集団ストーカー対策ブログ さん プロフィール

  •  
集団ストーカー対策ブログさん: 集団ストーカー対策ブログ
ハンドル名集団ストーカー対策ブログ さん
ブログタイトル集団ストーカー対策ブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/regulus_olive
サイト紹介文集団ストーカー被害を受けています。嫌がらせによるダメージを和らげるためのアイデアを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/09/13 10:10

集団ストーカー対策ブログ さんのブログ記事

  • 感覚送信と磁界強度
  • iphone,ipad用磁界計測アプリSonic Toolsを使って周りの磁界の強さを測っている。集団ストーカーによる加害を受けている時には磁界の強さが急激に変動することが多い。前回の投稿では加害があるときは磁界強度が下がることが多いと書いたが、痛みの感覚送信があるときは磁界強度が強くなることが多いようだ。自宅や職場で痛みの感覚送信があった時には100μT(マイクロテスラ)を超える磁界強度を観測した。通常の磁界の強さ(50μ [続きを読む]
  • 磁界強度
  • Rikki Systems社が開発したiphone,ipad用磁界計測アプリSonic Toolsを使って周りの磁界の強さを測っている。日本での平均的な磁界の強さは50μT(マイクロテスラ)程度だが、自宅や職場で集団ストーカーの電磁波による加害行為が行われている時はその数値が変動する。私が加害行為を受けている時、磁界の数値が下がることが多い。平均的な磁界の強さの半分以下(25μT以下)になることもある。磁界の強さが変化しているということ [続きを読む]
  • 騒音・振動・磁界計測アプリ
  • 川崎氏のブログで電磁波の強度を測るiphone・ipad用アプリが紹介された。http://mkawa.jp/blog-entry-1268.htmlRikki Systems社が開発したSonic Toolsというアプリで、Apple社のiTunesからダウンロード可能なので、iphone、ipadユーザーの方は試してみてはいかがだろうか。Sonic Toolsでは磁界(電波の強さ)、騒音、振動をリアルタイムで計測可能になっている。今のところ磁界については低周波、騒音については可聴範囲のみの計測 [続きを読む]
  • ウーマンエキサイトが集団ストーカーの記事を掲載
  • 女性向け情報サイト「ウーマンエキサイト」が集団ストーカーに関する記事を掲載したようだ。https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_Papimami_109574/「集団ストーカー」という言葉が一般の方に周知されるようになると、世の中の流れは大きく変わってくる。他のメディアも勇気をもって集団ストーカーについてとりあげて頂きたいと思う。集団ストーカーとテクノロジー犯罪の問題が一日でも早く解決することを望んでいる。 [続きを読む]
  • 世界規模のテクノロジー犯罪の調査
  • 川崎正典氏のブログにて元NSA職員による世界規模のテクノロジー犯罪調査について紹介されているので、被害者の方にご覧になっていただきたい。http://mkawa.jp/blog-entry-1265.html私も調査に参加希望メールを出したところ、1時間経過しないうちに調査参加用のIDが送付されてきた。英語で回答する必要があるが、氏のブログを参照してアンケートを記入して返送することができた。調査の結果が一日も早く集団ストーカー問題の解決に [続きを読む]
  • 耳の痛み攻撃対策
  • 今日も耳の痛みを発生させる攻撃があったが、ドップラーレーダーのパルス波に加えてスペクトラムアナライザーのノイズ波を発生させて対処した。この対処方法、被害者の方々だけで無く、望まずに加害工作をさせられている工作員達にも有効ではないだろうか。組織に痛み攻撃で脅されて加害させられている人は、パルス波を発生させる自動車用レーダーや、高周波のノイズを発生させることのできる装置を検討してはどうか。加害組織から [続きを読む]
  • 耳への攻撃に対応する
  • 加害組織の攻撃手法に、耳の痛みを発生させる、というものがある。前触れも無く突然始まるので最初は驚いたが、最近は大分慣れてきた。私が良く使う対処方法はドップラーレーダーのパルス波を照射して加害電波を妨害してやることだ。妨害を始めると痛みは急にやわらぎ始める。 [続きを読む]
