真鶴 さん プロフィール

  •  
真鶴さん: 日本の伝統園芸 −古典園芸植物−
ハンドル名真鶴 さん
ブログタイトル日本の伝統園芸 −古典園芸植物−
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/dentouengei
サイト紹介文古典園芸は、江戸時代から続く伝統園芸です。富貴蘭・細辛・寒葵などの古典園芸植物の栽培し紹介します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2015/09/14 14:30

真鶴 さんのブログ記事

  • 「望」(ホシザキカンアオイ)
  •  ホシザキカンアオイの黄斑、望です。 葉は1枚だけですが、とても大きな葉になりました。 柄も、地味柄の多い望にしてはまずまずの良柄です。 花も付けていますので、株に力はあると思います。  [続きを読む]
  • 山遊会交換会6月例会 羽島会場
  •  山遊会主催によります交換会(素人競り)を次のとおり開催いたします。 各種古典園芸植物をはじめ、斑入り植物などたくさんの珍しい植物が出品され、園芸店では購入できない植物等をオークション形式で購入することができます。 また、植物に関する疑問・質問についてもご相談いただけます。 植物に興味のある方は、ぜひ、お誘い合わせのうえご来場いただきますよう、よろしくお願いいたします。    日時:平成29年6月 [続きを読む]
  • ムラサキバカンアオイ準素芯花
  •  ムラサキバカンアオイの準素芯花ということで、昔交換会で購入しましたが、このカンアオイについてはよくわかりません。 台湾産だという話も聞きましたが・・・? でも、寒さは全然平気です。 一番の特徴は、花が蝋細工のような感じがすることでしょうか。  [続きを読む]
  • 緑鈴(ミヤマムギラン)
  •  先日の羽島であった交換会で購入したミヤマムギランの「緑鈴」です。 覆輪が浅いうえに、黄覆輪なので地味に見えます。 人気の高かったときには、こんな柄でも大騒ぎだったのですが、今日では誰からも声がかかりません。  [続きを読む]
  • シャリンバイの花
  •  鉢植えの斑入りのシャリンバイの花が咲きました。 写真を撮っているときは、全く気無しでしたが、花の横で元気よくまっすぐ伸びているのは、セイタカアワダチソウでは!いつの間に?どこから種が飛んでくるのか最近やたらと庭に生え出しました。 ここまで大きくなると抜くのが大変です。  [続きを読む]
  • 羅紗丸の図(細辛)
  •  アマギカンアオイで細辛として登録されている羅紗丸の図です。 羅紗地の照り葉で、白の本斑が入ります。 ちなみに、細辛の世界では、本斑のことを図と呼びます。 このように2枚の葉がともに上柄でそろう株はなかなかありません。  [続きを読む]
  • なんじゃもんじゃ
  •  我が家で長い間、鉢植えでほったらかしになっていたヒトツバタゴの花が、初めて一房咲きました。 それというのも、どうも鉢底の穴から地面に根が下りたようです。 ヒトツバタゴは、なんじゃもんじゃの名前で知られていますが、花は木がそこそこ大きくならないと咲かないので、鉢植えではなかなか花は見られません。 [続きを読む]
  • 蜀光錦(細辛)
  •  蜀光錦にきれいな本斑が入りました。 蜀光錦は、青になっても必ず柄が戻ってくると言われ、柄抜けでも人気の高い品種です。 しかし、地味柄が多く、なかなかきれいな上柄の木はありません。 この木は、素晴らしい上柄の葉になりました。 もちろん青軸の裏紅という昼夜芸ですので、白斑とのコントラストがきれいです。  [続きを読む]
  • 天竜(細辛)
  •  細辛の天竜です。 昇龍に似た品種ですが、見比べてみてください。髭のあるなしで、ずいぶん迫力が違います。 とは言っても、天竜も葉幅を引く品種ですので、これだけ葉数がそろうと重厚感があります。 [続きを読む]
  • 岐阜県古典園芸会 5月例会
  •  標記の交換会(素人競り)を次のとおり行います。  当会では富貴蘭・長生蘭をはじめとした古典園芸植物だけでなく、山野草・盆栽・各種斑入り植物などいろいろな植物が出品されます。園芸好きの方ならきっとお好みの植物に出会えることと思います。 趣味家の皆様どうぞお誘い合わせのうえご参加ください。 出品希望の方は、品種名等が判るように名札を付けてお持ちいただき、係の者にお申し出ください。  日 時 : 2017年 [続きを読む]
  • 本年新登録「昇龍」
  •  本年新登録いたしました昇龍です。 私も登録者の一人に加わっております。 辨天や天竜に似た芸ですが、昇龍の特徴は、立派な髭です。 葉も笠型になり、幅も引きますので、とても迫力のある芸をします。  [続きを読む]
  • 白神竜
  •  白光竜の上芸品で、もちろん、細辛未登録品です。 まだ数が少ないですが、この芸で固定すれば、選別しても良いのではないでしょうか。 端正な葉姿に、谷と蝶、髭が入り、葉全体に紺亀甲を表します。 これと似たような品種で、髭のない個体もあります。  [続きを読む]
  • デラバイカンアオイの花
  •  デラバイカンアオイの花が咲きました。 萼弁の長さではオナガカンアオイにかないませんが、面積では、カンアオイの中では一番の大きさです。 もっともこの花は、鉢の縁にぶつかって歪んでしまいました。  [続きを読む]
  • 山遊会交換会5月例会 上石津会場
  •  山遊会主催によります交換会(素人競り)を次のとおり開催いたします。  各種山野草をはじめ、古典園芸植物、斑入り植物などたくさんの珍しい植物が出品され、園芸店では購入できない植物等をオークション形式で購入することができます。 また、植物に関する疑問・質問についてもご相談いただけます。 植物に興味のある方は、ぜひ、お誘い合わせのうえご来場いただきますよう、よろしくお願いいたします。   日時:平成2 [続きを読む]
  • 皇陽(細辛)
  •  細辛の葉もだいぶ大きくなってきました。 こちらの皇陽は、のりのある亀甲に霰斑が入りますが、この霰斑がたくさん入るとベタの白斑になり、少ないと日の出そっくりの芸になります。 この株は、一番皇陽らしい芸ではないかと思います。  [続きを読む]