心屋認定カウンセラーりんこ(Rinco) さん プロフィール

  •  
心屋認定カウンセラーりんこ(Rinco)さん: アダルトチルドレンを卒業するためのカウンセリング
ハンドル名心屋認定カウンセラーりんこ(Rinco) さん
ブログタイトルアダルトチルドレンを卒業するためのカウンセリング
ブログURLhttp://ameblo.jp/cocoacoco810/
サイト紹介文母の過干渉と父の虐待の中で育ちました。生きづらさを抱えるアダルトチルドレン専門のカウンセラーです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2015/09/15 15:29

心屋認定カウンセラーりんこ(Rinco) さんのブログ記事

  • ■その「心配」は、本当は何と言って欲しいのか。
  • 昨日、FBで心屋の「いかりん」がシェアしていてとても共感し、私の母の心配性と重なるものがあったので書いていきたいと思います。こんにちは心理カウンセラーのりんこです。私の母はとても心配性で過干渉その心配を私に押し付けてくるものでした。私が「大丈夫だよ!」と返してもその言葉をはねのけて「いいから○○しろ!」とゴリ押ししてきてそれでも言うことを聞かないと怒り出すのでその怖さから逃れるために母のゴリ押しの [続きを読む]
  • ■健康で元気な自分は愛されない。
  • 昨日は、継続2回目のスカイプカウンセリングでした。こうして遠くの方と繋がれることをとても嬉しく思います^^こんにちは心理カウンセラーのりんこです。昨日のカウンセリングで、よくあるあるのお話がでたので書いていこうと思います。大人になった今、病気がちだとか身体が弱いという人はもしかすると、子どもの頃に親から十分に愛されていないと思い込み無意識のうちに注目されたいとか優しくされたいとかかまって欲 [続きを読む]
  • ■アダルトチルドレンが不安で不安定なのは・・・
  • アダルトチルドレンや生きづらさを抱えている人は常に心のどこかが不安で不安定です。・・・・目の前の問題や悩み、生きづらさは全て思考の癖(思い込み)であって、それが自分を取り戻す大きな「鍵」となります。こんにちは心理カウンセラーのりんこです。・・・・子どもは、育っていく中で自分の気持ちをわかって貰えなかったり無条件で受け止めて貰えなかったりありのままで愛されるという確信がなかったりすると心に安心安全 [続きを読む]
  • ■「自分を大事にする」ということがわからない
  • 「自分を大事にする」ということがどういうことなのかわからないとクライアントさんがよくいうのだけど・・・こんにちは心理カウンセラーのりんこです。それは、子どもの頃から、母親とのかかわりなどで自分の感情や思いを二の次にして抑圧してきたからわからなくなくなってしまったということなんですね。例えば、親が抑圧的だったり過干渉だったりすぐに機嫌が悪くなったりヒステリックだったりすると嫌われないように怒 [続きを読む]
  • ■コップの半分の水でわかる「自分を追い立てる習慣」
  • 心理学ではよく心の状態を見るのに「コップに入っている半分の水」で表現します。こんにちは心理カウンセラーのりんこです。コップに入っている半分の水を「まだ半分ある」と思うのか「もう半分しかない」と思うのかあるいは「ただただ半分ある」と思うのかで自分の心理状態が解かります。同じものを見ても人それぞれにものの受け取り方が違うということなのだけど例えば、「まだ半分ある」と思う人不安にならないし心配し [続きを読む]
  • ■自分が変わりたいのに、変われない理由。
  • 「自分を変えたいけど、変えられない」「変わりたいけど、変われない」という方いますよね。私もそうでした。こんにちは心理カウンセラーのりんこです。けれどね、本当は、「変えられない」のでもなく「変われない」のでもなく「変わりたくない」のです。なぜなら、そこには無意識の中に「変わりたくない意識」があるからなんですね。そんなのがあるなんて、驚きですよね!「変わりたい」のに、「変わりたくない意識」があ [続きを読む]
  • ■大好きだったから「毒親」
  • 私は「毒親」「毒母」「毒になる親」という言葉が好きではありません。こんにちは心理カウンセラーのりんこです。そういう私も、以前は母を「毒親」だと思い母が悪い母のせいだ と完全に思い込んでいたのです。あくまでも、母は毒をまく加害者私は毒を受ける被害者というスタンス。けれど、そうではありませんでした。確かに、言動や行動は私を否定しコントロールしようとしていたものばかりだったのだけれど 私 [続きを読む]
  • ■自分の基準が偏っていたと気づくこと。
  • 先日、継続カウンセリングのクライアントさんが いつもご自分でとっているメモを見返しながら「そう言えば、ここに来るまでの電車の中で、思ったんです。りんこさんは、普通のことを伝えてくれているんだなぁと」と話してくれました。こんにちは心理カウンセラーのりんこです。この言葉を聞いて とても嬉しくなりました。そうなんですよ私、普通のことしかお伝えしていません(^∇^)そこに気がついただけで、とて [続きを読む]
  • ■とても不思議だけど、納得せざるを得ないお話。
  • 今日は、とても不思議だけど納得せざるを得ない私のお話しです^^こんにちは心理カウンセラーのりんこです。先日、姉が誘ってくれて、スピ系の方に会いに行って来ました。姉は、スピ系を信じているのだけど、私は、ほとんど信じていませんでした・・・。というか、信じられたらいいなと思いつつも私は、理論派なので理論で説明して貰えないと理解出来なかったのです。神様の存在はきっとあるのだなぁと思うのだけど宇宙の [続きを読む]
