シエンタ大好き主婦 さん プロフィール

  •  
シエンタ大好き主婦さん: ダンナに新型シエンタを買わせた私の方法
ハンドル名シエンタ大好き主婦 さん
ブログタイトルダンナに新型シエンタを買わせた私の方法
ブログURLhttp://xn--n9j1gpbfn7a6kmk2cr803cruj01l1vtvma936g.xyz/
サイト紹介文家族サービスをしないダンナに新型シエンタを購入させ、家族サービスも復活させた主婦のものがたり。
自由文家族サービスをしないダンナに新型シエンタを購入させ、家族サービスも復活させた主婦のものがたり。ネッツの営業マンとタッグを組み、ダンナを上手にシエンタに引き合わせています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/09/16 16:58

シエンタ大好き主婦 さんのブログ記事

  • シエンタにはダンナを変える力がある
  • ・・・つづき。シエンタが来てから2週間が経った頃、ダンナ宛に「新車購入の御礼」と題した手紙、それとお菓子の詰め合わせが送られてきました。ダンナも「へーっ、今のディーラーはそこまでするのか」と感心しきり。でも実は、ダンナだけではなく私宛にも「ご紹介御礼」という手紙が届いていました。中にはカタログが入っていて、温泉宿の日帰り入浴券や市内のレストランのお食事券が選べるようになっていました。私は温泉宿の日 [続きを読む]
  • シエンタ2台でキャンプ!
  • ・・・つづき。そして2ヶ月、待ちに待ったシエンタが我が家にやってきました。娘も大喜び。もちろん私も大喜びです。それを見た旦那もニコッと笑っています。ダンナは意外と凝り性なのか、お小遣いを節約して貯めたお金でシートカバーだのフロアマットだのをネットで注文しています。そして休みの度にシエンタがグレードアップしていきます。キャンプも復活しました。物置に置いてあったキャンプ道具をきれいにして、チーちゃんご [続きを読む]
  • シエンタの頭金になったよ!
  • ・・・つづき。シエンタを購入するのに、ネックになるのが今乗っているポルテの処分。人気車種ではない。バックドアとバンパーに痛い凹みがある。ディーラーも中古車屋さんも二束三文の値段でしか買い取ってくれません。するとダンナが、ネットで「事故車買取」の広告を見つけたのです。国内では売れないから買い取れない。でもこれが海外だったら、多少凹みがあっても、日本製というだけで売れるのだそうです。早速事故車買取のサ [続きを読む]
  • 事故車は下取りしてくれない・・・
  • ・・・つづき。シエンタの納車は2ヶ月先という事がわかりました。宮城県の工場で増産体制に入っているものの、全国で注文が相次いでいるため、3ヶ月待ち、4ヶ月待ちは当たり前なのだそうです。その2ヶ月は、今乗っているポルテをどうやってシエンタの頭金に換えるかを考えることにしました。走行距離は5万キロ程度ですが、人気車種ではないため、中古車屋さんに持ち込んでも高くは買い取ってくれないのだそうです。何より痛い [続きを読む]
  • 「・・・シエンタ」ダンナはそう答えました
  • ・・・つづき。ネッツトヨタ営業マンの小林君と、新車の購入でじっくりと話をしてきたダンナ。ですがその先をなかなか話そうとしません。なので私は「何が欲しいの?」直球で尋ねました。新車は大きな買い物ですから、やりくりで苦労している私に対してダンナも言い出しにくかったようなのです。「・・・シエンタ」ダンナは一瞬ためらったあと、そう答えました。「大丈夫。買えるから。シエンタでキャンプも行こう」私がそう即答し [続きを読む]
  • このままではイカンと思った
  • ・・・つづき。その夜、ダンナはネッツの営業マンの小林君と何を話したのかを教えてくれました。ダンナは小林君に対して、このような悩みを打ち明けたのだそうです。今まで乗ってきたクルマは中古や事故車ばかりだった。娘も大きくなってきて、家族で出かける事も必要だと思うようになった。同世代の人が大きい車に家族を乗せて出かけているのを見て、このままではイカンと思った。趣味のキャンプも再開したい。その上で、小林君に [続きを読む]
  • このままではイカンと思った
  • ・・・つづき。その夜、ダンナはネッツの営業マンの小林君と何を話したのかを教えてくれました。ダンナは小林君に対して、このような悩みを打ち明けたのだそうです。今まで乗ってきたクルマは中古や事故車ばかりだった。娘も大きくなってきて、家族で出かける事も必要だと思うようになった。同世代の人が大きい車に家族を乗せて出かけているのを見て、このままではイカンと思った。趣味のキャンプも再開したい。その上で、小林君に [続きを読む]
  • ダンナの決意
  • ・・・つづき。「ちょっと寄り道してもいいかな?」和風レストランを出たダンナは、帰り道の途中でそう言うと、青い看板が目印のネッツトヨタのディーラーに入っていきました。ネッツの営業マンで、大学時代の後輩小林君が勤務するお店です。トヨタでは今、シエンタがどんどん売れているようです。敷地の芝生の上には黄色と緑をベースにしたシエンタが、お店の中には白のシエンタが展示されています。旦那は小林君と熱心に何か話を [続きを読む]
  • ダンナの決意
  • ・・・つづき。「ちょっと寄り道してもいいかな?」和風レストランを出たダンナは、帰り道の途中でそう言うと、青い看板が目印のネッツトヨタのディーラーに入っていきました。ネッツの営業マンで、大学時代の後輩小林君が勤務するお店です。トヨタでは今、シエンタがどんどん売れているようです。敷地の芝生の上には黄色と緑をベースにしたシエンタが、お店の中には白のシエンタが展示されています。旦那は小林君と熱心に何か話を [続きを読む]
  • 娘の一言に黙るダンナ・・・
  • ・・・つづき。国道を走る黄色と緑をベースにしたクルマを見た娘は「シエンタ」とつぶやきました。「えっ?よく知ってるね」娘がクルマの名前を知っている事にダンナは驚いたようです。「チーちゃんの家のクルマだから、知ってるの。」「へーっ、チーちゃんのお父さん、シエンタ買ったんだ・・・。」ダンナは複雑な表情です。「ウチも欲しいよね〜」私が娘に同意を求めると、「ううん、いいの。『分相応』って言うでしょ。」娘の言 [続きを読む]