リカ さん プロフィール

  •  
リカさん: 風に吹かれて旅ごころ
ハンドル名リカ さん
ブログタイトル風に吹かれて旅ごころ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/riri81
サイト紹介文ほぼ毎月の旅を語ります。国内個人旅行で時々女一人旅。はんなり粋に楽しむはずが、気づけばいつも珍道中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2015/09/10 14:44

リカ さんのブログ記事

  • 花と湖、富士・箱根 2
  • その1からの続きです。● 昭和の町とリゾートタウン忍者ランチを食した後、腹ごなしに町を少し歩きました。昔ながらの古い街並みを残したまま、最近のオシャレな店が建ち始めており、新旧両方が混ざった雑然とした雰囲気です。河口湖チーズケーキガーデン歩いても歩いても、見かける人たちは外国人ばかり。日本人よりも圧倒的に多いです。地獄谷温泉のように、海外に有名になっているのかもしれません。● 湖畔のカチカチ山湖畔 [続きを読む]
  • 花と湖、富士・箱根 index
  • [2017.4.23]◆ 山梨 1 ←旅行記へ 4月下旬に、富士山の方へドライブしました。 ぽかぽか快晴のとてもいい天気。 たどり着いた河口湖には外国人がたくさん。そして桜が満開でした。  ● prologue ● オレンジハーレー ● すばしり道の駅  ● 北口本宮浅間神社 ● FUJIYAMA ● 河口湖へ  ● 河口湖町のマンホール ● 桜と神社と桜とお寺 ● 忍者の天ぷら ● 巨大な富士山  ◆ 風に吹かれて旅ごころ  [続きを読む]
  • 花と湖、富士・箱根 1
  • ● prologueすっかり春になり、ぽかぽか陽気になりました。友人のミライさんと、河口湖ドライブに出かけます。去年の8月、箱根ドライブの際に、河口湖まで足を伸ばそうとしましたが、私が車酔いでダウンしてしまったため、山梨に入れずに途中で帰ることになりました。(その時の旅日記→「ひさびさ箱根の黒玉子」)それがとても残念で申し訳なくて、改めて仕切り直ししたいと思っていたのです。今回は車酔いしないように、強力な [続きを読む]
  • 東大・麻布・桜木町
  •  3月のある日の話です。大切な用事が3つ重なり、それぞれの場所に向かいました。 最初は東大、それから麻布経由で六本木、最後に桜木町。 どれも近場ながら、初めてづくしの楽しい一日になりました。  ● prologue ● ユビキタス・カフェ ● アザブジュバーン  ● 古刹と高層ビル ● 麻布十番商店街 ● 赤い靴の女の子  ● 十番稲荷神社 ● ヴォーリズ設計 ● スヌーピーミュージアム  ● ピーナッツと [続きを読む]
  • 十年ぶりの友と会う 2-2
  • その1からの続きです。● 機嫌が戻る猫に囲まれてまったりと過ごしているうちに、気づけば1時間半たっていました。「そろそろおなかすいてきたね」「そうね、ダニエルはもうランチを済ませているだろうし、私たちも何か食べに行こう」そうして、猫カフェをあとにしました。「どの猫もすごくかわいかったわ!お行儀いい子たちがあんなにたくさんいるなんて!」イゾルダは猫カフェがとても楽しかった様子。朝とはうって変わって、声 [続きを読む]
  • 十年ぶりの友と会う 2-1
  • 1日目からの続きです。● 不機嫌な朝イゾルダ・ダニエルとの再会は、鎌倉デーから一日おいての土曜日となりました。2人はこの日の夕方に帰国予定。この日はさっちゃんはおりません。待ち合わせの11時半には少し早い時間でしたが、既に二人はロビーにいました。「あれ、早いね?」普段、おめかしに時間がかかるイゾルダがいることに、目を見張ります。「11時半にチェックアウトしようとしたら、ホテルに駄目だって言われたのよ」既 [続きを読む]
  • 十年ぶりの友と会う 1-2
  • その1からの続きです。● 渋谷の呉服店ガラス細工店を出てから、イゾルダが「ねえ、最初に来日した時のこと、覚えてる?」と聞いてきました。「渋谷にある呉服店に連れて行ってもらったわよね。4,5階建ての建物の全フロアで着物を売っていたのよ。リサイクル着物も売っていて、私、アンティークなものを購入したの」「え、え〜?」彼女が着物を買ったのは覚えていますが、どのお店でだったかまでは、全く覚えていません。イゾル [続きを読む]
  • 十年ぶりの友と会う index
  • [2017.3.23・25]◆ 鎌倉 1-(1) ←旅行記へ ベルギーとポーランドから、友人親子がやってきました。 10年ぶりの来日。変わらない母と、成長した息子。 「驚かせて」というリクエストを受けて、二人を鎌倉に連れ出しました。  ● prologue ● 十年ぶりの来日 ● 少年が青年に  ● サプライズ・ミー! ● 静かだから眠れる ● かつお節はマスト  ● 言い負かされる ● 日本料理店の思い出 ● BASF  ● 鎌 [続きを読む]
