生理ママ さん プロフィール

  •  
生理ママさん: 生理に関するお悩み解決 | 生理ママ
ハンドル名生理ママ さん
ブログタイトル生理に関するお悩み解決 | 生理ママ
ブログURLhttp://seirinonayami.com/
サイト紹介文生理に関するお悩みを持つかたは必見!
自由文生理痛や生理不順など、生理に関するお悩みを解決する情報を更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/09/10 22:05

生理ママ さんのブログ記事

  • 卵子の老化による不妊の原因
  • 晩婚化が進み、高齢出産が増えている今日。不妊のために病院に通院されている方も多くおられます。不妊の原因には排卵できない卵管がせまい、詰まっている子宮の形の異常や卵巣や子宮自体に病気がある精子の数が少ないなどの原因があげられます。そしてもう一つ。最近よくメディアなどでも取り上げられることが増えた「卵子の老化」卵子もまた、人が年を取るのと同じように年を取り、そのことが不妊の原因になると言われています。 [続きを読む]
  • 人工妊娠中絶にかかる費用は?相場や保険制度など
  • 人工妊娠中絶とは「胎児が、母体外において生命を保続することのできない時期に、人工的に胎児およびその付属物を母体外に排出することをいう」と定義されています。そして人工妊娠中絶は21週6日までに行うことができ、法律に基づいて指定医師が処置することになっています。人工妊娠中絶には掻把法と吸引法、薬を使って陣痛をおこす方法など時期によって中絶の方法が違い、妊娠の時期によって費用もかわってきます。では実際のと [続きを読む]
  • 妊娠したら気をつけたい5つのこと
  • 待望の妊娠にしても予測していなかったにしても、妊娠したことによって生活は大きく変わります。でも、どんなことに気を付けたらいいのかよく分からない・・という方もいるでしょう。妊娠するということは、自分一人の体ではなくなるという事。お腹の中で、赤ちゃんを育てるために体が大きく変化していきます。いつの間にか、普段通りにいかないことが多くなるのです。そこで、妊娠したら気を付けたいことを5つのポイントに分けて [続きを読む]
  • 人工中絶手術の流れと手術後の注意点 痛みやリスクは?
  • 経済的な理由や母体の安全のためなど、中絶の理由はさまざまあります。手術を受けるかどうか迷っていても、受けると決めた後でも。今から自分はどのような処置を受けるのかをあらかじめ知っておくことは、とても大切なことです。ここでは人工妊娠中絶にはどのような方法があるのか、実際の流れなどについてお話ししていきますので、参考にしてみて下さい。中絶手術の方法とは?妊娠初期(妊娠12週未満)の中絶手術には掻把法と吸引 [続きを読む]
  • 妊娠したいなら必見!妊娠しやすい時期と排卵日の予測方法
  • 妊娠をするために、絶対になくてはならないものは何でしょうか?それは精子と卵子です。卵子だけでもだめですし、精子だけでも駄目ですよね。どちらが欠けても妊娠はできません。では、この精子と卵子が出会うためにはどのようにしたらいいのでしょうか?ほぼひと月に一回、卵子は排卵されます。そこで精子と卵子が出会えれば受精し、卵管を通って子宮の内腔に着床することで妊娠は成立します。ですから、そのタイミングに合わせて [続きを読む]
  • 妊娠中のむくみの原因と解消法
  • 妊娠してから、なんだか足がむくみやすくなった気がする。急にむくみが出てきた。まさに今そんな経験をされている方や、過去にそんな経験をされた方。もしくは妊娠を目指してるけど、そんな話しを友達や家族から聞いてこれからが心配・・・。という方もいるでしょう。通常の体の状態よりも、妊娠中は体が大きく変化するため「むくみ」をきたしやすくなります。ここでは、むくみやすくなる原因と解消法についてお話ししていきます。 [続きを読む]
  • 乳癌の治療や手術と費用 治るまでの期間
  • 癌治療は精神的な不安だけでなく、これまでの社会生活や経済面にも大きな変化をもたらします。ここでは、乳がん治療にはどのようなものがあるのか?じっさい治療にかかる期間や費用などについてお話しします。乳癌の治療法について乳癌の治療法には手術療法・放射線療法・薬物療法の3つがベースにあげられます。癌の部分に対しての治療法は手術療法と放射線療法になります。癌は乳房から離れた場所でも、リンパや血液にのって転移 [続きを読む]
  • 乳癌のステージと生存率や余命
  • 乳がんは乳腺組織に発生する癌を言います。乳癌と診断された場合、しこりの大きさや浸潤しているかいないのか、転移しているかいないかなどで8つのステージ(病期)に分け、それに合わせて治療法など方針を決めていきます。早期に発見することで治癒率が高くなりますので、まずは普段から早期発見のために自己検診や、乳がん検診などを活用することが大切になってきます。ここでは、そんな乳がんの8つの病期(ステージ)や生存率や [続きを読む]
  • 乳癌の検診の種類や費用 どの検査を選べばいいの?
