風と月 さん プロフィール

  •  
風と月さん: 風と月
ハンドル名風と月 さん
ブログタイトル風と月
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ra15moon
サイト紹介文言葉で綴る日々 詩を書いています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供291回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2015/09/11 19:08

風と月 さんのブログ記事

  • 夏の足跡☆
  •      【夏の足跡☆】夏が遠ざかっていく・・・僕の目の前を吹いていく風さえ乾いていく気配がする・・・僕の隣りには君はいない・・・僕の横にはもう君はいない・・・やがて僕を染める沈む夕陽が二人の夏に終わりを告げて・・・君のふんわりとした香りが僕のこころに足跡だけを残して消えてゆく・・・「ありがとう」・・・僕は呟いた・・・君は大切な人だったから・・・僕のたったひとりの大切な人だったから・・・ [続きを読む]
  • 再生☆
  •     【再生☆】所詮人間の中身は「白い骨」なのに・・・肉体があるとどうしてこうも異なるのか・・・競い合うのか・・・理不尽なのか・・・迷うのか・・・苦しいのか・・・楽しいのか・・・腐った魂とやらをピカピカに磨きあげるために途方もなく「再生」を繰り返す・・・それが愚かな「人間」というコスチュームを被る白い骨・・・生まれたときはみな誰もが純心だった・・・ [続きを読む]
  • 雨の蝉☆
  •      【雨の蝉☆】降り続く雨・・・どこをみても雨一色・・・夏らしくもなく・・・空を見上げればビニール傘に淡々と雨粒は落ちてくる・・・ムクゲの花々は雨にぬれて艶をまし木々は色鮮やかに・・・そんなときふとわたしは気づいた・・・蝉が鳴いていないことに・・・この雨の中一体どこにいってしまったんだろう?森の前を偶然通った・・・森の中では蝉の鳴き声が響き渡っていた・・・まるで合唱をしているかのように・・・ [続きを読む]
  • ひまわりのお話し☆
  •      【ひまわりのお話し☆】ひまわりが咲いている・・・黄色い小さな花びら同志があつまってまあるく円をかくように賑やかに笑いあって大輪となり咲いている・・・くるくると花はまわって・・・近づくとんぼも目がまわってる・・・ひまわりは太陽とお友達だから太陽の方を向いて太陽にかたちが似ているの・・・でもときには暑さでひまわりだって首が重くてくたびれる時があるんだって・・・人間だって同じだね・・・(ひまわ [続きを読む]
  • ぱわー・すぽっと☆
  •      【ぱわー・すぽっと☆】「ぱわー・すぽっと」って神社、仏閣だけではなくて・・・その場所に行くとわけもなくここちよくて・・・居心地がよくて・・・気持ちがよくて・・・元気が出る場所がそのひとの「ぱわーすぽっと」なんだって思うよ・・・  (2017、August、三保の松原にて・・・) [続きを読む]
  • ゆめ☆
  •     【ゆめ☆】愛されていると思いたかった・・・あなたに夢をみていた・・・夢みたかった・・・真実に目を背けていた・・・いつでもあなたの心の中にわたしが住んでいると思いたかった・・・信じたかった・・・直感に目を背けていた・・・わたしだけが夢を見ていた・・・わたしだけが信じていた・・・あなただけを・・・信じていた・・・夏の終わりにその夢は終わろうとしていた・・・わたしの「ゆめ」が消えようとしていた・ [続きを読む]
  • ひかりの葉月☆
  •   【ひかりの葉月☆】お盆休みで静まる都心・・・電車も空いていて少し寂しい気分・・・空っぽの部屋・・・空っぽの僕の心・・・君と過ごした「葉月」・・・まばゆい夏の「ひかり」の輪が想いでを駆け巡る・・・君と過ごした日々が・・・線香花火のように僕の心にあかりを灯してゆく・・・(2017.箱根・ガラスの森美術館にて・・・) [続きを読む]
