のんき さん プロフィール

  •  
のんきさん: 真実を問う!データから見る日本
ハンドル名のんき さん
ブログタイトル真実を問う!データから見る日本
ブログURLhttp://nonkinonki007.blog.fc2.com/
サイト紹介文政治・経済問題をより解りやすく理解することが目標です。
自由文こんにちは。のんきです。

政治・経済問題に関心を持っており、その話題を中心に今回のブログを作成することといたしました。

末永く、よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供237回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2015/09/10 12:57

のんき さんのブログ記事

  • 第311回 TPP米国(アメリカ)抜き、11カ国での交渉へ(5月APECにて)
  • 今回の記事は、中々熱い記事が出てきましたので、この記事をテーマに作成したいと思います。先ずは引用元のニュースから。【日本経済新聞記事より(2017/4/20)】(※まずは読み飛ばしてください)麻生副総理、米抜きTPP「APECで5月協議」 【ニューヨーク=大塚節雄】麻生太郎副総理・財務相は19日、ニューヨークで講演し、米国が離脱した環太平洋経済連携協定(TPP)に関し、米国を除く11カ国での発効に向けて「5月 [続きを読む]
  • 第310回 ロシア革命勃発に至る背景/マルクス主義者の台頭
  • <継続する記事>第309回 サラエボ事件はなぜ第一次世界大戦へと発展したのか第297回の記事 に於きまして、私は日露戦争当時に勃発した「ロシア第一革命」について記事にしました。ロシア第一革命そのものは、 「私たちの生活はこんなに苦しいのに、日本と戦争をやってるなんて何事だ!」といった主張を労働者たちが皇帝に対して行ったところ、デモ隊が警備兵に大量に射殺されてしまった事(血の日曜日事件)が原因で、革命運動 [続きを読む]
  • 第305回 テロ等準備罪を考察する/丸山穂高議員のブログ記事より
  • 本日は少し方向性を変えてこんな話をしてみます。ブログのタイトルは「データから見る日本」となっていますが、私自身の「体験」もまた一つの「データ」だと考えていますので、今回は私の体験をベースに記してみます。私の体験を記事にする前に、今回の記事では、「テロ等準備罪」と、民進・共産・社民・自由の4党がこの法案の一体何に反発しているのかという、その概要を把握するための記事を作成してみます。テロ等準備在概要概 [続きを読む]
  • 第302回 今村復興大臣がキレた本当の理由/今村大臣V.S.西中誠一郎
  • <継承する記事>第301回 今村復興大臣V.S.西中誠一郎/激昂会見の責任で辞任すべき?改めまして、西中誠一郎の質問を再掲します。(※長くなりますので、最初は飛ばして読んでください)【西中誠一郎質問】(問)今、お話があったように、31日に避難区域が解除され、そして、自主避難者の方の住宅の無償提供も打ち切られましたけれども、その週に、先週になるわけですが、避難者を中心にした全国の16の団体の方が安倍首相、そ [続きを読む]
  • 第298回 消費者物価指数(CPI)の見方/2107年(平成29年)2月度版
  • 先月末(2017年3月末)、2017年2月の消費者物価指数が公表されましたので、今回はこの内容について記事にしたいと思います。振り返りで、1月の消費者物価指数 の特徴として、何よりも大きいのは、政府の公表する「消費者物価指数(総合)」の項目が変化した、という事。これまでは、「コアCPI」として、「食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合」という名称が割り当てられていたのですが、1月よりこの名称が「生鮮食品及び [続きを読む]
  • 第297回 日露戦争とロシア第一革命/ロシア国内に於ける背景
  • <継続する記事>第296回 ザポロージャのコサック軍(ヘーチマン国家)/ウクライナ人の誕生私、シリーズ、十五年戦争(日中戦争)の原因と結果 に於いて、日本とロシアの間で勃発した「日露戦争」について、日本と中国とのかかわりあいという視点から、日露戦争が勃発する経緯については記しているのですが、日露戦争そのものの経緯については完全にスルーしています。というのも、シリーズとしては当初日中間近代史に於いて、たびたび名 [続きを読む]
  • 第295回 総理夫人付官僚谷査恵子氏からの2枚目のFAXはゼロ回答?
