集団ストーカー対策ブログ さん プロフィール

  •  
集団ストーカー対策ブログさん: 集団ストーカー対策ブログ
ハンドル名集団ストーカー対策ブログ さん
ブログタイトル集団ストーカー対策ブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/regulus_olive
サイト紹介文集団ストーカー被害を受けています。嫌がらせによるダメージを和らげるためのアイデアを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/09/13 10:10

集団ストーカー対策ブログ さんのブログ記事

  • レーダー
  • ここ数日、朝鮮半島周辺の動きが活発になっているようだが、防衛用レーダーの電波の動きも活発になっている。防衛用レーダーの周波数は加害組織の使う周波数帯と一部重なっているようなので、加害工作員たちは電波を使った工作がうまくできない状況のようだ。それを覆い隠すためか、電波に頼らない人的な加害工作が活発になっている。今後状況によってはレーダーの活動はさらに活発になる可能性もあるので注目している。 [続きを読む]
  • 低周波信号の送信方法
  • テクノロジー犯罪組織が被害者の脳に異常な感覚を引き起こさせるためには、数ヘルツから数キロヘルツ以下の低周波の信号を脳に発生させる必要がある。低周波の信号をそのまま送信すると、スペクトラムアナライザで容易に検出できてしまうので犯罪組織にとっては都合が悪い。そこで何らかの方法で信号を変調し、他の周波数に拡散して送信している可能性が高い。幅広い周波数に拡散して送信すれば、電波の強さ(電力)が弱くても脳に [続きを読む]
  • 低周波による感覚送信対策
  • ここ数日、加害組織は痛みや圧迫感などの感覚を送信している。こちらもレーダー装置やスペクトラムアナライザーで電波ノイズを放射して対抗しているが、新しい防御方法も試している。オペアンプと呼ばれるICを使って簡単な回路を作り、数ヘルツから数キロヘルツの低周波の波形を発生させて、加害組織が電波によって発生させる低周波の信号を打ち消そうという試みだ。自宅や職場で突然の痛みや圧迫感が発生したときに低周波の微弱な [続きを読む]
  • 感覚送信対策
  • 加害組織は皮膚の痛みやかゆみ、内蔵の不快な感覚などを送信してくる。工作員たちはこのような感覚を引き起こす周波数の信号を変調して他の周波数の電波に乗せて被害者に送信してくると考えられる。彼らは幅広い周波数の電波を使っていると考えられるので、彼らと同じ周波数の妨害電波を送信するのはコストがかかる。やはり被害者の感覚の異常を引き起こす低周波の信号を打ち消す方が効率が良いと思われる。以前に作成した数ヘルツ [続きを読む]
  • 挑発には乗らない
  • 先日の朝の通勤電車の中でのこと。電車のドア付近に立っていた男性の足に私の足がぶつかってしまった。もちろんわざとではない。私はすぐにあやまったが、その男性は怒り出して何やら意味不明なことをわめき始めた。私はその男性を加害工作員だと判断し、ポケットに隠していたドップラーレーダーの電源を入れた。レーダーはポケットの中にあるので相手には見えないはずだが、男性は舌打ちしてからおとなしくなった。おそらく彼は私 [続きを読む]
  • 赤外線パルスの効果
  • 思考盗聴の対策として赤外線センサーを試している。センサーを起動させて赤外線のパルス波を照射すると確かに車や自転車、人による嫌がらせのタイミングがずれてしまうようだ。さらに赤外線パルスの効果について検証を進めてみたい。先日は自宅や職場での音送信による加害がひどかったが、こちらも電波ノイズを照射して対抗している。フレイ効果で音送信するときは高出力の電波が必要になるのでスペクトルアナライザで検出できる。 [続きを読む]
  • 赤外線による思考盗聴と感覚送信を妨害する
