はる さん プロフィール

  •  
はるさん: 建築家と建てる・鎌倉で建てる
ハンドル名はる さん
ブログタイトル建築家と建てる・鎌倉で建てる
ブログURLhttp://koto-note.main.jp/houseblog/
サイト紹介文2015年秋から鎌倉で家づくりをはじめました。2018年の竣工目指して頑張ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2015/09/06 21:25

はる さんのブログ記事

  • あそこには何が建つんだろう、と楽しみにしている場所
  • 鎌倉人のみならず居心地のいいスタバとして有名な鎌倉市内のスタバ某店(あえて秘す)。その隣、というか、正確には某漫画家氏邸宅の跡地でスタバにならなかった一角にぽつりと建っていた白い建物(スタバ開店後、しばらくしてからギャラリーとして使われていた)が取り壊されていることに1,2か月前に気づきました。何になるんだろうな、お店かな、と思っていたら、真っ白・真っ黒のモノトーン究極シンプル系の、主に住宅を建て [続きを読む]
  • The Canvas Park Hayama
  • 定期的に鎌倉特集を組むHanako。今月号も鎌倉でした。鎌倉生まれの鎌倉育ちですが、鎌倉には疎い私。鎌倉好きなんです!という非鎌倉人の方のほうが私より絶対鎌倉にお詳しいです。そこで、美味しいお店のことをチェックしたくてときどき雑誌で勉強しています。でも今回のhanakoで一番気になった記事は飲食店ではなくて(そして鎌倉でもなくて)The Canvas Park Hayamaという宿泊施設。こちらの3棟あるうちの「Unkai」というヴィ [続きを読む]
  • ガデリウスの断熱玄関ドアに新シリーズ登場らしい
  • 木質ドア、木製サッシュで有名なガデリウスから8月に新しい玄関ドアが発売されるそうです。住宅の高断熱・高気密化をはかりたい際に玄関ドアは重要なポイント。とはいえ断熱性能だけではなく見た目にもこだわりたいし…と思うと、なかなかこれだというものが見つからなくて、かといって製作するには予算が…という場合の力強い味方がガデリウス。ガルバリウム鋼板と木質合板でウレタンをサンドイッチしてその上に無垢材を張るとい [続きを読む]
  • 家づくり息抜き旅行に行ってきた
  • 保育園のお友達とそのママと、女4人旅してきました。いつも旅行の時もキャンプの時もPCを持ち歩いて仕事している私ですが(苦笑)今回は完全なるオフ!!!リフレッシュしてきました。ビール何杯飲んだかな…。今日からまた頑張ります。さて、施工見積合戦終了!!と思っていたら建築家O氏からチェックが入りました。基礎高や玄関土間下の床下空間をスタイロで埋めるといった技術的な変更点が見積に反映されていないとのこと。 [続きを読む]
  • 家づくりの中で諦めたもの、諦めなかったもの、こだわったもの
  • 工務店さんとの見積合戦が収束して、施工金額はめどがつきました。結局予算よりずいぶんオーバーです。とほほほほ。工事中に追加工事等があるので最終価格はまだわかりませんが、もうさすがに100万、200万レベルで追加はなかろう…ということで、あれこれ減額したり減額したり減額したり(とにかく減額)する中で、諦めたもの、諦めなかったもののリスト。諦めたものかっこいいガスコンロ出典:ツナシマ商事リンナイ製だったら最高 [続きを読む]
  • ソーホースブラケットが顔に見える病
  • コワクナイヨー工務店さんとの見積合戦にいったんの終結をみて、若干魂が抜けています。本当は玄関土間の照明(施主支給)やエアコンの機種選定などをしなければいけないのだけれど…しばらく休憩。明日から南国に旅行に行ってきます〜。 ソーホースブラケット、こいつだけでなく、たいていどのブラケットも顔に見えます。もう顔にしか見えなくなった!と思われたらClick? でランキングサイトを別窓表示します建築家との家 [続きを読む]
  • ダイキンの黒い室外機
  • 先日行った千駄ヶ谷でみかけたアパートメント。エアコンの室外機が黒い!!ダイキン製だったので製品ページで確認しましたが黒い室外機は見つけられませんでした。特注色なのか、塗ったのか…?オーナーのこだわりを感じた瞬間でした。 黒いエアコン室外機って商品化されたら結構売れそうですよね。黒いのあったら買う!と思われたらClick? でランキングサイトを別窓表示します建築家との家づくりのブログランキングサイト [続きを読む]
  • 工務店さん見積確定、これでようやく契約…?
