のんき さん プロフィール

  •  
のんきさん: 真実を問う!データから見る日本
ハンドル名のんき さん
ブログタイトル真実を問う!データから見る日本
ブログURLhttp://nonkinonki007.blog.fc2.com/
サイト紹介文政治・経済問題をより解りやすく理解することが目標です。
自由文こんにちは。のんきです。

政治・経済問題に関心を持っており、その話題を中心に今回のブログを作成することといたしました。

末永く、よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供227回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2015/09/10 12:57

のんき さんのブログ記事

  • 第294回 アキエリークスとメール全文を比較(森友問題について)
  • 「森友学園問題」。直接言及するのは 第285回の記事 限りにしようと思っていたのですが、マスコミ報道の姿勢や維新・こころを除く野党の姿勢を見ていますと、どうにも我慢がなりません。犯罪でもなんでもない事項をここまで徹底して取り上げ、あたかも犯罪が行われたかの様に取り扱う姿勢にはほとほと嫌気がさします。そこで、今回はまずは籠池夫人と安倍昭恵さんとの間で行われたメールのやり取りと、もう一つ、元安倍昭恵夫人 [続きを読む]
  • 第293回 ロシアとウクライナ/ユダヤ人のロシア流入までの歴史
  • <継続する記事>第292回 ポーランドとドイツ騎士団とユダヤ人/ソ連誕生までの布石だめだ・・・どうもこのシリーズを書こうとすると、私がそもそもなぜこのシリーズを記そうと思ったのか、という軸がぶれそうになります。結論として導きたいのは、そもそもロシア帝国が崩壊し、共産化したのは「ロシア人とユダヤ人との対立」の結果である、という結論です。もちろんこれは仮説であり、まだ証明できてはいません。これを証明するた [続きを読む]
  • 第291回 ポーランドとドイツ騎士団とユダヤ人/ソ連誕生までの布石
  • <継続する記事> ソビエト連邦の誕生までの歴史〜ロシア人とは何者なのか?タイトルは非常に悩みました。ロシアのどの時代にスポットを当てるべきなのか、そもそもタイトルとして、「ロシア」そのものにスポットを当てても良いものなのか。カテゴリーの名称としては、ロシア革命とソビエト連邦誕生に至る経緯 との名称ですから、なぜポーランドやドイツ、ユダヤ人が関係あるんだ、との声も聞こえてきそうですが・・・。ただ、調 [続きを読む]
  • 第290回 「教育勅語」の意味を総括する/教育勅語の現代語訳にチャレンジ③
  • 第289回 教育勅語の柱となる内容/教育勅語の現代語訳にチャレンジ②さて。教育勅語現代語訳に挑みました今回のシリーズ第3回目。未着手の残る3文の現代語訳にチャレンジしてみます。冒頭に教育勅語原文を掲載いたします。【教育勅語原文】朕(ちん)惟(おも)うに  我(わ)が 皇祖(こうそ)皇宗(こうそう) 国(くに)を肇(はじ)むること 宏遠(こうえん)に 徳(とく)を樹(た)つること 深厚(しんこう)なり我(わ)が臣民(しんみん) 克( [続きを読む]
  • 第289回 教育勅語の柱となる内容/教育勅語の現代語訳にチャレンジ②
  • <継続する記事>第288回 教育勅語とは?/教育勅語の現代語訳にチャレンジ前回に引き続き、私なりの「教育勅語現代語訳」を掲載いたします。冒頭に原文全文を掲載しておきます。【教育勅語原文】朕(ちん)惟(おも)うに  我(わ)が 皇祖(こうそ)皇宗(こうそう) 国(くに)を肇(はじ)むること 宏遠(こうえん)に 徳(とく)を樹(た)つること 深厚(しんこう)なり我(わ)が臣民(しんみん) 克(よ)く忠(ちゅう)に 克(よ)く孝(こう)に 億兆( [続きを読む]
  • 第288回 教育勅語とは?/教育勅語の現代語訳にチャレンジ
  • <継続する記事>第287回 教育勅語から見る現代の日本政治の最大の問題点教育勅語原文朕(ちん)惟(おも)うに  我(わ)が 皇祖(こうそ)皇宗(こうそう) 国(くに)を肇(はじ)むること 宏遠(こうえん)に 徳(とく)を樹(た)つること 深厚(しんこう)なり我(わ)が臣民(しんみん) 克(よ)く忠(ちゅう)に 克(よ)く孝(こう)に 億兆(おくちょう)心(こころ)を 一(いつ)にして 世々(よよ)厥(そ)の美(び)を済(な)せるは 此(こ)れ 我(わ)が国体 [続きを読む]
