yoshi_t さん プロフィール

  •  
yoshi_tさん: 元気と勇気と信頼の回復のために
ハンドル名yoshi_t さん
ブログタイトル元気と勇気と信頼の回復のために
ブログURLhttp://venus-association.com/v-blog/
サイト紹介文人材育成のコンサルタント有限会社ヴィーナスアソシエイションの公式ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/09/11 16:28

yoshi_t さんのブログ記事

  • kindle本「自尊心が全てを変える」 ③自虐は、最凶最悪の弱い者いじめ
  • (以下、kindle本「自尊心がすべてを変える」より抜粋)③自虐は、最凶最悪の弱い者いじめ自尊心を持たない人生は、結果的に奴隷の生き方、支配される生き方につながってしまうでしょう。自分らしく力強い明るさを失うと、人は、単なるプログラムされたロボットのように生きるようになり、本来そうしたいとは夢にも思っていなかった加害者か被害者の人生を歩んでしまうことにつながります。自分で自分のことをどう思おうが、それこ [続きを読む]
  • kindle本「自尊心が全てを変える」①「自尊心とは」
  • 最近出版したkindle本「自尊心がすべてを変える」は、少しずつですが、購読してくださる方が増えてきています。また、仕事柄、こうした自尊心関係の講話をさせていただく機会も増えてきており、まさに時代が健全な自尊心の回復を求めているのではないかと思います。当書は、自尊心への誤解を解消し、健全な自尊心を回復するとともに、自分本来の個性や力強さを引き出すきっかけとなるとても良い本だと思います。もっともっと広く多 [続きを読む]
  • kindle本「自尊心が全てを変える」①「自尊心とは」
  • 最近出版したkindle本「自尊心がすべてを変える」は、少しずつですが、購読してくださる方が増えてきています。また、仕事柄、こうした自尊心関係の講話をさせていただく機会も増えてきており、まさに時代が健全な自尊心の回復を求めているのではないかと思います。当書は、自尊心への誤解を解消し、健全な自尊心を回復するとともに、自分本来の個性や力強さを引き出すきっかけとなるとても良い本だと思います。もっともっと広く多 [続きを読む]
  • kindle本「自尊心が全てを変える」①「自尊心とは」
  • 最近出版したkindle本「自尊心がすべてを変える」は、少しずつですが、購読してくださる方が増えてきています。また、仕事柄、こうした自尊心関係の講話をさせていただく機会も増えてきており、まさに時代が健全な自尊心の回復を求めているのではないかと思います。当書は、自尊心への誤解を解消し、健全な自尊心を回復するとともに、自分本来の個性や力強さを引き出すきっかけとなるとても良い本だと思います。もっともっと広く多 [続きを読む]
  • 自尊心を回復するということ
  • 自尊心を回復するということは、別人になるということではありません。あすなろは檜になることはできませんし、ひまわりはバラになることはできません。自尊心の回復とは、特殊な努力をして別人になろうとすることではなく、もともとの自分の輝きを取り戻そうとする試みです。人は、多くの場合、自分の周囲に自分を囲い込み、封じ込める自分への呪いともいえる否定的な信念を持っているものです。「ダメ人間」「運が悪い人間」「必 [続きを読む]
  • 自尊心を回復するということ
  • 自尊心を回復するということは、別人になるということではありません。あすなろは檜になることはできませんし、ひまわりはバラになることはできません。自尊心の回復とは、特殊な努力をして別人になろうとすることではなく、もともとの自分の輝きを取り戻そうとする試みです。人は、多くの場合、自分の周囲に自分を囲い込み、封じ込める自分への呪いともいえる否定的な信念を持っているものです。「ダメ人間」「運が悪い人間」「必 [続きを読む]
  • kindle本「自尊心が全てを変える」を出版しました
  • 電子書籍kindle本「自尊心が全てを変える」を出版しました。自尊心の心理学シリーズと題して2014年にその第1巻「自尊心の重要性」というKindle本を出版しておりますが、今回の「自尊心が全てを変える」はその第2弾となります。第1巻目が自尊心は生きる上での基盤となる大切な要素であることが書かれているのに対して、今回の第2巻目は、大切な自尊心をどう回復していくのかについてその考え方と方法が「自尊心回復のための7原則 [続きを読む]
  • オンラインショップにてダウンロード商品を発表しました
  • 当社の研修マニュアルなどを販売しているオンラインショップ「ヴィーナスアソシエイションオンラインショップ」にて、このたび、企業研修や学校教育などで利用できる体験学習の実習運営マニュアルのダウンロード版商品をリリースしました。ダウンロード版商品はPDFファイルで提供されており、購入した人が、コンテンツのノウハウを印刷し、社内研修、学校の教室などで利用することができます。→ダウンロード版商品の一覧【背景】 [続きを読む]
  • オンラインショップにてダウンロード商品を発表しました
  • 当社の研修マニュアルなどを販売しているオンラインショップ「ヴィーナスアソシエイションオンラインショップ」にて、このたび、企業研修や学校教育などで利用できる体験学習の実習運営マニュアルのダウンロード版商品をリリースしました。ダウンロード版商品はPDFファイルで提供されており、購入した人が、コンテンツのノウハウを印刷し、社内研修、学校の教室などで利用することができます。→ダウンロード版商品の一覧【背景】 [続きを読む]
