KUROBOBO さん プロフィール

  •  
KUROBOBOさん: 運転停車〜ご乗車のまま、お待ちください〜
ハンドル名KUROBOBO さん
ブログタイトル運転停車〜ご乗車のまま、お待ちください〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/akaikutsutrain
サイト紹介文鉄道を中心とした日常生活をお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1059回 / 365日(平均20.3回/週) - 参加 2015/09/07 23:13

KUROBOBO さんのブログ記事

  • 【JR西日本】工事が進むおおさか東線、開業に向けて・・・
  •  先月大阪へ訪れた際に、2018年春に開業予定の「おおさか東線」の延伸区間の工事の様子を一部見てきました。 新大阪駅では、以前より旧11番線12番線の改良工事が行われています。 梅田貨物線北梅田駅(仮称)までの延伸計画もあり、既存のホームの改修にとどまらず、かなり大掛かりな工事が行われています。 続いて、赤川鉄橋(淀川橋梁)へ。 人道橋と鉄道橋の併用だった以前の面影はなく、すでに橋梁は複線かされ、 [続きを読む]
  • 【湘南モノレール】出札補充券〜レアで無茶苦茶なご案内が面白い〜
  •  湘南モノレール大船駅において、出札補充券(特別補充券)を購入しました。 全列車車掌乗務、無人駅もありながら全駅自動券売機設置、自動改札機も一部駅完備、そして昨年だか一昨年で普通乗車券のJR東日本会社線への連絡運輸を廃止という現状と、印刷発行機もあるこの路線ではこのような補充券の必要性は今はないように思えますが、今でもしっかりと出札窓口には残っていました。(発行に時間がかかり、定期券購入者がいる場 [続きを読む]
  • 【阪急電鉄】京都線和モダン列車「京とれいん」
  •  阪急電鉄京都線を久しぶりに撮影したのは「西院駅」「さくら」と言ったヘッドマーク列車を撮る以外に、「京とれいん」の撮影をしたかったこともありました。 関東にはなかなかない発想の和モダン列車「京とれいん」は土休日ダイヤで4往復運行されています。 特別な料金も不要な大阪京都を結ぶ6300系を改造した車両。 撮るだけでなく、ぜひ乗ってみたい車両でもあります。運転停車〜ご乗車のままお待ちください〜(速報) h [続きを読む]
  • 【JR東日本】自分で車番が選べる!E233系銘板シール
  •  先日訪れた大宮駅構内の鉄道雑貨専門店RAILYARDで見つけた逸品。 「E233系銘板シール」なる商品。 E233系に乗ったことがある鉄道好き人なら、もしかしたらよく目にするかも知れませんが、製造年と製造所、車号(車両番号)、号車などが標記されているシールになります。 以前は銘板でしたが、時代の流れと共に、変化しております。 そんな銘板シール、自分で好きな車両番号が選択できるものが売られていまし [続きを読む]
  • 【JR北海道】北斗星エンブレムステッカー発売中
  •  本州と北海道を結んでいた寝台特急北斗星号。 JR東日本所属車とJR北海道所属車により運転されていましたが、JR北海道車の24系には北斗星の豪華さを演出させるためエンブレムが取り付けられた車両がありました。 先日訪れた大宮駅の鉄道雑貨店鉄道グッズ専門店「RAILYARD」では、そのエンブレムのステッカーが発売されていました。 用途はいろいろ工夫次第ですが、懐かしの寝台特急北斗星を演出させるアイテム [続きを読む]
  • 【JR西日本】大阪環状線、消えゆく201系の現状
  •  323系が大量に導入されたJR西日本大阪環状線。 ダイヤ改正以降はじめてとなる大阪駅で大阪環状線の車両を観察してみました。 驚いたのは323系の予想以上の数・・・ 日中の約40分の観察、103系は来ないのは想定内でしたが、201系も2本のみ。昨年まではかなりの高確率でしたが、かなり遭遇率が減りました。 「たまたま」かも知れませんが、過渡期であることは間違いない大阪環状線の現状でした。運転停車〜ご [続きを読む]
  • 【大阪市営地下鉄】66系〜100でも1000でもなく、66〜
  •  阪急電鉄京都線内で撮影した大阪市交通局(大阪市営地下鉄堺筋線)66系。 車両番号は66906号車と長いものですが、形式は66系となります。 JRは除き、私鉄地下鉄で100系や1000系単位になじむ関東の人間には、66系という形式に当初は違和感も感じましたが、阪急電鉄京都線や千里線への相互直通運転の都合もあり、製造期間の長さから17次車まであるほか、更新工事でスタイルが変わった車両も登場したりと、 [続きを読む]
  • 【JR北海道】寿命よりも用途!?785系の廃車続く
