sekitomozo さん プロフィール

  •  
sekitomozoさん: 老人は寸志を抱いてぼちぼちと
ハンドル名sekitomozo さん
ブログタイトル老人は寸志を抱いてぼちぼちと
ブログURLhttp://setomo2015.blog.fc2.com/
サイト紹介文自転車でポタリングしながら出会った景色や建築などをボケ防止にブログアップしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/09/14 18:51

sekitomozo さんのブログ記事

  • 三笠〜悲別〜芦別
  • 20170718雨音で目を覚ましました。EさんYさん共に出発をためらっています。オーナー夫妻がやって来て「コヒー飲むかい?」皆で記念撮影して、いざ出発。10時過ぎていました・・・日本一長い道路。29.2kmだそうです。側道が広く、自転車でもスイスイと走れました。「昨日、悲別で」に使われた歌志内会館に到着。リュウ、駅長、おっぱい。懐かしかったです。客席部分はそっくり抜け落ちています1984年のテレビドラマですが、諸般の事 [続きを読む]
  • 安平町〜三笠市
  • 20170718夕張に向けて出発迫力があります。昨日野宿しなくて良かったかも夕張メロンは外せません爺もたべました。ソフトクリームと、小さくカットしたメロンを。ザンザン降りのなかを漕ぎ出します。さらに外せないのが幸せの黄色いハンカチ中に入ってくる人は全員驚きの声をあげます。そして書きます月並みですが夕張頑張れ!昼飯。チャーシューが二枚も普通のラーメンは「かけラーメン」だそうで、太っ腹ですね。のんきや食堂9月 [続きを読む]
  • 苫小牧〜安平町
  • 20170716ついに今年もやって来ました北海道新造船は振動がかなりありました。調整しながらの運航だそうです。一品生産品の難しいところでしょうね。朝焼け苫小牧フェリーターミナル。どこに向かうのでしょうかいよいよ接岸です。雨が降っているようですかなり降っていましたポンチョを被ってそそくさと出発。札幌から日本海へ抜けるという青年と途中で別れ安平町へ小降りになってきて、ほっと一息ライトを点けろ!かと思ったら、雷 [続きを読む]
  • 大洗港を無事出航
  • 20170715ゾクゾクとライダー達が集まってきます18:00から乗船です自転車ライダーは若者と老良の二人だけ去年と全く同じパターンですふらの号は苫小牧港に向けて定刻に出航しました時速24ノット44.4キロだそうで、じじいの自転車の倍のスピード・・・札幌へ帰る人との出会いがありました。後程追記します。スマホは疲れます。 [続きを読む]
  • 北海道ツーリングのスケジュール
  • 2017.07.14今年のルートが漸く確定しました。大洗港からフェリー→苫小牧→夕張→歌志内→富良野→狩勝峠→十勝地方 →襟裳岬  →日高地方→千歳→札幌→小樽→フェリーで新潟港へおよそ1000kmのツーリングなので、天気や体調にもよりますが、大体2週間くらいの日数になるのでしょうか。関係する皆様には我儘を言って申し訳ありませんが、老人は時間に限りがあります。北海道への往復は船を使います。どちらのフェリーも [続きを読む]
  • 北海道ツーリングの準備
  • テントを広げてみました。去年の秋の日光菖蒲ヶ浜以来です。素材はアルミパイプとポリエステル布なので問題は無いはずですが、一応確認ということです。加須はなさき水上公園まで朝飯前ポタリング。ちびっこプールと思っていましたが、これが立派な公園でした。メタセコイアの並木が800メートルも続いて、平成になってから作られたそうですが、古代の雰囲気を醸していました。こんな公園が家の近くにも有ったらと、いつもの無い [続きを読む]
  • 梅雨明け前
  • 2017.07.02梅雨明けはもう少し先のようですが、もう始まっているかもしれません。朝飯前ポタリング渡良瀬遊水地コースの途中、古河総合公園に寄ってみました。もーいいかいもーいいかいもーいいよ。と覗いてみたその先ではもう咲き始めていましたミツバチは一心不乱にこれから咲き誇るにしたがって、辺りは匂い立つようなよい香りに包まれてゆきます。古代の人も同じ香りを嗅いだり眺めたりしたのだろうかなどと、不思議な感覚に陥 [続きを読む]
  • ? 矢切の〜渡し〜?
