風と月 さん プロフィール

  •  
風と月さん: 風と月
ハンドル名風と月 さん
ブログタイトル風と月
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ra15moon
サイト紹介文言葉で綴る日々 詩を書いています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供302回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/09/11 19:08

風と月 さんのブログ記事

  • 春のコート☆
  •      【春のコート☆】寒くなったり暖かくなったり・・・薄いコートを羽織ると夜は寒くてブルブル震えてしまいます・・・今日のような雨の日は・・・ダウンを着こんでみたりして・・・三寒四温のころ・・・春のコート選びには戸惑うものです・・・桜の開花・・・ほんの少し伸びましたかぁ・・・入学式や新年度には満開になるかなぁ?・・・夜桜用の赤いぼんぼり・・・はしゃぐ心でつけた人がなんだか可哀そう・・・ぼんぼりは [続きを読む]
  • ああ・たんぽぽ☆
  •     【ああ・たんぽぽ☆】道路の脇からコンクリートの壁を突き破ってたんぽぽの花が咲いている・・・数えてみたら黄色の花の群衆は五つだった・・・強い根をお互いに共有しながら地面の底で一帯に張り巡らせているのだろう・・・たんぽぽの葉っぱはギザギザしてる・・・その「鋭さ」は強さを象徴しているようだ・・わたしも何事にも動じない・・・挫けない・・・怖気づかない・・・強靭な根っこを張り巡らせたいものだなぁ・・ [続きを読む]
  • ダイエット☆
  •      【ダイエット☆】3か月ぐらい前から食べたいものを我慢して・・・ダイエット・・・好きなワインもビールも甘いデザートもチョコレートも食べるのを控えてひたすら辛抱を重ねて・・・朝・夕2回時々は3回・・・必ず体重計にのりました・・・低カロリーの献立表と毎日睨めっこをし・・・そのかいあってか3か月で約5キロダイエットに成功しましたぁ・・・(バンザーイ!!)ようやくケーキを先日食することができまして [続きを読む]
  • ひとひらの春★
  •    【ひとひらの春★】風舞う花びらのなかでわたしは何を思うのでしょう・・・それは去っていった人・・・在りし日の私だったり・・・悔やんでも時は戻らないのならば・・・後悔してもはじまらない・・・手ですくうひとひらの春・・・夢をのせて舞ってほしい・・・春風に心・・・あずけた・・・わたしの心・・・あずけた・・・ [続きを読む]
  • 静けさ★
  •      【静けさ★】白や黄色の菊の花・・・静けさの中で・・・親との思い出がわたしの心でうずをまく・・・冷たく突き放されたこともあったけれどきっとわたしを強い子にさせたかったんだね・・・いまはすべてが・・・優しい思い出・・・どこかで煙る香りがした・・・沈丁花がひっそりとときを物語っていた・・・ありがとう・・・ありがとう・・・ありがとう・・・親孝行できなくてごめんね・・・ [続きを読む]
  • 春陽★
  •     【春陽★】ひとつずつひとつずつ陽だまりでこぼれ落ちるひかり・・・春が来て・・・ひとつずつひとつずつ流れる雲のように夢のかたちの隙間があいてゆく・・・安らかに・・・穏やかに・・・春陽の冠を・・・わたしは空に投じた・・・手を広げて目を閉じて大地で呼吸を感じた・・・ [続きを読む]
  • ラウンド・ザ・アース★
  •      【ラウンド・ザ・アース★】「地球」とは本来丸いはずなのに・・・何時しか・・角ばってしまったの?・・・平和な地球?・・・何時しか・・・歪んでしまったの?・・・みんなみんな知っていたよね?・・・「愛」と「平和」という文字?・・・あなたとそのとなりのあなた・・・縁あってこちらにいるのです・・・この地球に住んでいるのです・・・騙しあったり怒ったり・・・争ったり・・・妬んだり・・・もう・・・辞めに [続きを読む]
  • 3月と雨と★
  • 3月・・・雨が降る・・・まだ寒くて冷たいね・・・花々の君たちは早く顔を出したいんだね・・・気持ちはわかるけれど・・・しばらくは辛抱してね・・・今日は僕の水やりはお休みだよ・・・灰色の空から降る雨が君たちをやさしく潤してくれるね・・・君たちの出番がくる日・・・僕は待ち遠しいんだ・・・早く暖かくなるといいね・・・僕も早く元気になるよ・・・ [続きを読む]
  • 君の春★
  •    【君の春★】僕は君の花の名を呼んだ・・・光の蝶たち・・・ふわりとした君の微笑み・・・君の髪・・・君のかおり・・・君の瞳・・・「君と僕の春」がそこまで来ているから・・・僕は君の花の名を呼んだ・・・ [続きを読む]
  • 春の瞬間★
  •   【春の瞬間★】パスネットで改札を通るとき「パシャッ」と音がする・・・その「瞬間」わたしは生きていると実感するのです・・・桜も華やかに咲くのは「一瞬」なのです・・・大切に心に刻みましょう・・・芽吹きと花が舞う「春の瞬間」を・・・ [続きを読む]