  • 十年ぶりの友と会う 1-1
  • ● prologue(2017.3)12年前、フランス一人旅の帰りのフライトで隣り合わせになり、空の上で友達になった、ベルギー人のイゾルダ。彼女は、それから数回来日しましたが、本国での仕事が忙しくなり、ここの所ぱったり来なくなっていました。今回は、息子を連れての10年ぶりの来日。ずいぶん久しぶりです。とてもお世話になっているので、全ての予定をキャンセルしてでもおもてなししたい!と思っていましたが、おりしも時は3月下 [続きを読む]
  • 雪国ふれあいウェルネス体験 2-2(last)
  • その1からの続きです。● 雪のカーブ道行きと同じく、ジャンボタクシーはけっこうなスピードで、くねくねカーブの雪道を通っていきます。(ああ、終わっちゃった)と、センチメンタルな気分になっていたためか、行きのようには車酔いしませんでした。イナイズミご夫妻はもう東京行き新幹線のチケットを取っていました。それから飛行機に乗り換えて沖縄に帰るので、忙しそうです。二人と浦佐駅でお別れし、私はもう少し町に滞在する [続きを読む]
  • 雪国ふれあいウェルネス体験 2-1
  • 1日目からの続きです。● 朝の整体十日町池谷集落の朝。夕べは12時前に寝ましたが、5時半の起床はやっぱり眠くて、布団の中でもぞもぞします。しかも起きあがる前から、筋肉痛が出ていることに気がつきました。雪山トレッキングをしたからね。でも痛むのは、脚ではなく肩のあたり。なぜかしら?眠いまま階下へ。ほかのメンバーも集まっています。夜更けまで飲みと意見交換を重ねただろう彼らのテンションは、もちろん低いです。「 [続きを読む]
  • 雪国ふれあいウェルネス体験 1-3
  • その2からの続きです。● 立ちはだかる雪壁新雪に覆われた山でのトレッキングを終えて下山し、車道に戻りました。かんじきを外してから、ガイドさんはおもむろに、目の前の雪の壁によじのぼりました。あっという間のことで、みんなビックリ。だって雪は3mほどもあるんです。どうしてそんなところ、登れるの?でもそれを見て、みんなもガイドさんのあとに続き、雪の壁をよじ登りはじめました。「皆さんは車道を通っていいですよ」 [続きを読む]
  • 雪国ふれあいウェルネス体験 1-2
  • その1からの続きです。● 浦佐から十日町へ浦佐駅で今回のウェルネスツアー主催の方々と合流しました。今回の主催者、十日町のタダさんは、自分の車で移動し、その他のメンバーはジャンボタクシーに乗り込みます。角栄さんの横を通ると、手を振って見送ってくれるようでした。車の中で自己紹介。沖縄から来た方と雪を見ながら話が弾みますが、カーブの多い山道を通って行くため、酔いそうになります。● やまのまなびや車酔いし [続きを読む]
  • 雪国ふれあいウェルネス体験 index
  • [2017.3.2-3]◆ 十日町 1-(1) ←旅行記へ 3月になってもなお雪深い新潟に向かいました。 長靴姿の人に驚きましたが、雪の上ではマストな履物だと実感。 裸祭りの準備たけなわのお寺に寄り、角栄さんの銅像を見上げました。  ● prologue ● 長岡のマンホール ● 長靴にフード  ● 浦佐駅 ● 毘沙門天は多聞天 ● 雪と藁を踏みしめて  ● 不動明王の泉 ● 裸じゃないポスター ● 千手院  ● 浦佐のマン [続きを読む]
  • 雪国ふれあいウェルネス体験 1-1
  • ● prologue今回は仕事とプライベートを一緒にしたような旅。琉球大学のウェルネス研究プラットホーム監修による、健康を推進する体験プログラムに参加しました。場所は新潟県十日町市にある池谷地区。沖縄の研究所が雪の深い新潟県を選んだというのが、意外でおもしろいですね。十日町プロモーション大使の私は、今回の旅を楽しみにしていました。豪雪地帯として有名な十日町。でも出身者に積雪日本一をアピールされると「青森の [続きを読む]
  • にこたま・立春・地下巡り 2
  • その1からの続きです。● 暗く続く地下霊場堂内を一巡して、心を固めて、いよいよ地下霊場へ向かいました。一歩一歩階段を下っていくと、地下5mの場所に広がるのは暗黒世界。真っ暗で、ダークサイドに堕ちた気分です。これまで京都・清水寺や長野・善光寺で戒壇巡りをしていることだし、まあ大丈夫だろうと思っていましたが、そうした著名すぎる場所にはない、謎の恐怖感がひしひしと押し寄せます。怖さの余り、キャーキャー言い [続きを読む]
  • にこたま・立春・地下巡り index
