Como さん プロフィール

  •  
Comoさん: チョコBlog
ハンドル名Como さん
ブログタイトルチョコBlog
ブログURLhttp://watermelon4.hatenablog.com/
サイト紹介文チョコレート嚢胞で腹腔鏡手術、卵巣&卵管を切除。子宮筋腫アリ。不妊治療(リタイア)経験も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/09/06 15:48

Como さんのブログ記事

  • 漢方薬を飲んでいた話
  • 今回は漢方薬のお話。西洋医療を受けても望んだ結果がなかなか得られない。となると、自然と東洋医療に興味が出始めるもので、私もまさにそのルートで漢方薬に興味を持ちました。実は若い頃に生理痛が酷いので心配になり産婦人科へ行ってみたことがあります。地元では産科の腕がいいと有名なクリニックで待合室も妊婦さんが多かった印象。相当長い時間待たされて、やっと診察室に呼ばれ「生理痛が酷いので心配している」という [続きを読む]
  • ヒーリングを受けたお話
  • 不妊治療の最中、友人の紹介でヒーリングを受けたことがあります。友人は「信じるかどうかはお任せするけど」と前置きしたうえで、ヒーリングを受けた後に赤ちゃんを授かった人がいる、そのヒーリングをやっているのは自分の友人で怪しい人ではない、自分がもらった30分ヒーリングお試しチケットがあるので興味があるなら差し上げますよ、、、などなど。今の自分であれば「ありがとう、興味が出て来たら声かけさせてもらうね」 [続きを読む]
  • 気持ちのコントロール
  • 不妊治療を現在進行形で行っている方のブログ(治療記録)はたくさんあると思いますし、実際に私も当時は詳細な記録をブログとして残していました。しかし、治療を終えた後にすべて消去してしまいました。当時は難しい名前の治療法や薬の名前など、嫌でも覚えてしまいましたが今となってはキレイさっぱり忘れてしまいました!細かい情報をお探しの方は治療中のブログを参照していただくことにして、私は卒業生としてココロの部分 [続きを読む]
  • 気持ちのコントロール
  • 不妊治療を現在進行形で行っている方のブログ(治療記録)はたくさんあると思いますし、実際に私も当時は詳細な記録をブログとして残していました。しかし、治療を終えた後にすべて消去してしまいました。当時は難しい名前の治療法や薬の名前など、嫌でも覚えてしまいましたが今となってはキレイさっぱり忘れてしまいました!細かい情報をお探しの方は治療中のブログを参照していただくことにして、私は卒業生としてココロの部分 [続きを読む]
  • 体外受精は回数?予算?
  • 説明会に参加し、大体の治療の流れを把握できたところで体外受精に挑む決意が固まりました。しかし、だらだらと治療を続けることは避けたかったので、私なりに区切りを決めました。100万円我が家の経済状況からいって、これ以上は無理だと思ったからです。体外受精では県や市の助成金が出ますが(申請しなければもらえません)あとから戻ってくると分かっていても、まずは支払う必要があります。金額か回数か、という部分 [続きを読む]
  • 治療を中断 〜ネット検索の鬼と化す〜
  • 不妊治療を続けていると、なかなか結果が出なくて焦ってくるしだんだんと自分を責める状況になってきました。原因不明の不妊ということで、タイミングが悪いのか、年齢のせいなのか、自分の身体の問題か色々と考え込むわけですが、1年間もタイミングを合わせたのに妊娠できないとなると「自分の身体の問題」じゃないかと疑うわけです。恐らく、妊活(ベビ待ち)をしている方なら経験あると思いますが妊娠しやすい身体にするた [続きを読む]
  • 手術、退院から半年が経って
  • 退院してから半年が以上が経過しました。おかげさまで体調は良好、健康に過ごせています。退院してから2〜3回の生理は量が多かったり、痛みがあったり落ち着かない感じでした。しかし、昨年末あたりから生理前の不快な症状(吐き気、下腹痛)を感じなくなりました。生理の期間は短くなり、量も減ってきています。(これは加齢の影響かもしれません)手放せなかったロキソニンも、飲んだり飲まなかったりで明らかに以前に比べて [続きを読む]
  • 様々な検査〜タイミング指導〜人工授精
