Granatum さん プロフィール

  •  
Granatumさん: 黒と赤
ハンドル名Granatum さん
ブログタイトル黒と赤
ブログURLhttp://crystarosh.velvet.jp/granatum/wp/
サイト紹介文クリスタローシュと言う世界観を使ったメンズラブ(MLリバディ)サイトです。
自由文架空世界の魔族の二人で、彼らの過去や性格を掘り下げていくのを目的にしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/09/10 19:37

Granatum さんのブログ記事

  • 2017/2/28 更新情報
  • ご無沙汰いたしております。 ちょこちょこと絵を描いたり、小説を書いたりはしているのですが、長らく更新が滞っており、申し訳ございません。 いただいた絵などもあるのですが、未だアップできておらずでして; とりあえずこれではい… [続きを読む]
  • 【20170228】戯れ
  • 聖界時代、光と白に溢れた世界で、ルベウスの真紅の翼と漆黒の髪はさぞや人目を惹いたでしょうから、彼に近づく存在があれば、同様に目を惹いたはず。 それが旧神として聖族のひとりとなり、『春の館』と呼ばれる娼館で長い時間を過ごす… [続きを読む]
  • 9/12 更新情報
  • 去る9月9日に、当サイト『黒と赤』をオープンしてからちょうど1年になりました。 管理人二人、3日ほど前から何か記念だから描こう!ってなったのですが、9日には間に合わず^^; 三日遅… [続きを読む]
  • 8/16 更新情報
  • お久しぶりです。 少し前から準備していた、黒と赤と同じ世界の違うキャラクターたちのお話をスタートします。 こちらはツイッターのタグ企画でキャラクターが誕生し、どうせなら海賊も吸血鬼も萌えを全部詰め込んでやれとなり、そうい… [続きを読む]
  • 海狼と薔薇2 邂逅2
  •  ──レハイム、お前は当家の血を継ぐ者として、金ではなく名誉を、地位ではなく誇りを手にせねばならない。家名を汚さず、一族を支え、誰もが当家の誉れと呼ぶような人物になることが、家督を相続できぬお前に課された義務だ。  はい… [続きを読む]
  • 海狼と薔薇1 邂逅1
  • 人が眠りを死と近しいものだと感じることがあるならば、ヴェレッドの昼の眠りは殆どそれと同然だと言ってもよかろう。  棺に納められた死者が二度と身動きしないのにも似て、穏やかに伏せられた睫は震えることすらせず、眠りについた姿… [続きを読む]
  • 5/27 更新情報
  • 前回更新より1ヶ月以上開いてしまいました。 お久しぶりでございます。現在二人してエオルゼアを彷徨っている時間が長いので、ご容赦下さいませm(__)m お互い相変… [続きを読む]
  • 百年のキス【R-18】
  • 氷壁の向こうのような冷淡で薄青の眸が微熱に蕩ける。 俺を貪欲に見つめ、少しの躊躇いもなく快楽に浸りきり、淫靡な笑みが滲む表情で俺が欲しいと誘う。 男がかぶり慣れた冷静な仮面を剥ぐ愉しみで百年。 この俺を求める一瞬を見る満… [続きを読む]
  • 4/10 更新情報
  • 聖界編で一緒に眠る訓練をされているルベウス氏ですが(笑)、その関連で現在軸の話を一本アップしました。 http://cry… [続きを読む]
  • 【10/5】労わる
  •  暫くナハトメレクの城にいる、とルベウスは言った。それが仕事であることは承知している。そして会いに行くために遠い距離でもない。  一緒に来いとか、訪ねて来い、と言わぬ男だ。  寝台が無駄に広く… [続きを読む]
  • 3/22 拍手お返事
  • 3/21に拍手とコメントありがとうございました! 以下、お返事です クロコ様> 拍手&コメントありがとうございます! このサイト作品はなんかもうイチャイチャしてるだけの腐った空間ですが、大… [続きを読む]
  • Gift 塗り絵
  • こちらの線画をいろんな方に塗っていただけました! 閉じてないし、無駄線何本もあるし、さぞや塗りづらかったのではと思いますが、本当にありがとうございます! 色指定はナシで、好きなように塗っていただきました。キャラのことも、… [続きを読む]
  • 【聖48】 眠りにつく前に 2
  •  ルベウスは、自分の寝起きしている場所がお世辞にも整然としているといえないことは承知しているが、デキウスの部屋に比べればなんと混沌としていることかと改めて思わざるをえなかった。それほどデキウスの部屋は何もなく、白い殺風景… [続きを読む]
  • 3/12 更新情報
  • ・久しぶりに聖界時代のお話を追加。一緒に眠るのが普通になるまでを3回に分けて書く予定です http://crys… [続きを読む]