リカ さん プロフィール

  •  
リカさん: 風に吹かれて旅ごころ
ハンドル名リカ さん
ブログタイトル風に吹かれて旅ごころ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/riri81
サイト紹介文ほぼ毎月の旅を語ります。国内個人旅行で時々女一人旅。はんなり粋に楽しむはずが、気づけばいつも珍道中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/09/10 14:44

リカ さんのブログ記事

  • まだ見ぬバルト三国へ 5-1(シャウレイ)
  • 4日目からの続きです。● 雪の夜昨晩は、外の寒さを避けて日が落ちた頃からホテルの部屋にこもり、うたたねしながらゆっくり過ごしたので、夜になってもなかなか眠くなりません。音もなく降り積もっていく窓の外の雪を、2時半ごろまで眺めていました。翌朝起きてカーテンを開けると、夜の間に積もった雪は減り、土が見えていました。途中から雨に変わって溶けたようです。前の日より遅い時間に朝食を取りに行きましたが、この日も [続きを読む]
  • まだ見ぬバルト三国へ 4-3(リガ)
  • その1からの続きです。● 午後の散策先ほどまでは、売れないマッチ売りの少女のような気分で、震えながら観光していましたが、ゆっくりとランチをとったので、凍っていた手足が温まり、再び外に出る元気が出てきました。雪がやんだので、今だとばかりに再出発。旧市街の石畳の道を車椅子を引いている人がいました。古い石畳なので、ごつごつとしてあまり平坦ではなく、車椅子に座っている人はガクガク上下に揺れています。中世の [続きを読む]
  • まだ見ぬバルト三国へ 4-2(リガ)
  • その1からの続きです。● お城っぽくない城運河沿いにあるラトヴィア国立劇場。ここに正装した華やかな人々が集まり、オペラやバレエが催されます。「あれ、ここがお城だったところ?」キャッスルっぽい形の建物を想像していたら、平たいお屋敷のようだったので、あてがはずれて2人でぶつぶつ。バルト三国のマンホールはいまひとつ心惹かれません。それでもこれはすてきで、足を停めました。小道に入った街並み。世界遺産のリガ旧 [続きを読む]
  • まだ見ぬバルト三国へ 4-1(リガ)
  • 3日目からの続きです。● リガの朝窓の外は曇り空。天気はいまいちで、少し雨も降っているみたい。まあ、ザーザー雨ではないのでよしとします。目の前はリガ駅。電車がゆっくりと、着いたり出たりしています。朝食を食べにホテルのカフェテリアへ。シンプルで品があって、すてき。「THE TRAVELLER」というのはお店の名前。TRAVELERもTRAVELLERも、どちらもトラベラー、旅行者という意味です。以前、久保田さんという人が、留学先 [続きを読む]
  • まだ見ぬバルト三国へ 3-3(リガ)
  • その2からの続きです。● リガに到着日が落ちて夜になりました。バスが信号で停まることが多くなったので、目を開けると、外はまばゆいネオンの街。リガに入ったんだなとわかります。橋のそば、つまり川沿いにある終点の中央ターミナル駅前に到着しました。バルト三国では、ヘルシンキに近いタリンが一番都会なのかと思っていましたが、リガのほうが断然大きな街。駅のすぐそばにあるこの日のホテルへ、向かいました。● キラキ [続きを読む]
  • まだ見ぬバルト三国へ 3-2(タリンーリガ)
  • その1からの続きです。● 雨の中の移動楽しかったタリン散策のあとは、そろそろ移動の時間が近づいてきました。ホテルをチェックアウトし、トランクを引いて、バスターミナルへと向かいます。先ほど訪れた旧市街の城壁のヴィル門の先に、バスターミナルがあります。距離的にはそう遠くありませんが、歩いているうちに雨がだんだんひどくなってきました。でも、どこかのホテルにでも行かない限り、流しのタクシーはつかまえられま [続きを読む]
  • まだ見ぬバルト三国へ 3-1(タリン)
  • 2日目からの続きです。● 朝食たっぷり心地いいベッドで気持ちよく眠り、目覚めてから朝食を食べにホテル内のレストランに向かいました。入口にあったスムージー。どれもおいしそう〜。前日、旧市街で屋台を見かけたので、(暖かい何かが食べられるかな)と震えながら近づいて行ったら、調理したものではなく、ドライフルーツが売られていました。ここでも、ジャムとドライフルーツがずらりと並べられています。どうやらヨーグルト [続きを読む]
  • まだ見ぬバルト三国へ 2-3(タリン)
  • その2からの続きです。● ラエコヤ広場(Raekoja Plats)行く手にツーリストインフォメ―ションセンターがありましたが、開いていません。そこで、かんたんな地図を片手に旧市街のそぞろ歩きを続けます。タリンについてまだそんなに時間が経っていないのに、すっかりこの町が好きになっています。じきに旧市庁舎のあるラエコヤ広場に着きました。ラエコヤっておもしろい響き。 エストニア語で市庁舎という意味だそうです。中世の [続きを読む]
