賢く楽しく逞しく さん プロフィール

  •  
賢く楽しく逞しくさん: 賢く楽しく逞しく
ハンドル名賢く楽しく逞しく さん
ブログタイトル賢く楽しく逞しく
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yukikami27
サイト紹介文晴耕雨読の日々を、面白く楽しく、 綴って行こうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/09/12 22:42

賢く楽しく逞しく さんのブログ記事

  • 四月末の菜園の様子(2)
  • 毎回、前年定植したネギが、坊主が立ってしまうので調べたら、四月の初めころ移植するとよいと知り、移植してみましたが、やはり坊主だらけです。坊主の茎が短い内に、坊主を千切ってみたのですが、坊主がないのに、茎だけで延びてきます。そのまま放置しておくと、横に新芽が出てくるので、それが育つのを待つことにしました。四月の中ごろから気温も上がり、安定してきた所為か、取り分けタマネギの成長が顕著です。夏 [続きを読む]
  • 茗荷の芽が出ていました。
  • 茗荷は、普通花を蕎麦やそうめんの、薬味に使ったり、色々につけたりして食しますが、この新芽を利用している方がいて、私も利用するようになりました。茗荷の花と同じように刻んで、花と同じように、薬味として利用するだけなので、特別なことを、試みるわけではありません。今の時期、冷奴や素麵の時期でもないので、ただ刻んで納豆にネギと混ぜて、掛けたりしています。ただ刻んで、醤油を掛けて、冷蔵庫に入れておいて、晩 [続きを読む]
  • チョイエロばなし(2)「私はただよ」
  • 結婚して5年の若夫婦に、待望の赤ちゃんが出来ました。もう三か月になります。「ねえ貴方、私はこの体で、貴方のお相手は出来ませんから、吉原へでも行って、遊んで来て頂けませんか?」旦那も出来た男で・・・「そんな心配しなくて大丈夫だよ」奥様は、先輩奥様連中から、『男はそれを我慢できない』と教えられているし、我慢させては可哀想と、お金を渡して、無理やり吉原へ送り出しました。旦那は、初めて男の遊興の場に行く [続きを読む]
  • 挿し木したブルーベリーの今
  • ブルーベリー、5本ばかり挿し木しましたが、二本は新芽が出ず、撤去しました。残った三本の内、新芽が出て、小枝もよく延びてきたのが二本、真ん中の一本は、元気が無く心もとない状態です。去年植えて、越年させた山芋が,芽を出しました。冬越しのため、落ち葉を掛けておいた下に、数個のムカゴが、根を伸ばいし居ました。二年生の横に、一列追加して、植えてやりました。 [続きを読む]
  • もう半月位、23℃を超えないで
  • 四月に入っても、寒い日が結構あり、野菜の育ちがもう一つ、満足いきませんでしたが、絹サヤなどが、やっと収穫できるようになって、やれやれと安堵した途端、夏日が続き、連日23℃を越えています。この23℃は、大事な分岐点で、ここから上では、絹サヤは成長が止まってしまいますね。例年では、私の地域では、五月半ばまでは、収穫出来たのですが、心なしか成長が止まってしまったような気がします。今が適温なのか、イチ [続きを読む]
  • ミニトマト苗の植え付け
  • 今年のミニトマトの苗は、甘い系の赤と黄色にしました。ミニトマトは、接ぎ木にする必要もないので、この二種類を選びました。二枚の苗の写真を見て頂くと、お分かりのように、トマトは原則として、船底式に植えつけます。ですから、苗を選ぶ第一条件は、苗が長いことです。根元の方は半分以上横にして、先端を折り曲げ、垂直部の真ん中片を、支柱に固定します。根元の方の水平部は、しっかり土を被せます。勿論、地温確 [続きを読む]
  • ここは何処?閣僚は何をしているのでしょう(2)
