薬剤師ゆうや さん プロフィール

  •  
薬剤師ゆうやさん: お薬とアロマ
ハンドル名薬剤師ゆうや さん
ブログタイトルお薬とアロマ
ブログURLhttp://kusuri-info.com
サイト紹介文病院薬剤師として勉強したことやエッセンシャルオイルの使い方等を研究報告に基づいてつづるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/09/18 20:47

薬剤師ゆうや さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 9月25日は『世界薬剤師デー』です
  • 2009年9月、トルコ・イスタンブールにて開催された国際薬剤師・薬学会議(FIP)評議会において、薬剤師職能に対する意識向上を図るため、9月25日を「世界薬剤師デー」と制定する提案があり、2010年より正式に実施されました。4回目となる今年の世界薬剤師デーのテーマは、”Pharmacists ― simplifying your medicines use, no matter how complex.”です。日本薬剤師会より引用また、2015年度の世界薬剤師デーのテーマは国際薬 [続きを読む]
  • 大阪駅近くの本格和食、銀座蔵人 へ行ってきました!
  • 先週の日曜日に大阪駅ヒルトンプラザウエスト6階にある銀座蔵人(ぎんざくらうど)へ行ってきました。訪問日時:2015/9/13(日)メニュー:夢美人‐YUMEMIBITO-7700円夢美人というコースで頂きました。季節によって内容が変わり今は秋のメニューです。また、5800円から11500円までコースが選べ、他にも記念日コースや会席コースなどもありました。お味は全体的にお酢が効いてますので好みは別れるかもしれません。薄くなく濃くなく適度で [続きを読む]
  • 妊婦の方のエッセンシャルオイル①【禁忌】
  • 第①回目は妊婦の方に使えないエッセンシャルオイル(=禁忌)についてご紹介します。IFPA(国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟)よりAromatherapy and Pregnancy Guidelines (アロマセラピーと妊娠におけるガイドライン)が公開されています(英語, 2013年版)。これを日本語でご紹介します。禁忌(妊娠中で有ろうが無かろうが使うべきでない)エレカンペーンカッシアササフラスペニーロイヤルマスタードワームウッド禁忌(妊 [続きを読む]
  • 周術期の血糖管理【糖尿病患者の外科手術】
  • photo by stringy 最近、糖尿病患者の方が手術されたので勉強しました。外科的侵襲が加わると交感神経が賦活し、下垂体から副腎皮質刺激ホルモン・成長ホルモン、副腎からコルチゾール・カテコラミン等が分泌され血糖を上昇させ、インスリン抵抗性を増大させる。高血糖は、免疫能の低下+細菌のエサとなるブドウ糖が増える → 感染症のリスクが上がる…→いわゆるSSI(Surgical site infection, 手術部位感染)浸透圧性利尿に [続きを読む]
  • インスリンによる肝障害のメカニズム
  • インスリンはインスリン受容体に結合し細胞内に取り込まれ作用するため肝臓への影響は想像できていませんでした。そこで今回はインスリンの肝臓への影響を調べましたので掲載いたします。インスリンは投与量の80%は腎排泄され一部は肝代謝を受けます。つまりインスリン受容体に結合し血糖値を下げる働きは投与量の20%程度ということです。参考文献:インスリン受容体 ? 薬学用語解説 ? 日本薬学会参考文献:インスリン ? 薬学用 [続きを読む]
  • 赤沈(ESR)の原理と関係する病態
  • ○赤沈とは赤血球沈降速度(ESR:erythrocyte sedimentation rate)のことです。【基準値】男性:2-10mm/h 女性:3-15mm/h○臨床的意義:炎症等の活動性の指標○原理:正に帯電αグロブリンフィブリノーゲン免疫グロブリン負に帯電赤血球アルブミン赤血球は負に帯電し赤血球同士が反発し凝集は妨げられている。正に帯電している蛋タンパク質が増加すると赤血球の反発が弱まり赤沈は亢進する。一方、負に帯電しているタンパク質が増加す [続きを読む]
  • ループ/チアジド系利尿薬による尿酸値上昇のメカニズム
  • ループ利尿薬およびチアジド系利尿薬が血清尿酸値を上昇させるメカニズムについて考えてみます。Na+,Cl?の再吸収抑制(=H2Oの再吸収抑制)の代償機能として近位尿細管での尿酸の再吸収が促進(循環血流量減少に伴う尿酸再吸収の促進。)。腎糸球体濾過量の減少に伴う尿酸排泄の低下。尿細管における尿酸分泌の阻害。参考文献:フルイトランおよびラシックスのインタビューフォーム1.の考察:強力な利尿作用のため脱水になる。体内に水 [続きを読む]
  • 過去の記事 …