  • まだ見ぬバルト三国へ 2-2(タリン)
  • その1からの続きです。● バルト三国・エストニアそういえば、今回の旅行の地図を載せていませんでした。バルト三国は、ロシアの西側、フィンランド湾を挟んで北欧のそばに位置しています。ロシア、ベラルーシ、ポーランドと、あまりなじみのない国々に囲まれています。アップにすると、エストニア・ラトビア・リトアニアと、南北に並んでいます。今回は、日本〜モスクワ経由でリガ(ラトビア)〜タリン(エストニア)と飛行機で [続きを読む]
  • まだ見ぬバルト三国へ 2-1(タリン)
  • 1日目からの続きです。● 朝が来たどんなにハードな夜でも、いずれ朝はやってくるものです。外が明るくなってきました。夜のうちに降った雪が、窓の外に積もっています。眠気覚ましに辺りを歩いてみると、熟睡している人々はけっこう多く、豪快にフロアにころがって寝ている人たちもいました。眠りの中の人々。うわー、床は冷たいから、とてもじゃないけど無理。平気な人たちは、よっぽど寒さ耐性があるんでしょうね。うっかり踏 [続きを読む]
  • まだ見ぬバルト三国へ index 10.29-11.5
  • [2016.10.29-11.5]◆ モスクワ 1 ←旅行記へ 友人とバルト三国を旅することに決めて、気候のいい秋に出発しました。 ところが経由地のモスクワで、乗り継ぎの飛行機に乗り損ねてしまいました。 旅の始まりから大ピンチ!ロシアの空港で寒ーい長ーい一夜を過ごしました。  ● prologue ● モスクワ空港での悪夢 ● 成田空港散策  ● 呼び出し放送 ● 寝て食べて ● 空港ターミナル移動  ● ユダヤ人の縦ロール [続きを読む]
  • まだ見ぬバルト三国へ 1(モスクワ)
  • ● prologue「そのうちバルト三国に行きたいなと思ってるんだけど、一緒に行かない?」「いいね、行きたい!」そう、奥多摩の温泉につかりながら、モコちゃんと話したのは、3月のこと。「行くなら秋頃がいいね」ということで、春にした旅の約束を、半年後の秋に実行することになりました。といってもバルト三国のことはほとんど知りません。かわいいデザインの工芸品が多いということくらい。行ったことがある知人も、2人しかいま [続きを読む]
  • ルーツサーチと里帰り、はるかなる黄金山へ(多賀城) 4-2
  • その1からの続きです。● カフェ探し食事をとったお店から出ても、みんなまだまだ話し足りません。場所を変えてお茶をすることにしました。でも、仙台駅周辺で祝日に7人入れるお店を探すのは、なかなか大変。駅のほぼ隣に家があってカフェに詳しいかもかもが先頭になって、サーチしてくれます。お洒落な雰囲気のリゴレット・タパス・ラウンジも人でいっぱい。「この店、東京にもあるよね、リカ?」と聞かれて、「う、うん、あるん [続きを読む]
  • ルーツサーチと里帰り、はるかなる黄金山へ(仙台) 4-1
  • 3日目からの続きです。● 鯨の町のクジラこの日が滞在最終日。朝は、さっちゃん宅でのんびり過ごしました。「昨日牡鹿半島に行ったのに、クジラ食べてこなかったって言ったよね」そういって出してくれたのは、鯨の刺身。「鮎川港のだよ」「わーい、いただきまーす!」牡鹿半島の鮎川港は、日本有数の鯨漁地なんだそう。鯨の町だったんですね。そういえば、港に残されたアーチにはクジラが載っていました。港のそばにあった「おし [続きを読む]
  • ルーツサーチと里帰り、はるかなる黄金山へ(東松島) 3-2
  • その1からの続きです。● 黄金伝説の黄金山とうとう、黄金山神社に参拝できて、達成感を噛みしめている私。拝殿の後ろに、山頂への山道を見つけて、途中まで行ってみましたが、ちょうど一人の青年が上から降りてきました。ゼーゼーと息をして、相当疲れています。私達より少し先で休憩していた男性が、その彼に「上まで行ったの?どうだった?」と聞きます。「凄くハードで、思ったよりもすごく時間がかかりました。」と肩で息を [続きを読む]
  • ルーツサーチと里帰り、はるかなる黄金山へ 3-1
  • 2日目からの続きです。● 憧れの金華山夕べは遅い就寝となりましたが、この日は8時にお迎えに来てもらいました。かっちゃんと黄金山へ行くのです。宮城の牡鹿半島には、金華山(黄金山)という華やかな名前の霊山があります。金華山という地名は日本に2つあり、小さい頃、岐阜にある金華山の方は訪れたことがあります。もうひとつのこちらの方も、中学生時に地図で見つけてからずっと気になっていましたが、たどり着くのがとても [続きを読む]
  • ルーツサーチと里帰り、はるかなる黄金山へ 2-2
