幾ちゃん さん プロフィール

  •  
幾ちゃんさん: 古墳を動画で見るサイト
ハンドル名幾ちゃん さん
ブログタイトル古墳を動画で見るサイト
ブログURLhttp://kofunwodougademiru78.publog.jp/
サイト紹介文自分が歩いた全国の古墳を臨場感のある動画で基本情報とともに紹介しています。墳丘に登れるもの中心です。
自由文3世紀半ばからの350年ほどの間に、これほどの古墳が造られたとはただただ驚くばかりです。とりわけ日本独特(少数韓国にあり)の前方後円墳の姿には惹かれます。当時の人口は専門家によれば400万人程度だそうですから、人々は強制的に巨大古墳の築造に動員されたわけではないのでしょう。当時の社会システムにも思いをめぐらす日々です。動画で撮った古墳はまだまだ数が限られていますが、徐々に増やしていくつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/09/05 20:24

幾ちゃん さんのブログ記事

  • 壬生愛宕塚古墳(後期)(栃木県)Mibuatagozuka Tumulus (Tochigi Pref.)
  • 栃木県壬生町の牛塚古墳( すれば飛べます)と巨大円墳丸塚古墳(いずれアップします)を見学した後、両古墳の間の道を500mほど南下すると(一つ信号があります)、結構大きな敷地をもつ地元企業が左手にあり、目指す壬生愛宕塚古墳はその真裏にありました。こんもりした森が目印です。 雑木林に一歩足を踏み入れるとそこは動画1のような異空間が広がっていました。個人的に雑木林が好きなので思わず嬉しさのあまり息を [続きを読む]
  • 山畑2号墳(山畑古墳群2)(終末期)(大阪府)Yamahata Tumulus 2(Oosaka Pref.)
  • 近鉄奈良線の瓢箪山駅から真東に1?ほど。山の中腹に東大阪市の郷土博物館があります。後ろには生駒山系が広がるかなり急な斜面を登ることになります。ここに6C後半から7C初頭にかけて山畑古墳群は築かれ続けたようです。もとは横穴石室を持つ小規模の円墳を中心として100基ほどあり、開発の進んだ今でも70基ほどが確認できるそうです。郷土博物館の敷地内には。今回は、山畑21号墳と22号墳( すれば飛べます)に続いて上 [続きを読む]
  • 桜井古墳 (前期)(福島県)Sakurai Tumulus (Fukushima Pref.)
  • 今回紹介する前期古墳は墳長約75mの前方後方墳の桜井古墳です。JR常磐線の原ノ町駅の東1.5?ほどの新田川を見下ろす台地に位置しています。2011年3月11日、東日本大震災による高さ10mほどの津波が桜井古墳を襲ったことは報じられていたので、いずれは訪れたいと思っていました。海からは3?ほどのところです。既に紹介した宮城県岩沼市の亀塚古墳も近くまで津波が押し寄せたことは知られていますが、桜井古墳の場合、墳丘の目の [続きを読む]
  • 珠城山古墳群(後期)(奈良県)Tamakiyama Tumuli (Nara Pref.)
  • JR桜井線沿いには数多くの古墳が築かれています。これまで紹介したものだけをあげるだけでその多さに改めて驚きます。北から並べると下池山古墳、中山大塚古墳、黒塚古墳、崇神天皇陵(行燈山古墳)、櫛山古墳、纏向石塚古墳、纏向出現期古墳(矢塚古墳、勝山古墳、東田大塚古墳)、ホケノ山古墳それに箸墓古墳になります(古墳名を すれば直接飛べます)。いずれも出現期を含む前期古墳です。ところが今回の珠城古墳群は [続きを読む]
  • 佐紀陵山古墳 (佐紀古墳群)中期 奈良県 Sakimisasagiyama Tumulus (Nara Pref.)
  • 墳丘の上を歩く、石室の中を観察するというこのブログの趣旨からすれば必ずしも相応しい古墳ではないかもしれません。しかし200mを越える二つの古墳が寄り添うように並んで造られている点はビジュアル的にも見事で濠に沿ってあるく価値は十分にあります。しかも百舌鳥・古市古墳群の大型古墳の周囲とは違い、人の声もはっきり聞こえるほどの静謐さに包まれています。視界を妨げるような建物もまったく見られず別世界に飛び込んだ [続きを読む]
  • 白鳥塚古墳(前期)(愛知県)Shiratorizuka Tumulus (Aichi Pref.)
  • 名古屋市の中心熱田神宮には愛知県で最大墳長を誇る151mの前方後円墳断夫山古墳があります。しかし6C後半の築造の後期古墳。前期古墳ではそこから北東方向に30?ほど行った標高198mの東谷山(とうごくさん)の麓に墳長115mの白鳥塚古墳があります。(犬山市に墳長123mの前期古墳青塚古墳があるので白鳥塚は県下では第二位の大きさ)。 東谷山麓には数多くの古墳が築かれ、白鳥塚古墳はじめ山頂の尾張戸(おわりべ)神社古墳、中 [続きを読む]
