yuyuパンダ さん プロフィール

  •  
yuyuパンダさん: yuyuパンダのおでかけ日記
ハンドル名yuyuパンダ さん
ブログタイトルyuyuパンダのおでかけ日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/yuyupanda-diary/
サイト紹介文移りゆく自然や絶景、そこに咲くお花など 季節を追いかけながらおでかけしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2015/09/18 19:30

yuyuパンダ さんのブログ記事

  • 東京さんぽ=浜離宮恩賜庭園
  • 浜離宮恩賜庭園東京都中央区潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園。潮入の池とは、海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変えるもので、海辺の庭園で通常用いられていた様式です。旧芝離宮恩賜庭園、清澄庭園、旧安田庭園なども昔は潮入の池でした。しかし現在、実際に海水が出入りしているのは、ここだけです。浜離宮は、この潮入りの池や鴨場を中心にした南庭と、明治時代以降に造られた北庭とに大別されます [続きを読む]
  • 東京さんぽ=隅田川クルーズ
  • 隅田川クルーズ午後は日の出桟橋から浅草行きの船に乗って帰りは浅草から浜離宮に戻る「隅田川ライン」に乗船しました この船に乗って・・・ 行ってきま〜す 途中スカイツリーが見えてきます アサヒビアホールが見えてくると浅草に到着です 今回は浜離宮に行きたいので浅草観光は諦めました ゆっくり流れる隅田川をのんびりクルーズ癒 [続きを読む]
  • 東京さんぽ=品川神社・荏原神社
  • 品川神社東京都品川区道から53段の階段を上がった先に建つ毎年6月に行われる例大祭が高名な神社です。源頼朝が海上の安全を祈願したことを創始とし、また徳川家康が関ヶ原への出陣前に戦勝祈願をするなど歴史的にも重要な神社です。(観光情報誌より) 荏原神社和銅2年(709)に龍神様を勧請して創建され源氏や徳川氏などの武家からの信仰が篤く、品川宿の総鎮守として尊崇されました。 [続きを読む]
  • 東京さんぽ=池上本門寺・照栄院
  • 池上本門寺東京都大田区池上本門寺は、日蓮聖人が今から約七百十数年前の弘安5年(1282)10月13日辰の刻(午前8時頃)、61歳で入滅(臨終)された霊跡です。日蓮聖人は、弘安5年9月8日9年間棲みなれた身延山に別れを告げ、病気療養のため常陸の湯に向かわれ、その途中、武蔵国池上(現在の東京都大田区池上)の郷主・池上宗仲公の館で亡くなられました。長栄山本門寺という名前の由来は、「法華経の道場として長く栄 [続きを読む]
  • 東京さんぽ=明治神宮
  • 明治神宮東京都渋谷区明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社で、清らかで森厳な内苑を中心に聖徳記念絵画館を始め数多くの優れたスポーツ施設を持つ外苑と、結婚式とセレモニー、パーティー会場の明治記念館とからなっています。(明治神宮HPより) 明治神宮は只今修復工事中・・・東京オリンピックにかけて建築、改築ラッシュなんですね・・・ ちょっと一息・・・(写真はお借りしました) [続きを読む]
  • 東京さんぽ=東京都庁
  • 東京都庁第一本庁舎ビル東京都新宿区地上243M 48階 1990年築もう27年も経ってるとは思えないほど洗練された建物ですね 45階が展望室となっていました ちょっと曇っていたので視界はよくありませんでしたが・・・ 新宿のビル群を抜いて東京では第3位 画面左遠方にスカイツリードコモタワーより少し右に東京タワーが見えました こちらは都庁に隣接する新 [続きを読む]
  • 東京さんぽ=新宿御苑
  • 新宿御苑東京都新宿区新宿御苑の歴史は、天正18年(1590)に譜代大名であった内藤氏が徳川家康よりこの地を拝領したときに始まります。 明治5年(1872)には、日本の近代農業振興を目的とする内藤新宿試験場が設置され、その後、宮内庁所管の新宿植物御苑となり、明治39年には日本初の皇室庭園である新宿御苑が誕生しました。(新宿御苑HPより) 新宿御苑とドコモタワー 歴史建造物旧御?亭 旧御 [続きを読む]
  • 清水寺=島根県安来市