  • 第287回 教育勅語から見る現代の日本政治の最大の問題点
  • 私、これまでシリーズとして、十五年戦争(日中戦争)の原因と結果 というタイトルで、「太平洋戦争」に関して、特に「日本と中国がなぜ戦争を起こすに至ったのか」という視点に着目して長らく記事を作成してきました。ここを調査するに至った過程として、様々な理由を私は記しているのですが、たぶんこれまでに記していないであろう、理由の一つとして、ここを明確にしなければ、現在の日本の政治の問題点を本当の意味で知ること [続きを読む]
  • 第286回 一次速報と二次速報の比較/2016年度第三四半期GDP速報より
  • 一昨日(2017年3月8日)、2016年度(平成28年度)第3四半期速報が発表されましたので、今回はこの情報についての記事を掲載します。一次速報の記事 でもご案内しましたように、2016年度第三四半期のGDP情報最大の特色は、「家計最終消費支出」がついに前年同月比でプラス成長を果たしたという事。では、まずはこの「家計最終消費支出」について1次速報と2次速報を比較する形で情報を掲載いたします。【名目家計最終消費支出 [続きを読む]
  • 第283回 2017年(平成29年)消費者物価指数が上昇した本当の理由
  • <継続する記事>第282回 マスコミが3年4か月間付き続けてきた嘘/2017年(H29)1月CPIより前回の記事の続きです。前回の記事では、2017年の消費者物価指数が上昇した理由として、「原油価格」が「前年同月比」で上昇に転じたことで、「原油由来製品」の「エネルギー価格」が上昇に転じたことは、確かに物価を押し上げていると言えないことはありませんが、「エネルギー価格全体」ではいまだに「前年度割れ」が続いている状態であ [続きを読む]
  • 第276回 2016年(平成28年)12月名目/実質賃金確報値(速報値との比較)
  • <継承する記事>第276回 2016年(平成28年)12月名目賃金と実質賃金(速報)21日に 速報値の記事 を掲載したばかりだったのですが、どうもその翌日に確報値が掲載されていたらしく、そしてまたその速報値とのギャップがなかなか鮮やかなので、今回は珍しく「速報値」と「確報値」を合わせて掲載します。「速報値」と「確報値」の比較【2016年(平成28年)12月現金給与総額速報値】【2016年(平成28年)12月調査産業計確報値】 [続きを読む]
  • 第277回 日米開戦とハルノート/甲案・乙案の意味(11月20日日本側対案)
  • <継承する記事>第274回 日米開戦決断に至る経緯/第三次近衛文麿内閣解散に至る経緯今回の記事では、第274回記事 にてお示しした「9月25日日本側対案」に引き続き米国側に示される「11月20日対案」の原型となる、「甲案」及び「乙案」について記事にしたいと思います。松岡が去り、近衛内閣が総辞職し、ついに「東條英機」が政権の中心の座に就きました。今後の交渉は「近衛内閣」ではなく「東條内閣」によって行われます。【対 [続きを読む]
  • 第276回 2016年(平成28年)12月名目賃金と実質賃金(速報)
  • 遅ればせながら・・・となるのでしょうか。今月6日に2016年(平成28年)12月分「毎月勤労統計」が公表されておりまして、ここで12月度賃金指数が発表されておりますので、このことを本日の記事にしたいと思います。前回の記事 で私の記事の検索結果掲載順位が下落し、ほぼすべてのページに関してアクセス数が下落した事をお伝えしました。検索順位そのものは全体的に少しずつ回復しつつあるようなのですが、アクセス数は相変わら [続きを読む]
  • 第270回 日本が日米開戦を決断するに至る経緯〜真珠湾攻撃
  • <継承する記事>第269回 日本はなぜ真珠湾を攻撃したのか/日米開戦の原因に迫る⑯日本はなぜ真珠湾攻撃を行ったのか。ここに至る経緯について私は、第249回の記事 で、「Yahoo知恵袋」に掲載されていた質問に対する回答を検証するという形で「日米開戦の原因」についての検証をスタートしました。一般的に、日本が真珠湾攻撃に至った理由として、「世界恐慌以降のブロック経済政策」「米英蘭支によるABCD包囲網」が挙げられ [続きを読む]