sekitomozo さん プロフィール

  •  
sekitomozoさん: 老人は寸志を抱いてぼちぼちと
ハンドル名sekitomozo さん
ブログタイトル老人は寸志を抱いてぼちぼちと
ブログURLhttp://setomo2015.blog.fc2.com/
サイト紹介文自転車でポタリングしながら出会った景色や建築などをボケ防止にブログアップしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/09/14 18:51

sekitomozo さんのブログ記事

  • 勘違いは老人力の証明か
  • 2017.03.20春分の日には筑波山から朝日が昇るはず!と勝手に思い込んでいました。いつもより早く目が覚めたので、その瞬間を写真に撮ろうといそいそと出かけました。いつもより30分以上も早くポタリングに出発して、日の出前に利根川の堤に到着。近くの立て札にカメラを乗せ、ISO感度を上げて、パシャリ。黒から濃い紫へそして朱、青へと次第に明けて行くのを至極色の黎明というとか山頂付近が赤く明るくなって来るはずが、大分 [続きを読む]
  • 桜の花の咲く前に
  • 河津桜や彼岸桜などはすでに咲いていますが、桜と言えばソメイヨシノ。これが一斉に咲き始めると春爛漫。好みとはちょっと違うのですが、門出の時期と重なって子供の頃から印象深く、春と言えばこれですね。今の時期はまだ少し寒いのですが、「春に出会う感じ」がいいです。序章を読む、といったところでしょうか。渡良瀬遊水地では18日ヨシ焼きが行われますキラキラと春の光堤は風の通り道。蕾の膨らみも遅め白モクレンが咲き始 [続きを読む]
  • ラムサール条約登録湿地
  • 渡良瀬遊水地の谷中湖でちょっと休憩した時の事。不思議な赤い色合いをした小さな野鳥が足元のヨシにとまっていました。老良が小鳥で知っているのは、スズメ、メジロ、シジュウカラ、ゴジュウカラくらい。何という名前なのだろうと思いながら自転車の所に戻ると、なんと、写真がありました。下段右から2番目にビンゴ!!。これがもし指名手配写真だったらビックリですインコのようなべたっとした赤色ではなく、ふわっとした特徴が [続きを読む]
  • 春告鳥の初鳴き
  • 2017.03.04春告鳥とも言われるウグイスの初鳴きを聞きました。今日は、はっきりとホーホケキョとさえずりました。先日は自信なさそうだったので、あれ?と思ったのですが。渡良瀬遊水地谷中湖。白く変わっている所が満水時の湖面だそうで、結構深いです・・・2月から始まった干し上げ作業でほぼ湖底が露出しています。今月末まで天日に晒し乾燥させて、微生物を減少させてカビ臭を抑制するそうです。遠くポチッと白く見える水門の [続きを読む]
  • 利根川と渡良瀬川の合流地点
  • 2017.02.22午後フラフラと出かけました。今日は仕事が押していて、早朝ポタリングは叶いませんでした。いつもの利根川遡上コースと渡良瀬遊水地コースのそれぞれを若干短くした、欲張り合体コースを走りました。光っている辺りが利根川と渡良瀬川の合流地点です。茫々として、結構なダート道のようで、そこまで行ったことはありません。上流方向を撮影した写真をひっくり返して転用しているので、じっと見ると頭がクラクラしてしま [続きを読む]
  • 三年に一度のお疲れ様
  • 2017.02.18午前9:30から午後5:30まで講習を受けてきました。今回で三度目です。2005年に起こった構造計算書偽装事件は社会的大問題になりました。今にも地震が来たら建物が倒壊してしまうかのような報道がなされ、国中が大騒ぎでした。それを受けて法律改正がされました。老良たち士業者は三年に一度の定期講習を受けなければならなくなりました・・・国登録講習機関○○センターなるものが全国に幾つも誕生しました・ [続きを読む]
  • 雲雀も鳴いて春遠からじ
  • 2017.02.11昨日は朝から強風で早朝ポタリングはしませんでした。一昨日は仕事で走れませんでした。今日は微風で晴れのポタリング日和。利根川を上流に進み折り返す、羽生道の駅コースを走ってきました。折り返し地点に架かる昭和橋の上から富士山を撮影。アナログ時代のズームレンズ28-200ではこんな写りでしょうか・・・橋を渡って左岸を、風を背に受けて快調に走ります。銚子から147kmの地点で振り返った富士山と秩父連峰。 [続きを読む]
  • 逆打ちお遍路は脳トレ?