  • 番外編 石村洞古墳群(2) 韓国  Seoul Seokchon-dong Gobungun(2)Republic of Korea
  • 今回は日本を離れ、倭の時代に交流が最も盛んであった朝鮮半島、百済の古墳、ソウル市のロッテワールド近くの石村洞古墳群を紹介します。二度目のアップになりますが三年前よりも情報量は増していると思います。建設途中だった高さ555mのロッテタワーを借景にした積石塚は現代と古代の融合の極致ではないでしょうか(動画1)。規模の大きい3号墳は天理市の石上神社に伝わる国宝 七支刀(4C後半に作成)を倭に贈った近肖古王の墓 [続きを読む]
  • 壇場山古墳と陪塚(中期)(兵庫県)Danjyouzan Tumulus(Hyougo Pref.)
  • JR山陽本線の御着(ごちゃく)駅から徒歩で10分ほどのところ目指す古墳はありました。駅の北東方向にある引っ切り無しに車が行き来する国道を越えたすぐそこです。あれっと思うぐらいひっそりと静まり返った緑のなかに墳長143mもの前方後円墳が横たわっていました。墳長100mを超える前方後円墳は全国で302基を数えますが、消滅していたり原形をとどめないほどに破壊されているものもあり、外形をよく留め墳丘に登れるこの古墳は大 [続きを読む]
  • 壇場山古墳(中期)(兵庫県)Danjyouzan Tumulus(Hyougo Pref.)
  • JR山陽本線の御着(ごちゃく)駅から徒歩で10分ほどのところ目指す古墳はありました。駅の北東方向にある引っ切り無しに車が行き来する国道を越えたすぐそこです。あれっと思うぐらいひっそりと静まり返った緑のなかに墳長143mもの前方後円墳が横たわっていました。墳長100mを超える前方後円墳は全国で302基を数えますが、消滅していたり原形をとどめないほどに破壊されているものもあり、外形をよく留め墳丘に登れるこの古墳は大 [続きを読む]
  • 膳所茶臼山古墳(前期)(滋賀県)Zezechausuyama Tumulus(Shiga Pref.)
  • 琵琶湖の南端、膳所から1?ほどの丘陵に築かれた前方後円墳 膳所社臼山古墳を訪れるのは二度目です。古墳踏査をはじめて間もないころに訪問した際には基礎的な知識も十分でなかったこともあり雑木が鬱蒼と立ち並ぶ墳丘はただの山にしか見えませんでした。しかも調べてみると古墳が築かれた丘陵先端は標高145mもあり、公園入口からは結構な登坂が続き、折角歩いたのにと苦い思いで古墳を後にした記憶があります。再訪した2015年1 [続きを読む]
  • 百舌鳥・古市古墳群動画まとめ(幾ちゃんの独り言19)
  • 2017年度世界遺産推薦国内候補に決まった百舌鳥・古市古墳群。前方後円墳を墳丘の長さで上から数えてみると1位が435mの仁徳天皇陵(大仙古墳、百舌鳥)、2位が425mの応神天皇陵(誉田御廟山古墳、古市)、3位が365mの履中天皇陵(石津が丘古墳)と上位3位を独占しています。20位まででみると百舌鳥古墳群から3基、古市古墳群から4基が入っています。これらの巨大古墳が堺市、藤井寺市、羽曳野市の狭い地域にしかも5Cを中心に連 [続きを読む]
  • 妙蓮寺山古墳 (後期)(島根県)Myouenjiyama Tumulus (Shimane Pref.)
  • 今回紹介するのは島根県出雲市、JR山陰本線西出雲から歩いて20分ほどのところにある日蓮宗の古刹 妙蓮寺の裏山にある古墳です。駅の南東に走る県道277号に出て北に1?ほど歩き下古志の信号の一つ先を右折すると動画4の冒頭の光景が見えます。墳長49mの前方後円墳は6C中頃に造られたと考えられています。後円部を北に向け前方部がかなり高くなっています。ただ動画4でおわかりのように墳丘の形は初夏ということもあって草にお [続きを読む]
  • 秋殿南古墳(後期)(奈良県) Akidonominami Tumulus (Nara Pef.)
  • 今回紹介する古墳後期の最後頃(7C初)に築かれたと考えられる秋殿南古墳は既に紹介した桜井駅の南側に広がるいくつかの古墳の至近距離にあります。古墳を訪問しはじめた頃から何度も降りたったJR桜井線(近鉄〇〇線)桜井駅ですが、あらためて見返してみるとあの古墳がこんな近くにあったと改めて驚かされます。あとで言及する全ての古墳が2?四方に点在しています。はじめの頃はバスに乗り継いで目指す古墳を訪ねましたが、本 [続きを読む]
  • 幾ちゃんの独り言(18)埴輪の色々 第1回
  •  古墳といえば埴輪はつきものですが実に奥が深いですね。古墳踏査をはじめる前、墳丘には教科書などでみかける人や馬、家形の形象埴輪が並んでいるのが一般的だと考えていましたが、必ずしもそうではないのですね。専門家や古墳ファンには笑われてしまいそうですが円筒形の埴輪が先行し、形象埴輪はだいぶ時がたってから登場することは歩いてみてわかったことでした。円筒埴輪でも今回の動画1から3で紹介しているように、開いて [続きを読む]