  • <継続する記事>第294回 アキエリークスとメール全文を比較(森友問題について)前回の記事では、アキエリークス に掲載されている内容を下に、証人喚問に於いて籠池理事長が吐いた明らかな「嘘」と、証人喚問以前から籠池理事長と野党4党の間で何らかの「密約」が行われていたのではないかと考えられる、その「証拠」について記事にしてみました。今回の記事では、もう一つのテーマである、昭恵夫人付官僚である谷査恵子氏から [続きを読む]
  • 第294回 アキエリークスとメール全文を比較(森友問題について)
  • 「森友学園問題」。直接言及するのは 第285回の記事 限りにしようと思っていたのですが、マスコミ報道の姿勢や維新・こころを除く野党の姿勢を見ていますと、どうにも我慢がなりません。犯罪でもなんでもない事項をここまで徹底して取り上げ、あたかも犯罪が行われたかの様に取り扱う姿勢にはほとほと嫌気がさします。そこで、今回はまずは籠池夫人と安倍昭恵さんとの間で行われたメールのやり取りと、もう一つ、元安倍昭恵夫人 [続きを読む]
  • 第293回 ロシアとウクライナ/ユダヤ人のロシア流入までの歴史
  • <継続する記事>第292回 ポーランドとドイツ騎士団とユダヤ人/ソ連誕生までの布石だめだ・・・どうもこのシリーズを書こうとすると、私がそもそもなぜこのシリーズを記そうと思ったのか、という軸がぶれそうになります。結論として導きたいのは、そもそもロシア帝国が崩壊し、共産化したのは「ロシア人とユダヤ人との対立」の結果である、という結論です。もちろんこれは仮説であり、まだ証明できてはいません。これを証明するた [続きを読む]
  • 第291回 ポーランドとドイツ騎士団とユダヤ人/ソ連誕生までの布石
  • <継続する記事> ソビエト連邦の誕生までの歴史〜ロシア人とは何者なのか?タイトルは非常に悩みました。ロシアのどの時代にスポットを当てるべきなのか、そもそもタイトルとして、「ロシア」そのものにスポットを当てても良いものなのか。カテゴリーの名称としては、ロシア革命とソビエト連邦誕生に至る経緯 との名称ですから、なぜポーランドやドイツ、ユダヤ人が関係あるんだ、との声も聞こえてきそうですが・・・。ただ、調 [続きを読む]
  • 第290回 「教育勅語」の意味を総括する/教育勅語の現代語訳にチャレンジ③
  • 第289回 教育勅語の柱となる内容/教育勅語の現代語訳にチャレンジ②さて。教育勅語現代語訳に挑みました今回のシリーズ第3回目。未着手の残る3文の現代語訳にチャレンジしてみます。冒頭に教育勅語原文を掲載いたします。【教育勅語原文】朕(ちん)惟(おも)うに  我(わ)が 皇祖(こうそ)皇宗(こうそう) 国(くに)を肇(はじ)むること 宏遠(こうえん)に 徳(とく)を樹(た)つること 深厚(しんこう)なり我(わ)が臣民(しんみん) 克( [続きを読む]
  • 第289回 教育勅語の柱となる内容/教育勅語の現代語訳にチャレンジ②
  • <継続する記事>第288回 教育勅語とは?/教育勅語の現代語訳にチャレンジ前回に引き続き、私なりの「教育勅語現代語訳」を掲載いたします。冒頭に原文全文を掲載しておきます。【教育勅語原文】朕(ちん)惟(おも)うに  我(わ)が 皇祖(こうそ)皇宗(こうそう) 国(くに)を肇(はじ)むること 宏遠(こうえん)に 徳(とく)を樹(た)つること 深厚(しんこう)なり我(わ)が臣民(しんみん) 克(よ)く忠(ちゅう)に 克(よ)く孝(こう)に 億兆( [続きを読む]
  • 第288回 教育勅語とは?/教育勅語の現代語訳にチャレンジ
  • <継続する記事>第287回 教育勅語から見る現代の日本政治の最大の問題点教育勅語原文朕(ちん)惟(おも)うに  我(わ)が 皇祖(こうそ)皇宗(こうそう) 国(くに)を肇(はじ)むること 宏遠(こうえん)に 徳(とく)を樹(た)つること 深厚(しんこう)なり我(わ)が臣民(しんみん) 克(よ)く忠(ちゅう)に 克(よ)く孝(こう)に 億兆(おくちょう)心(こころ)を 一(いつ)にして 世々(よよ)厥(そ)の美(び)を済(な)せるは 此(こ)れ 我(わ)が国体 [続きを読む]
  • 第287回 教育勅語から見る現代の日本政治の最大の問題点
  • 私、これまでシリーズとして、十五年戦争(日中戦争)の原因と結果 というタイトルで、「太平洋戦争」に関して、特に「日本と中国がなぜ戦争を起こすに至ったのか」という視点に着目して長らく記事を作成してきました。ここを調査するに至った過程として、様々な理由を私は記しているのですが、たぶんこれまでに記していないであろう、理由の一つとして、ここを明確にしなければ、現在の日本の政治の問題点を本当の意味で知ること [続きを読む]