  • ネット通販で赤外線センサーを購入し、早速試している。このセンサーの本来の目的は距離を測ることで、赤外線パルスを物体に照射し、反射して戻ってくるパルスのタイミングを使って物体までの距離を計算する仕組みだ。加害団体は電波の他に赤外線を用いて思考盗聴や感覚送信を行っていると仮定し、それを妨害するためにこのセンサーの赤外線パルスを利用しようという狙いだ。職場での高周波の音送信や消化器系の感覚送信を受けたと [続きを読む]
  • 電波ノイズでフレイ効果による音送信に対抗
  • 近隣の加害者がフレイ効果による高周波の音送信をしてきたので、スペクトラムアナライザ(スペアナ)のノイズ発生機能で対抗した。しばらくするとあきらめたのか彼らは音送信をやめた。10ギガヘルツのドップラーレーダー使って思考盗聴を妨害する簡単な装置を作ってみたので効果を試してみたい。ドップラーレーダーはネットで簡単に入手できるのでだれでも試すことが可能だ。 [続きを読む]
  • 電磁波による脳活動検出装置の特許
  • 数百メガヘルツから10メガヘルツ程度の電波を用いて脳内の活動を計測する技術の特許がある。脳内神経活動検出装置、それを用いた脳機能診断装置及び思考映像表示装置http://www.patentjp.com/19/D/D100001/DA10037.html加害組織が用いている電波の周波数も同様の範囲であれば、同じ周波数の電波ノイズを照射することで思考盗聴を妨害することができる。家電のネット化や自動車用センサーの普及で電波を照射する装置は入手しやすく [続きを読む]
  • フレイ効果による音送信を妨害する
  • 自宅で急に高周波の音を感じたのでスペクトラムアナライザ(スペアナ)で計測すると、4ギガヘルツ周辺の強い電波を検出した。職場でも検出される周波数だ。早速スペアナの電波ノイズ発生機能を使って攻撃を妨害する。最近ノイズ発生機能付きのスペアナが安く入手できるようになってきているので、加害組織の攻撃が無効化される世の中は必ずやってくる。 [続きを読む]
  • 怪しい電波
  • 職場の電波をスペクトラムアナライザーで計測すると、数メガヘルツから数ギガヘルツに渡る範囲で不審な電波が検出される。昨日は特に1ギガヘルツ以下の周波数で強い電波が検出できた。ホッピングと呼ばれる、複数の周波数に渡ってとびとびに強い電波信号を送信する手法のようだ。昨日の信号は余りにもわかりやすく、測定者を騙すためのデコイ(おとり)の可能性もある。加害組織は広い周波数に渡って電波を使用しているようだが、 [続きを読む]
  • 職場の電磁波
  • スペクトラムアナライザーで職場の電波を計測すると、相変わらず、数ギガヘルツから数十ギガヘルツの間の不審な電波が検出される。計測を開始した途端に電波が弱くなるので、私を監視していることは明らかだ。電波による思考盗聴で従業員を監視、コントロールするシステム。この様な違法行為をいつまでも続けられると思わないことだ。 [続きを読む]
  • ネットワークアナライザと電磁波シミュレーション
  • 最近はネットワークアナライザという電波の計測装置が10万円以下で入手できるようになってきた。この装置を使うと、電波の強さや周波数、そして位相と呼ばれる電波の波形のタイミングのずれを測ることができる。加害団体が使用する電磁波をこの装置で調べることで、彼らの通信や思考盗聴を効率よく妨害するための方法を探すことができると期待している。家電のインターネット化で電磁波のシミュレーションの需要が増しているようだ [続きを読む]
  • 加害工作を妨害する人たち
  • 最近は加害してくる工作員を妨害するような動きをする人たちが増えてきている。望まずに加害工作をさせられていた人たちが、加害組織に嫌気がさして反抗しているのだろうか。加害組織に逆らえば、彼らも組織から攻撃されるかもしれないのにも関わらずだ。彼ら反乱者の勇気に敬意を表しつつ、無事を祈りたい。カルト加害組織から離反する人たちが増えて、被害者の方が普通の生活を取り戻せるようになることを願う。 [続きを読む]
  • フレイ効果によるモールス信号のような音送信
  • 最近はフレイ効果を使ってモールス信号のような音を送信する加害工作がよくある。スペアナで計測すると、数百から10ギガヘルツ(GHz)の範囲で複数の周波数で強度の高い電波が検出される。数GHzまでの範囲でノイズを発生させてみたが、妨害の効果はなかった。スペアナのノイズの範囲外でも信号を送信している可能性が高い。計測の能力を高めて、詳細な分析ができるようにしたい。 [続きを読む]