  • その1からの続きです。● 塩釜のしおがまレーちゃんの車で、多賀城から塩釜へと向かいました。住んでいた頃は、いつもJR仙石線で移動していたので、車だとあっという間に着くことに驚きます。「しおがま、好きなんだあ」とつぶやくレーちゃん。そんなに塩釜の町が好きなのかと思ったら、「しおがま」という落雁のことでした。ちょうど車は、丹六園という古めかしい佇まいのお店の前を通りかかったところ。看板に「志ほか満」と書 [続きを読む]
  • ルーツサーチと里帰り、はるかなる黄金山へ 2-1
  • 1日目からの続きです。● 瞠目の再会今日は、中学時代の親友れーちゃんの車でドライブ。さっちゃんの家の近くの駐車場で、待ち合わせをします。ウキウキと向かったら、彼女は一足先に着いており、大きな車の前に立っていました。「れーちゃん!」と声をかけると、黙って大きく見開いた目をこちらに向けます。(懐かしい再会に、そんなに感激してくれるのかしら)と思ったら、久しぶりの挨拶そうそう「車止めに気付かなくて、ギリ [続きを読む]
  • ルーツサーチと里帰り、はるかなる黄金山へ(平泉) 1-2
  • その1からの続きです。● 平泉中尊寺へ一関は平泉の近く。ということで、中尊寺に連れて行ってもらいました。平日なのに駐車場はいっぱいで、ようやくあいている場所を見つけて滑り込みました。世界遺産効果?表参道入り口にある月見坂が結構きつくて長くて息が切れて、登山している気分。「俺、革靴で底がつるつるなんだよね」とかっちゃん。スーツに合ったピカピカの靴が、ちょっと土ぼこりを受けていました。伊達藩が植えた杉 [続きを読む]
  • ルーツサーチと里帰り、はるかなる黄金山へ index
  • [2016.10.7-10]◆ 一関 1-(1) ←旅行記へ ● prologue ● 早朝の仙台駅 ● 一関のマンホール ● ひいひいおじいさん情報 ● ここではなかった ● 建部清庵 ● 友人との再会 ● 世嬉の一 ● 蔵元レストラン ● 餅文化の町  ルーツ探しの旅、第2弾。曽祖父が住んでいた岩手での手掛かりを求めて、一関を訪れました。  市役所を訪れた後、旧友と再会して、蔵元レストランへ。  地元名物、餅ご膳をいただき [続きを読む]
  • ルーツサーチと里帰り、はるかなる黄金山へ(一関) 1-1
  • ● prologue2か月前の夏休みに、青森市役所に行って祖父のルーツを探しました。→「みちのく津軽ひとり旅」その時に、曽祖父(ひいおじいさん)が、岩手の一関から青森に引っ越していたことが判明。ご先祖様は、岩手出身だったのかしら。別の親戚もいるのかしら。その先の手がかりを知るため、今回は一関でルーツ探しをすることにしました。● 早朝の仙台駅早朝に降り立った仙台駅。澄んだ青空が出迎えてくれました。さいさき良 [続きを読む]
  • がんばれ熊本・5か月後の町 4-2(Last)
  • その1からの続きです。● 月と煙突三池港から内陸に入り「月が出た出た〜♪の煙突も見なくちゃね」と、モデルとされる煙突を見に行きました。盆踊りで流れる歌だという認識しかありませんでしたが、タイトルは「炭坑節」。三池炭坑のことを歌った民謡だったんですね。 月が出た出た 月が出た(ヨイヨイ) 三池炭坑の 上に出た あまり煙突が 高いので さぞやお月さん けむたかろ(サノヨイヨイ)出だししか歌詞を知りませ [続きを読む]
  • がんばれ熊本・5か月後の町 4-1
  • 3日目からの続きです。● モーニングコーヒー翌日はまず、ヒロポンが台風に備えて私たちが移動させておいたバイクを駐輪場に戻し、それから星乃珈琲でモーニング。コーヒーが飲めない私。コーヒー好きにはそのことはなかなかわかってもらえず、よく質問されます。夕べもヒロポンに「なぜ?どうして?」と聞かれて(ううむ)と返答に困ってしまいました。コーヒー、香りはとっても好きなんですけれど、苦手なんですよね〜。そんな [続きを読む]
  • がんばれ熊本・5か月後の町 3-2
  • その1からの続きです。● くまもと「水」検定市電内にくまもと「水」検定のちらしがありました。市が主催しており、検定試験なのになんと無料!熊本市、ふとっぱらね〜。「でも問題、難しいなあ」と、例題を読むさっちゃん。3級なら、一緒に勉強してみる?● 熊本の市電水前寺公園を出て、再び市電のB系統に乗ります。さっきは2駅しか乗りませんでしたが、今度はかなりの区間を乗ります。初日に見た、レトロな長崎書店の横も通っ [続きを読む]
  • がんばれ熊本・産業革命遺産めぐり 3-1
  • 2日目からの続きです。● 台風一過朝、ゆっくり目に起きたときには、もう青空が見えていました。天気いーい。台風はどこに行ったのー?もう九州を抜けたようです。熊本を直撃しなくて、よかったー。私たちも、一日家の中にいただけで済みました。もともとスピッツ強化合宿は行われる予定だったので、そんなに大きなプラン変更はなかったかも!昨日、外に耳を澄ませても、なんの気配もなくシーンとしていましたが、いまは誰かが道 [続きを読む]