  • 昨日遅くに工務店さんから何度目かの修正見積もりが来て、数点修正を依頼したい点はありながらも、ようやく見積合戦が収束しました。これでようやく施工契約にたどり着けそうです。我が家の工務店さんはとにかく見積ミスが多くて多くて…(汗)Excelで一覧表を作り、見積書が出てくるたび1行1行チェックをし、疑問点を確認(&修正依頼)するという作業が必要でした。専門家ではないので「やり方墨だし」の価格や「外部足場架払 [続きを読む]
  • 浴室壁タイル決定
  • しばらく悩んでいた浴室の壁タイル、ようやく決定しました。バスルーム・洗面所のタイルイメージ建築家O氏との打ち合わせの中で「ホワイトとブラックのモノトーンの組み合わせにすることがすんなりと決定」していたのですが、イメージとサイズが合うタイルに巡り合えずに幾星霜。そんな中、建築家O氏が「壁を黒くして床を白くしましょうよ〜」と言い出して(笑)、自体はさらに混迷を極めます。出典:Collection ENJOYちょうどこの [続きを読む]
  • Miele表参道に行ってきた(誤字訂正)
  • 25周年で沸くミーレ・ジャパンのショールームに行ってきました。我が家は食洗器はガゲナウにしようと思っているのですが、ミーレが25周年記念で期間限定の特別モデルを出したと聞いて、どんなものか話を聞きたくて。 www.miele.co.jp Miele 食器洗い機 | G 4920 SCi ドア材取付専用タイプ(SCi)https://www.miele.co.jp/domestic/dishwashers-2510.htm?mat=10217920&name=G_4920_SCiMiele 食器洗い機 | ドア材取付専用タイプ(SC [続きを読む]
  • モールテックスのサンプルが来た
  • 左官屋さんに依頼していたモールテックスのサンプルが届きました。モールテックスの勢いは収まるところを知らずお仕事がとても忙しいそうでようやく到着。待ってました!全部で5カラーのサンプルを依頼しました。右列が上からBM65、BM66、左列が上からBM57、BM58、BM59。サンプルそれぞれが中央で塗り分けられているのは仕上げの違いで、テカテカしている方がビピュール(ニス)、マットな方がオイル仕上げです。仕上げの違いビピ [続きを読む]
  • コクヨThink of Thingsに行ってきた
  • 先日Openしたと書いたコクヨの新型店舗、THINK OF THINGSに行ってきました。出発前から騒いでいたトロリー型のケースもチェックしてきました。トロリータイプだけでなく、宝箱のような箱型ケースもあって魅力的。価格もそこそこなので、新居のワークスペースの収納に使いたいな。そして箱好きとしては見逃せないもう一つの箱がこちら。帽子箱のような形状の紙筒にアルミトレイを載せて使う箱です。収納にも、サイドテーブルにも! [続きを読む]
  • 立ちはだかる鎌倉市の建築条例5項目のうち1つクリア!
  • 我が家の家づくりで最初にぶつかった壁は鎌倉市の建築条例でした。あ、そういえばハウスメーカーにこだわる父が居ました。そっちが一番目ですね。鎌倉市は異常とも思える執念で市内に住宅を建てることを阻んでくる!と恨み節を口にしたくなるほど、我が家はこの建築条例に悩まされました(ています)。さかのぼること一昨年の10月のこと。「立ちはだかる鎌倉市の建築条例」という題で記事を書きましたが、我が家の敷地は下記5つの [続きを読む]
  • Casa Brutusもキッチン特集
  • Modern Livingに続いて、Casa Brutusも今月はキッチン特集。こちらは「楽しいキッチンの作り方」と題されたDIY要素の強い個性的なキッチンが勢ぞろい。私はキッチンはあくまで作業場だと思っていて、使う人の個性・人間味があふれていることに魅力を感じます。整然と整えられたキッチンよりもまさに「楽しいキッチン」が好みの私には楽しい誌面でした。特に季節柄か、アウトドアキッチンのあるお宅が多く取り上げられていて妄想が [続きを読む]
  • 今月号のModern Livingはキッチン特集
  • 毎号、ため息が出るほどの豪邸がずらりと並ぶインテリア雑誌Modern Living。今月号はキッチン特集です。豪邸のキッチンはパッと見にはシンプルですが、家づくりの視点でよくよく見ると設備も器具も面材も超豪華仕様でため息が漏れます。と、いつも完全に目の保養のための本誌ですが、家づくりの(実務的な)参考になる点もいくつかあるので毎号欠かさず読んでいます。 今号に掲載されたキッチンを眺めていて思ったのは、床材として [続きを読む]
  • 洗濯もの干し選び
  • 今日は洗濯もの干し場についての地味なお話。新居は敷地が狭くて庭になる部分はほとんどないので、2Fのバルコニーが唯一の選択物干し場となります。ガス乾燥機はウォークインクローゼット内に設置する予定ですが、気候の良い時期にはやっぱり外に干したくなるので、物干しが欲しいなーと思っていました。この赤丸の部分。ただ、美意識の高い建築家O氏に、バルコニーに物干しを取り付けたいなんて言ったら嫌がるだろうな…と思っ [続きを読む]