  • 体を張った工作
  • 車を路肩に止めて待ち合わせをしていた時のこと。車の後方のドアの方からドスンと鈍い音がしたので外を確認すると、自転車が道路に倒れていて、その側にはそれを運転していたであろう男性が道路に散らばった荷物を自転車の荷物かごに戻していた。荷物を入れ終わると、「すみません」といいながらその場を立ち去って行った。自転車の男性にけがはなかったようで、なによりだ。車のドアの周りを確認すると、何かがこすれたような跡が [続きを読む]
  • フレイ効果による音送信に対抗する
  • 自宅の近隣住民からフレイ効果による音送信の工作があった。睡眠中に高周波の音を送信して目を覚まさせ、私を睡眠不足にすることが目的だ。こちらもノイズ発生機能の付いたスペクトラムアナライザ(トラジェネ付きスペアナ・アダプター)でマイクロ波のノイズを打ち返して対抗する。彼らが攻撃を続ける限り、こちらも対抗措置をとらせてもらう。 [続きを読む]
  • オフィスの電波
  • 休日出勤したときのこと。スペクトラムアナライザで電波を計測したところ、例の3.9ギガヘルツ付近に拡散された信号が放射されていた。自宅で検出される物と同じ周波数の信号だ。平日だけでなく、休日のオフィスでも加害用と思われる電波が使われている事がわかった。上下の階にも加害システムが導入されているだろうか。観察を続けていると、警告のためか、柔軟剤のような臭いによる加害があった。通勤中の人的な加害工作も多数あ [続きを読む]
  • 神田氏のブログ
  • 参考にさせていただいていた神田氏のブログにパスワード制限がかかってしまった。加害団体からの圧力がかかってしまったのだろうか。神田氏の無事を祈りつつ、また氏のブログが公開されることを期待しています。ここ数日は人的な加害工作がやや増えたようだが、あまり加害に慣れていない者が多かった。加害団体から離反する工作員が増えて来ているためか、加害の質は低下している。小さい子供まで動員している。離反する者が増えれ [続きを読む]
  • キワに注目
  • カルト加害団体は電波を使ったテクノロジー犯罪を駆使している。被害者のからだに痛みを送信したり、ネガティブな感情を引き起こしたり、被害者の脳波を計測して思考を読み取るなど。彼らの使う電波の周波数は広い範囲に拡散されているので、それを捕らえるのは簡単ではない。しかし、周波数の範囲はある程度絞り込むことができる。私たちの周りには様々な周波数の電波が存在する。携帯電話や放送の電波、あるいはWiFi等。これらの [続きを読む]
  • 出張先の工作員
  • 出張先の地下鉄の駅でのこと。ホームに大量の工作員らしき人々が溢れていた。彼らは独特の雰囲気を醸し出しているので、すぐに気がついた。時間に余裕があったので、ホームに入ってきた電車に乗らずに、次の電車に乗ることにした。大量のカルちゃん達が乗り込んだ満員の電車を見送ると、次の電車はガラガラに空いていた。次の電車を待っているときに学生風の若い工作員達が何やらほのめかしをしてきたが、いつものようにヘッドフォ [続きを読む]
  • 職場の電磁波
  • スペクトラムアナライザで職場の電波を観察していると、4ギガヘルツ付近を中心に、拡散された周波数の信号が出ている。加害工作団体のスペクトラム拡散信号による通信の可能性が有る。こちらも彼らの三分の一の出力で同じ周波数の範囲に拡散された電波を放射してやれば、彼らの通信を妨害できる。 [続きを読む]
  • タクシーによる工作
  • 職場から駅に向かう途中でタクシーによる危険な嫌がらせがあった。タクシーのバンパーが私の膝に接触したので、タクシー会社に連絡することもできるが、怪我することもなかったので今回は見逃してやることにする。おそらく、接触する直前で車を止めるつもりだったのだろうが、勢いが余ってしまったようだ。そのタクシードライバーは加害団体に弱みを握られているのだろうか。悪人には見えなかったのだが。彼は今後も加害工作をやら [続きを読む]