キッズメンタルねっと さん プロフィール

  •  
キッズメンタルねっとさん: キッズメンタルねっと
ハンドル名キッズメンタルねっと さん
ブログタイトルキッズメンタルねっと
ブログURLhttp://kidsmental.net
サイト紹介文精神病・精神障害の種類、子どもの心理・メンタルヘルスなど、コミュニケーションスキルや役立つ情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/09/18 14:51

キッズメンタルねっと さんのブログ記事

  • 社会不安障害の母親、子育てや育児への影響は?
  • 社会不安障害の母親、子育てや育児への影響は?母親が社会不安障害(極度のあがり症)を発症してしまった場合、子育てはできるのでしょうか。また、育児にはどんな影響が考えられるのでしょうか。そこで今回は、母親が社会不安障害になってしまった場合について、をテーマに書いてみたいと思います。母親が社会不安障害に、育児や子育ては?子育て中の母親が社会不安障害(極度のあがり症)担ってしまった場合、育児に影響すること [続きを読む]
  • 【社会不安障害】会社や学校への病気の告知は必要?
  • 【社会不安障害】会社や学校への病気の告知は必要?社会不安障害(極度のあがり症)と診断された、今現在通院して治療をしている人にとって「学校や会社に伝えた方がいいのか?」と悩むこともあることでしょう。社会不安障害(極度のあがり症)の病気のことを、学校や会社に告知する必要はあるのでしょうか。それとも「どうせ理解されないし」と、病気のことは別に伝えなくてもよいのでしょうか。病気のことを会社や学校に伝えた方 [続きを読む]
  • 【職場の対応】社会不安障害の部下や同僚との接し方と注意点
  • 【職場の対応】社会不安障害の部下や同僚との接し方と注意点社会不安障害(極度のあがり症)の発症割合が高いのは、思春期などの若い年齢層といわれていますが、学生だけの病気ではありません。成人して社会人になっても、社会不安障害の様々な症状にストレスを感じながらも、なんとか仕事をして日々過ごしている人も少なくありません。職場でも多い?社会不安障害の部下や社員社会不安障害(あがり症)の患者さんがついている職業 [続きを読む]
  • 夫or妻が社会不安障害に、共依存にならないように注意
  • 夫or妻が社会不安障害に、共依存にならないように注意夫や妻が社会不安障害になってしまい、人前に出るのを避ける様になった場合には、パートナーはどのように支えてあげればよいのでしょうか。社会不安障害という病気を乗り越え、症状を改善するために、家庭でのサポートのポイントや注意点について書いてみたいと思います。夫or妻が社会不安障害を発症してしまったら夫や妻などパートナーが社会不安障害を発症してしまうと、外出 [続きを読む]
  • 社会不安障害は病気じゃない?病院への受診を勧めるには?
  • 社会不安障害は病気じゃない?病院への受診を勧めるには?社会不安障害は、対人恐怖、スピーチ恐怖、会食恐怖など、様々な症状のタイプがありますが、本人も含め、病気ではなく性格の問題と考えている人が多いのも事実です。人前で緊張するのはごく自然な人間の反応ですが、それが度を超えて、極度のあがり症になってくると「社会不安障害」という病気といえます。社会不安障害は、症状を放置しておくと、パニック障害やうつ病を併 [続きを読む]
  • 子供が社会不安障害を発症、家族の対応と対処は?
  • 子供が社会不安障害を発症、家族の対応と対処は?子供が「人と話すのが怖い」「家族以外の他人と話したがらない」「友達がいない」という場合には、社会不安障害の疑いがあると考えられます。子供が社会不安障害担った場合、親や家族はどのような対処、対応をすればよいのでしょうか。子供の社会不安障害は早期発見が大切・人と話すのが怖い・学校で友達がいない・家族以外の人と話さないこのような傾向が子供にみられる場合、社会 [続きを読む]
  • 【社会不安障害の克服法】腹式呼吸でリラックスして不安解消を
  • 【社会不安障害の克服法】腹式呼吸でリラックスして不安解消を社会不安障害の人は、不安や恐れなどを感じたときに、筋肉が緊張して呼吸が浅くなるなど、身体の状態が変化します。不安や恐怖を感じたとき、緊張して身体が硬くなってしまうのは、交感神経の働きの影響です。緊張を緩和して身体をリラックスした状態に戻すためには、呼吸をコントロールするのが有効な方法です。深呼吸で自律神経のバランスを整える不安や恐怖を感じた [続きを読む]
  • 【心理療法】コラージュ療法で自分と向き合い、自身をつける
