sion さん プロフィール

  •  
sionさん: レンズの向こう側と・・私
ハンドル名sion さん
ブログタイトルレンズの向こう側と・・私
ブログURLhttp://renzunomukougawa.blog.fc2.com/
サイト紹介文写真と少しばかりの言葉と
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/09/13 10:27

sion さんのブログ記事

  • やっと雨が。。
  • 6月もそろそろ終わりに近づきました。梅雨入りするも雨は降らず…植物たちは水を恋しがっているでしょう。そんな今日、こちら地方はやっと雨が降りました。主婦にとって雨の日はあまり好まないものですがそれでも、庭の木や花や、一坪菜園のトマトやキュウリなどにとっては嬉しい雨になりました。6月もあとわずか、6月の花アジサイをラインアップしました。写真が多くて少し重くなったかも・・ランキングに参加し [続きを読む]
  • 梅雨の季節は・・
  • 梅雨入りとなりました。これは数年前に行ったアジサイ寺でのスナップ写真です。鬱陶しい季節に人々を慰めてくれる花アジサイの花です。 私の住んでいる町に通称「阿弥陀寺」と言うお寺があります。この季節になると傘をさしてお花見に出かけます。 雨露に濡れた花びらが愛おしいくらい美しくて梅雨の鬱陶しさなど忘れてしまいます。 花言葉は?と言うと「移り気」だとか言われますが花を見る限り、そんな感じは全くありません [続きを読む]
  • 愛犬「hana」
  • 我が家の愛犬「hana」です。来月で4歳になります。始めて我が家に来た時、さて、名前は何にしようかと・・地味な色合いと、このスタイルだから名前だけでも可愛らしい名前に・・・考え「hana」と名付けました。これでも、最初は胴もそれほど長くは感じなかったのですが成長するにつれ、ダックスフント特有の胴長犬に成長。飼い主に似て、少々太目ではありますが健康に育ってきました。 「IKEA]で買ってきたワンちゃんのぬいぐる [続きを読む]
  • 酢橘の花
  • 若い緑に爽やかさを感じる季節我が家の庭を白い花が飾ります。青葉と白のコントラストが爽風を呼び5月色の風になるのです。毎年楽しみにしているこの風景今年もやって来ました。ランキングに参加しています。 ご訪問のお印に をよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • バラ園散策
  • 毎年この季節に友人と集まる場所です。今年も3人が揃いました。美しいものに添える言葉は無用でしょう。下手な言葉ではバラに失礼かなと。。余りにたくさんのバラの写真選ぶのに時間を要しました。結局、自分の好みのバラが登場です。美しいものを見て、お腹が空いてそして、やはり・・・・・次はランチへ・・文字通りの「花より団子」の私達でした。ランキングに参加しています。 ご訪問のお印に をよろしくお願いします [続きを読む]
  • 子供の日、子供になって・・
  • 毎年行われる鯉の川流し実際に川流しって言う言葉があるかどうかは知りませんが。。要は、空を泳がす鯉ではなく鯉はもともと水の中を泳ぐものだからかと言うことでしょうかわが町の母なる川に放たれた鯉たち川上からの水の流れを口から一杯飲みこんでまるで泳いでいるかのような風景。子供たちはもちろん、大人たちにとっても楽しい眺めでした。童心に返って、飽きもせず、欄干にもたれてしばらく眺めていました。さて、帰りはこの [続きを読む]
  • GW始まりましたが・・
  • 大型連休が始まりました。みなさんどこかに行かれるのでしょうね。我が家は特別な計画は今のところありませんが夫の実家で兄妹家族が集まり義母を囲んでご飯を食べる私が嫁いできて以来40年以上続いている行事です。 当時、小さかった子供たちもそれぞれ家庭を持ち、子供が生まれ・・・と家族構成もずいぶん変わってきました。今では、義父も亡くなり、義母1人になりました。昨年は義姉が亡くなったりと家族が減っていきましたがG [続きを読む]
  • 春うらら
  • 県庁に用がありその帰り、余りにもいいお天気なのでこの場所まで足を延ばしました。ここは市民の憩いの場、スポーツの場「維新百年記念公園」です。広い園内の中に作られた人口の小川を配した遊歩道です。 小川はさらさらと流れ、その中にカモが一羽・・近づいても逃げようともせず、シャッターの音にも驚かずお蔭でゆっくりと撮ることができました。岸にはタンポポが今にも飛び立ちそうなくらい綿毛を膨らませここでも春爛漫を感 [続きを読む]
