静磨 さん プロフィール

  •  
静磨さん: 乱読乱文多謝
ハンドル名静磨 さん
ブログタイトル乱読乱文多謝
ブログURLhttp://sizuma883.blog9.fc2.com/
サイト紹介文読書ブログ、でありながら、スーパーカブ110で近所をうろうろ、史跡めぐりなどをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/09/12 20:34

静磨 さんのブログ記事

  • 姫街道 その7・佐久城
  •  姫街道 その7・佐久城 今回のコース。また、ちょっと寄り道します。  出発。無論、また「奥浜名オレンジロード」の方を走る。ちなみに、これが「オレンジロード」の方の引佐峠。峠の先の旧姫街道は、かなり急な坂になる、という。その坂は「象鳴き坂」と呼ばれる。将軍徳川吉宗に見せるために江戸に送られていた象が、この坂が急すぎて悲鳴をあげたのだそうだ。 三ヶ日の街へ向けて、道は下っていく。三ヶ日、といえば、ミ [続きを読む]
  • 姫街道 その6・引佐峠
  •  姫街道 その6・引佐峠 今回のコース。峠越えのために山間に入るため、実際にはもっと複雑なルートです。  「二宮神社」のある丘を降りたところ。この先、いよいよ引佐峠に向けて、山に近づいていく。 丁字路にぶつかる。 こんなものを横目に見つつ、  道しるべ通りに右折。ここからは少々道が入り組んでいるので、この道しるべが非常に役立つ。 すぐに、ここを左へ。ううむ、ヤバそうな道。「塩の道」で天竜の林道を走っ [続きを読む]
  • 姫街道 その5・気賀宿
  •  姫街道 その5・気賀宿 今回のルート。  予定外の井伊谷への寄り道を終えて姫街道にもどり、この「気賀四ツ角」から再出発、である。これまでは主に県道261号線を走ってきたが、ここからは、国道362号線を主に走ることになる。 ほどなくして、「細江神社」。 その前に、「浄水井の跡」。側面に刻まれた解説文をそのまま転載。 気賀領主近藤氏は代々火防に意を注ぎ氏神の神社前に浄水井戸を設け火にそなえた偶々出火に際し [続きを読む]
  • 姫街道 その4・井伊谷城
  •  姫街道 その4・井伊谷城  気賀の街から、国道362号線を北上、すぐに井伊谷川の河畔にでるので、そこから県道320号でさらにすすめば、ほどなくして井伊谷である。 こんな看板もあちらこちらに。 県道の左側に、「龍潭寺」駐車場。歴史ある寺で、NHK大河ドラマでも有名になったお寺だが、今回は色々あって結局寄りませんでした。 しかしその隣にある「井伊谷宮」には寄った。これは井伊家が建てた神社ではあるが、それほど古 [続きを読む]
  • 姫街道 その3・三方原から気賀宿
  •  姫街道 その3・三方原から気賀宿 今回のルート。 「最古の道標」のところで一方通行は終わり、 また県道216号に出るので、ここを右折。 道は北西に向かう。 何やら周囲が賑やかになってくる。 「一里塚橋」交差点。その名の通り、 その先の右側には一里塚。 「追分一里塚」は、日本橋から66里目の一里塚。そしてこの一里塚の名前から、 ここが街道の分岐、合流地点だとわかる。「元追分」交差点。ここで、県道261号線 [続きを読む]
  • 姫街道 その2・市野宿
  •  姫街道 その2・市野宿 今回のコース。   姫街道、「安間一里塚」起点。ここから、交通ルールに則ってバイクのエンジンを切って押し歩く(こうすれば歩行者扱いになる、はず、確か、多分……)こと十数m、 信号をひとつ越え、再びバイクにまたがって前方をみれば国道1号線。 この複雑な立体交差を直進。 すると県道65号線、東名高速浜松インターの取り付け道路に合流する……んだけど…… 今度は右折禁止の標識。右折した [続きを読む]
  • 姫街道 その1・安間一里塚
  •  姫街道 その1 ・安間一里塚 お盆休み。私、今年は5連休であった。去年は6連休であり、その休みを利用して、静岡市内にある自宅からは、県内では最も遠い区間である天竜川西岸から白須加宿までの旧東海道を、スーパーカブ110で走った(こちら。「旧東海道 浜松市から湖西市」)。今年は、この区間の「別ルート」ともいうべき、姫街道の古道を走ってみることにした。 だが、ざっと予定を立ててみると、なんだか結構な距離があ [続きを読む]
  • 駿府城址、天守台発掘現場見学 その2
  • 駿府城址、天守台発掘現場見学 その2 駿府城の歴史 駿府城の歴史については、ちょうど一年ほど前に、城跡内を一通り歩いてまわったときの記事で扱ったが(こちら「日々の出来事29・駿府城址見学」)、再び、ちょっと別の角度から、取り上げてみよう。 駿府城のある場所、すなわち静岡市中心市街地の発展は、律令時代に国府が置かれた辺りにその発端を見出せるようだ。国衙の正確な所在地については未だわかっていないようだが [続きを読む]
  • 駿府城址、天守台発掘現場見学 その1