  • 当たり前のことですが、不妊治療を始めるにあたって様々な検査が待ち受けています。妊娠しない原因をさぐるためのもので妻側の検査、夫側の検査、2人の検査があるのです。卵管造影検査卵管が詰まっていないかを調べる検査です。これは人によって感じる痛みに大きな差があるらしく、私は「ちょっと重い生理痛?」くらいに感じましたが、(結果的に詰まりは無かった)私の前に検査を受けていた人はあまりの痛さで検査室から絶叫 [続きを読む]
  • 後悔していること 〜治療開始前〜
  • 後悔? 子宮筋腫についてもっと深刻に考えるべきだった結婚してから不妊専門クリニックに通い始めるまでの1年間、のほほんと過ごしてしまったことを後から後悔しました。子宮筋腫があることがわかっていたのだから、結婚してすぐにでもクリニックへ行くべきだった。子宮筋腫があっても妊娠する人は沢山いる。妊娠に関連する本などを見ると必ずこんな一文があります。筋腫があっても大きさや位置によっては妊娠にさほど影響はな [続きを読む]
  • 不妊専門クリニックを受診
  • 不妊治療を受けたいと思って、情報収集をした結果、県内の不妊治療で有名な専門クリニックを受診することに決めました。クリニック決断に至る前の段階についてはこちらを参照してくださいwatermelon4.hatenablog.com勇気を出して不妊治療専門のクリニックに予約の電話を入れました。このクリニックは人気があって、他県からも患者さんが訪れるくらい。混雑していてすぐには予約がとれませんでした。おまけに、電話対応して [続きを読む]
  • 不妊治療を開始するまで
  • まずはじめに、不妊治療カテゴリーの記事をまとめるにあたって予めお伝えしておきたいことがあります。それは、現時点では不妊治療は断念し、治療は継続していないということです。これまでの経験を振り返って、記憶を辿りながら綴りたいと思っています。現在進行形の治療内容を綴る内容ではありませんし、赤ちゃんを授かって不妊治療を卒業した!という成功体験でもありません。どちらかと言えば「成功しなかった体験」です。 [続きを読む]
  • 入院に必要な持ち物
  • 入院のしおりなどで事前に説明を受けるのですが、私が持参したものを記してみたいと思います。<病院側から持参するよう指示があったもの>前開きのパジャマタオル(バスタオル2、フェイスタオル3)ルームシューズ下着 (マタニティ用の大きめパンツ)箸、スプーンなどティッシュ洗面用具(シャンプー類、ボディソープ)ナプキン<自分で用意したもの>ウエットティッシュドライヤーS字フックマグカップペットボトル用のスト [続きを読む]
  • 退院後の生活 −生理前・生理中−
  • 退院後、いつもの周期よりも3日ほど早く生理がやってきました。普段は生理1週間前くらいから胃のムカムカ(軽い吐き気)があるのですが、今回はそのような前兆はほとんど感じず、しかも予定よりも早かったので「えっ!もう??」という感じ。今回の手術を受けて、「生理痛軽くなるかも」「経血量も減るのかな」などと期待していたのですが、結果としてはさほど大きな差は感じられず。。。しかも、生理痛はやや重く、退院時に処方 [続きを読む]
  • 退院後の生活 −貧血・体力の低下−
  • 退院時、病院から注意事項として言われたことは、退院後1週間は安静に、疲れた時は無理せず休養を十分とる車の運転は可(但し、腹圧がかかるので短時間に)自転車、バイクは乗らない重いものは持たない長時間立ったままでいない次回診察まで性生活は控える次回診察までシャワー可、入浴は控える要点はこんな感じ。仕事を持っている場合は再開時期について仕事内容を考慮しつつ、先生と相談する感じでした。退院直後は、「疲 [続きを読む]
  • ご訪問ありがとうございます
  • はじめまして。comoと申します。こちらのブログは、子宮筋腫、子宮内膜症(チョコレートのう腫)の治療・手術の記録、不妊治療に関することをまとめています。私自身も色々な方のブログを参考にさせていただいたり、励まされてきました。稚拙な内容かと思いますが、私の経験もどこかで誰かの役に立てるかなと思い、ブログを立ち上げましたので、お役に立てたら幸いです。にほんブログ村女性・婦人科の病気 ブログランキングへ [続きを読む]
  • 医療保険ナシでも大丈夫?