  • 春を告げる寒桜
  • 今年の春はいつまでも寒くてなかなかソメイヨシノは咲いてくれませんでした。先日やっと、満開を迎えたにもかかわらず雨続きで、桜をゆっくち眺めることもできませんでした。そんな中、数年前に撮った桜の花を取り出してきてあ〜見事な桜・・・・と、一人悦に入っているこの写真。ソメイヨシノではありません、寒桜です。3月下旬に満開を迎える樹齢90年の桜。小学校の校庭に当時の卒業生が植えた桜だそうです。卒業生たちと共に生 [続きを読む]
  • 小雨の中で・・
  • 桜の開花が待たれましたがようやく4月も一週目が終わろうとする先日の日曜日隣町の桜の名所に出かけました。土手に植わった桜は長い長い桜ロードでした。時折小雨がパラつく中、車から降りて、土手沿いを歩きました。 あいにくの雨が災いして、それほどの人出はありませんでしたがそれぞれが、上を見上げて「わぁ〜きれい〜」と歓声に似た声を上げます。咲いて美しく、散りぎわも美しい花なんて、桜以外に有るでしょうか。そ [続きを読む]
  • 雨上がりの桜
  • 4月になったと言うのに未だ冷たい日が続きます。この時期、見ごろの桜も未だ開花をためらい満開には今少し時間がかかりそう。そんな中、家の前の山桜は例年に習って今年も山を飾っています。しかし、さすがに今日の雨は冷たそうでうなだれた花びらにいくつもの雨露がも光ります。この後、うららかな春はやって来るでしょうか。陽気な春が待たれます。ランキングに参加しています。 ご訪問のお印に をよろしくお願いします [続きを読む]
  • 君の名は?
  • 山口市の瑠璃光寺公園に行ってきました。園内を散策しているといきなり、私の足元に一羽の鳥が…私の前をちょこちょこと歩きます。余りにも人馴れしているのには驚きました。近くに寄っても飛び立つこともなく撮影OKよ・・と言わんばかりです。それなら・・・遠慮なく写させていただきます。。と追いながら連写です。さて、この鳥の名前は?「君の名は?」で・・・・調べたのですが・・・「つぐみ?」でしょうか。。ランキングに参加 [続きを読む]
  • 春は何処まで来てるやら・・
  • 毎年この季節になると行く場所です。向こうに見えるのは瀬戸の海空の青、白い雲と競うような濃い紅色の花。。紅梅長い坂を上っていくと海がだんだん下に下がっていく立ち止まり、自分の登って来た道から今の位置がいかに高い場所かを確認しなんだかいい気分。他に人が居なかったら「お〜い」と叫んでいたかもしれないと・・・・つらつらと書きならべたけれど実はこれは昨年撮った写真。もちろん、今年も行ってきます。そして、今度 [続きを読む]
  • 春はまだ遠し・・
  • 赤い花色を見つけたらすかさずシャッターを切りました。それほど、花が少なかったから・・・少し早いかな?と・・・ある程度の予想もありました。なので、それほどのショックもなくあ〜、やっぱり・・・なんて感じでした。でも、正直なところ、残念は残念。私の予想なんて裏切ってほしかったな。。25,000本のやぶ椿の林と言いますが、私には森に見えます。それほどうっそうとした椿の群生です。この通路が咲き落ちた椿で埋まりまる [続きを読む]
  • 茶碗と年月
  • 日々の生活で繰り返し登場する食器。一応、夫婦茶碗です。この二つの茶碗、夫婦茶碗と言うには姿、形は全く別の物。実は私、数年前に元来のそそっかしさが災いして片方を割ってしまったのです。仕方なく、片方をスーパーで買い求めた後入り(あといり)の茶碗。申し訳なさも手伝って、少し大ぶりなものを選びました。そして、私は夫婦茶碗の片割れを使用しています。実はこの茶碗、私のお気に入りだったので、私が使うと決めてまし [続きを読む]
  • 久しぶりの一眼デジカメラで・・・
  • 土曜日の午後久しぶりに一眼デジカメラを出してみた。もう1年以上使ってなくて実は、カメラがどうにかなってるんじゃないかと内心心配をしながら・・・戸外は枯葉色の世界。それならと、室内で何か写す物はないかと思ったら冴え冴えとした赤色を見つけた。シクラメンの花・・これもかれこれ2ヶ月半咲き続けている。せめて、花の終わる前に美しい姿を撮って残して置こうと被写体はこれに決まり!少々緊張しながらシャッターを、2度 [続きを読む]
  • 冬の散歩道で・・
  • 冬の斜光に写る影弱い陽射しだけれど冷たい空気の中では暖かく感じる。ピョンピョンと跳びはねながら、浅い水辺で餌でも探しているのかセキレイは寒さなんて感じないのかなコートをまとい、首にマフラーをぐるぐる巻きにし背中を丸くして歩いている私は思わず背筋を伸ばした。ランキングに参加しています。 ご訪問のお印に をよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 1月の鱗雲
