空 さん プロフィール

  •  
空さん: 何のために生きるのか?
ハンドル名空 さん
ブログタイトル何のために生きるのか?
ブログURLhttp://ameblo.jp/taitakau-tan/
サイト紹介文何のために生きなければいけないのか?生きる意味は本当にあるのか?
自由文死ぬその時まで、人生の意味を追い求め続ける・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/09/06 17:39

空 さんのブログ記事

  • 感謝はすべきなのか?
  • 感謝はすべきなのか?形だけの問題じゃなく。相手に謝意を伝えても伝えてなくても、心から感謝の念を抱くことは、大切なのだろうか?子どもは感謝の念を持つのだろうか? [続きを読む]
  • 感謝とは?
  • 感謝感謝とは一体何なのか?誰かによくしてもらって、助けてもらって、それが本当にありがたくて、その人に対して、お返しをしたい、極端な話その人のためだったら自分の命を犠牲にしてもいいくらいに自然に思えるような、そういう感情なのか(思考なのか)?程度の軽い感謝は、誰かに親切にされて、その人に好意を持てて、他の人よりかはその人を優先してあげようと思うことか?神かサムシンググレートか自然か世界か、とにかく [続きを読む]
  • 感謝
  • 感謝という気持ちこれは実に高度な脳機能だ。感情とも言えるし、思考とも言えるし、とにかく、古来から人は感謝が重要だったし、きっと、ユダヤ教でもキリスト教でもイスラム教でも、仏教でもヒンズー教でも、大切な教えだったのだと思う。サイコパスという反社会性パーソナリティの人は、共感のできない情性欠如者なのだろう。他人に対して心から感謝することはないのだろう、社交辞令としての形式的な感謝はできても。下の本を [続きを読む]
  • すべては最高
  • アメリカのアニメ(?)を見た。 レゴという作品だ。 この中で主人公は皆と同じ平凡な生き方からヒーローになる道を選んでいくわけだが、 この作品の中で出てくる歌が、僕にはとても印象に残っている『すべては最高 みんなの真似して生きよう すべては最高 みんな一緒に』 アメリカは個性のない人を批判する風潮があるけれど、僕は個性がなく和を重んじる協調的な日本が好きだ・・・ LEGO(R) [続きを読む]
  • 原初の記憶
  • お酒を断った日を忘れてしまうくらいのほうが断酒を成功できるであろう。(飲酒したときの楽しさを忘れてしまったほうが断酒を継続できる。)それは、産まれた日を忘れてしまっているのと似ている。(僕の記憶の中で一番古い記憶は2歳か3歳か・・・)お酒の楽しさを忘れた断酒成功者がお酒の楽しさを思い出したら、また破綻するであろう・・・産まれる前の記憶を忘れている今生きている人が産まれる前の無の安住感を思い出したら [続きを読む]
  • 有るのでもなく無いのでもなく空・・・空とは、有ることも可能で無いことも可能な状態この世は無くてもよかった世界、したがって、この世は空・・・ならば、無くてはならない物はあるのだろうか?少なくともこの世にはないであろう・・・空は無くてもよいものなのだろうか?自分なんて存在しなくてもよかった物のはず。。。しかし、自分という存在は空のもと誕生した。本質は空であり、存在する理由はないはず。いついなく [続きを読む]
  • 他の人の人生観や価値観
  • 『顔ニモマケズ』という本が朝日新聞のネット記事に紹介されていた。https://www.amazon.co.jp/顔ニモマケズ-―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語-水野-敬也/dp/4905073642この本を読んでみたいと思う。おそらく、人間の日々の悩みやストレスは自分に関係することの範囲でしかないであろうことは当然と言えば当然なのだが、そういう他人の苦悩に無関心な態度は取りたくないし他の人の人生観や価値観で、非 [続きを読む]