  • 四国遍路では、さぬき市の八十八番札所からお参りを始めて香川県に向かって左回りに巡礼することを「逆打ち」と言うそうな。一番から始めて二番三番と進む順打ちとは逆回りなので逆打ちと言うらしい。それにしても、「打ち」とは気合の入った言葉です。老良も、先日のステム交換で気分一新、いつもの早朝ポタリング・関宿城博物館コースを逆打ちしてみることにしました。いつもは、利根川右岸で筑波山を眺め → しばらく南下して [続きを読む]
  • 衝動買いも必要だ
  • 2017.01.28冬は寒いので遠出をする気にはなりません。早朝ポタリングで3つのお気に入りルートを順番に回っているばかりで、なんとなくマンネリ・・・。銀座のリサイクルショップでステムを衝動買いしてしまいました。近くでもなかったのですが、仕事で行ったついでに、むりむり寄ってみるとシルバーのステムが目に飛び込んできました。気分転換にはこれが必要!!と閃いたわけです。デフォルト製品でメーカー名が無印な為か、値段 [続きを読む]
  • 大寒以降が危ない
  • 20日が大寒でしたが、地面が冷えて路面が滑りやすくなるのは、これからです。転んだわけではありません。水はけの悪い所が凍っているのに慄いて、パチリ。この上を走ったら、スッテンコロリン間違いなし、です。でも本当に怖いのは、うっすらと路面全てに霜が降りている時で、うっかりすると凍っているのを見落としてしまいます。山々がクリアーに見渡せる事が多いので冬の早朝ポタリングは楽しいのですが、これが難点です。Plea [続きを読む]
  • まるで新春顔見世興行
  • 2017.01.18寒波が去って穏やかな朝です。渡良瀬遊水地を目指して早朝ポタリング。まだ7時過ぎだというのに渡良瀬川のスーパー堤防工事はもう始まっています。ダンプカーが列を組んでやって来ています。一度効果無し!の判定を下されたはずなのですが、のど元過ぎれば何とかで、あちらでもこちらでもやっています。しょっちゅうサイクリングロードは変更迂回させられて、走りにくくて困ります。渡良瀬川と利根川の合流地点から北を [続きを読む]
  • 明日からなべ底脱出、知っていましたか?
  • 2017.01.12 景気の事は分かりませんが、夜明けの時刻がようやく早くなるのを知って驚いたという、どうでもよい話です。冬至の頃に比べると日の入の時刻は大分遅くなっていて、日が延びたのを実感します。それでは、日の出の時刻はどれくらい早まったのだろうか?と調べてみました。びっくり!!冬至を過ぎても更に遅くなって、正月に入ってからはずっと6:52分のまま(老良の県)で、まるでなべ底状態。それがようやく、13日か [続きを読む]
  • 願いは簡潔に
  • 2017.01.07 今年最初のツーリングで栃木県佐野市の唐沢山神社に行ってきました。家から一番近い 山 で、まずはご挨拶しなければならないと。ここから上りが始まる。高低差は約160m、4〜5%勾配で4Km程。最初はかなりの急坂だが、それを過ぎればクルクルと足を着かずに何とか上ります。フーフー言いながら唐沢山城跡に到着し、定位置でパチリ。チェーンの形がいっぱいいっぱい。いつもはここで自転車は置いてゆくのだが、 [続きを読む]
  • 縁起よし
  • 2017・01・02 オオタカを見た!!! 写真は撮れませんでした早朝ポタリングの途中、渡良瀬遊水地を回るコースで、初めてオオタカを見てしまった。渡良瀬川に架かる通称鉄板橋を渡ろうとした時のこと。猛禽が猛スピードで目の前を横切って、そのまま林の奥へ飛び込んで行きました。ブレーキもかけず、自転車なら自爆です。ン、いまの何? 飛び込んでいった辺りを探すと、木々の奥の方から白い胸をして全体は黒っぽい野鳥 [続きを読む]
  • 初連想・妄想・謎想
  • 2017・01・01 新年おめでとうございます初日の出には間に合いませんでした庇先端をじっと見ていると、チエ―ンに見えてきます。すると、何とかの犬ではないが、連想ゲームで庇→チェーン→歯車 と進んでしまいます。この事は、以前ブログに書きましたので、お暇な方は 忘れていた事 ← してみてください。今回はさらに連想が進んで 歯車→回転 となりました。昨年はどれくらいクルクルとペダルを回転させて遊 [続きを読む]
  • 準備完了!!
