時の人口は専門家によれば400万人程度だそうですから、人々は強制的に巨大古墳の築造に動員されたわけではないのでしょう。当時の社会システムにも思いをめぐらす日々です。動画で撮った古墳はまだまだ数が限られていますが、徐々に増やしていくつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/09/05 20:24

幾ちゃん さんのブログ記事

  • 秋殿南古墳(後期)(奈良県) Akidonominami Tumulus (Nara Pef.)
  • 今回紹介する古墳後期の最後頃(7C初)に築かれたと考えられる秋殿南古墳は既に紹介した桜井駅の南側に広がるいくつかの古墳の至近距離にあります。古墳を訪問しはじめた頃から何度も降りたったJR桜井線(近鉄〇〇線)桜井駅ですが、あらためて見返してみるとあの古墳がこんな近くにあったと改めて驚かされます。あとで言及する全ての古墳が2?四方に点在しています。はじめの頃はバスに乗り継いで目指す古墳を訪ねましたが、本 [続きを読む]
  • 幾ちゃんの独り言(18)埴輪の色々 第1回
  •  古墳といえば埴輪はつきものですが実に奥が深いですね。古墳踏査をはじめる前、墳丘には教科書などでみかける人や馬、家形の形象埴輪が並んでいるのが一般的だと考えていましたが、必ずしもそうではないのですね。専門家や古墳ファンには笑われてしまいそうですが円筒形の埴輪が先行し、形象埴輪はだいぶ時がたってから登場することは歩いてみてわかったことでした。円筒埴輪でも今回の動画1から3で紹介しているように、開いて [続きを読む]
  • 秋常山2号墳(能美古墳群) 中期 (石川県) Akitsuneyama Tumulus2(Ishikawa Pref.)
  • 二年ぶりの秋常山古墳群はあいにく、水たまりができるほどの本降りの雨にたたられての訪問でした。墳丘が雑草で覆われる前にと思って訪れたのにいささか残念な気分でしたが、雨にぬれた墳丘は散りかけた桜の木を背景になかなかの美しさでした。今回紹介するのは既にアップした大型の前方後円墳の秋常山1号墳(古墳名を すれば飛べます)よりも50年ほど後の5C央に築かれた中型の方墳の2号墳です。残念ながら過去に土取り [続きを読む]
  • 観音塚古墳(終末期)(大阪府)Kannonzuka Tumulus (Oosaka Pref.)
  • 横穴石室もこのブログでは数多く紹介してきましたがそれぞれ個性豊かで感心するばかりです。今回の古墳は既にアップ済みの富田林市のお亀石古墳と同様の横口式石槨をもつ観音塚古墳です。時期的には7C中頃とお亀石よりはやや後に造られたと考えられているようです。墳丘はブドウ畑づくりに使われて大きく崩れておりその規模は不明とのことですが径13mの円墳と想定されています。ずいぶんと小規模です。そうだとしても動画でおわ [続きを読む]
  •  ブログを立ち上げて2年たちました(幾ちゃんの独り言17)
  • このブログを2015年5月18日に立ち上げて早いもので2年が過ぎました。第一回は古墳時代はじまりの象徴ともいえる箸墓古墳(以下古墳名を すれば飛べます)でした。最初の定型化した前方後円墳です。その後、全国各地の古墳を踏査し動画のアップを続けていますがお楽しみ頂いているでしょうか。これまでに前方後円墳、前方後方墳、円墳、方墳238基(韓国の古墳は除外、複数紹介している回もあるので概数)を紹介することがで [続きを読む]
  • 造山2号墳(造山古墳群)(後期)(島根県)(Tsukuriyam 2gou Tumulus
  • 2014年にはじめて訪れた時は静止画像しか撮らなかったので再訪。雨の予報のなか荒島の駅から古代出雲王領の丘公園に急ぎます。わかりやすく迷うことはありません。名残りの鯉のぼりがたなびく公園の入り口からかなり急な階段を登ると6C初めに築かれた造山2号墳が見えます。既に紹介した200年前以上前に築かれた大型方墳の造山3号墳、1号墳( すれば飛べます)よりも高地にあり動画4で見るように中海を見下ろす絶景の地 [続きを読む]
  • 新木山古墳(馬見古墳群)(中期)(奈良県)Nikiyama Tumulus(Nara Pref.)
  • 今回紹介する中期古墳の新木山古墳は墳長200mもある大型の前方後円墳ですが残念ながら墳丘には登れません。宮内庁が陵墓参考地としているためです。被葬者は敏達天皇皇子押坂彦人大兄皇子舒明天皇父とされています。 この新木山古墳が属する馬見古墳群は近鉄大阪本線大和川駅から近鉄田原本線佐味田川駅まで南北に10?ほどの間に4C末から6Cにかけて数多くの古墳が築かれています。墳長200m超の前方後円墳が4基、100m超が6基と見 [続きを読む]
  • 輸送手段・修羅 幾ちゃんの独り言(16)
  • 全国の古墳を歩いていていつも思うことはどのようにしてこの巨大構築物を造ったのかという疑問です。前期の古墳の多くは動画でもご覧頂いているように山間部の見晴らしのよいところに築かれていることが多いですし、中期の大型の古墳は葺石用の石、埴輪、土砂はじめ資材の量は半端ではありません。後期以降の横穴石室用の石材の巨石にも驚かされるばかりです。その築造技術もさることながら、どのように運搬したのか [続きを読む]
  • 塩古墳群(前期)(埼玉県)Shio Tumuli (Saitama Pref.)
  • 国宝の金錯銘鉄剣が出土した稲荷山古墳で有名なさきたま古墳群以来、久しぶりに埼玉県の古墳を紹介します。さきたま古墳群が中期末から後期にかけて築造されたのに対して今回の塩古墳群は古墳時代の4C央から後半に造られています。それも主墳二基は東国に多い前方後方墳で他は小規模な方墳と円墳です。動画でおわかりのように全体として残存する古墳の数々からしても小ぶりな印象ですが、林のなかに佇む墳丘は草刈が [続きを読む]
  • sample ムービーメーカー劣化防止編集
  • なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにその [続きを読む]