  • カラースキーム
  • 今現在決定している我が家の内装のカラースキームです。ここに黒皮鉄、ステンレスが加わります。シンプル…というより、むしろ質素?(笑)できるだけ素材と色の種類を減らそうと意識して、1F・2Fのフローリングも同じ、家全体の壁も同じ素材、タイルも玄関とバスルーム・洗面所で同じにしました。カラーはファブリックや小物で追加することにして、建築物そのものはあくまでも舞台と割り切りました。いくつになっても飽きない [続きを読む]
  • 天井羽目板について悩む話
  • 我が家は片流れの勾配天井です。設計当初から、2Fの天井から軒天は同じ素材で統一感を出そう、と建築家O氏と計画していました。候補1:ウェスタンレッドシダー(米杉)出典:木想商会天井羽目板といえば、のウェスタンレッドシダー(米杉)。このランダムな色目が意匠性に富んだ美しい仕上がりになります。素材としても狂いが少なく、施工性が高い良い素材とのこと。我が家も当初は羽目板の樹種をウェスタンレッドシダーに決め [続きを読む]
  • コクヨ THINK OF THINGS
  • THINK OF THINGS THINK OF THINGShttp://think-of-things.com/東京・千駄ヶ谷にオープンした、生活と仕事に刺激や発見をもたらすライフスタイルショップ&カフェ。ライフスタイルもワークスタイルも緩やかに変わっていく変化の中...コクヨ直営の複合施設が渋谷に5/26オープンだそう。こちらの内覧会の記事を読む限り、建築物、インテリアとしても見ごたえがありそうで、機会を作っていってみたいです。そして何より気に [続きを読む]
  • 空調設備紆余曲折(3)
  • 空調設備紆余曲折(1)空調設備紆余曲折(2)エアコン機種選びが難しい理由我が家の床下エアコンのためのエアコン選びがうまくいかない理由は、空調(暖房)と床下の除湿を1つの機械(エアコン)に任せようとしているから。エアコンは暖房運転時は風を下方向に向かって吹かせ、冷房・除湿運転時は上方向に向かって吹かせるという特徴があるので、我が家の設置位置だと、除湿運転時に排気を根太にあてないということが難しいので [続きを読む]
  • 空調設備紆余曲折(2)
  • 空調設備紆余曲折(1)前回の続き。床下エアコン用機器の選定自分で床下エアコンを計画しようと思い、まずはエアコンの選定から始めました。候補は2つ。三菱 霧ヶ峰シリーズ出典:三菱電機普通の壁掛けエアコンを床下に埋め込む場合の最大の問題点としてショートサーキット 1) 自分の吹き出した風を即、吸い込む状態 があります。ショートサーキットが起きると十分に冷暖房しないうちにエアコンの運転が停止してしまう [続きを読む]
  • 空調設備紆余曲折(1)
  • 我が家の空調設備(暖房)決定までには、長い長い道のりがありました。というか、まだ最終決定していません(汗)そして薪ストーブも諦めきれていませんが、今回は電気的な設備についてのお話です。床下を換気したい我が家の土地は湿気がひどく、現在の住まいも湿度の高い時期には一部床下が水浸しになるほど。そのため、計画当初から床下の湿気に対して有効な対策はなにか?を建築家O氏、工務店さんとディスカッションしていまし [続きを読む]
  • バスルーム・洗面所のタイルイメージ
  • タイル割りに悩んでいるというお話の続きで、バスルームのタイルイメージの話。出典:Design-Milkもともとユニットバスでいいや、と思っていたのに、やっぱり造作がいい!!!となったきっかけは↑この写真でした。コンパクトで美しいバスルーム。色使いも素材の選び方も、好みど真ん中。出典:Homedesignそのあと、理想のバスルームの画像を探してネットの海を探し回りまわって、気に入った画像を集めてイメージを固めていきまし [続きを読む]
  • Maristo(タイル)のショールームへ行ってきた
  • www.maristo.jp タイル・石材の「Maristo(マリスト)」 - 株式会社アベルコhttp://www.maristo.jp/株式会社アベルコのタイル・石材ブランド「Maristo(マリスト)」。床タイル、壁タイル、外装タイル、外壁タイル、モザイクタイル等の商品情報や施工事例など。タイルの...ショールーム巡り、二か所目の目的地はタイルのショールームです。Maristoは建築家O氏から教えていただいたブランドで、タイルの種類は多くないも [続きを読む]
  • カワジュンのショールームへ行ってきた
  • もうすっかり季節は夏!という土曜日、都内へ出てショールームを巡ってきました。最初の行先は、室内ドアのハンドル、鍵に使う予定のカワジュン。 www.kawajun.jp KAWAJUN Interior Hardwarehttp://www.kawajun.jp/hardware/カワジュンハードウェア製品の商品検索を行っていただける公式プロダクツサイトです。ぜひご活用ください。 なぜかTCAT(東京シティエアターミナル、成田・羽田空港の玄関口となるバスターミ [続きを読む]