  • ハッピーエンド
  • 僕がよく読むブログ『生きる意味を徹底して考える』の2017/04/09の記事の中に感銘を受ける内容があった・・・http://unfixation.gjpw.net/Date/20170409/以下抜粋『 僕が他者のブログで期待しているのは、「プロセス」である。 結果ではない。結果は分かっている。「幸せになっちまえよ!」で以上だ。 婚活で頑張っている人がいる。付き合っていた人に先立たれてしまった人がいる。子どもを失った人がいる。子どもが障害を抱え [続きを読む]
  • 神とともに生きる
  • アベルやエノクは神に大変愛され祝福された人間だ。とくに、アベルは兄カインの妬みを買うほどに。新約では、マリア(イエスの母親ではないほう)が姉マルタの妬みを買うほどにイエスに愛された。マルタがイエスにせっせと仕えたのと対照的にマリアは対照的にのほほんとしていたにも関わらず。要するに、人間が自分の考えで神に一生懸命色々仕えても、それは稚拙な努力だし、神の判断の基準は、一生懸命さや努力ではないのだ。ア [続きを読む]
  • 無題
  • しかし、恐いというのは、本能や自律神経や過去の記憶に振り回されてるだけの情動に過ぎない。理性や知性や悟性によって、怖いと感じてしまうのを大丈夫だよと諭せばいいし、情動に左右されて、現実の行動を間違って決めてしまわないようにすればいい。そして、幸せについても同じことが言える。過去の記憶にしがみついて何となく多幸感を感じるような習慣や趣味に、盲目的に半ば惰性的に取り組んでいては、真に正しいことではな [続きを読む]
  • 恐い物
  • 怖い物ヘビが怖いと言う人犬が怖い人高所恐怖症の人閉所恐怖症の人不潔恐怖の人対人恐怖症の人いろんな人がいるけれど、僕が怖いと思うのは、怒っている人や不機嫌な人かな、、、小さい頃に、親から厳しく躾けられたから。とくに親が機嫌が悪い日はよく叩かれたから。親に叱られ、反省したか?と問われる。ハイと答えても、じゃあ何を反省したか?とさらに聞かれる。親の説教の内容をちゃんと理解しないとまたぶたれるので、叩か [続きを読む]
  • 無題
  • 「心はすべて数学である」2015/12/9 津田 一郎 (著) を読んだ。少し考えるヒントを得られた。エピソード記憶と意味記憶。エピソード記憶は時間的順序がかかわっている。意味記憶をつなげる連想。これは時間的順序はない。エピソード記憶は時間的な順序があり、A→B→Cといった流れができている。しかし、時間というのは流れているというよりも、一瞬一瞬ごとに切り替わっている、アナログ的な動きだ。方向性はあるけど。方向性の [続きを読む]
  • 「心はすべて数学である」2015/12/9 津田 一郎 (著)
  • 『 心はすべて数学である 』という本を読んでいる。数学者の書いたものだから、心という難問をカオスなどから解き明かそうとする数学よりの本かとあまり期待せずに読み始めたが、脳科学についてもよく勉強されていて、読んでてとてもインスパイアされる傑作だ(と今のところ思い始めている)。もちろん、今後読み進めていくうちに、やっぱり失望してしまうかもしれないけど・・・ 本の中での著者の主張とは別に、僕自 [続きを読む]
  • 声に出すこと
  • すごく有名な外国人臨床心理士の方が、緊張しているときに、ポジティブなことを口に出して緊張を和らげるという方法を説明していた。アスリートも試合前に口に出して自分はうまくいくようなポジティブな言葉で自分のメンタルを高揚させている。自己暗示させている。 確かに、ただ、頭の中で思い考えるだけでは不十分であろう。発声という人間の高次脳機能をFullに活用して脳を活性化して、神経を興奮させれば、不安とか緊張 [続きを読む]
  • 苦しかったこともつらかったことも全て人生の意味解明の益に