  • オツムのセンサー☆
  •     【センサー☆】わたしのおつむのセンサーは鋭敏になると「ビビッ・・・」ときたり「ピピッ・・・」ときたり「パパッ・・・」としてみたり「キリキリ・・・」したり創造力がふくらむのです・・・わたしのおつむのセンサーが鈍くなると「ボーッ」としたり「はんなり」したり「ぽやっー」としてみたり・・・「ふらふら」したりのんびり癒しモードになるのです・・・わたしのおつむのセンサーが狂いだすと「イライラ」したり「 [続きを読む]
  • 星とモヒート☆
  •     【星とモヒート☆】ビルからは夜景と流れるJAZZのピアノと・・・満月が顔をのぞかせる・・・外に出るにはまだ暑いし・・・熱いからモヒートでも飲んで君と・・・語りあかしたい何時間でも・・・そして星に届けたい・・・僕のいまの君への気持ち・・・君も気づいてくれているかな・・・モヒートの中で泡がはじけてゆく・・・二人の心を映すように・・・ [続きを読む]
  • へいしょ☆
  •      【へいしょ☆】出して下さい・・・出して私を・・・この場所から・・・窓を開けて下さい・・・この「閉所」から・・・酸素が薄い密室から・・・出して私を・・・出してください・・・心臓バクバク眩暈グルグル出してください・・・私を・・・MRI検査・・・出して私を・・・出して下さい・・・この密室から・・・身動きが取れない満員電車・・・酸素が薄い・・・へいしょ恐怖症・・・窓を開けて下さい・・・窓を開けて下 [続きを読む]
  • 111☆
  •     【111☆】昨年からわたしの目によくとまるゾロ目の数字・・・決まって見るのは「111」と「1111」の番号それは時計だったり・・・タイマーの数字だったり・・・あまりの不思議と偶然に・・・「111」調べてみたらエンジェルナンバーという天使からのメッセージらしいのですが・・・信じる信じないは別として?ラッキーなことへのメッセージらしいのですが?かと言ってわたしの日常生活はこれといってなんにも変 [続きを読む]
  • 夏花火☆
  •    【夏花火☆】真夏の夜空に花火が上がった・・・輝いて花開いて消えてゆく・・・君と見る花火・・・慣れない下駄をはき君は花火を見たくて素足の踵を上げて背伸びしてみたね・・・夏花火・・・もう8月・・・君と過ごす名残惜しい夏・・・ [続きを読む]
  • 蟻☆
  •     【蟻☆】夏の暑い時期冬眠のために食料をちどり足でせっせと運んでいる行列を作っていた可愛らしい涙ぐましい「働き蟻」たち・・・ついに「毒化」した新種の「蟻」が現れてわたしの中で「蟻」は大幅にイメージダウンした・・・人間に害を及ぼす蟻とうとう人間と蟻の戦いが始まった・・・女王蟻は一体どこで高笑いをして人間を待っているのだろうか?なんだか恐ろしい世の中だ・・・(2017,june ノルウェー雨のフィヨルドに [続きを読む]
  • 花音☆
  •    【花音☆】花に包まれているとセラピーのようです・・・癒してくれるのですわたしの心を・・・心が痛みで歪んでいるときは・・・しおれた花や弱っている花ばかりが目について・・・心が矯正されてくるとゆったりとした速度で鮮やかな虹色の花畑がわたしの目に飛び込んでくるのです・・・そして「花音」までもが・・・耳元に聞こえてくるのです・・・ [続きを読む]
  • ロールケーキ☆
  •    【ロールケーキ☆】人生は毎日さまざまな出来事がありくるくると回されて人は翻弄される・・・くるくると渦を巻いてるロールケーキの甘いお菓子・・・ときにはひとくち食べて休むことだって必要だよね・・・ [続きを読む]
  • 君の風☆