  • 成長の2つの方向性
  • 成長には、水平的成長と垂直的成長の2種類の方向性があると考えられています。水平的成長とは、ヨコの成長であり、現在の自分に役に立つであろうさまざまな技術や知識を学び、体得していく方向性の成長です。コンピューターに役に立つアプリをダウンロードして使いやすい環境を整えていくことに例えられましょう。一方で垂直的成長とは、タテの成長です。現在の自分の在り方そのものを高めていこうとする成長であり、より度量が大 [続きを読む]
  • 成長の2つの方向性
  • 成長には、水平的成長と垂直的成長の2種類の方向性があると考えられています。水平的成長とは、ヨコの成長であり、現在の自分に役に立つであろうさまざまな技術や知識を学び、体得していく方向性の成長です。コンピューターに役に立つアプリをダウンロードして使いやすい環境を整えていくことに例えられましょう。一方で垂直的成長とは、タテの成長です。現在の自分の在り方そのものを高めていこうとする成長であり、より度量が大 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます(2017)
  • 新年あけましておめでとうございます。今年の初もうでは、当地横須賀の叶神社という神社さんに行ってきました。叶神社とは、平安時代の末期、文覚上人と仰るお坊さんが、源氏の再興を祈願して作られた神社さんだとのこと、現代では、その名の通り、願いがかなう神社としてパワースポットとなっているようです。お正月も、地域柄(失礼ながらとても田舎)にもかかわらず、とてもたくさんの人たちがお参りに来ていましたね。叶神社は [続きを読む]
  • 今年一年ありがとうございました
  • 弊社も今日で仕事納めです。昨日から友人が遊びに来てくれていて、楽しい忘年会を開きました。今年一年の締めくくりとして、とても素敵な時間を過ごすことができました。Oさんありがとうございます!今年は、会社としても個人としてもいろんなことがありましたね。うれしかったことも、ピンチだったことも、ともに初めてで規模の大きいことが多くて、戸惑うこともありましたよ。でも、なんとかこうして平和に年を越せることは、と [続きを読む]
  • 自己犠牲ではなく自己選択として生きる
  • 私は、「自分を犠牲にして他人を助けることは、美しいことだ」と教えられてきました。ですから、子供の頃は、忠実にそうあろうと思い、いろいろと努力したものです。しかし、そうした努力は、たいていの場合実を結ぶことはできませんでした。自分のためではなく人のために何かをしようと思っても、それは、自己犠牲どころか、必ず自分のためになることにつながっていたからです。純粋に他人のためだけにやっているのだと思い込んで [続きを読む]
  • 強い組織の要件
  • 【強い組織の要件】1.ビジョン・目標が明確組織とは、多くの人たちの協力体です。ですから、向かうべき方向性やなすべき目標が明確であることが必要です。目標やビジョンが明確でない場合は、例えば右手と左手がバラバラに動いてしまうように、組織の末端では、ちぐはぐで非効率的で矛盾した言動が起こってしまうでしょう。また、単に明確にするだけではなく、そのビジョンや目標を組織構成員の全員が良く理解し、自分のものとし [続きを読む]
  • 強い組織の要件
  • 【強い組織の要件】1.ビジョン・目標が明確組織とは、多くの人たちの協力体です。ですから、向かうべき方向性やなすべき目標が明確であることが必要です。目標やビジョンが明確でない場合は、例えば右手と左手がバラバラに動いてしまうように、組織の末端では、ちぐはぐで非効率的で矛盾した言動が起こってしまうでしょう。また、単に明確にするだけではなく、そのビジョンや目標を組織構成員の全員が良く理解し、自分のものとし [続きを読む]
  • 正直さの勝利
  • アメリカの大統領選を受けて、いろんな波及が起こっていますよね。テレビの報道を見ると、厳しい選挙戦を勝ち抜いた人に対して十分な敬意を払っているようには思えないコメントが多いのがとても気になります。日本では、勝負に負けたにもかかわらず、自分の至らなさを反省せずに勝った相手の弱点をバカにして見下す態度を“負け惜しみ”と呼んでおりました。それは、恥ずべき浅ましい態度であって、まっとうな人は、そういうことは [続きを読む]
  • 本当のプライド
  • 「本当のプライドってのは、看板でも肩書きでもない。自分の仕事に対して抱くもんなんだ。会社が大きくても小さくても、肩書きが立派だろうとそうじゃなかろうと、そんなことは関係ない。どれだけ自分と、自分の仕事に責任と価値を見出せるかさ」陸王 (集英社) 池井戸潤 より抜粋 [続きを読む]
  • 人間尊重のリーダーシップ 〜同志へのメッセージ〜
  • 人には、全く性質の異なる2つの動機がある。一つは、『自分には、何かが欠けている。欠けているものを手に入れなければ苦痛であり、恐怖であり危機である。 だから何としてでも獲得しなければならない。』と言う信念に基づく欲求だ。それは、不安と恐怖にたきつけられる渇望であり、欠乏動機と呼ばれる。もう一つは、『自分には充分な力と価値がある。自分の素晴らしさを表現したい。未知なることに挑戦したい。』 と言う信念に基 [続きを読む]
  • 失敗を怖がらない
  • 「こころみるというのは、一度でうまくいくことを期待しないということだ。 科学者が行う実験と同じで、それは、行動の結果から学ぶことが中心となる行為なのだ。」 『チームが機能するということはどういうことか』エイミー.C.エドモンドソン 英治出版 [続きを読む]