  • 前回のクイズの回答をしておきますね。閣僚たちの主な業務の一つに、「閣僚会議」があります。その会議室が、今写っている閣僚の後ろに有ります。これから閣僚会議のために、奥の部屋に行くわけですが、個々人が、蚊って勝手に入室するのではなく、全員そろってから、会議に向かいます。そのための、控室なんですね。この控え室に、最後に着席するはの総理、一番先に席を立つのも総理なんですね。余談ですが、閣僚会議っ [続きを読む]
  • ここは何処?閣僚は何をしているのでしょう
  • テレビのニュースを見ていると、こんな画面が良く使われますね。現安倍政権の閣僚が、一堂に会していますが,ここは何処で、何のために集まっているのでしょうね。そうだ!これをクイズにしましょう、正解は、次回ということで・・・実は、この童画を見ていて、いつも思うのですが、全閣僚が着席してから、安倍総理が席に着きます。そうすると、総理はいつも麻生副総理の前から入って、麻生副総理の膝に、ぶつからない様に気に [続きを読む]
  • 初物の蕗が獲れました
  • 菜園の隅に植えておいた、初物の蕗が獲れました。蕗は、株の中で一番太九て長いのを切り取って、何日かすると、次が成長するので、一定のインターバルを取れば、長期間収穫出来、楽しみな山菜です。茹でて皮をむくまでが私の仕事、味付けだけが妻が・・・。二月七日に、通販で買ったサラダワサビが、一株だけ元気がなくて、心配しましたが、一か月経って、元気になりました。一株だけ植えておいたウルイも、もうしばらくすれ [続きを読む]
  • 食べきれない人参も、無駄にせず利用します。
  • 余った大根は、切り干し大根にして保存していることは、既に記事にしてありますが・・・人参も千切りにし、一つは「切り干し人参」にしました。もう一つの方法は、晩酌のおつまみ作りです。一握りの人参に、小さじ一杯程度の片栗粉に、一ツマミの塩を加え、人参によくまぶし、フライパンに、大匙一杯程度の油を入れ、熱してから人参を入れ、人参全体が柔らかくなるまで、掻き混ぜます。油も健康を考えて、キャノーラ油 [続きを読む]
  • 四月初めの菜園の様子(2)
  • 木瓜の花が咲きました。蕾は、黄色かったプラムの花は、白い花が咲きました。なかなか咲かなかったスズラン水仙が、やっと咲き出しました。今年、苗を買って植えた行者ニンニクの、防寒ネットを取りました。春キャベツを、今年初めて収穫しました。春キャベツは、見栄えはあまり良くないですが、柔らかくて美味しいですね。 [続きを読む]
  • 四月初めの菜園の様子
  • 水仙はまだ盛りですが、ムスカリやヒヤシンスが、咲き出しました。大根ではよく見かけますが、ニンジンでもこれこの通り。ソラマメこんな丈から、花が咲いたかなあ。これはラッキョウですが、今年は一年物で、小ぶりで柔らかいラッキョウ付けを作ろうと思います。山桜桃梅(ユスラウメ)が咲いていました。 [続きを読む]
  • 食べきれない大根は切り干し大根に
  • ソロソロ夏野菜のための準備の時期です。大根は結構余っているので、切り干し大根を作ります。スライサーは昨年買い、重宝しています。下側の尖がりの付いたのは、うっかり指を削らない様に、安全のためのアタッチメントです。スライスする厚みが、極薄から五ミリ位まで調整出来るので、無段で変えられるので便利です。これで1800円弱でした。こんなのも百均で売っていました。二個で確か324円なら買いでしょう。 [続きを読む]
  • ソロソロ三月も終わりの菜園
  • この冬最後の、ほうれん草を収穫しました。茎が太くなっているのが解りやすいように、拡大してアップしました。お浸しにして食べます。これは、菜の花では無く、白菜の花です。綺麗に巻かなかった白菜を、放っておいたら天辺から花茎が伸びてきました。珍しくもなく、自慢出来る様な、出来栄えでは有りませんが、冬越しの玉ねぎです。プラムの花が咲きそうです。ボケの蕾も膨らんで来ました。 [続きを読む]
  • 鳥害の典型か?