  •     【君の風☆】夕立ちのあとのアスファルト・・・熱の蒸気と雨の匂いが交じりあう・・・その時懐かしい風を感じた・・・それは君の風・・・風鈴のように涼やかな風・・・ここには誰もいないのに君が僕の近くに来てくれたみたいだった・・・君のことが蘇ってくる・・・雨上がりの縁日の帰り水たまりに浴衣の裾がついて半べそをかいていた君を僕は何故だか思い出してしまった・・・それは僕の心の中で君の風が吹いていくように [続きを読む]
  • 月のでている夜に☆
  •     【月のでている夜に☆】月のでている夜にメールを待ってる私・・・涙でつたう頬が窓硝子にうつる・・・あなたのせいなのよ心が揺れるのは・・・もう一度私を愛してほしい・・・あんなに愛したはずなのに想い出は今壊れかけてる・・・ひまわりの花日射しの中で笑うあなたの笑顔は優しすぎた・・・ [続きを読む]
  • 心は自由☆
  •     【心は自由☆】自分にないものを数え始めると途方もなくみじめになる・・・自分と他人を比較すれば自分に足りないものだけが目について次々と負が連鎖して自分を見失っていく・・・私の人生なんてこんなものだと開き直ってもみるけれど・・・今ある私という人間はきっと神さまから与えられたもの・・・空という大海原を自由に飛ぶかもめのように心はいつも自由でいたい・・・心は私のもの・・・心は自由・・・人は人・・・ [続きを読む]
  • 夏の女神☆
  •     【夏の女神☆】君はある夏の日・・・僕の前に突然に現れて僕の心を虜にしていく・・・長い髪は太陽を浴びてキラキラと光って風にたなびかせて・・・白い砂に二人でLOVEという文字を書く・・・君は夏の女神・・・僕は君に夢中になるでも僕は知っている・・・君はひと夏が終われば僕の前から姿を消してしまうことを・・・だからこの夏のひと時をこの一瞬を大切に君と過ごしたいんだ・・・ [続きを読む]
  • 感覚☆
  •       【感覚☆】この1か月あまり「お腹が空く」という感覚がまるでなかったように思う・・・食べようと思えば何とか食事はとれたけれどお腹がすいて「食べたい」という感覚はなかった・・・喉は乾き水分はとったけれど・・・夏風邪もひき体調もすぐれなかったかもしれないが・・・今日久しぶりにお腹がすいた感覚を味わった・・・お腹がすくってことがなんて心地よいことなんだろうと思った・・・お腹がすいて物が食べられ [続きを読む]
  • スマイル☆
  •     【スマイル☆】君の泣いた顔僕はあまり好きじゃない・・・君の「笑顔」が僕は好きだよ・・・君の「笑顔」は周りの人たちを勇気づけて幸せにする力があるんだよ・・・君は魔法の「笑顔」を持っているんだよ・・・早くそれに気づいてほしい・・・君の「笑顔」を待っている人たちがこんなにも沢山・・・いるっていうことを・・・だから笑ってよ・・・涙は見せなくてももう、いいよね?!君は笑顔が似合っているんだよ・・・ [続きを読む]
  • ふらふら☆
  •      【ふらふら☆】猛暑で頭もふらふら酷暑で心もふらふら体もふらふら一日中ふらふら・・・ふらふら・・・まったく宙を彷徨っているようだ・・・ [続きを読む]
  • 夏の絵日記☆
  •     【夏の絵日記☆】青い海が人とパラソルを引き寄せる・・・頭上に近づく太陽は乱反射している・・・季節は夏のページを開いていく・・・今年の夏の絵日記の表紙は何色で書こうかな?できるならこの太陽のように情熱的な色で描きたいな・・・ [続きを読む]
  • 異国のサンセット☆
  •    【異国のサンセット☆】太陽に飢えた人々が夕刻空が晴れ渡るといっせいに街へと繰り出す・・・白夜のなかに日が沈んでいく異国のサンセット・・・街も空も雲もオレンジの光りに包まれる・・・わたしの心は魅了され燃え上がるようだった・・・ビールを片手に消えゆく夕陽を愛おしく見守る人々・・・わたしのなかで何かが変わろうとしていた・・・異国のサンセットに導かれて・・・ [続きを読む]