  •  駿府城址、天守台発掘現場見学 その1 現地見学 先日の日曜日、またしても、妻の行きつけの美容室にふたりの子供を連れて行くということで、その送り迎えの車の運転手という名誉ある役割に大抜擢された私。だがその美容室に着いてみると、いつになくお客がたくさん来ていて、小さなお店の駐車場に、私の車が停められない。なので妻が、終わるまでどこかでブラブラしていて、というので、これは好機とばかりに、私は行きたくて [続きを読む]
  • 旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪その4
  • 旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪 その4 由比駅周辺、興津宿   薩埵峠からの急な下り坂を下りきったところに、「一里塚跡」。ここからは、山と海とに挟まれた、細く長く伸びる由比の街の平坦な道を、JR由比駅を目指して歩いていく。このあたりの地名は、倉沢地区、という。 懐かしい雰囲気のある町並みが続く。 「柏屋」さん。現地の解説文を転載。  明治天皇ご小休 柏屋 江戸時代から間の宿にあって、柏屋と称して茶 [続きを読む]
  • 旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪その3
  •  旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪 その3 薩埵峠 スタート地点のJR興津駅からえっちらおっちら歩くこと1時間10分。ようやく、道は峠越えの山道へと入っていく。 このあたり、なかなかの傾斜で一気に登っていく感じ。舗装路からのいきなりの変化に、歩行のペースをつかむのに手間取っている間に、 こんな道標があらわれて、 あっけなく坂道は終わってしまい、道は平坦に山腹を伸びていく。 景色もよく、快適な道である。た [続きを読む]
  • 旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪その2
  • 旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪 その2 興津川から 峠道入り口 スタート地点のJR興津駅から、興津川まで、大体1kmぐらいであろうか。寄り道もしたが、30分もかかってしまった。やはり徒歩というものはなかなか大変である。 興津川の橋を渡りきったところ。この道もまた、国道1号と合流してしまうが、旧街道はここを川沿いに左折。 道標があり、わかりやすい。 これも目印になりそう。 曲がり角あたりに、こんなものが。薩 [続きを読む]
  • 旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪その1
  •  旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪 その1 興津駅から興津川 前回、富士川西岸から由比宿まで、旧東海道めぐりの「やりなおし」をした、わが「スーパーカブ110で行く史跡めぐりお散歩ツーリング」であるが、今回はその続き、薩埵峠から興津宿、である。ということで、やってきたのはこのJR興津駅。  時間は、朝の4時40分ごろ。七月上旬、この日の大体日の出の時刻である。なんでいきなり駅にやって来たのかといえば、このブロ [続きを読む]
  • 旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪 その3
  •  旧東海道 富士川西岸がら由比宿、再訪 その3 蒲原宿、由比宿、浄瑠璃姫の碑 広重の「蒲原夜之雪」の記念碑から、また旧東海道を西へ。 こちらは、「和泉屋」という旅籠だった建物。天保年間に建てられたものだそう。 「本陣跡」。建物は、古くて立派だが、本陣の建物という訳ではなさそうだ。西と東、二つあった蒲原宿の本陣のうち、こちらは西本陣の方。 その先の交差点。ここを、山の方(赤信号の方)へ右折して道なり [続きを読む]
  • 旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪 その2
  •  旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪 その2 蒲原宿 前回の最後の丁字路の先に。「北条新三郎の墓」。 カブを停めて、歩いて坂道を上っていく。 途中、あじさいなどを楽しみつつ、数十メートル。次第に薮が深くなる先、 竹薮なかに、古い墓石。北条新三郎氏信は、北条早雲の孫にあたるひとである。永禄十一年(1568年)十二月の、武田信玄の駿河侵攻の際、北条は今川の支援に動き、駿府を落とした武田の背後をついて薩埵 [続きを読む]
  • 旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪 その1
  •  旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪 その1 旧岩渕村  6月下旬、夏至の数日後。この日、日の出の時刻は4時32分。その時間に合わせて目的地に到着するためには、3時半には起床しなければならなかったのだが、寝坊。ただ、出発時間が予定より三十分ほど遅れたおかげで、自宅から5分ほど走ったところでこんな景色が見られた。 朝焼けのなかの、富士の山影。手前の川は巴川、このブログではもうおなじみですね、『ちびまる子 [続きを読む]