  • つかの間のロンリネス★
  •    【つかの間のロンリネス★】賑やかな会話が途絶えて・・・帰路へと急ぐ道・・・白い猫のか細い声を耳にした・・・街並みから心へと吹き抜けるモヤモヤとしたこの風の正体は何なのだろう?・・・つかの間のロンリネス・・・誰もがかかえてる孤独の叫びを誰かが今日もぬくもりで包んでいる・・・ [続きを読む]
  • 存在感★
  •     【存在感★】ひとにはそれぞれの「存在感」があるのです・・・空に橋を架ける虹のような12色の色があるのです・・・存在感を出したくて無理に自分を主張しなくてもいいのです・・・みんな虹の上をそれぞれの色で歩いているのです・・・ [続きを読む]
  • 背腸★
  •    【背腸★】エビの殻をむき背腸をとる・・・人の背腸は何処にあるのか・・・人の心が成長し一皮殻がむけたとき・・・心の垢が取れたとき・・・どろっとした黒い塊が魂から流れ落ちて地球の裏側へ流れ落ちて消えてゆくものかもしれない・・・ [続きを読む]
  • 春のおもい★
  •     【春のおもい★】俯いていた日々忘れさせるために小鳥が囀っている・・・わたしの瞳に広がるこの青い空がなつかしいのは何故でしょうか?車窓から見える河津桜はひらひらひら・・・菜の花はゆらゆらゆら・・・あくびをしてるわたしの心は微睡んでゆらゆらゆら・・・窓越しにはあたたかい風・・・昨日までのわたしを忘れたくて顔を上げた・・・ほんのすこしの悲しみと涙したあの人の想い出と・・・過ぎゆく季節の扉わたしは [続きを読む]
  • 知恵★
  •    【知恵★】汚れがついた雑巾を絞る・・・痩せるために増え続ける体重を絞る・・・そのなかで・・・人にとって難儀なのは・・・「知恵」を絞ることなのだと感ずる・・・ [続きを読む]
  • 桃花いろ★
  •    【桃花いろ★】雛の節句・・・てまり寿し・・・女性の頬が桃花色に染まる3月・・・ホワイトデー・・・そのあとには卒業と転勤と別れの季節の到来・・・「桃花いろ」の小粒の涙が流れるといいけれど・・・ [続きを読む]
  • マイ・幸福論★
  •    【マイ・幸福論★】わたしは・・・わたしは・・・わたしは・・・命があるだけで・・・生きているだけで・・・幸せだと思えました・・・なんのとりえもないけれど・・・頭脳だって明晰ではないけれど・・・すくなくとも人を陥れたり・・・騙したり・・・策士したり・・・できない人間なのだから・・・わたしはわたしはわたしは・・・「幸せ」な人間なのだと思えました・・・ [続きを読む]
  • 強がっている人★
  •    【強がっている人★】去勢というシールを張りつめ強がっている人がいた・・・或る日・・・その人に子供に縁を切られていることを打ち明けられた・・・内面は繊細で気の弱い人だった・・・裏側を知ると人間らしさが見えてきた・・・唯一去勢のシールをはがせる人は遠ざかった子供からの愛情でしかないのだと知った・・・ [続きを読む]
  • 平凡な位置・・・★
  •     【平凡な位置・・・★】良いこともなければ際立って悪いこともない・・・目立つわけでもないし・・・かといって注目される存在でもない・・・ああ・・・平凡だけれどわたしにはその位置が幸せなんだなぁ・・・ [続きを読む]
  • 流れるままに☆
  •    【流れるままに★】プリムラジュリアンの目の覚めるような鮮やかな花が咲いている・・・香りは春の気配を漂わせて・・・わたしの心も癒されてゆく・・・「花」はなにも語らずなにも考えず自然の流れにそって咲いている・・・わたしは『意味もないこと』に意味づけをしているから・・・落ち込み癖で疲れてしまうのだと知った・・・世の中は・・・意味があるようで意味のないことの方が多い・・・意味のないことを考えるのはも [続きを読む]
  • 春が来たら★
  •     【春が来たら★】春・・・ハル・・・ハハハ・・・ハハハ・・・ハ・ハ・ハ・・・ル・ル・ル・・・ル・ル・ル・・・ル・ル・ル・・・「春が来たら」・・・わたしの悲しい心も笑い飛ばせる日が来るだろう・・・ハハハ・・・ハハハ・・・ハハハ・・・ル・ル・ル・・・ル・ル・ル・・・ル・ル・ル・・・春・・・ハル・・・春近し・・・ [続きを読む]
  • ぼんやり★
  •    【ぼんやり★】季節は・・・「顔」があり「春」が近いといま「ぼんやり」感じている・・・季節に境界線はないからだ・・・季節の「顔」を感じるのは自分自身だ・・・ [続きを読む]
  • 見えないベンチ★
  •                   【見えないベンチ★】わたしはそこにすわっては   いなかった・・・そこは小鳥の   居場所だった・・・わたしってどこにいって   しまったんだろう・・・わたしがわたしを   さがしてる・・・冷たい風が吹きすさぶビルの   裏側の庭園で・・・わたしはわたしを   さがしてる・・・わたしはどこにいってしまったの?そこはわたしが   休まる居場所なのに・・・わたしはわ [続きを読む]