  • 乳癌は30歳位から増え始め、45歳〜49歳でピークを迎えます。その後は少しずつ減るのですが、閉経後の乳癌も増加していますので注意が必要です。日本でもライフスタイルの変化などによって増加傾向にありますので、年代に合わせて乳がん検診を受けたり、自己検診を自主的に行うといったことが大切になります。ここでは、乳がん検診の種類や費用など、また、どのように検診を選んだらよいのかについてお話ししていきます。参考にして [続きを読む]
  • 乳癌の症状と原因
  • 世界的にみても、乳癌は女性に多く見られる病気です。その乳癌になる人が、日本でも年々増加しているのをご存知ですか?一生涯のうち乳がんにかかる人は、50年前は50人に1人程度だったのが現在では16人に1人と言われているのです。では、なぜ現代女性の乳癌がこんなに増えているのでしょうか?ここでは、乳がんの原因やその症状についてお話ししていきます。乳がんは早期発見が重要です。原因や症状を知って、自己検診や定期健診な [続きを読む]
  • 乳癌のしこりの特徴は?痛みの症状やセルフチェック
  • 乳房にしこりを見つけたとき、まず頭に浮かぶのが「もしかしたらこれは癌(悪性)かもしれない・・・」という不安です。癌や癌以外の乳腺症などの病気であるかという診断は、やはり最終的に専門家に診てもらう必要があります。しかし、乳がんの症状をある程度知っておくことや、普段からできるセルフチェックなどをしておくことは乳がんの早期発見につながり、その治療や症状にも大きく関わってきます。ここでは、そんな乳がんのし [続きを読む]
  • 子宮外妊娠とは?症状や原因まとめ
  • 子宮外妊娠の可能性が言われると、本当にショックですし不安にもなりますよね。子宮外妊娠は異常妊娠の一つです。症状がわかりにくいため発見が遅れ、命に関わることもあります。特に初期には腹痛などの症状もほとんどないので、妊娠の可能性があれば早めに病院で確認をしてもらう事が大切なのです。ここでは、子宮外妊娠の症状や原因などについてお話ししていきます。子宮外妊娠とは子宮外妊娠とは、受精卵が子宮の中(子宮腔)以外 [続きを読む]
  • つらい生理痛!カイロで下腹部痛を緩和する方法
  • 毎月やってくるつらい生理痛。イライラや体のだるさ・無気力・吐き気などの胃腸症状などもありますよね。つらい生理痛の症状と言えば、その代表格は下腹の痛み。生理痛の痛みは、プロスタグランディンの過剰分泌が原因と言われています。プロスタグランディンは、子宮を縮ませ経血を外に出してくれる役割があります。過剰に分泌されることで、子宮の収縮が過剰になり下腹痛や腰痛につながるのです。生理痛を改善するには、温めて血 [続きを読む]
  • 更年期障害の検査や治療法 薬やサプリメントの効果は?
  • 更年期は、閉経をはさんだおおよそ前後10年間の期間(個人差がありますが40代後半から50代前半)です。この期間は卵巣機能がおとろえて、女性ホルモンが急激に減っていきます。そしてこの女性ホルモンの減少で、頭痛・肩こり・めまい・性交痛・不安やイライラなど、心身ともに症状が見られることがあります。これらは更年期症状と言われるものですが、ほとんど更年期の時期を何も感じないまま過ごす人もいますし、逆に日常生活に大 [続きを読む]
  • 乳腺炎の原因と症状 授乳期の乳腺炎は何科にいけばいいの?