  • ここのところ朝飯前ポタリングもままならないので、HbA1cも上がっているような気がします。忙中閑あり、雨中晴あり?天気と仕事の合間をぬって、今日しかない!梅雨→水→川→矢切の渡し、という連想で、柴又・矢切の渡しまでポタリングしました。江戸川を南下して、いつもは先に見える宝珠花橋を渡って折り返すのですが、今日はさらに南下爽やかな風が吹いています。遠くには富士山と丹沢の山々も見えラッキーでした東には筑波 [続きを読む]
  • お茶目な三きょうだい
  • 朝飯前ポタリング・渡良瀬遊水地コースでの楽しかった話です。渡良瀬遊水地のトラフズクはこんな処に巣を作ります。すぐ下では日中爺婆様達が大声を上げてゲートボールに興じるような運動公園の木の上にです。神社などの高い木の洞を巣としているフクロウと違って、肉眼でも確認できるような高さにです。左右もサッカーと野球のグランドで騒々しい場所ですが、毎年なのですから、きっと子育てがしやすい環境なのでしょう。ギャラリ [続きを読む]
  • フロントバッグサポーターを改造
  • ずーっと気になっていました。フロントバッグはニットーのFRONT-F16で取り付けています。ツーリング用フロントバッグオーストリッチF-516を取り付けると、ハンドルより上に飛び出してバランスが悪いと思っていました。カタログでは推奨フロントバッグになっているのですが、老良としては飛び出しが気になってしかたがありませんでした。日々のポタリング時に着けているカメラバッグが、まるであつらえたように納まっているので余計 [続きを読む]
  • 再会しました
  • 2017.06.03フロントバッグサポーターをちょっと加工するために、外に出しています。バッグが付いていないとスッキリとしたハンドル回りです。それならば、ロードレーサー気分で身軽にスイスイと、朝飯前ポタリングに出かけました。まるで別の自転車のような、切れのよい反応です。フロントが軽いとこんなに違うとは驚きでした。身なりはいつものよれよれですが、ビュンビュンと向かい風を切り裂いて突き進みました。気分だけかも。 [続きを読む]
  • ツーリングの準備その2・タイヤ替えは吉と出るか
  • タイヤをパナレーサーのリブモPTからグラベルキングに履き替えました。ツーリング用で、砂利道でも何処でも走れる王様ですから丈夫そうです。しかも、重さが700×23Cで220gとロード用タイヤと比べても遜色ありません。今までのリブモ PTはアーバン最強タイヤ!が謳い文句の街乗り用で、本当にパンクしませんでした。この前13か月乗って初めてパンクしました。しかし、310gあり、ちょっと重いのが玉に瑕ですが日々 [続きを読む]
  • 再会はいつになる?
  • 2017.05.16久し振りの朝飯前ポタリング。黄金週間の後、仕事が詰まっていて不健全な日々を過ごしていました。まず朝飯前に自転車に乗って、それから仕事。としたいのですが、まだ世間のしがらみが・・・今日は打ち合わせも何もありません。勇んで出かけたのですが、お天気も日光の手前・今市でした。なんとか筑波山を望むことはできました。山までおよそ30km富士山は雲の向こう側、130kmの彼方です。これからは晴れてもこんな [続きを読む]
  • 春の〆は天王桜で
  • 2017.05.05我が家の黄金週間の過ごし方は決まっています。これは車で出かけます。群馬県片品村で天王桜を撮って、その後にフキノトウを採って帰り、食べるのです。始まりは2008年。天王桜の写真を撮った後、久し振りに尾瀬ヶ原の雪原の上を歩こうと鳩待峠に向かう途中の事でした。道端で何やら一所懸命に採っている人がいたので気になって声をかけてみたのです。それがフキノトウでした。真似をしてちょっと採って帰り、天ぷら [続きを読む]
  • ツーリングの準備その1
  • いよいよ本格的なツーリングの季節がやって来ました。いつもの平地ポタリングと違って山坂を越える事もあるわけで、それに備えてブレーキレバーを替えました。と言いますのは指が短く握力の弱い爺では長い坂道になるとブレーキを掛け続けるのに手が疲れてしまいます。更に急勾配では下ハンドルでギュッと握らないと強くブレーキが掛かりません。そのために、レバーの所に詰め物をしてストロークを調整していたのですが、じきに取れ [続きを読む]
  • 清々しい朝飯前ポタリング
  • 2017.04.23今日から夜明けの時刻が四時台に突入。目覚める時刻も少しずつ早まっているのですが夜明のスピードには追いつけません。自転車を漕ぎ出すころにはすっかり明るくなっていて、もはや早朝ポタリングとは言えません。朝飯前ポタリングです。昨夜の雨で若葉がキラキラと輝いていて気持ちの良い朝です。いつものポタリングコースから離れ、フラフラと脇道に深く入って行きます。スマホが有るので迷子にはなりません。埼玉県加 [続きを読む]
  • ホフマン窯は近代化産業遺産