  • 久し振りにお気に入りの林を散策して驚いた。先週はフカフカの落ち葉の中を自転車を降りて逍遥。早朝の斜光線が林を赤く照らし始めていて良い雰囲気だったのでパチリ。ところが、今日は落ち葉がすっかり無くなっていた。そういえば去年は、ブルトーザーなどを使って一所懸命集めている所に出会ったのだった。堆肥として使うためだそうだ。今でも地域の人達の役に立っているのだ。これで年越しの準備完了のようだ。木々は根元から株 [続きを読む]
  • ブレーキも中吉が
  • 早朝ポタリングで日向ぼっこをしていた時の事。初対面だが気さくなおっちゃんのフレンチカーボンフレームに最高級パーツのデュラエースを着けた自転車を触らせてもらった。軽ーい。片手ならぬ指三本で持ち上がってしまう。ほぼ7kgとか。 軽く、軽自動車くらいは買えてしまうそうな。これはオイラとは別世界の話で驚きはしたが、興味は湧かない。そして、ブレーキを引かせてもらうと、シュウッと吸い着くようにブレーキシューが [続きを読む]
  • 幾千万の太陽が
  • 2016.12.08冬至に向かって夜明けがどんどん遅くなっている。早朝ポタリングのスタートもどんどん遅くなっているのだが、日の出に間に合うようになってきて楽しみが増えた。蜘蛛の巣センターにピントを合わせたつもりだが、合っているような、いないような・・・幾千万とは言わないが太陽が写っている。三脚とマクロレンズは自転車には積めない。二兎を追う者一兎も得ずだ。でもやはり残念・・・名峰筑波山これから空気が澄んで条件 [続きを読む]
  • 秩父路を走る-2・晩秋の秩父往還・彩甲斐街道
  • 2016.11.21晩秋の秩父路二日目。なんとなく雲行きも怪しくなって来ているので、秩父往還を秩父湖まで進んで引き返す予定でゲストハウス錦を出発した。秩父湖は荒川と大洞川を堰き止めて出来た人造湖で、その始まりである秩父湖二瀬ダムで休憩。栃本関所跡辺りまで行こうと思っていたが、ここから折り返して、早めに今が丁度良いと言われていた長瀞に向かうことにした。紅葉は終わりかけだった、渋いイワツバメ?が群れをなして超高 [続きを読む]
  • 秩父路を走る-1(2)・不思議なパッセメン
  • 続きゲストハウス錦は、2年前に脱サラして始めたオーナーが一人で切り盛りしていた。まだ二十代の真面目な青年だ。建物は中々のものだが、清潔なシーツに包まれた温かそうな布団が敷かれた部屋が迎えてくれた。宿に着いた時も、「お世話になっているのだから」と、行き止まりの公道をせっせと掃いていた。性格を表している。もともと旅籠だったそうだ。中に入ると、皆で食べたり飲んだり使うスペースや台所が有り、案内された部屋 [続きを読む]
  • 秩父路を走る-1・重文内田家住宅と新蕎麦
  • 2016.11.20保存修理されたばかりの内田家住宅を見学して、ついでに新蕎麦を食べようと秩父鉄道に乗って出かけた。天気も良く晩秋の秩父路を気持ちよく走れそうで、いそいそと出発した。東武伊勢崎線羽生駅で秩父鉄道に乗り換え。ヘッドマークも気合が入っていて楽しい旅になりそうだ皆野駅で降りてポタリング開始秩父のシンボル三角錐の武甲山と荒川荒川を渡ってから目標物が無いので、きっと近くにお寺があるだろうと思い、それら [続きを読む]
  • 再びの挫折
  • 2016.11.16ちょっと遠出しようと、ヘルメット着用で出かけてはみたのだが、今朝も途中で挫折してしまった・・・。昨夜来から時折吹付ける強風の中、朝飯前ポタリングコースの一つ、葛西用水ルートを何とか北上して羽生道の駅に到着。この先さらに利根川を北上する予定だったが、休憩しながら考えた。→9時頃からは風も弱まるとデーターではなっているが本当だろうか?だいいち今も強すぎる。5mの風がこんな訳がない。→足腰の鍛 [続きを読む]
  • 瓢箪から柿が出た
  • 真っ赤に実った柿の木を見ると秋が来たのを実感し、ホッとする。早朝ポタリングの途中、たわわに実った柿の枝が道路にまで拡がり重そうに垂れ下がっている宅があって気になっていた。今日は幸いなことにお婆さんが柿を採っていたので、自転車を止めて思い切って声を掛けてしまった。「おはようございます!甘いですかー」 、渋柿か甘柿かの確認は必要だ。「食べるかね?」「ハイ、大好きです!」どなたかと上手く出会ったら声を掛 [続きを読む]
  • 自転車と前立腺がん
  • あるオジサンと立ち話をして急に現実味を帯びてきたかもしれない話。朝飯前ポタリングで利根川の堤を走っていると、ほぼ毎回会うオジサンがいる。すれ違ったり追い越したりその時によって違うが、利根川の右岸のどこかで会うのだ。最近はこちらがチリンチリンとベルを鳴らし、オジサンは「ヨッ」と言いながら手を上げて挨拶を交わす、良い関係になった。右岸で一度会っているのに、帰り道に左岸を走っていると、橋の下でラジオ体操 [続きを読む]
  • 日光戦場ヶ原は−2.5℃
  • 10.21日〜22日 久々の輪行ツーリング、キャンプ付。今年の紅葉は遅れ気味と言われていて、いつ出かけようか迷っていた。天気が良くて、大混雑の日曜日は避けるのが条件で、20日の会議も済んで少し余裕も出来た。という事で、いざ決行!21日 東武日光駅迄輪行〜中禅寺湖〜小田代ケ原〜菖蒲ヶ浜キャンプ場いろは坂は午前中なのに既に車が沢山走っていて、追い越される度に冷や冷やさせられながら上って行く。荷物が多いからか [続きを読む]