  • 犬居城 その2 
  •  犬居城 その2 現地の見取り図。 「物見曲輪」の展望台からの眺望。城下の様子が一望できる。「塩の道」、すなわち、この城がその役割を果たしていた時代に相応しい呼称でいうところの「信州街道」が、ここを通っている訳である。 こんな道標があった。上の見取り図でいうところの右方向、城の搦手の方向に行けば、秋葉神社に通じている、という訳である。私は「塩の道」から上がって来て、大手側、つまり図の左側から入城し [続きを読む]
  • 犬居城 その1
  • 犬居城 その1 「塩の道」モニュメントのある、浜松市天竜区春野町の、「春野ふれあい公園」。その前の国道362号線の信号を、公園の反対側の道へ。 こんな道。ちなみに、前回の記事でいうところの、「大日如来」のところから先の、カブでは走れなかった山道である「塩の道」を歩いて辿っていくと、この道につながっている。つまりこれが「塩の道」であり「秋葉街道」の古道、ということになる。この道を少し行き、 「犬居城入口 [続きを読む]
  • 塩の道・掛川から春野町 その5
  •  塩の道(秋葉街道・表口) 掛川から春野 その5 八幡神社から春野  「権現森」の看板から、ちょっと走った所で、 また、「塩の道」はカブでも走れない山道に。しかし、まあすぐにまた車道と合流するだろうと、迂回。 案の定、この「八幡神社」辺りで、合流。その神社の隣には、 「大久保小跡」。こんな山間にあった小学校、現存すればさぞかし魅力的であったことだろうが、まあ、これも時代の流れである。 少子化の時代 [続きを読む]
  • 塩の道・掛川から春野町 その4
  •  塩の道(秋葉街道・表口) 掛川から春野 その4 三倉川から権現森 県道58号線は、太田川の支流、三倉川を越えて、そのまま川沿いを山間へと向かっていく。 このあたり、きれいで広い道路で実に快適なのだが、かつての「塩の道」は、三倉川を四十八回も渡らなければならなかったそうで、そのためにこの三倉川は「四十八川」だとか、イロハ四十八文字になぞらえて「いろは川」だとか呼ばれていたそうだ(小林達著『東海道と脇 [続きを読む]
  • 塩の道・掛川から春野町 その3
  •  塩の道(秋葉街道・表口) 掛川から春野町 その3 森町 「猿田彦神社」前から、林のなかに伸びる「塩の道」をさらに北へ進む。  なんだか、ちょっと不安になってくるような道。落ち葉で埋もれてしまっているが、これでも一応舗装道路ではある。 視界がひらけると、そこは天竜二俣鉄道の原田駅だった。 一息ついていたら、ちょうど電車が入って来た。新しい車両だけれど、ローカル線の雰囲気は十分である。 先へ進むと、 [続きを読む]
  • 塩の道・掛川から春野町 その2
  •  塩の道(秋葉街道・表口) 掛川から春野町 その2 掛川宿から猿田彦神社  「掛川一ノ鳥居」前、すなわち東海道と秋葉街道との分岐点から、道は北西方向へと伸びていく。 150mぐらい行くと、ふたつめのモニュメント。 さらに150mぐらいで、県道40号にぶつかるのでそれを右折、北に向かってこの国道1号バイパスをくぐる。 200mぐらい先のこの脇道に入る。こちらが『塩の道』。 いかにも、という道を西へ。 神社の入り口に [続きを読む]
  • 塩の道・掛川から春野町 その1
  •  塩の道(秋葉街道・表口) 掛川から春野町 その1 掛川宿  ゴールデンウィーク、貴重な五連休の最初の二日を家族サービスに捧げて、ようやく得られた「一人で遊びにいってよい」一日。これは有効に利用せねば、と、やって来たのは、 ここである。時間は、日の出から三十分ほどが過ぎた、五時半頃。なんだが殺風景な場所だが、ここが、今回の史跡めぐりのスタート地点である。カブの向こうに見える、小さな道しるべにご注目 [続きを読む]
  • 安倍城 その3
  •  安倍城 その3   「安倍城」は、ひとつの城としては、それほど規模の大きなものではないようである。しかし周辺に幾つもの支城を配し、それらを尾根づたいの道で連絡させることによって、全体として機能させていたようだ。 麓から城跡まで、山道を一時間も歩かなければならなかった。これでは例えば、麓の街道を通過しようとする敵の進軍を阻止するために、城から出陣するのはちょっと大変そうである。しかしこの城は、例えば [続きを読む]
  • 安倍城 その2
  •  安倍城 その2 登山道略図。 道のりの半ばあたり、第三十三番石仏を過ぎて、さらに先へ。そろそろ、樹間から朝日が射し始める。 道は尾根道であるが、 かなりのアップダウン。そろそろ足腰に疲労が…… そして、二つ目の鉄塔。  その先に、この道標。増善寺というお寺から発している登山道との合流点である。「安倍城」へは、いくつかのルートがあるようである。 ここからが、なかなか厳しかった。  一気にくだる。も [続きを読む]