  • この世での暮らしは毎日苦しいし、つらいことかいっぱいだし、過去の嫌な思い出や後悔がたくさんあるし、何より明日に課題や心配事を山積みにしたまま、床に入るわけだ。だけどだけど、これらは、真に思い煩うことではないし、本来、人生は人生の意味を追求する良い機会なのだと思って、苦しかったこともつらかったことも全て人生の意味解明の益にしていきたい。 [続きを読む]
  • 色んな活動
  • 緊張感 と学習性無力感無職だったり、引きこもりだったり、家族としか人間関係がなかったりして、緊張感がない生活だったら、鬱になるリスクがあるのは当然だ。 しかし、他の人とストレスフルな人間関係で、成功体験少なく、ほぼ100パーセントつらい思いばかりの毎日だったら、やはり、鬱になってしまう危険性がある。適度に緊張感があり、そして、そのストレスに報いる成功体験があるのが、理想的だ。これを実現するには [続きを読む]
  • 生き物たち
  • 動物も植物も何で生きてるのかわからないまま繁栄安定を目指して日々活動している、が、本能というただの機械的活動に過ぎないかもしれない…もちろん、僕が人生の意味を探求するのも同じことかもしれない… [続きを読む]
  • もし死がなかったら
  • もし、人間に死がなかったら、哲学は誕生しなかっただろうか。。。 死がないとは、誕生もなく、いつの間にか、この世に存在していることに気づき、いつからこの世にいるかもわからず、いつまでこの世にいるのかもわからない状態、と言うか、永遠に存在し続ける状態…つまり、人間と言うよりも、この世界自身のことだ。この世界は、わけもわからず、存在してて、永遠に存在し続けることに、倦み疲れることだろう、自意識があ [続きを読む]
  • 動悸
  • 今日は、礼拝への行き帰り、走って。。。現代日本人は会社でのデスクワークでも、店や工場や施設での肉体労働でも、とにかく、胸がドキドキするような無酸素運動がなくなってしまって、かなり、心臓や肺を抑え込んだ不健康ライフを送っている(まるで散歩させてもらえない室内飼いの犬のように、ストレスがたまっていくだろう。)。交感神経のやり場がなくなって、ウズウズした交感神経及び心臓は、中枢神経からの理性的な抑制支 [続きを読む]
  • レゾンデートル  raison d'etre
  • 脳科学者は言う「自我というのは幻想に過ぎない、自分と思っていても、自由意志といっても、結局は脳の化学的反応に過ぎず、自由意志もないし、自我なんて幻想に過ぎない」と。仏教信者は言う「自我とは煩悩であり、幻想である」と。一般人は言う「人生一回きり、楽しく生きられればそれで良い」と。これらの意見に僕は異を唱える。自分という意識が幻想?幻想も何も、確かに感じる自分というものが存在するのだ。幻想だろうと何 [続きを読む]
  • 無題
  • 人生の意味と言うと、人によって色々別々の解釈をされてしまうけれど、僕が求めている人生の意味というのは、どんな時代のどんな人にも当てはまる普遍的な人生の意味のことだ。幼くして亡くなってしまう子どもにも年老いて意味もなく延命処置され長生きし続けてるように見える植物人間にも平和に平凡に生きてる人にも(そういう人がいるのかどうかはわからないが)毎日苦しみながら生きてる人にも悪人にも聖人にも男性にも女性に [続きを読む]
  • きらクラを聞きながら徒然に・・・
  • ブログはあくまでも自分の考えを忘れないようにするための備忘録。それブラス誰かから批判や意見やヒントを得られたらと思って。そして出来れは、昔の若かった頃の自分のように悩み苦しみ死にたくなってるような人への励ましヒント参考になれば一番良いのだが…1番目は非常に奏功してるのだが、2番目は今までの経験からほとんど期待できないし、3番目は実は良くないことなんじゃないかと最近考えが変わってきている。 目の前 [続きを読む]