  • 授乳期に、乳房の圧痛・熱感・しこり・発熱・張りなどが起きた場合は乳腺炎を疑います。「急にお乳が痛くなって熱が出た・・・」というような場合ですね。寝不足と日々育児に疲れた体に、さらに追い打ちをかけるように現れるつらい症状。対処法を間違うと悪化することもありますので、まずは専門家に相談し、状況によっては投薬やマッサージなどの処置を受けることが必要になります。乳腺炎の場合、どこに相談・受診したらいいのか [続きを読む]
  • 葉酸サプリの効果と副作用!選び方やおすすめサプリ3選
  • 赤ちゃんの脳の発達に欠かせないとされる葉酸。母子手帳には葉酸の必要性が書かれていますし、産婦人科の受付窓口に葉酸サプリメントが置かれることも増えています。しかし、まだまだその必要性の認知度は低いのが現状です。ここでは葉酸サプリの効果や副作用、選び方などについてお話しします。葉酸サプリについて迷っている方は、参考にしてみて下さい。葉酸サプリの効果は?葉酸サプリによる効果は、代謝を良くする、貧血や流早 [続きを読む]
  • バストアップサプリの効果や副作用と生理への影響
  • バストは女性らしさの象徴です。胸を大きくしてメリハリのあるスタイルになりたい。大きな胸になりたい・・・。わたしも若いころはよく思ってました(笑)そんな女性のために、下着やクリーム・マッサージ法や体操などの様々なバストアップの方法があります。その中の一つとして、バストアップサプリが最近注目されています。マッサージなどと違い実際に口にするものなので、これから飲んでみようと思ってるのであれば、どのような [続きを読む]
  • 子宮頸がん原因と症状 検診検査と治療やワクチンまとめ
  • 子宮頸がんといえば、女性のがん検診の一つとしてよく耳にする病気です。その子宮頸がんですが、まずは子宮のどの部位の癌かご存知ですか?子宮は、子宮体部(たいぶ)と子宮頸部(けいぶ)に分けられます。風船を想像してみて下さい。子宮体部は風船の膨らむ部分で、子宮頸部は風船の空気を出し入れする部分にあたります。子宮頸部は子宮の出口部分にあたり、その出口にできるのが子宮頸がんです。このところ、特に20代・30代の女 [続きを読む]
  • 女性に増えてる?梅毒の症状とは
  • 梅毒と言えば昔の性感染症。そんな風に思っていませんか?実はこの梅毒、近年増加の兆しを見せているのです。女性に関しては、過去3年間で約2倍も症例数が増加しており、男性に比べると非常に感染されている方が増えてます。そもそも梅毒とは「梅毒トレポネーマ」による全身性感染症です。性行為などによって生殖器の粘膜や皮膚の小さな傷から感染し、血液にのって全身に感染を起こします。では、梅毒の症状とは一体どのようなもの [続きを読む]
  • 生理痛の痛み止めで使われるロキソニンの副作用は?
  • ロキソニンは、ロキソプロフェンナトリウム水和物を含有した解熱鎮痛薬です。1986年医療用医薬品として販売され、医療の現場では当たり前に目にする薬の一つです。そしてこのロキソニン、これまでの医療用としての実績と、副作用も比較的安全であるとして2011年にロキソニンSとして市販されるようになりました(このような薬のことをスイッチOTC薬と言います)しかし薬を服用する上で気になるのが副作用ですよね。医療現場で比較的 [続きを読む]
  • 分娩にかかる所要時間は初産婦と経産婦でなぜ違うの?
  • 日本人の平均分娩所要時間は、初めて出産を経験する初産婦の場合は12時間〜15.5時間、過去に出産経験のある経産婦の場合は5時間〜8時間とされています。(分娩所要時間とは、陣痛が始まって分娩が開始してから胎盤が出るまでの時間を指します)個人差のある事なので初産婦でも経産婦と変わらないくらい、分娩が早く進行する人もいます。しかし通常は初産婦の方が分娩はゆっくり進み、経産婦の方が早く進むのです。ここでは、なぜ初 [続きを読む]
  • 妊娠週数の数え方と月数について
  • 「○週○日、妊娠○ヶ月です」病院に行くと、お医者さんから伝えられる言葉ですね。妊娠して、初めて正しい妊娠週数・月数の数え方を知ったという人は少なくないでしょう。WHOの統計より妊娠の平均持続期間が280±15であることから、正常妊娠が続く日数を280日としています。280日という期間をもとに、妊娠が続く期間を以下のように表現します。妊娠の暦を妊娠1ヶ月=28日とし、妊娠が続く日数の280日を28日で割って10か月週で表す [続きを読む]
  • HIVの症状や感染経路の原因と予防法
  • 性行為感染症のひとつであるHIV。HIVは、ヒト免疫不全ウィルスによる感染症です。HIVに感染すると、免疫力が徐々に破壊されて最終的にエイズを発症。様々な日和見合併症をおこしてしまいます。ここ数年HIV感染者・AIDS患者報告数は横ばいではあるものの、2007年以降は毎年年間1500件前後の新規報告が続いているのが現状。一度感染するとウィルスを完全に除去することはできませんが、早期に治療を行うことで、長く生きることも十分 [続きを読む]
  • 更年期のうつを予防するための5つの対策
  • 更年期とは閉経前後5年程(45歳から55歳ぐらい)の期間を指します。この時期は女性ホルモンが急激に減少していくため、様々な不調をきたしやすく心身も不安定になりやすい時期です。無気力・意味もなく悲しい気持ちになるといった症状が見られる場合、更年期うつの可能性があります。親の介護・子供の自立など周囲の環境の変化も起こりやすく、知らず知らずに無理を重ねてしまったりと、ストレスの多い年代といえます。忙しいから [続きを読む]
  • 子宮卵管造影検査で妊娠しやすくなる?
  • 子宮卵管造影検査を受けたら、その後に妊娠した!なんて話しを聞かれたことはありませんか?検査なのになぜ?と思う方もおられるでしょう。でも、これは事実です。この検査は、その名の通り「子宮・卵管を、造影剤を使って検査する方法」ですが、検査で子宮や卵管の状態がわかるという以外にもメリットがあります。ここでは、子宮卵管造影検査を受けるとなぜ妊娠しやすくなるのか?についてお話していきます。子宮卵管造影検査で妊 [続きを読む]