  • フェーズシフター
  • フェーズシフターあるいは移相器と呼ばれる電子回路がある。この回路には、受信した電波の波のタイミングをずらして出力する機能がある。タイミングを調整すれば、加害電波を打ち消す信号を発生させることも理論的には可能だ。回路は非常にシンプルなので、色々な周波数に対応した装置が自作できないかと考えている。このような装置で、集団ストーカーによる加害工作を無効化できるようになることを望んでいる。 [続きを読む]
  • バリウムで加害電磁波を妨害
  • バリウムは電磁波シールドの材料として用いられている。胃のレントゲン写真を撮る際にはバリウムを飲むが、これはバリウムがX線などの電磁波を通さない性質を利用している。先日健康診断で胃の検査を受けたときにバリウムを飲んだが、バリウムが体内にとどまっている間は感覚送信による攻撃が和らいだように感じた。実際に電磁波シールドガラスにはチタン酸バリウムなどの電磁波を通さない物質が使われている。このような電磁波を [続きを読む]
  • レーダー
  • ここ数日、朝鮮半島周辺の動きが活発になっているようだが、防衛用レーダーの電波の動きも活発になっている。防衛用レーダーの周波数は加害組織の使う周波数帯と一部重なっているようなので、加害工作員たちは電波を使った工作がうまくできない状況のようだ。それを覆い隠すためか、電波に頼らない人的な加害工作が活発になっている。今後状況によってはレーダーの活動はさらに活発になる可能性もあるので注目している。 [続きを読む]
  • 低周波信号の送信方法
  • テクノロジー犯罪組織が被害者の脳に異常な感覚を引き起こさせるためには、数ヘルツから数キロヘルツ以下の低周波の信号を脳に発生させる必要がある。低周波の信号をそのまま送信すると、スペクトラムアナライザで容易に検出できてしまうので犯罪組織にとっては都合が悪い。そこで何らかの方法で信号を変調し、他の周波数に拡散して送信している可能性が高い。幅広い周波数に拡散して送信すれば、電波の強さ(電力)が弱くても脳に [続きを読む]
  • 低周波による感覚送信対策
  • ここ数日、加害組織は痛みや圧迫感などの感覚を送信している。こちらもレーダー装置やスペクトラムアナライザーで電波ノイズを放射して対抗しているが、新しい防御方法も試している。オペアンプと呼ばれるICを使って簡単な回路を作り、数ヘルツから数キロヘルツの低周波の波形を発生させて、加害組織が電波によって発生させる低周波の信号を打ち消そうという試みだ。自宅や職場で突然の痛みや圧迫感が発生したときに低周波の微弱な [続きを読む]
  • 感覚送信対策
  • 加害組織は皮膚の痛みやかゆみ、内蔵の不快な感覚などを送信してくる。工作員たちはこのような感覚を引き起こす周波数の信号を変調して他の周波数の電波に乗せて被害者に送信してくると考えられる。彼らは幅広い周波数の電波を使っていると考えられるので、彼らと同じ周波数の妨害電波を送信するのはコストがかかる。やはり被害者の感覚の異常を引き起こす低周波の信号を打ち消す方が効率が良いと思われる。以前に作成した数ヘルツ [続きを読む]
  • 挑発には乗らない
  • 先日の朝の通勤電車の中でのこと。電車のドア付近に立っていた男性の足に私の足がぶつかってしまった。もちろんわざとではない。私はすぐにあやまったが、その男性は怒り出して何やら意味不明なことをわめき始めた。私はその男性を加害工作員だと判断し、ポケットに隠していたドップラーレーダーの電源を入れた。レーダーはポケットの中にあるので相手には見えないはずだが、男性は舌打ちしてからおとなしくなった。おそらく彼は私 [続きを読む]
  • 赤外線パルスの効果
  • 思考盗聴の対策として赤外線センサーを試している。センサーを起動させて赤外線のパルス波を照射すると確かに車や自転車、人による嫌がらせのタイミングがずれてしまうようだ。さらに赤外線パルスの効果について検証を進めてみたい。先日は自宅や職場での音送信による加害がひどかったが、こちらも電波ノイズを照射して対抗している。フレイ効果で音送信するときは高出力の電波が必要になるのでスペクトルアナライザで検出できる。 [続きを読む]
  • 赤外線による思考盗聴と感覚送信を妨害する
