凸ママ さん プロフィール

  •  
凸ママさん: フィギュアスケート妄想・二律背反
ハンドル名凸ママ さん
ブログタイトルフィギュアスケート妄想・二律背反
ブログURLhttp://ameblo.jp/totu-mama/
サイト紹介文フィギュアスケートの世界を放浪。高橋大輔中心。スケーターは皆尊敬。が、茶化したりも。
自由文妄想派です。一方で妙なデータを集めて分析するのも好きです。
なお?橋大輔さんネタがちょいちょい出てくるのは、このブログの仕様です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/09/08 22:32

凸ママ さんのブログ記事

  • アマノウズメノミコト
  • あー、上の子のスマホ買い換えの手続きで疲れた〜。と、外出から帰って夕方情報チェックしたら「村上佳菜子選手引退」「氷艶に出演」。ええっ。いや、そりゃ国別のエキシビジョンに急遽ゲスト出演、という話は小耳にしたので、引退の可能性は感じていた。けれど、氷艶のキャストの「coming soon」と結びつけていなかった。「氷艶」の話を聞いて、幾人かのスケーターの役が出たとき、本当は佳菜ちゃんにも出てほしいなあと考えたん [続きを読む]
  • 氷艶、ゾクゾク・3
  • ツイッターのタイムラインで、「氷艶」の善の側の登場人物が一人増えていると知る。誰がやるんだろう?引退したばかりの某女性スケーターをつい連想してしまったけれど、プロ初の仕事は自分のアイスショーだろうしなあ(名前書かないのは検索よけです。変な期待をさせたら悪いしね)。誰だろう。「天鈿女命」といえば、天の岩戸の前で踊った女神の名である。つまり、芸能のはじまりの女神。軽いキャストに付ける名とは思えない。相 [続きを読む]
  • Enchant
  • 私のブログのタイトルに使っている言葉、「二律背反」。これは、スポーツの世界を追求することと表現の世界を追求すること、その二つの間で引き裂かれそうになりながら競技者として立っているように見えた?橋選手、そのイメージから出てきた言葉である。しかしその後に続いた選手たちは、この両方を極めようと思いつつも、背反、つまり「引き裂かれそう」な印象はなかった。で、一度はこのブログのタイトルから外したものの、やっ [続きを読む]
  • 美しい背中
  • 記者会見。最後の挨拶で真央ちゃんは、涙を見せたくないのか会場に背を向けた。白いジャケットの美しい背中。一斉に焚かれるフラッシュの音が響く。その音を「拍手のようだな」と思う。舞台に立つ女優と、その人に浴びせられる拍手。もっとも背中で万感を伝えられる女優なんて、なかなかいるものではない。いや、やはり氷上に響く拍手ととるべきだろうか。鮮やかなシーン。会場に詰め掛けた記者さんたちも、思いをこめてこの人を見 [続きを読む]
  • 真央ちゃん、引退
  • 昨日の桜はきれいだった。今年の桜は木によって満開のタイミングがずれていて、だからいい景色は見られないかと思っていた。けれど、近くの神社の桜は数本揃って満開を迎えていた。きれいだった。同じように神社の桜を見ていた知らない人たちが話していた。「明日は散るね。」天気予報は明日は冬の気温で、しかも雨だとのこと。確かに散ってしまうだろうなと思った。朝、浅田真央選手引退のニュースを知る。満開の桜がはらはらと散 [続きを読む]
  • 強いヤツほどよく眠る・2
  • と、いうことで、ねむり男を目覚めさせたのは誰、それとも何?なんて考えていたら、日本テレビの「チカラウタ」が放送された。これは残念ながら録画出来なかった。家人の裏番組の録画予約が先行していたんである。あー、旦那がアニメオタクなのを恨む。ガンダムのバカ野郎。いや、私も初代ガンダムは見たし好きだったけどね。と、いうことで夕食作りを早めにはじめ、途中で中断してテレビを生で見た。大輔さんが選んだチカラウタは [続きを読む]
  • 強いヤツほどよく眠る・1
