sekitomozo さん プロフィール

  •  
sekitomozoさん: 老人は寸志を抱いてぼちぼちと
ハンドル名sekitomozo さん
ブログタイトル老人は寸志を抱いてぼちぼちと
ブログURLhttp://setomo2015.blog.fc2.com/
サイト紹介文自転車でポタリングしながら出会った景色や建築などをボケ防止にブログアップしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/09/14 18:51

sekitomozo さんのブログ記事

  • 健気に咲く彼岸花
  • 彼岸花が今年も咲き始めました。いつの間に咲いたのだろう?そういえばお彼岸ももうじきだ・・・。そんな事を思い出させるように咲き始めます。ポタリング途中の堤の斜面にポツリポツリと咲いています。伸び放題だった草が刈り取られると、あっという間に地面から顔を出しますが、真っ赤に咲いて初めて目につく花です渡良瀬遊水地。遠く谷中湖河川の堤は公園や田圃の畔のように管理されている訳ではありません。もし予算の都合で草 [続きを読む]
  • 夏の七草
  • 秋の七草ではありません、北海道2017で出会った夏の七草です。植物に詳しいわけではありません、走っていて特に気になったものをパチリと写しただけです。十種類もありませんでしたので、そのうちの七草を掲載しました。順番は不同です。何と言っても気になるのはこれです。シシウドとかエゾニュウとか。調べても決定打は有りませんが、北海道ですからエゾニュウでしょうか。大きな蕾はフキノトウのようで天ぷらにしたら美味そうで [続きを読む]
  • 9月は爽やかに始まりました
  • 2017.09.03台風一過、清々しい朝です。ワクワクしながら利根川の堤に駆け上がったのですが、地面近くは思ったより霧が深く筑波山も霞んでいました。いつものポタリングコース。利根川から江戸川に入り宝珠花橋まで下った所で折り返します。関宿城博物館まで戻りました。あまりに空が青いので久し振りにパチリスマホカメラは青空を強調し過ぎていますね。境大橋を渡り利根川の左岸を少し遡ると、お気に入り撮影ポイントです。関宿城 [続きを読む]
  • 渡良瀬遊水地に白い雉が出た!!
  • 2017.08.308月の日照時間は過去最低を記録したそうです。雨の日も多く、朝飯前ポタリングにもあまり出かけられませんでした。自転車の駆動部を掃除して、すっきりした気分の朝飯前ポタリングです。関東平野なので、スーッと進みます。クランクを抜いて、チェーンリングも三枚に分解して磨きました。ミドルとインナーの歯のこちら側もピカピカで気持ち良いです。スプロケットもホイールから抜いて磨きました。チェーンはパーツクリ [続きを読む]
  • 北海道を走る2017の最後は青春18きっぷで
  • 2017.08.01 新潟港〜新潟駅〜輪行で帰宅新潟港に予定より10分早い、8時50分に到着しました。穏やかな海で、ぐっすりと眠れました。あっという間の船旅でした。新潟は今年も曇り空でした更に家まで自転車で帰ることも考えたのですが、すっかり忘れていた仕事の事も気になり始めました。欲張らずに、去年と同様、輪行で帰ることにしました。新潟駅近くの宅急便屋さんで、リアバッグを自宅に送ってもらい身軽になりました。去年 [続きを読む]
  • 07.31 ラストランは小樽まで
  • 2017.07.31 野塚キャンプ場〜小樽フェリーターミナル北海道を走る2017も今日がラストランです。小樽まで走り、夕刻新潟行きの船に乗ります。今朝も曇り空です。日も射し始め、これはと思いましたが一瞬の事でした。ラスト・ブレックファーストはいつもの珈琲とパンです。一枚目は甘いあんこ、二枚目はツナマヨを塗って、味に変化を付けています。野菜は後でジュースで採ります。  今年はタンパク質の補給に魚肉ソーセー [続きを読む]
  • 07.30積丹ブルーその2(午後の部)
  • 2017.07.30  美国小泊キャンプ場〜積丹岬・神威岬〜野塚キャンプ場続きです積丹ブルーを堪能した後は野塚キャンプ場を目指して一気に下りました。ペダルを漕がなくてよいのですから楽です。キャンプ場は海水浴場にありました。場違いな感じもしましたが、他にキャンプ場などはありません。こんな昼の時間にテントを張るなんて初めてで、のんびりムード満点です。夕焼けまでには時間が有るので身軽になって神威岬までポタリング。 [続きを読む]
  • 07.30積丹ブルー!!