  • 金柑が、ネットで覆ってあったのに、多分鳥に食われました。ネットの外から突いたとは考え難く、ネットの下端にスキが有ったので、木の枝に沿って上がってきたのだろうと推測しています。こんなことは初めてで、冬の都会の自然界は、食料不足なんですね。遅植えの白菜が,上手く巻かなかったので、ほったらかしにして置いたら、やはり鳥が食べました。不思議なことに、上側から食べだして、上面が平らになっていました。綺麗に巻い [続きを読む]
  • ブルーベリーの挿し木他
  • ブルーベリーの挿し木を試みています。成功の自信は、全然ないのですが…。植えた時は、新芽が全然出て居ませんでしたが、一週間たったら、結構新芽が出てきました。ただ根が付くかどうかは、別問題なんですよね。絹サヤが育って来ました。でも、花はまだ咲きません。絹サヤは、気温が23度を超えると、成長が止まってしまうので、早く花が咲いて欲しいものです。 [続きを読む]
  • 菜園で一休みしてダジャレを
  • この所、昼間は天気の日が続き、菜園の作業が進みました。一休みして、菜園の中をみながら、ダジャレを作ってみました。〇越デパートが閉店だそうで、大根雑だったよお前白菜 ワシャ九十九までお腹の子は、俺の子としてそだてるから安心して梅よ杏るより生むが廉しだね隣のお嫁さん、人参五か月だって、良かったねわだづ あんだのこど 大豆き栗伽羅紋々、イナセだね晴耕独活くの毎日です命茗荷な奴め山芋気か [続きを読む]
  • 三月と言えど、まだ寂しい果樹達
  • 果樹の中で、一番早いのは梅、花芽が膨らんできました。木全体を見ると、大部分の枝の花芽が、膨らみを持っていません。隣に植えてあるアンズなどは、全く花芽が膨らんでいません。このブルーベリーば、今年追加もので、花芽が膨らんでいるものを選んで買いました。五年前に植えたものは、花芽らしきものは見えますが、まだまだ膨らんできたとは言えません。他に、甘柿・渋柿・栗・葡萄(ピオーネとマスカット)琵琶・ラフ [続きを読む]
  • 春蒔き野菜の季節です
  • もう三月ですね。春蒔き野菜の季節です。ジャガイモは、芽が出た後の霜がこわいですが、種イモは準備してあり、十日頃植えたいと思います。半分に切り、天気の良い日に、日光に当てます。菜園の一角に作った花壇には、ヒヤシンスや水仙などが、芽を出しています。これから暫くは、天気が良ければ、菜園に出かけます。 [続きを読む]
  • ダジャレは楽しい!
  • ダジャレって、種は身近にあって、作っていると結構楽しいですね。涙と鼻水が止まらない 花瓶症かな口ごもってないで、茶碗と言いなさい君にはカーテンなぁ老化は静かに! 不老には入浴剤を入りましょう大事の前の障子物干そうな顔しなさんな神のご籠が有りますようにあの男女、多分風鈴関係だねそう畳かけて言わなくても・・・電球で御座る [続きを読む]
  • 記事のタイトルを入力してください(必須)
  • ダジャレの種は、以外に身近に転がっていますね。楽しんで頂けるとありがたいです。涙と鼻水が止まらない 花瓶症かな口ごもってないで、茶碗と言いなさい君にはカーテンなぁ 電球で御座る不老には入浴剤を入りましょう大事の前の障子物干そうな顔しなさんな神のご籠が有りますようにあの男女、風鈴関係だね老化は静かに!そんなに畳かけて言わないでよ [続きを読む]
  • 何故スズメは米を、ツバメは虫を食う
  • これも、小さいとき母の根ものな゛たりに聞いた話です。春になり、ツバメが軒に巣を作り、五六羽の雛がピーピー騒ぐ頃になると、親ツバメが、セッセと虫を運んできます。秋稲刈りが終わった頃、沢山の田圃に雀が、落ち穂を拾いに集まって来ます。「お釈迦様が、もう長くは生きられないと解った時、世界の動物たちは、駆け付けたんだね。いちばん早く着いたのは、着の身着のままで、駆け付けた雀だったんだね。でも、雀はそ [続きを読む]
  • 鶯は何故鳴く
  • この話は、私が幼いころ、母が寝物語にしてくれた、話の一つです。梅がボツボツ咲き出したので・・・。鶯は、春の鳥の中では、良く鳴きますが、何故あんなに鳴くのかは、余り知られていないような、気がしますので、書き留めておきたいと思います。昔々、鶯の兄弟がいて、兄は意地悪のへそ曲がり、弟はその反対に、気の良い正直者だったんだって。ある時、兄が病気になったので、弟は一生懸命働き、自分は粗食に耐え、兄には美 [続きを読む]
  • 菜園の隅に咲く冬の草花
  • 今頃は、野菜や果樹で、あまり見ていただく物がありません。今、菜園の隅に咲く草花を紹介します。芝桜三色です。クリスマスローズは、後一色黒色がありますが、何故かまだ蕾も付いていません。パーシーカラー(だと記憶していますが)年々少なくなってこの一株になってしまいました。掛け値なく、今咲いているのは、これだけです(>0<) [続きを読む]