  • 清水寺島根県安来市587年に開かれた天台宗の古刹。十一面観音様をご本尊に厄払いの寺として慕われています。鬱蒼と茂る杉林を登ると瑞光山の山腹に清水寺はあり、5万坪余りの境内には、山陰唯一の三重塔など、県や国の重要文化財も数多く、荘厳な空気に包まれています。(安来市観光協会より) 本堂に続く長い階段を登っていくと・・・ またまた長い階段・・・厄払いしていただくための修行でしょうか [続きを読む]
  • 雲樹寺=島根県安来市
  • 雲樹寺島根県安来市臨済宗系の古刹。元亨2年(1322年)、孤峰覚明(三光国師)によって創建された禅寺で、出雲地方では最古の禅寺の一つです。後醍醐天皇の勅願所。四脚門や朝鮮銅鐘など多数の文化財を有し、方丈裏は1万坪の枯山水の庭園があります。松並木の参道を通り境内に入ると、まず四脚門(大門、国重文)があり、寺内には県下でも数少ない朝鮮鐘(国重文)が現存。静寂な境内は禅寺としての厳しい面持ちが見られますが、 [続きを読む]
  • 熊野大社=島根県松江市
  • 熊野大社島根県松江市松江の中心市街地から南へ約15?、静かな山間に鎮座している「熊野大社」は、出雲大社と共に出雲国一宮として古くから信仰を集めている神社。神社前を穏やかに流れる意宇川には山の緑に映える朱色の八雲橋が架かっており、あふれる自然に包まれた境内は厳かな雰囲気を醸し出しています。(山陰観光情報より) 翌朝訪れた熊野大社出雲大社までは行けませんでしたが [続きを読む]
  • 由志園=島根県松江市
  • 由志園島根県松江市牡丹、花菖蒲、紅葉、寒牡丹…など、四季折々の花々と緑に彩られた山陰最大級の池泉回遊式日本庭園。春には庭園の池を埋め尽くす「三万輪の池泉牡丹」を開催する。また、室内庭園「牡丹の館」では百花の王と称される「牡丹」を年中観賞できることはもちろん、假屋崎省吾氏や石原和幸氏、ニコウイッシング氏など毎年国内外のトップアーティストによる展覧会も開催されている。(松江観光情報より) [続きを読む]
  • 足立美術館②=島根県安来市
  • 足立美術館庭園 白砂青松庭 横山大観の名作「白沙青松」をイメージして造られた庭園です。白砂の丘陵には、右に黒松、左に赤松を配置し対照的な調和美を生み出しています。(パンフレットより) 池庭 周囲との調和を考え、新しい感覚と伝統的手法を用いて造られた庭園です。優雅に群泳する鯉は、見る人の心にやすらぎを与えてくれることでしょう。(パンフレットより) 生の額絵 館内の窓がそのま [続きを読む]
  • 足立美術館①=島根県安来市
  • 足立美術館庭園島根県安来市近代日本画を中心とした美術館で,自然環境を生かした1万3千坪の純日本風の庭園は,枯山水庭,白砂青松庭,苔庭,池庭など館内至る所から異なった風情を楽しめます。春はツツジ,夏は新緑,秋は紅葉,冬は雪景色と,四季それぞれの美しい庭園は一見の価値あり。米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の庭園ランキングで12年連続日本一(2003〜2014)に選ばれ、海外で [続きを読む]
  • 両界山横蔵寺の青もみじ①
  • 両界山横蔵寺岐阜県揖斐郡揖斐川町薬師如来像をはじめ22体の国の重要文化財が安置されている両界山横蔵寺。他にも多くの仏像や絵画・書籍を所蔵し、別名「美濃の正倉院」と呼ばれています。約200年前に即身成仏したという妙心法師のミイラがあります。飛騨・美濃紅葉33選に選ばれ、風格ある建物と鮮やかな紅葉のコントラストはため息が出るほどの美しさです。(ぎふの旅ガイドより) ポチッと応援してね↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 谷汲山華厳寺の青もみじ①
  • 谷汲山華厳寺岐阜県揖斐郡揖斐川町「たにぐみさん」の愛称で親しまれる当山は延暦十七年(798)に創建され、正式には「谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)」といい、その山号と寺号は醍醐天皇より賜りました。その後は朱雀天皇より鎮護国家の道場として勅願寺に定められ、花山法皇、後白河法皇を始めとする歴代の皇室、朝廷からも帰依厚く、いにしえより観音信仰の霊験あらたかな名刹寺院として千二百年余の歴史を誇りま [続きを読む]
  • 蕪山亭=岐阜県関市
  • 蕪山亭岐阜県関市秘湯の宿すぎ嶋さんの別亭です モネの池から少し北上した所にお店はありました オーダーしたのはいわなの唐揚げ定食頭からしっぽまで骨はカリッと揚げっていてサクサク美味しくいただきました 食後は温泉タイムです 板取川 [続きを読む]