  • あっという間に1月も3分の1が過ぎようとしています。1月は行く、2月は逃げる・・そして3月は去る昔からこんなことを言われていますがあわただしさも手伝っての月日だからでしょうか。最近、カメラを持って出かけなくなった私手近な物しか写さなくなってしまった。それもiPhoneで・・息子に買ってもらったカメラ、たくさんのレンズも有効に使いこなせなくてそのうち、戸外で写真を撮ることが億劫になったのはこれも歳のせいかなぁ [続きを読む]
  • 冬の黄金色に・・
  • 黄金色の冬の夕陽になぜか温かみを感じる秋の夕陽に感じる侘しさとは違うから不思議思わず、穏やかな一年でありますように…と手を合わせたくなる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ランキングに参加しています。 ご訪問のお印に をよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 今年もよろしくお願いいたします。
  • 長らくご無沙汰のページでした。それに加え、昨年末悲しい出来事があったりと新年のページにお祝いの言葉を添えることはできませんがこんな拙い写真をいつも見ていただき、応援してくださる方々に心からお礼申し上げます。気ままなページではありますが今年もお時間のある時にでもお越しいただければ嬉しく思います。2016年の悲しみを越え窓越しの穏やかな光のようにこれからもゆっくりとこのページを続けさせていただければ嬉 [続きを読む]
  • 晩秋から冬へ
  • 紅葉見物の人でにぎわったモミジのトンネルも今は 冬のエントランスへと変わり枯れ落ちた葉に人生の往来を考えてしまいます。落ちてきそうな灰色の雲の切れ間から何筋もの光明を見て、力を貰う私。確か、子供の頃は冬が好きだったよね?寒くても頬を赤くして遊んだ記憶を引き戻してみる今は家の中に籠り、赤い炎の傍でウトウト昼寝・・・・あぁ 私はたくさん生きてきたなぁ。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ラ [続きを読む]
  • 旧友たちとのランチの場所は・・
  • 思いがけなく昔の仲間たちと出会いそれからひと月一度の食事会を持つようになった。先日行った「野草の庭」その昔、醤油醸造所だった古い建物が今回のランチのお店懐かしさも手伝ってか今の時代、レトロな建造物として好まれるようだ確かに味のある佇まい。実は、ここには5年前にも来たことがある。以下、5年前に来た時の縁側の写真。 広縁や木枠のガラス戸を見ているとレトロと言う名のノスタルジックな空気の中で幼い日が思い [続きを読む]
  • 懐かしのドラマがよみがえる…
  • あれは何年前だったのでしょうね。14〜5年前だったでしょうか。日本中を熱狂させた?「冬のソナタ」そのドラマの中で確かこの木「メタセコイヤ」の並木があったような。。ような・・・と言うのは当時、私はそのドラマを見ていなかったからです。どうして、そんなに熱狂するのかが不思議で・・・でも、あのメロディーには惹かれるものがありましたね。あれから、15年・・・今、遅まきながら、韓ドラに軽くはまりつつある私ですが [続きを読む]
  • 夕暮れから夜の帳が降りるまで・・
  • 昼間は夏の名残を残すような暑さ今年の秋は夏の衣を脱がない雨こそ降らなかったけれどお天気はくもり。。そんな一日の終わり九州のある町の風景です。太陽なんて見えなかったはずなのに夜の帳が降りるころになって最後のエネルギーを絞たのか真っ赤に染まった西の空「明日は天気だよ」と言わんばかりの夕焼雲に「明日は天気になってくれないと困るのよ」そう答える私と・・・〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ラン [続きを読む]
  • 初秋の庭で
  • 初秋の庭にやって来た蝶蝶? どうだろう・・・蛾? いずれにしても、色は美しい調べてみると、シジミチョウの仲間のような気もする名前はともかく羽の色につられてシャッターを切った〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ランキングに参加しています。 ご訪問のお印に をよろしくお願いします。 [続きを読む]