  • かなり前になりました。大輔ファン界隈は持って帰りたいくらい可愛い志村動物園のワンコで持ち切りなのは知ってるんですが、空気は読まない。LOTF2017トークショーのスーツ姿。これ、貼っておきたくて。グレーの上下でシャツはピンク。ネクタイは紫?それに濃い茶の靴と来る。いいわあ。(https://www.facebook.com/LoveOnTheFloor2017/photos/a.589881801211513.1073741828.586894038176956/608852685981091/?type=3&theaterより [続きを読む]
  • 収拾がつかなかった
  • 下の、日刊スポーツの記事を読んだときは、ただ、ふんふんと思っただけだった。羽生 新しいことより個性が一番/高橋大輔氏が展望しかし、一部では批判されているらしい噂を聞く。実際私も一つばかりそういう文に出くわし、コンニャロ、と思って考えはじめてしまう。この性格、自分でもなんというか困ったもんだと思う。ふんふんと思っただけ、ということでも分かる通り、そもそも私勝負にあまり興味がないのだ。ただ大輔さんが間 [続きを読む]
  • ♪アメーバさんからお返事がきた
  • メールで問い合わせた内容に関して、お返事が来た。発信?時間は昨夜22時25分。お疲れ様です。ここにアップしようとしたら、末尾にしっかりと「無断転載禁止」とある。なので文章は出せない、残念。文意のみ書くと。・「リリース後にご希望のジャンルに設定していただきますようお願いいたします」とある。前記事で書いた「公式ジャンルへアメーバ側が勝手に移行する」という話は、無し、ということになったんでしょうね、多分。( [続きを読む]
  • ♪アメーバさんからお手紙がきた
  • アメーバの公式ジャンル、様子見をしようと思ってたら、なんとアメーバの方からメッセージが来た。<メッセージ>いつもAmebaをご利用いただきましてありがとうございます。Ameba公式ジャンル編成部です。Amebaでは、2017年4月にAmeba人気ブログランキング(ブログジャンル)を一新いたします!(リリースの時期は変更になる可能性もございます)わたくしども公式ジャンル編成部では、公式ジャンルのお手本となるような良質なブロ [続きを読む]
  • 世界選手権の狂熱
  • 朝、スマホでアメーバブログの「ブログ管理」画面を開いて、うっかり触るつもりなかったところを触ってしまい、ランキングが表示される。1位も2位も羽生選手ファンのブログ。いつもの上位。見慣れたランキング。じゃない!開いていたのはよく見ている「フィギュアスケート」ジャンルでも「ウィンタースポーツ」ジャンルでもなかった。この二つのジャンルで1位2位が羽生選手ファンブログなのは当たり前なんだけれどね。しかし表 [続きを読む]
  • しょうもない奴の放言です
  • 羽生結弦選手、金メダルおめでとうございます。宇野昌磨選手、銀メダルおめでとうございます。結果表示で一番上から二つある日の丸に、ちょっと興奮する。良かったね、と心から思う。 しかし、一方で。何て言うかなあ…。あー、これ書いていいんだろうか。自分のブログの読者数は数えていないけれど、一応アクセス数はチェックしてるもんで、記事書けば自分の記事を読む人の数が最低どれくらいかは想像できる。その人数にこの [続きを読む]
  • 忖度するはずもなし
  • かなりきつい文かも。日経コラム。STEP STEP STEP(高橋大輔)フィギュアの楽しみ ズバリ「色気」こそすべて 最初はタイトルにびっくりしたものの、読んでみれば多くの選手の特徴を短くかつ分かりやすく網羅したいい記事だと思った。ところがその後、ぶわぶわーと一部でこの記事に対する批判だの不満だのが出てきているとかいう話を聞く。少し検索してみた。立脚点が違うことを理解できない感じの言葉が続く。嘆くべきなんだろう [続きを読む]
  • 王様と王子様
  • 「金(きん)くれ〜」。四大陸選手権の控室での羽生選手のこの言葉がしばらく頭に残ってた。他の選手もいる控室で周りも見ずに騒ぐな、という意見もあったけれど、私は割とそういうのはどうでもいいタイプである。なのに抵抗感があった。何が気になるんだろう。何度か考えて「くれ」という言葉だと気が付く。くれ、ということはつまり、「誰かが」金を羽生選手にあげるんである。誰が?ジャッジが?運命が?誰かでなければ何かが。 [続きを読む]