  • 2017.07.30  美国小泊キャンプ場〜積丹岬・神威岬〜野塚キャンプ場今日も朝から晴れで、楽しく走れそうです。チャリダーにとって、晴天は最良薬です。キャンプ場から見下ろすと、美国の浜にもたくさんのテントやキャンピングカーが。朝食を済ませ、テントをさっさと畳んで、積丹岬を目指します。積丹ブルーを見るためです。山口の兄ちゃんはどうしたのでしょうか、もうバイクを駆って見に行ったのでしょうか。美国の市街地を過ぎ [続きを読む]
  • 07.29小樽までの予定が積丹町まで
  • 2017.07.29 江別キャンプ場〜小樽〜積丹町美国目を覚ました頃より、ずっと霧が濃くなってきました。キャンプ場は道路からだいぶ奥に入ったところにあるので、車の音は一切聞こえません。小鳥のさえずりが聞こえてきますが、残念ながら、名前は分かりません。静かな朝です。食パンを買い忘れてしまい、朝は珈琲だけでした。水平の取れた大きなテーブルとベンチは、安定感があって心も落ち着きます。江別市森林キャンプ場は管理人も [続きを読む]
  • 07.28天気には勝てません・なんとか江別まで
  • 2017.7.28 千歳ライダーハウス〜江別キャンプ場目が覚めて外を見ると、今にも雨が降り出しそうな空模倣です・・・宿の兄さんが、泊まっている皆さんと話をしながら各地の天気を調べてくれますが、何処も芳しくありません。老良の予定地は今日だけでななく、明日も晴れないようです。姿が見えない羊蹄山の麓を走っても仕方が有りません。支笏湖から羊蹄山を回って小樽へのルートは諦めました。今年は諦めることが多いですが仕方あ [続きを読む]
  • 07.27今日も朝から良い天気‼だったのが
  • 2017.07.27 平取〜鵡川〜千歳 二人は鵡川駅から洞爺駅まで輪行して、更に道南地方を走るそうで、さっさと出発して行きました。オレンジ色のヘルメットがお似合いです当初の計画では、この後、札幌に向かい、小樽に進んでフェリーで帰る予定でした。天気が続いているので、支笏湖から羊蹄山を回って小樽に向かうのも良さそうに思えてきました。支笏湖は40年振り、羊蹄山を眺めるのは初めてで、楽しい予定変更になりそうです。と [続きを読む]
  • 07.26二風谷で再会
  • 2017.07.26  新冠町〜平取町二風谷新冠は、道の駅の名前もサラブレッドロード新冠というくらい、競争馬の町です。決して熊の町ではありません。力強く躍動感のある走りは美しいと思います。馬券は買いませんが、G1レースはテレビで闇雲に応援します。早朝ポタリングの途中に乗馬クラブが有り、いつも足を止めて、垣根の隙間から朝練をちょっとだけ拝見しています。朝飯前にポタリングしました。じーっと朝日を浴びていました。 [続きを読む]
  • 新冠でヒグマ捕獲に遭遇の続き
  • 2017.07.25  判官館森林公園キャンプ場を目指して目の疲れも取れたので続きを書きます。キャンプ場へ上り始める所に看板。今までの看板とは違います。出没注意ではなく、出没箇所ですです。思わずわき見運転をして、しかも道路も急勾配だったのでよろけて自転車を支えきれずに転倒させてしまいました。それなのに、わざわざバックさせて写真を撮っているジジイを草刈りをしている人達がじっと見つめていました。老良も転んで大騒 [続きを読む]
  • 新冠でヒグマ捕獲に遭遇
  • 2017.07.25  アポイ山麓キャンプ場〜浦河町〜新ひだか町〜新冠町朝からの晴れは本当に気分が良いです。のんびり朝食。襟裳岬も晴れているのでしょうか・・・テントを乾かしながら贅沢な一時です。テーブルがあると思い切り店開きが出来て快適です。普段の朝に飲んでいるコーヒーがやっぱり美味いです。持って来て正解でした。キャンプ場のある丘を下り左に海を見ながら進みます。荒波で岩から切り離された昆布が浜に沢山打ち上げ [続きを読む]
  • 十勝から日高へ・襟裳岬は霧の中
  • 2017.07.24 忠類ナウマン公園〜大樹町〜広尾町〜えりも町〜アポイ山麓キャンプ場カッキーン、コッキーン という音に目が覚めました。さすが、パークゴルフの町の朝の始まりです。そういえば今回の旅で、コマドリのような小鳥の清々しいさえずりはほとんど聞きませんでした。ウグイスは聞きましたが。皆さん思い思いに早朝ゴルフを楽しんでいます。確かに土地はいくらでもあるかもしれませんが、メンテナンスは大変だと思います [続きを読む]
  • 今日も十勝平野を走ります
  • 20170723 帯広〜池田〜幕別(忠類)カフェピットで記念撮影。タオルの兄ちゃんと二人がチャりでした。右から二番目の兄ちゃんとは後日千歳で再会しました十勝平野の広さは約3,600平方キロメートルで、奈良県と埼玉県の中間くらいだそうです。2、3日では回れません。帯広市を東に進んで十勝川の左岸に渡り、池田町を目指します昭和48年、大学生になって初めての道内旅行で池田町を訪れました駅も見つからずウロウロしてい [続きを読む]