  • [2017.2.4]◆ 二子玉川 1 ←旅行記へ 立春の日、友人と二子玉川(にこたま)に行きました。 おめあてのふわふわオムライスを食べてから、旧暦の初詣でをすることに。 古いお寺の地下霊場に、おそるおそる入っていきました。  ● prologue ● 多摩川ウォーキング ● ビストロタマ  ● 倶楽部活動中 ● 立春からの手帳 ● 旧暦の初詣で  ● 古刹・玉川大師 ● いよいよアンダーグラウンドへ◆ 風に吹かれて [続きを読む]
  • にこたま・立春・地下巡り 1
  • ● prologue2月4日は立春。陰の気が、陽の気に変わるスタート日です。友人アコリンと会うことになり、「休日に会うのなら、久しぶりにレッツ・オムライス倶楽部しようよ」ということになりました。2人で「レッツオムライス倶楽部」を立ち上げて、都内近隣のおいしいオムライス情報を聞いては、いそいそ食べに行っている私たち。オムライスって、いろいろな作り方があって、それはもう奥が深いんですよ〜。今回、彼女がいいお店情 [続きを読む]
  • 神戸リンリンサイクルめぐり 2-(2) Last
  • その1からの続きです。● そろそろUターン三宮から自転車に乗って、長田までやってきました。走行距離はもう10kmになっています。帰ったら往復20kmの道のりになるので、途中でバテないように、この辺りでUターンすることにします。なんとなくたどり着いたので、最短ルートの帰り道はわかりませんが、まあ方角は合っているでしょう。この日は天気はいいですが、海からやってくる風がとても冷たくて、自転車に乗っていると頬がすぐ [続きを読む]
  • 神戸リンリンサイクルめぐり 2-(1)
  • 1日目からの続きです。● 自転車で町巡り2日目。チェックアウトの11時に合わせてゆっくりホテルで朝食をとり、10時半頃に出発しました。ホテルに荷物を預けて、この日もレンタサイクルします。坂が多い港町神戸ですが、山は三宮駅の向こう側。線路のこちらは海側なので、駅を越えて行かず、線路に沿って移動するのならば大丈夫でしょう。レセプションで長田神社への行き方を聞いたら「遠いから、三ノ宮から電車で行くことをお勧め [続きを読む]
  • 神戸リンリンサイクルめぐり 1-(2)
  • その1からの続きです。● ポートタワーとマリンタワー赤いキャンドルのような形をしたポートタワー。世界初のパイプ構造の建造物で、日本で初めてライトアップされた建造物ということで、横浜のマリンタワーよりも一歩(二歩?)リードしています。まあでもマリンタワーは、かつては世界一高い灯台でしたからね!(つい比べてしまうの〜)ウォーターフロントの観覧車とクルーズ船。赤と白が映えます。港町っぽーい。● 神戸港中 [続きを読む]
  • 神戸リンリンサイクルめぐり index
  • [2017.1.30-1.31]◆ 神戸 1-(1)  神戸に出かけました。近江付近近江付近の本格的な雪景色を見てびっくり。 ひと駅分でしたが、念願の新幹線さくらに乗って、大喜び。 宿で自転車を借りて、市内観光に繰り出しました。  ● prologue ● またもや富士山見えず ● 浜名湖と近江の雪  ● 初めてのさくら ● 初めての新神戸 ● 開港150年記念  ● シティレンタサイクル ● 生田神社 ● 大きな教会  ● 湊川 [続きを読む]
  • 神戸リンリンサイクルめぐり 1-(1)
  • ● prologue一泊二日で神戸に行くことになりました。考えてみれば、知っているようで知らない神戸。前に、友人に神戸ルミナリエに連れて行ってもらった以来です。あの夜は町が大がかりな交通規制をしており、大勢の人混みの中で、目の前の人たちについて歩行者通路をうねり歩いていた行ったので、どこをどう歩いていたのかさっぱり覚えていません。そのため、神戸は車が通れないほど人で混んでいるイメージ。ちょっと苦手意識があ [続きを読む]
  • 市場とカフェと教会へ 2
  • その1からの続きです。● 市場から教会へ魚市場を出てから、反町駅を通り越し、三ツ沢下町方面へと向かいました。次に目指すのは、恩師の眠る教会です。私たちの音楽の先生で、部活の顧問でもあった、高橋先生。俳優の高橋克典さんのご尊父です。大変お世話になりましたが、お亡くなりになった時に、お別れの会に参列できなかったことが、ずっと気になっていました。参列したさっちゃんは、教会に行ったことがあるので、道案内に [続きを読む]
  • 市場とカフェと教会へ index
  • [2017.1.28]◆ 横浜 1 ←旅行記へ 友人と横浜駅の周辺をぷらぷら散策。地元なのに何度も道に迷ってしまいました。 小さな神奈川駅から魚市場に向かいます。 ぽつんと離れた職員用食堂でコスパのいい新鮮ランチを取りました。  ● prologue ● 東・白楽、神奈川・新町そして仲木戸 ● 洲崎大神  ● 君に届け用紙 ● 横浜市中央卸売市場 ● 厚生食堂  ● 市場の穴場 ● うらしまでんせつ◆ 風に吹かれて旅ご [続きを読む]