  • 栃木県野木町には国の重要文化財に指定された旧下野煉化製造会社煉瓦窯があります。近代化産業遺産にも指定されていて、なかなかの建物のようです。早朝ポタリング・渡良瀬遊水地コースの途中で傍を通るのですが、いつも門が開く前なので見学したことはありませんでした。遊水地からもその煙突を望むことができ、ランドマークにもなっていて気にはなっていました。窯の左手に屋根が見える建物は、乗馬クラブの施設として利用されて [続きを読む]
  • 桜、間に合いました
  • 2017.04.13仙波の桜は、この前訪れた時はまだ蕾でしたが、あれから10日も経ってしまいました。こんな時に限って仕事が立て込んでいて出かけられず、ソワソワ、ワクワク。世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし  平安の歌人はうまいこと表現するものです。ようやく今日、再度仙波地区を目指してポタリングにでかけました。まだ残っているでしょうか。見事に咲いていました。早朝の頃にはカメラマンがいた [続きを読む]
  • 雷は七つ数えて
  • 2017.04.03日帰りポタリングでの出来事です。仕事の都合で出かけるなら今日しかないと、栃木県の葛生に出かけてみました。ソメイヨシノにはちょっと早いのですが、シダレザクラなら咲いているかもしれません。行ってみると、蕾が赤く膨らんではいましたが、開花はもう少し先になりそうでした。久し振りに「薬味はありません!」という頑固爺さんの蕎麦屋に寄って、仙波秋山地区をうろうろとロケハン。蕎麦の香りを思い出しながら、 [続きを読む]
  • 利根川と江戸川の分流地点
  • 「春は別れと旅立ちの季節」という言葉を見聞きするこの頃です。利根川も季節とは全く関係ありませんが、出会いと別れを繰り返しながら太平洋まで流れて行きます。渡良瀬川と出会って10kmほど下っただけで、今度は江戸川と別れて東へと流れて行きます。別れの場所は千葉県野田市にある関宿城博物館の手前で、江戸川にとっては旅立ちです。関宿城博物館の右に大きく回り込んで進みます。利根川から江戸川の源流を訪ねる?遊覧船 [続きを読む]
  • 勘違いは老人力の証明か
  • 2017.03.20春分の日には筑波山から朝日が昇るはず!と勝手に思い込んでいました。いつもより早く目が覚めたので、その瞬間を写真に撮ろうといそいそと出かけました。いつもより30分以上も早くポタリングに出発して、日の出前に利根川の堤に到着。近くの立て札にカメラを乗せ、ISO感度を上げて、パシャリ。黒から濃い紫へそして朱、青へと次第に明けて行くのを至極色の黎明というとか山頂付近が赤く明るくなって来るはずが、大分 [続きを読む]
  • 桜の花の咲く前に
  • 河津桜や彼岸桜などはすでに咲いていますが、桜と言えばソメイヨシノ。これが一斉に咲き始めると春爛漫。好みとはちょっと違うのですが、門出の時期と重なって子供の頃から印象深く、春と言えばこれですね。今の時期はまだ少し寒いのですが、「春に出会う感じ」がいいです。序章を読む、といったところでしょうか。渡良瀬遊水地では18日ヨシ焼きが行われますキラキラと春の光堤は風の通り道。蕾の膨らみも遅め白モクレンが咲き始 [続きを読む]
  • ラムサール条約登録湿地
  • 渡良瀬遊水地の谷中湖でちょっと休憩した時の事。不思議な赤い色合いをした小さな野鳥が足元のヨシにとまっていました。老良が小鳥で知っているのは、スズメ、メジロ、シジュウカラ、ゴジュウカラくらい。何という名前なのだろうと思いながら自転車の所に戻ると、なんと、写真がありました。下段右から2番目にビンゴ!!。これがもし指名手配写真だったらビックリですインコのようなべたっとした赤色ではなく、ふわっとした特徴が [続きを読む]
  • 春告鳥の初鳴き
  • 2017.03.04春告鳥とも言われるウグイスの初鳴きを聞きました。今日は、はっきりとホーホケキョとさえずりました。先日は自信なさそうだったので、あれ?と思ったのですが。渡良瀬遊水地谷中湖。白く変わっている所が満水時の湖面だそうで、結構深いです・・・2月から始まった干し上げ作業でほぼ湖底が露出しています。今月末まで天日に晒し乾燥させて、微生物を減少させてカビ臭を抑制するそうです。遠くポチッと白く見える水門の [続きを読む]
  • 利根川と渡良瀬川の合流地点
  • 2017.02.22午後フラフラと出かけました。今日は仕事が押していて、早朝ポタリングは叶いませんでした。いつもの利根川遡上コースと渡良瀬遊水地コースのそれぞれを若干短くした、欲張り合体コースを走りました。光っている辺りが利根川と渡良瀬川の合流地点です。茫々として、結構なダート道のようで、そこまで行ったことはありません。上流方向を撮影した写真をひっくり返して転用しているので、じっと見ると頭がクラクラしてしま [続きを読む]