  • 十勝平野を走る
  • 一昨日無事帰宅しました。雨にチョットいじめられましたが、パンクもせず1300km程走りました。子供の頃の夏休みの絵日記と同じで、ブログも溜まり始めるとどうしようも無くなります。スマートフォンに比べ、パソコンでの更新は楽ですね。と言う訳で、周回遅れ以上ですが忘れないうちに2017.07.22明け方、屋根を打つもの凄い雨音に目が覚めました。沈没だ・・・今日も泊まるので、洗濯をしたり体を休めることにしました。10 [続きを読む]
  • 金山湖畔〜狩勝峠〜帯広
  • 20170721今日は石狩の国から峠を越えて、いよいよ十勝の国へ下って行きます。金山湖畔に咲くラベンダー。良い感じです鉄道員(ぽっぽや)で幌舞駅として使われました。幾寅駅、本当の駅名も味わい深いです。北海道はどこでも舞台になります。災害の影響で一昨年から列車は走っていません代行バス運行ですが、そのままになってしまうのでしょうか。何処から来たの?また来たら是非寄ってね、白い家だから。ということなのでパチリと [続きを読む]
  • 吹上温泉〜麓郷・北の国から〜金山湖畔
  • 20170720今日は「北の国から」の舞台になった麓郷を訪ねます。1981〜82年のテレビドラマで更に2002年遺言まで単発で続きました。これで今回3カ所目の撮影舞台巡りです。今日は昨日の道を下るので楽ちんです。ビュンビュンと快調に下ります。あっという間に上富良野のナンバーワン食堂前に到着です。中から看板娘の元気な声で「お帰り!」差入れの御礼に寄ったのが、今度は真っ赤で大きなトマトを貰ってしまいました。富良野盆地の [続きを読む]
  • 芦別〜富良野〜吹上温泉
  • 20170719北海道に来て初めて朝から晴れました。空知川に造られた湖で、湖底には滝里集落が眠っているそうです。気分が良いですあっという間に富良野に到着です。ライダーに人気のパノラマロード名前に興味を惹かれ立ち寄ってみました建物中にはこれまで活躍した農機具がずらりと展示されていましたポルシェとフィアット、手作り感が好いですね。ブリキのロボットのようで見飽きません正に農業は土づくりでした。十勝岳が噴火した時 [続きを読む]
  • 三笠〜悲別〜芦別
  • 20170718雨音で目を覚ましました。EさんYさん共に出発をためらっています。オーナー夫妻がやって来て「コヒー飲むかい?」即「はい!」皆で記念撮影して、いざ出発です。10時過ぎていました・・・日本一長い道路。29.2kmだそうです。側道が広く、自転車でもスイスイと走れました。「昨日、悲別で」に使われた歌志内会館に到着。リュウ、駅長、おっぱい。懐かしいあだ名です。客席部分はそっくり抜け落ちています1984年のテレビドラ [続きを読む]
  • 安平町〜三笠市
  • 20170718夕張に向けて出発迫力があります。昨日野宿しなくて良かったかも夕張メロンは外せません爺もたべました。ソフトクリームと、小さくカットしたメロンを。ザンザン降りのなかを漕ぎ出します。さらに外せないのが幸せの黄色いハンカチ中に入ってくる人は全員驚きの声をあげます。そして書きます月並みですが夕張頑張れ!昼飯。チャーシューが二枚も普通のラーメンは「かけラーメン」だそうで、太っ腹ですね。のんきや食堂9月 [続きを読む]
  • 苫小牧〜安平町
  • 20170716ついに今年もやって来ました北海道新造船は振動がかなりありました。調整しながらの運航だそうです。一品生産品の難しいところでしょうね。朝焼け苫小牧フェリーターミナル。どこに向かうのでしょうかいよいよ接岸です。雨が降っているようですかなり降っていましたポンチョを被ってそそくさと出発。札幌から日本海へ抜けるという青年と途中で別れ安平町へ小降りになってきて、ほっと一息ライトを点けろ!かと思ったら、雷 [続きを読む]
  • 大洗港を無事出航
  • 20170715ゾクゾクとライダー達が集まってきます18:00から乗船です自転車ライダーは若者と老良の二人だけ去年と全く同じパターンですふらの号は苫小牧港に向けて定刻に出航しました時速24ノット44.4キロだそうで、じじいの自転車の倍のスピード・・・札幌へ帰る人との出会いがありました。後程追記します。スマホは疲れます。 [続きを読む]
  • 北海道ツーリングのスケジュール
  • 2017.07.14今年のルートが漸く確定しました。大洗港からフェリー→苫小牧→夕張→歌志内→富良野→狩勝峠→十勝地方 →襟裳岬  →日高地方→千歳→札幌→小樽→フェリーで新潟港へおよそ1000kmのツーリングなので、天気や体調にもよりますが、大体2週間くらいの日数になるのでしょうか。関係する皆様には我儘を言って申し訳ありませんが、老人は時間に限りがあります。北海道への往復は船を使います。どちらのフェリーも [続きを読む]