  • ■刺激が欲しいのは・・・
  • 先日の書き出しで「私は、心を病む前にこんなことを思っていたことがある。平々凡々のただ過ぎていく日々に飽き飽きだと何か刺激が欲しいと・・・。」書きました。間違いなくそう思っていたのです。その渦中の時はなぜ「刺激が欲しい・・・」と思っていたのか解るはずもなく知るはずもなかったのだけど・・・。こんにちは心理カウンセラーのりんこです。心を学び、それは心の仕組みから来るものだと知って驚いたと同時にホッと安 [続きを読む]
  • ■当たり前の様で、決して当たり前ではない日常。
  • ・・・私は、心を病む前にこんなことを思っていたことがある。平々凡々のただ過ぎていく日々に飽き飽きだと何か刺激が欲しいと・・・。・・・・先日、母に会った時のこと・・・今日は、私のお話しです。こんにちは心理カウンセラーのりんこです。今では、すっかりぢんさんファンになった母。(最初は、宗教だとかなり怪しんでだけど)先日の武道館の独演会へは、83歳という高齢と諸事情で行くことを断念したのだけど次回は泊り [続きを読む]
  • ■ありのままの自分の恥を晒す「自己評価は母評価」
  • 書きたいことがいっぱいあって日にちが前後してしまったのだけど、ぢんさんの武道館の前に表参道のオシャレな場所で「かのマス総会」と(卒業の期は違うけど、かのマス卒が集合した)アシスタントをさせて頂いていたかのマス48期でこれまたステキな青山で「ランチ会」がありましたー。この「ランチ会」のことをたくさん書きたいのでとても長いのですが、「ランチ会」の内容に至るまでの私の気づきも入っているので是非読 [続きを読む]
  • ■娘に突然拒否される「毒親」
  • 書きたいことがたくさんあるのだけど先日、ぢんさんが出演した「ノンストップ」で取り上げていた「毒親」について書かせて頂きます。こんにちは心理カウンセラーのりんこです。母親にとっては、今までいい娘だったのに突然、母親を「毒親」呼ばわりをし拒否をしてきたというお話しだったのだけど・・・、。私は、自分の経験から子どもの立場で書かせて頂きますね。子どもは思春期の頃に、親とのやり取りの中で意見の違いや [続きを読む]
  • ■「私の世界が生まれ変わった」 in武道館
  • 7日8日と続けて、心屋三昧でした。まずは、ぢんさんの武道館?めっちゃ楽しかった!!めっちゃ胸が震えた!!興奮が冷めやらず頭の中が色んな思いでぐるぐるしててブログが書けませんでした。こんにちは心理カウンセラーのりんこです。その記念すべき時間をみんなと共有したい思いっきり応援したいそして、心からの感謝を伝えたいそんな思いで参加しました。もうね、始まる前からそこにいるだけで涙が出たよ。嬉しくてありがたく [続きを読む]
  • ■人は誰かを助け、助けて貰って生きている。
  • ぢんさんの武道館がいよいよ明日です^^先日、こちらの記事をアップしたらご継続頂いて2年目のクライアントさんからメールが来ました。心屋先生のライブ、もうすぐですね。(略・ここには思いが入っていました)りんこさん思いっきり楽しんで来てくださいね。○○(埼玉)からエールを送ります。このメールを見て、涙が出ました。「辛い時は、いつでもメールしてね」とお伝えしてもほとんど、メールをしないクライアントさんなの [続きを読む]
  • ■ぢんさんの武道館に向けて思うこと。
  • あと3日で、ぢんさん・・・いえいえ、ここはあえてフルネームで心屋仁之助さんの武道館です。間違いなく、私の人生を大きく好転させてくれた人もっと言うと、命の恩人だから今からワクワクがとまりません^^だって、私は間違いなくあの頃とは、真逆の人生を歩いているのだから。いつもね、その事を実感することがあってカウンセリングに向かう途中で昔、通っていた心療内科の看板を見かけるのだけど今は、真逆の立場にいる自分 [続きを読む]
  • ■自分で自由に選択出来ないのは・・・頭の中に母親がいるから。
  • アダルトチルドレンの生きづらさの1つに「自分で自由に選択できない」ということがあります。こんにちはりんこです。例えば、何かを選ぶ時常に、頭の中に母親がいて「そっちはダメ」「こっちの方がいいんじゃない?」と母親の声がする気がして本当は、それを選びたくないのに好きじゃないのにそうしたくないのに頭の中の母親の言うとおりに選んでしまったり、あるいは、そもそも自分の好きがわからなかったりすると何を選択して [続きを読む]
  • ■助けて欲しい人がいる、助けたい人がいる。
  • ぢんさんの武道館2月8日まであと少し!間違いなく、私の人生を大きく好転させてくれた人だから今から、もうワクワクです^^けど、そんな私も3年程前はハカハカしてました。つい昨日のことのように思い出すのが、3年ほど前にマスターコースに応募した時のこと。私は、マスターコースに参加してどうしても変わりたいと思っていたのだけどパニック障害・不安障害・予期不安閉所恐怖症・過敏性腸症候群を持っていたので応募する [続きを読む]
  • ■解かりやすい傷、わかり辛い傷
  • 自分には、あまり心に大きな傷がないと思っていてももし、生きづらいのだとしたら小さな傷が、いくつもあるのかもしれません。それは、あからさまに大きな傷とわかるものと小さくてわかり辛いけど、積み重なった傷があるということです。こんにちは心理カウンセラーのりんこです。例えば、親とのやりとりで親が、ヒステリックだったりすぐ感情的になったり怒鳴ったり怒ったりストレートに否定して来たりするのであればわかりやす [続きを読む]