  • ネット通販で赤外線センサーを購入し、早速試している。このセンサーの本来の目的は距離を測ることで、赤外線パルスを物体に照射し、反射して戻ってくるパルスのタイミングを使って物体までの距離を計算する仕組みだ。加害団体は電波の他に赤外線を用いて思考盗聴や感覚送信を行っていると仮定し、それを妨害するためにこのセンサーの赤外線パルスを利用しようという狙いだ。職場での高周波の音送信や消化器系の感覚送信を受けたと [続きを読む]
  • 電波ノイズでフレイ効果による音送信に対抗
  • 近隣の加害者がフレイ効果による高周波の音送信をしてきたので、スペクトラムアナライザ(スペアナ)のノイズ発生機能で対抗した。しばらくするとあきらめたのか彼らは音送信をやめた。10ギガヘルツのドップラーレーダー使って思考盗聴を妨害する簡単な装置を作ってみたので効果を試してみたい。ドップラーレーダーはネットで簡単に入手できるのでだれでも試すことが可能だ。 [続きを読む]
  • 電磁波による脳活動検出装置の特許
  • 数百メガヘルツから10メガヘルツ程度の電波を用いて脳内の活動を計測する技術の特許がある。脳内神経活動検出装置、それを用いた脳機能診断装置及び思考映像表示装置http://www.patentjp.com/19/D/D100001/DA10037.html加害組織が用いている電波の周波数も同様の範囲であれば、同じ周波数の電波ノイズを照射することで思考盗聴を妨害することができる。家電のネット化や自動車用センサーの普及で電波を照射する装置は入手しやすく [続きを読む]
  • フレイ効果による音送信を妨害する
  • 自宅で急に高周波の音を感じたのでスペクトラムアナライザ(スペアナ)で計測すると、4ギガヘルツ周辺の強い電波を検出した。職場でも検出される周波数だ。早速スペアナの電波ノイズ発生機能を使って攻撃を妨害する。最近ノイズ発生機能付きのスペアナが安く入手できるようになってきているので、加害組織の攻撃が無効化される世の中は必ずやってくる。 [続きを読む]
  • 怪しい電波
  • 職場の電波をスペクトラムアナライザーで計測すると、数メガヘルツから数ギガヘルツに渡る範囲で不審な電波が検出される。昨日は特に1ギガヘルツ以下の周波数で強い電波が検出できた。ホッピングと呼ばれる、複数の周波数に渡ってとびとびに強い電波信号を送信する手法のようだ。昨日の信号は余りにもわかりやすく、測定者を騙すためのデコイ(おとり)の可能性もある。加害組織は広い周波数に渡って電波を使用しているようだが、 [続きを読む]
  • 職場の電磁波
  • スペクトラムアナライザーで職場の電波を計測すると、相変わらず、数ギガヘルツから数十ギガヘルツの間の不審な電波が検出される。計測を開始した途端に電波が弱くなるので、私を監視していることは明らかだ。電波による思考盗聴で従業員を監視、コントロールするシステム。この様な違法行為をいつまでも続けられると思わないことだ。 [続きを読む]
  • ネットワークアナライザと電磁波シミュレーション
  • 最近はネットワークアナライザという電波の計測装置が10万円以下で入手できるようになってきた。この装置を使うと、電波の強さや周波数、そして位相と呼ばれる電波の波形のタイミングのずれを測ることができる。加害団体が使用する電磁波をこの装置で調べることで、彼らの通信や思考盗聴を効率よく妨害するための方法を探すことができると期待している。家電のインターネット化で電磁波のシミュレーションの需要が増しているようだ [続きを読む]
  • 加害工作を妨害する人たち
  • 最近は加害してくる工作員を妨害するような動きをする人たちが増えてきている。望まずに加害工作をさせられていた人たちが、加害組織に嫌気がさして反抗しているのだろうか。加害組織に逆らえば、彼らも組織から攻撃されるかもしれないのにも関わらずだ。彼ら反乱者の勇気に敬意を表しつつ、無事を祈りたい。カルト加害組織から離反する人たちが増えて、被害者の方が普通の生活を取り戻せるようになることを願う。 [続きを読む]
  • フレイ効果によるモールス信号のような音送信
  • 最近はフレイ効果を使ってモールス信号のような音を送信する加害工作がよくある。スペアナで計測すると、数百から10ギガヘルツ(GHz)の範囲で複数の周波数で強度の高い電波が検出される。数GHzまでの範囲でノイズを発生させてみたが、妨害の効果はなかった。スペアナのノイズの範囲外でも信号を送信している可能性が高い。計測の能力を高めて、詳細な分析ができるようにしたい。 [続きを読む]