  •  経営改善を行っているJR北海道ですが、車両維持費の低減を目指し、車両全体のスリム化も打ち出し、昨年より見直しを行っています。 その中で気になったのが785系特急形電車。 昨年度は15両が廃車となり、今年度も10両の廃車が計画されています。 まだ老朽化の部類ではないように思えますが、1990年の登場と考えると、それなりの年数は経過していますが、何より北海道新幹線の開業により、789系が函館から札幌 [続きを読む]
  • 【国鉄】地図式車内補充券風メモ帳「鶴見駅乗務員発行」
  •  大宮駅にオープンした鉄道グッズ専門店「RAILYARD」へは、行く前に事前に商品チェックを行っており、いくつか目星をつけていました。 中でも、これはいいと思ったのが国鉄時代の車内補充券をイメージした「国鉄地図式車内券風メモ帳」であります。 基本的に車掌区ごとに発行されているため、複数の車掌区のタイプが販売されていましたが、私は個人的にこのセレクトはという唯一の駅発行タイプの鶴見駅乗務員仕様を購入 [続きを読む]
  • 【JR東海】会社発足30周年記念トイカ<在来線タイプ>
  •  以前予約を受け付けていたJR東海会社発足30周年記念トイカですが、新幹線タイプに続き、在来線タイプも到着しました。 JR東海30周年記念企画の一つとして製作されたTOICAですが、販売方法については、希望者全員が購入できるように事前受付や事前入金方法となりました。 在来線タイプでは、カードデザインは映画「君の名は」のシーンとなりました。 JR東海が新幹線のみならず、在来線へもポイントを当てることは最 [続きを読む]
  • 鉄道職員でも簡単には線路には入れません
  •  先日、京急電鉄の八丁畷駅の踏切において、認知症の人が遮断機の下りた踏切内に入り、それを助けようとした人共々なくなるという痛ましい事故がありました。 認知症の人は高齢化社会と共に増えており、あまり公にはなっていないだけですが、わが家の近所にもそれなりの人数の認知症老人がいるようです。 今回の話は、救出した人を責める内容ではありません。何より、人として立派な行動を行ったものの、結果として残念であった [続きを読む]
  • 【京阪】快速特急「洛楽」ヘッドマーク付毎日運転!
  •  京阪電車では、土曜休日ダイヤを中心に臨時快速特急などを運転していますが、京橋〜七条間ノンストップ快速特急「洛楽」号が今年の2月25日から毎日運転になりました。 往年の京阪特急を思わせるノンストップ運転ということもありますが、何より定期列車にも関わらずヘッドマークの取り付けというのがプレミアム感があります。 この日は8004編成で運転していましたが、今後プレミアムカーの連結などがあり、編成に変化が [続きを読む]
  • 【JR貨物】EF510牽引の貨物列車が赤川鉄橋を行く
  •  城東貨物線淀川橋梁、通称赤川鉄橋と言えばわかる人も少なくないかも知れません。 数年前まで、人道橋と鉄道橋が併用されていた橋梁で、鉄道スポットとしては有名な場所でありました。 平成25年10月31日で、人道橋が廃止され、JR西日本おおさか東線の開業に向け工事がスタートしました。 その赤川鉄橋を久しぶり訪れ、EF510が牽引する貨物列車を撮影してきました。 複線化工事も行われていますが、現在貨物列車 [続きを読む]
  • 【JR東海】会社発足30周年記念トイカ<東海道新幹線タイプ>
  •  以前予約を受け付けていたJR東海会社発足30周年記念トイカが到着しました。 JR東海30周年記念企画の一つとして製作されたTOICAですが、販売方法については、希望者全員が購入できるように事前受付や事前入金方法となりました。 新幹線タイプでは、カードデザインは東海道新幹線を題材にしたデザインとなりました。 1枚はJR東海が発足してから話題となったCMのクリスマスエクスプレス(牧瀬里穂)、もう1枚は映画「 [続きを読む]
  • 【静岡鉄道】いろいろなバリーエーションの1000形撮影
  •  静岡鉄道へ訪れた際、時間の都合で撮影場所を選べませんでしたが、1000形電車にはいろいろなバリエーションがありいくつか撮影しました。 順次A3000形への置き換えも始まっており、1000形狙いと考えれば、もう一度出向いてみてもいいかなという内容でした。 また企業広告などのラッピング電車も複数あるほか、地元清水を舞台にしたアニメ「ちびまる子ちゃん」をデザインした車両も見かけました。 意外と撮影地も [続きを読む]
  • 【阪急電鉄】宝塚線「スヌーピー&フレンズ号」最初で最後の乗車
  •  阪急電鉄で昨年10月から約半年間運転された阪急電車XPEANUTSとのコラボ企画で運転された「スヌーピー&フレンズ号」 撮影はできましたが、最初で最後の乗車も十三駅から梅田駅までの短区間で行ってきました。 乗車したのは宝塚線1000系1001編成。 前後異なるヘッドマークを取り付け、車体側面にはいくつかのスヌーピーや仲間たちのステッカーが貼られていました。 車内でも、広告枠を活用したオリジナルポ [続きを読む]