  • 【心理療法】コラージュ療法で自分と向き合い、自身をつける自分の気持ちや思いを言葉にするのが苦手、人とうまく会話できない、といった人にすすめられる心理療法のひとつに「コラージュ療法」があります。コラージュ療法は、コラージュを作ることで自分の状態を知り、また同時に自分に自信をつけて回復していくことができます。コミュニケーションが苦手な人にオススメ精神療法では、医師(カウンセラー等)と患者本人との対話が [続きを読む]
  • 【社会不安障害/あがり症】ありのままの自分を認める森田療法
  • 【社会不安障害/あがり症】ありのままの自分を認める森田療法森田療法とは、日本の精神科医である森田正馬が大正時代に創始した神経症の精神療法です。現在、日本国内だけでなく海外においても森田療法は高く評価されており、社会不安障害など様々な精神疾患の治療に活用されています。「あるがままの自分」を受け入れる森田療法森田療法は、日本の精神科医、森田正馬が自らの神経症の治療体験を踏まえて考案した「神経症」の心理 [続きを読む]
  • 【社会不安障害の治療】エクスポージャーでトラウマを克服する
  • 【社会不安障害の治療】エクスポージャーでトラウマを克服する社会不安障害(あがり症)の治療方法のひとつに、エクスポージャーという方法があります。エクスポージャーとは、苦手で不安を感じる状況や場面に対して、段階的に向き合っていくことで、不安や恐怖を減らしていく、認知行動療法の代表的な技法のひとつです。エクスポージャーとは?社会不安障害(極度のあがり症)の人は、過去の失敗体験や恥ずかしい思いをした出来事 [続きを読む]
  • 社会不安障害の精神療法の種類について【治療法】
  • 社会不安障害の精神療法の種類について【治療法】社会不安障害の治療では、薬物治療とあわせて精神療法をおこなうのが基本です。そこで今回は、社会不安障害の治療でおこなわれる精神療法の種類についてまとめてみたいと思います。治療の第一歩は医師との対話(カウンセリング)社会不安障害の治療の第一歩は、医師(臨床心理士)との対話=カウンセリングです。まず最初は、自分の状態や悩み、症状について、医師ときちんと話すこ [続きを読む]
  • 【あがり症の治療体験談】人見知りで電話が怖い、声がふるえる
  • 【社会不安障害の治療体験談】人見知りで電話が怖い、声がふるえる重度のあがり症=社会不安障害は、心療内科や精神科を受診して、適切な治療を受ければ完治することが可能な病気です。しかし、自分が社会不安障害である、と気づくケースは多くなく、性格のせいだから、と我慢して過ごしている人が多いのも事実です。そこで今回は、社会不安障害の治療の体験談を2つ紹介したいと思います。①人見知りが激しく、人とうまく話せない [続きを読む]
  • 【社会不安障害】β遮断薬の効果と副作用、服薬方法
  • 【社会不安障害】β遮断薬の効果と副作用、服薬方法社会不安障害(極度のあがり症)の治療方法の中心は薬による薬物療法です。そこで今回は、社会不安障害の治療薬である「β遮断薬」の効果、副作用、服薬方法などについてポイントをまとめてみたいと思います。β遮断薬の効果や作用は?【社会不安障害の治療薬】β遮断薬(ベータしゃだんやく)は、社会不安障害であらわれる様々な身体症状を抑える作用のある治療薬です。身体症状 [続きを読む]
  • 【薬物治療】SSRIの効果と作用、離脱症状と副作用について
  • 【薬物治療】SSRIの効果と作用、離脱症状と副作用についてうつ病や社会不安障害などの心の病気の薬物治療で使用される薬に「SSRI」があります。そこで今回は、治療薬「SSRI」の効果と作用、副作用と離脱症状についてポイントをまとめてみたいと思います。SSRIの効果「セロトニンを調整して不安を軽減する」治療薬であるSSRIは、日本語では「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」の意味で、英語の「Selective Serotonin Reuptake Inh [続きを読む]
  • 【社会不安障害の薬物療法】薬の服用期間や依存性は大丈夫?
  • 【社会不安障害の薬物療法】薬の服用期間や依存性は大丈夫?社会不安障害(あがり症)の治療では、薬を使った薬物療法が中心になります。大切なのは、薬物療法で処方される薬はどんな種類があり、どんな効果があるのか、よく理解して納得した上で治療を受けることです。薬のことを理解し、納得して服用すること社会不安障害(あがり症)の治療は薬を使用する方法が一般的です。適切に薬を服用するためにも、薬がどんな症状に対して [続きを読む]