  • 氷艶、ゾクゾク・2
  • で、引き続いて「氷艶」の話。「メレンゲの気持ち」の最後に出た織田くんと浅田舞さんの姿も良かった。実は「二枚目と一枚目」の記事書いたときにちょっと思ったんである。織田くんが二枚目をやるとなると気になるのは体形だなあ、と。顔は舞台では雰囲気でなんとでもなるけれど、織田くんは二枚目するには体形がいささか細すぎる。しなやかで魅力的だけれど、女性と組むとなるとちょっと男性味が足りないという意味で。どうするん [続きを読む]
  • 氷艶、ゾクゾク
  • 「氷艶-HYOEN2017-破沙羅」、ビジュアル解禁!にもかかわらず、あんまり氷艶に関係ない方に頭が行ってしまった。サイトの画像見てむろん「かっこいい」と思った。そして赤の隈取りの大輔さんの姿に見惚れたわけですが。けれど、ふっとあるものを連想して、ネットで画像を検索した。昔読んでいた栗本薫「グイン・サーガ」の挿し絵イラストの世界に似てるような気がしたのだ。特に荒川さんの女神の姿。グイン・サーガ最初の挿し絵の [続きを読む]
  • 氷を使う意味〜「氷艶-HYOEN2017-破沙羅」
  • 色々情報が出てきて訳分からなくなりそうな今日この頃。とりあえず、これは貼っておきたい。【SPICE独占インタビュー】高橋大輔が『氷艶 2017 -破沙羅-』歌舞伎×フィギュアスケートのコラボに挑む<前編>そこから、この画像。 いい男である。しかし貼った理由はそっちじゃなくて、この雰囲気のまま義経役やれそうだなあ、と感じたから。戦いに向かう男の顔だよね。このまま隈取りすればそれで成立しそう。そして、大輔さん [続きを読む]
  • フェルナンデス選手の技術点の推移〜ちょっと、データを調べてみた
  • 本日二記事目。なんで大輔さんの誕生日に、競技の方書いてるんだ?と思いつつ…。まあ、延ばすと書けないかもしれないと思いまして。知り合いのmaimai-negimakiさんのこの記事。「フィギュアスケートの技術点と演技構成点について〜男子編〜」これを読んでびっくりしたんだわ、フェルナンデス選手の昨季のワールドの得点に。あのときはもう、羽生・テン様騒動に気持ちが行ってたもんで、ハピエルのフリーの演技自体は堪能したもの [続きを読む]
  • お誕生日おめでとうございます
  • 大輔さん、誕生日おめでとうございます。何なんだろう、妙に自分の31年前って何してた?が頭に浮かぶ。しかしそれ大輔さんに関係ないしなあ。とりあえず昔友人と倉敷美観地区に行ったときには、既に大輔さん生まれてたなあ、ということだけ思い出せたけれど。それに何の意味がある?大輔さん、二歳か三歳だぞ、と思いつつ、すれ違ったかもと妄想できるのは嬉しい。いや子どもが観光地に行くわけないじゃん、倉敷の友人だって滅多 [続きを読む]
  • 「むかし男がおりました」ビートルズ・メドレー再考
  • 忘れていたことを、思い出した。現役の選手のファンのブログを読んでいて出くわした。オリンピックシーズンにふさわしい曲という話題で、「ビートルズ・メドレー」に触れられていた。「オリンピックシーズンを戦うには曲が弱い」と、ソチシーズン当初どこかで言われていた、と。私はソチニワカなんで、シーズン当初のネットの情報なんて知らない。なのでびっくりする。うーん。私は勝負に対する興味があまり強くない人間である。そ [続きを読む]
  • KQJ10・その2
  • いや、あのー、「その2」なんて書くつもりはなかったんだけどね。あ、今回の記事は羽生選手ファンにはお勧めしません。別に悪口書くつもりはないですけど…引退後を想像した話なんで。世界選手権を目前とし、オリンピックを来シーズンに控えたこの時期に読んで楽しいとは思えないんだよね。下の宣伝動画が公開されたことを知って、ふっと思う。【KISS&CRY】3/16発売 別冊「Dance! Dance!! Dance!!! 2017」?橋大輔さんメイキング [続きを読む]