  • 私は、CO-OP共済に入っているのですが、加入時点で子宮筋腫があったため条件付き加入だったんですね。  免責期間は3年。免責期間中に開始または実施した、子宮および子宮付属器(卵巣・卵管)の治療のための入院・手術については共済金をお支払いしません。という内容でした。実は、子宮筋腫が見つかる前から他の医療保険に入っていたのですが、なんせ保険料が高かった。いつか手術になるかも・・・と思い保険料を払 [続きを読む]
  • 傷は残る?傷の処置など
  • 傷あとが残るかどうかは、やはり気になりますね。腹腔鏡手術でしたので、お臍 プラス 小さな傷3か所でしたが思ったほど目立たないな、時間が経てば大丈夫そう、というのが感想です。お見苦しいのは覚悟のうえで、、、手術後3週間経過した時点での傷あとはこんな感じです。ちなみに、「お臍の形が変わってしまうかもしれません」と事前に説明を受けていました。そして、実際に変わっていました。少し「でべそ」になってま [続きを読む]
  • 入院・手術にかかった費用
  • (保険外負担 :68,329円) 差額ベッド代 9,000円×7日=63,000円 その他    268円 消費税    5,061円(保険負担 : 201,470円) 手術・入院・投薬など 198,610円 食事 2,860円事前に、「だいたい20万くらい」といわれていたのですが、個室利用料金が想像していたよりも費用がかかったなぁという感じ。もう少し安い個室もあるのですが、空いていなかったみたいです。医療保険の広告などでも、「個室を [続きを読む]
  • 麻酔の副作用について
  • 全身麻酔をすることになり、事前に麻酔科の先生から副作用に関する説明を受けました。(1) 一時的な吐き気、嘔吐、頭痛(2) のどの痛み(気管挿管の影響)(3) 肺炎や気管支炎などの呼吸器合併症(4) 腰痛や筋肉痛(手術中に同じ姿勢を保つため)結果的に、(3)を除いて全て症状がありました。副作用の有無は、個人によってかなり違いがあると思います。私の場合、手術後〜翌朝にかけて、ずっとではないので [続きを読む]
  • 浣腸について
  • 浣腸についても、病院によって対応が違うみたいですね。私の場合、浣腸(1回)&下剤 でした。浣腸は手術前日、夕飯を食べ終えた後の19:30ごろでした。実は手術よりも何よりも、浣腸にビビっていた私。普段から便秘とは無縁で毎日、お通じ快調なので「浣腸要らないんじゃないか」と思っていたほど。時間が近づいてくると緊張のピーク!!看護師さんが笑顔で登場。「5〜10分我慢できたらいいけど、無理なら2分でも」 [続きを読む]
  • 剃毛(ていもう)とお臍の処置
  • 剃毛(ていもう)については、病院によって対応が異なるようです。私が入院した病院では、事前にいただいた資料の中に「恥骨のあたりまで、カットしてきてください」の一文がありました。へっ?自分でやるの?というのが私の正直な感想。だって、拝見してきた数々のブログでは看護師さんに剃毛してもらった、という方が多かったから。そのため、一応確認しましたよ。「自分で自宅でカットしてくるのですね??」と。説明し [続きを読む]
  • 手術5日後(入院7日目)
  • 入院7日目、この日は退院の日。この日も起床時間よりも前に目が覚めました。5時ごろに目覚めたので病室で軽く身体を動かしたり、窓から外を眺めたり。こんな風にのんびりと時間を過ごすのも今日で最後なんだなぁと思うと少ししんみり。朝食は通常食。実はこの日まで完食したことがなかったので、最後くらいは全部食べないと!と思って気合を入れていました。目覚めてから3時間、時間があったので程よい空腹状態。なんとか [続きを読む]
  • 手術4日後(入院6日目)
  • 入院6日目。目覚めは良好。手術直後はお腹に力が入らず、ベッドから起き上がるときには頭の部分を電動で起こしていたけど、日に日に力が入るようになってきてベッドの柵をつかんだり、自分の膝を抱えるように勢いをつけてえいやっと起き上がれるようになってきた。かなりの進歩。歩行もだんだんとスピードアップ。行動範囲も広がってきてランドリールームへ洗濯物を持って行って、自分で洗濯もできるようになった。自分 [続きを読む]
  • 手術3日後(入院5日目)
  • 入院5日目。すっきり目覚める。体調は良好。朝食は全粥、おかずは何とか食べられるようになるも、粥が喉を通らない。梅干しやつくだ煮なんかあったらなぁ、もっと食べられるかもしれない。やっと朝の回診の時間。ここまで、特に傷の状態に触れてこなかったが、臍の部分の傷が一番大きく、臍と恥骨の間に横並びで3か所小さな穴が開いている。この傷口はなんと「医療用ボンド」なるもので固定されており、傷をガードするため [続きを読む]
  • 手術2日後(入院4日目)
  • 入院4日目。目が覚めると頭痛がした。昨日はあんなに体調が上向いたのに、今日は一転して体調が悪い。ベッドに横たわって様子を見る。歩く元気が出ない。8時になり朝食の時間。5分粥ということで、お粥だけかと思いきや普通食のご飯の部分がお粥に変わっただけで、しっかりとおかずがついてきた。全く食欲が沸かず、手をつけずに返却。オエ〜って感じ。その後もしばらくベッドに寝ていたが、そういえば同じ病気の入院ブ [続きを読む]